くにさくロゴ
1985/04/01 第104回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第104回国会 大蔵委員会 第11号
姉妹サイト
 
1985/04/01 第104回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第104回国会 大蔵委員会 第11号

#1
第104回国会 大蔵委員会 第11号
昭和六十一年四月一日(火曜日)
   午後六時五十一分開議
出席委員
  委員長 小泉純一郎君
   理事 笹山 登生君 理事 中西 啓介君
   理事 中村正三郎君 理事 上田 卓三君
   理事 野口 幸一君 理事 坂口  力君
   理事 米沢  隆君
      大島 理森君    自見庄三郎君
      田中 秀征君    高鳥  修君
      東   力君    藤井 勝志君
      山本 幸雄君    伊藤  茂君
      伊藤 忠治君    兒玉 末男君
      沢田  広君    中村 正男君
      薮仲 義彦君    簑輪 幸代君
 出席国務大臣
        大 蔵 大 臣 竹下  登君
 出席政府委員
        大蔵政務次官  熊川 次男君
        大蔵省主計局次
        長       角谷 正彦君
 委員外の出席者
        大蔵委員会調査
        室長      矢島錦一郎君
    ―――――――――――――
三月二十七日
 外国為替及び外国貿易管理法の一部を改正する
 法律案(内閣提出第八〇号)(予)
同月二十六日
 税制改悪反対等に関する請願(正森成二君紹介
 )(第一七八九号)
 同(三浦久君紹介)(第一七九〇号)
 国民本位の税制改革に関する請願(佐藤祐弘君
 紹介)(第一七九一号)
 税制改革・減税に関する請願(阿部昭吾君紹介
 )(第一七九二号)
 同(江田五月君紹介)(第一七九三号)
 同(菅直人君紹介)(第一七九四号)
 同(阿部昭吾君紹介)(第一九五四号)
 同(江田五月君紹介)(第一九五五号)
 同(権藤恒夫君紹介)(第一九五六号)
 同(斉藤節君紹介)(第一九五七号)
 所得税減税等に関する請願(上田哲君紹介)(
 第一七九五号)
 同(新村勝雄君紹介)(第一七九六号)
 同(松浦利尚君紹介)(第一七九七号)
 同(新村勝雄君紹介)(第一九五八号)
 同(山口鶴男君紹介)(第一九五九号)
同月二十九日
 国庫負担金の削減反対等に関する請願(経塚幸
 夫君紹介)(第二〇四五号)
 同(藤田スミ君紹介)(第二〇四六号)
 同(正森成二君紹介)(第二〇四七号)
 たばこ消費税引き上げ反対に関する請願外二件
 (伊藤茂君紹介)(第二〇五〇号)
 同(伊藤茂君紹介)(第二一二〇号)
 同(伊藤茂君紹介)(第二二〇二号)
 同(伊藤忠治君紹介)(第二二〇三号)
 同(小川仁一君紹介)(第二二〇四号)
 同(野口幸一君紹介)(第二二〇五号)
 同(松前仰君紹介)(第二二〇六号)
 同(横江金夫君紹介)(第二二〇七号)
 国民本位の税制改革に関する請願(瀬長亀次郎
 君紹介)(第二〇五一号)
 同(岡崎万寿秀君紹介)(第二一九八号)
 税制改革・減税に関する請願(阿部昭吾君紹介
 )(第一一〇五二号)
 同(小沢貞孝君紹介)(第二一一五号)
 同(大内啓伍君紹介)(第二一一六号)
 同(塚本三郎君紹介)(第二一一七号)
 同(永末英一君紹介)(第二三三八号)
 同(米沢隆君紹介)(第二一一九号)
 同(二見伸明君紹介)(第二一九九号)
 所得税減税等に関する請願(新村勝雄君紹介)
 (第二〇五三号)
 同(竹村泰子君紹介)(第二〇五四号)
 同(村山富市君紹介)(第二二〇〇号)
 大型間接税の導入反対及び大幅減税等に関する
 請願(野口幸一君紹介)(第二二〇一号)
四月一日
 国民本位の税制改革に関する請願(木間章君紹
 介)(第二二四七号)
 同外四件(近藤豊君紹介)(第二三九四号)
 たばこ消費税引き上げ反対に関する請願(伊藤
 茂君紹介)(第二二四八号)
 同(上田卓三君紹介)(第二二四九号)
 同(川俣健二郎君紹介)(第二二五〇号)
 同(木間章君紹介)(第二二五一号)
 同(串原義直君紹介)(第二二五二号)
 同(渋沢利久君紹介)(第二二五三号)
 同(嶋崎譲君紹介)(第二二五四号)
 同(島田琢郎君紹介)(第二二五五号)
 同(田中克彦君紹介)(第二二五六号)
 同(田中恒利君紹介)(第二二五七号)
 同(辻一彦君紹介)(第二二五八号))
 同(村山喜一君紹介)(第二二五九号)
 同(元信堯君紹介)(第二二六〇号)
 同(井上一成君紹介)(第二二三〇号)
 同外一件(伊藤茂君紹介)(第二三三一号)
 同(上田哲君紹介)(第二三三二号)
 同(上原康助君紹介)(第二三三三号)
 同(左近正男君紹介)(第二三三四号)
 同(佐藤徳雄君紹介)(第二三三五号)
 同(田中克彦君紹介)(第二三三六号)
 同(田並胤明君紹介)(第二三三七号)
 同(村山喜一君紹介)(第二三三八号)
 同(八木昇君紹介)(第二三三九号)
 同(安田修三君紹介)(第二三四〇号)
 同(伊藤茂君紹介)(第二三九七号)
 同(大原亨君紹介)(第二三九八号)
 同(加藤万吉君紹介)(第二三九九号)
 同(上西和郎君紹介)(第二四〇〇号)
 同(河上民雄君紹介)(第二四〇一号)
 同(関山信之君紹介)(第二四〇二号)
 同(馬場昇君紹介)(第二四〇三号)
 同(和田貞夫君紹介)(第二四〇四号)
 同(渡辺嘉藏君紹介)(第二四〇五号)
 共済組合掛金の引き上げ反対等に関する請願
 (田中恒利君紹介)(第二三二四号)
 税制改革・減税に関する請願外五件(新井彬之
 君紹介)(第二三二五号)
 同(柴田弘君紹介)(第二三二六号)
 同(二見伸明君紹介)(第二三二七号)
 同外八件(宮地正介君紹介)(第二三に八号)
 所得税減税等に関する請願(水田稔君紹介)(
 第二三二九号)
 同(大原亨君紹介)(第二三九五号)
 同(中西績介君紹介)(第二三九六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 連合審査会開会に関する件
 参考人出頭要求に関する件
 国の補助金等の臨時特例等に関する法律案(内
 閣提出第四号)
     ――――◇―――――
#2
○小泉委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、国の補助金等の臨時特例等に関する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を求めます。竹下大蔵大臣。
    ―――――――――――――
 国の補助金等の臨時特例等に関する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○竹下国務大臣 ただいま議題となりました国の補助金等の臨時特例等に関する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 御承知のとおり、我が国財政を取り巻く環境には一段と厳しいものがあります。このため、政府は、引き続き財政改革を一層推進することとし、昭和六十一年度予算におきましても、歳出面において、既存の制度、施策の改革を行うなど徹底した節減合理化を行い、全体としてその規模を厳に抑制することとしたところであります。
 このような中で、最近における財政状況、社会経済情勢の推移及び累次の臨時行政調査会の答申等の趣旨を踏まえ、補助金等につきましては、引き続きその整理合理化を推進するとともに、事務事業の見直しを積極的に進めながら補助率の総合的見直し等を行うこととし、また、厚生年金の国庫負担金の繰り入れ等につきましても所要の特例措置を講ずることとしたところであります。
 なお、補助率のあり方等につきましては、補助金問題関係閣僚会議及び補助金問題検討会において鋭意検討を重ねてきたところであり、今般の措置は、補助金問題検討会の報告を最大限尊重することとし、その趣旨を踏まえて行うこととしているものであります。
 本法律案は、以上申し述べました国の補助金等の臨時特例等の措置について所要の立法措置を講ずるものであります。
 以下、この法律案の内容について申し上げます。
 第一に、社会保障、公共事業等の各政策分野の特性に配意しつつ、補助率の総合的見直しを図るという観点に立って、四十四法律について昭和六十一年度から昭和六十三年度までの各年度における国の補助金及び負担金の補助率及び負担率の引き下げを行うこととしております。なお、この引き下げの対象となる地方公共団体に対しましては、その事務事業の執行及び財政運営に支障を生ずることのないよう財政金融上の措置を講ずることとしております。
 第二に、地方公共団体の事務事業として同化定着しているものに係る補助金及び負担金を規定している二法律について、その補助金及び負担金を整理し、地方公共団体の一般財源による措置への移行を行うこととしております。
 第三に、厚生保険特別会計法等、一般会計から特別会計への国庫負担金等の繰り入れを規定している三法律について、昭和六十一年度から昭和六十三年度までの各年度における繰り入れの特例を定めることとしております。
 以上がこの法律案の提案の理由及びその内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#4
○小泉委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#5
○小泉委員長 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。
 本案審査のため、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その日時、人選につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○小泉委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
    ―――――――――――――
#7
○小泉委員長 次に、連合審査会開会に関する件についてお諮りいたします。
 ただいま審査中の本案に対し、関係委員会から連合審査会開会の申し入れがありましたならば、これを受諾することといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小泉委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、連合審査会の開会日時につきましては、関係委員長と協議の上、追って公報をもってお知らせいたします。
 また、連合審査会において参考人から意見を聴取する必要が生じました場合、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○小泉委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後六時五十五分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト