くにさくロゴ
1984/12/01 第102回国会 参議院 参議院会議録情報 第102回国会 科学技術特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1984/12/01 第102回国会 参議院

参議院会議録情報 第102回国会 科学技術特別委員会 第1号

#1
第102回国会 科学技術特別委員会 第1号
昭和五十九年十二月一日(土曜日)
   午前十時八分開会
    ─────────────
昭和五十九年十二月一日議長において本委員を左
のとおり指名した。
                岡部 三郎君
                長田 裕二君
                亀井 久興君
                古賀雷四郎君
                後藤 正夫君
                志村 哲良君
                成相 善十君
                林  寛子君
                福田 宏一君
                藤井 孝男君
                安田 隆明君
                小野  明君
                松前 達郎君
                本岡 昭次君
                八百板 正君
                塩出 啓典君
                高木健太郎君
                伏見 康治君
                佐藤 昭夫君
                山田  勇君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         高木健太郎君
    理 事
                林  寛子君
                塩出 啓典君
    委 員
                岡部 三郎君
                長田 裕二君
                亀井 久興君
                後藤 正夫君
                志村 哲良君
                成相 善十君
                安田 隆明君
                松前 達郎君
                本岡 昭次君
                伏見 康治君
                佐藤 昭夫君
                山田  勇君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (科学技術庁長
       官)       竹内 黎一君
   政府委員
       科学技術政務次
       官        内藤  健君
       科学技術庁長官
       官房長      宇賀 道郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        野村 静二君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○特別委員長互選
○理事選任の件
○派遣委員の報告に関する件
    ─────────────
   〔伏見康治君委員長席に着く〕
#2
○伏見康治君 ただいまから科学技術特別委員会を開会いたします。
 本院規則第八十条により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。
 これより委員長の選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#3
○林寛子君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。
#4
○伏見康治君 ただいまの林君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○伏見康治君 御異議ないものと認めます。
 それでは、委員長に高木健太郎君を指名いたします。(拍手)
    ─────────────
   〔高木健太郎君委員長席に着く〕
#6
○委員長(高木健太郎君) ただいま皆様方の御推挙により、引き続いて委員長の重責を担うことになりました。
 甚だ微力ではございますが、委員各位の一段のお力添えを心からお願いいたします。
    ─────────────
#7
○委員長(高木健太郎君) それでは、ただいまから理事の選任を行います。
 本特別委員会の理事の数は四名でございます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(高木健太郎君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に古賀雷四郎君、林寛子君及び塩出啓典君を指名いたします。
 なお、あと一名の理事につきましては、都合により後日これを指名いたします。
    ─────────────
#9
○委員長(高木健太郎君) 今般科学技術庁長官に就任されました竹内黎一君及び科学技術政務次官に就任されました内藤健君から発言を求められておりますので、この際、順次発言を許します。竹内科学技術庁長官。
#10
○国務大臣(竹内黎一君) このたび科学技術庁長官を拝命いたしました竹内黎一でございます。
 厳しい国際環境の中で、我が国が二十一世紀に向かって充実していくためには、唯一の資源とも言うべき頭脳資源を最大限に活用し、創造的な科学技術を創出していく必要があります。また、世界的にも国際的な科学技術協力の一層の展開の必要性が認識されており、今や世界経済の活性化、さらには人類の発展は科学技術の振興により達成されると言っても過言ではありません。
 このように科学技術に対する期待が高まりつつあるときに科学技術庁長官を拝命いたしまして、その責任の重大さを痛感しているところであります。
 微力ではございますが、我が国の科学技術行政の責任者として身を引き締め全力を尽くしてまいる所存でございますので、委員長初め委員の先生方におかれましてはよろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げましてごあいさつといたします。(拍手)
#11
○委員長(高木健太郎君) 次に、内藤科学技術政務次官。
#12
○政府委員(内藤健君) このたび科学技術政務次官を拝命いたしました内藤健でございます。
 ただいまの大臣のあいさつにもありましたとおり、我が国にとって科学技術の振興は極めて重要な課題であります。
 委員長初め委員諸先生方の御指導を賜りまして、誠心誠意努力をいたしまして大臣を補佐してまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
    ─────────────
#13
○委員長(高木健太郎君) 次に、派遣委員の報告に関する件についてお諮りいたします。
 前国会閉会中、当委員会が行いました委員派遣
につきましては、派遣委員から報告書が提出されておりますので、これを本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(高木健太郎君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト