くにさくロゴ
1984/01/25 第102回国会 参議院 参議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1984/01/25 第102回国会 参議院

参議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第102回国会 議院運営委員会 第4号
昭和六十年一月二十五日(金曜日)
   午後一時四十分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         遠藤  要君
    理 事
                井上 吉夫君
                高平 公友君
                名尾 良孝君
                浜本 万三君
                福間 知之君
                塩出 啓典君
                橋本  敦君
                柳澤 錬造君
    委 員
                石井 一二君
                岡野  裕君
                小島 静馬君
                藤田  栄君
                藤野 賢二君
                松岡満寿男君
                水谷  力君
                吉川  博君
                吉川 芳男君
                吉村 真事君
        ─────
       議     長  木村 睦男君
       副  議  長  阿具根 登君
        ─────
   事務局側
       事 務 総 長  指宿 清秀君
       事 務 次 長  加藤木理勝君
       議 事 部 長  辻  啓明君
       委 員 部 長  佐伯 英明君
       記 録 部 長  戸張 正雄君
       警 務 部 長  安部  廉君
       庶 務 部 長  原   度君
       管 理 部 長  古瀬嘉時長君
       渉 外 部 長  池部  健君
   国立国会図書館側
       館     長  荒尾 正浩君
       副  館  長  長野  裕君
       総 務 部 長  三塚 俊武君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○本会議における国務大臣の演説及びこれに対する質疑に関する件
○参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和六十年度予定経費要求及び昭和五十九年度予定経費補正要求に関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(遠藤要君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、本会議における国務大臣の演説及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#3
○事務総長(指宿清秀君) 昨二十四日、内閣から、本日の本院の会議において国務大臣が次のとおり発言いたしたい旨の通告に接しました。
   施政方針に関する演説
    内閣総理大臣  中曽根康弘
   外交に関する演説
    外 務 大 臣 安倍晋太郎
   財政に関する演説
    大 蔵 大 臣 竹下  登
   経済に関する演説
    国 務 大 臣 金子 一平
 以上でございます。
#4
○委員長(遠藤要君) ただいま事務総長報告の国務大臣の演説に対しましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり質疑を行うことに意見が一致いたしました。
 理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(遠藤要君) 次に、参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和六十年度予定経費要求及び昭和五十九年度予定経費補正要求に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(指宿清秀君) まず、本院の昭和六十年度予定経費要求について御説明申し上げます。
 要求額は二百四十五億九千万円余でありまして、前年度に比し八億七千五百万円余の増額となっております。
 内訳の概略を御説明申し上げますと、まず第一は、国会の運営に必要な経費、すなわち、人件費及び事務費等でありまして、要求額は二百三十三億七百万円余でございます。前年度に比し九億二千六百万円余の増額となっておりますが、これは、主として議員歳費並びに議員秘書及び職員の人件費等の増加によるものであります。
 第二は、本院の施設整備に必要な経費でありまして、要求額は十二億七千八百万円余でございます。その内訳は、本年十一月完成予定の麹町議員宿舎第二期改築工事費九億七千二百万円余及び本館その他庁舎等の施設整備費二億九千八百万円余であります。
 第三は、本院の予備経費でありますが、五百万円を計上いたしております。
 なお、議員互助年金につきましては、基礎歳費月額六十二万円を六十四万円に改定するとともに、納付金率を歳費月額の百分の九・五から百分の九・七に改定することといたしております。
 次に、国立国会図書館の昭和六十年度予定経費要求について御説明申し上げます。
 要求額は百四十七億三千四百万円余でありまして、前年度に比し八億六千七百万円余の増額となっております。
 内訳の概略を御説明申し上げますと、まず第一は、管理運営に必要な経費でありまして、要求額は八十一億四百万円余でございます。前年度に比し三億二千八百万円余の増額となっておりますが、これは主として職員の人件費の増加によるものであります。
 第二は、科学技術関係資料購入に必要な経費でありまして、要求額は五億千七百万円余でございます。
 第三は、施設整備に必要な経費でありまして、要求額は六十一億千三百万円余であります。
 その主な内訳を申し上げますと、まず、別館新営に必要な経費として五十九億四千三百万円余を計上いたしておりますが、このうちには、新たに計上された昭和六十年度を初年度とする二カ年の国庫債務負担行為総額二十五億千九百万円余の初年度分として、九億五千三百万円余が含まれております。
 次に、本館改修に必要な経費として一億二千四百万円余を計上いたしておりますが、このうちには、新たに計上された昭和六十年度を初年度とする二カ年の国庫債務負担行為総額二億九千万円余の初年度分として、一億百万円余が含まれております。
 次に、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の予定経費要求について申し上げます。
 総額は、裁判官弾劾裁判所が八千六百万円余、
裁判官訴追委員会が九千三百万円余でございまして、これらはいずれも、人件費及び事務費等でございます。
 次に、昭和五十九年度予定経費補正要求について御説明申し上げます。
 今回の補正要求は、議員歳費の改定に必要な経費及び議員秘書、職員の給与改善に必要な経費の追加並びに既定予算の一部を節約減少するものでございます。本院におきましては二億八千四百万円余、国立国会図書館におきましては一千三百万円余の追加となっており、裁判官弾劾裁判所におきましては三十三万円余、裁判官訴追委員会におきましては四十三万円余の減額となっております。
 以上でございます。
#8
○委員長(遠藤要君) これより採決を行います。
 まず、参議院の昭和六十年度予定経費要求、参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和五十九年度予定経費補正要求につき、ただいま説明のとおり、これを了承することに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#9
○委員長(遠藤要君) 多数と認めます。よって、これを了承することに決定いたしました。
 次に、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和六十年度予定経費要求につき、ただいま説明のとおりこれを了承することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#11
○委員長(遠藤要君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#12
○事務総長(指宿清秀君) 御説明いたします。
 本日は、冒頭、議員新谷寅三郎君逝去につき哀悼の件でございます。議長から、既に弔詞をささげました旨御報告の後、弔詞を朗読されます。その際、一同御起立をお願いいたします。次いで、藤田正明君から哀悼演説がございます。
 次に、議員美濃部亮吉君逝去につき哀悼の件でございます。議長から、既に弔詞をささげました旨御報告の後、弔詞を朗読されます。その際、一同御起立をお願いいたします。次いで、金丸三郎君から哀悼演説がございます。
 以上をもちまして一たん休憩いたしますが、休憩までの所要時間は約二十分でございます。
 再開は午後三時の予定でございますが、その冒頭の議事は、請暇の件でございます。西村尚治君から請暇の申し出がございますので、異議の有無をもってお諮りいたします。
 次に、国土審議会委員の選挙でございます。本件は、選挙省略、議長指名の動議を塩出理事に御提出いただき、名尾理事に賛成をお願いいたします。本動議に異議がないと決しますと、議長は、国土審議会委員に矢原秀男君を指名されます。
 次に、日程第一 国務大臣の演説に関する件でございます。中曽根内閣総理大臣から施政方針に関し、安倍外務大臣から外交に関し、竹下大蔵大臣から財政に関し、金子国務大臣から経済に関し、順次演説が行われます。
 国務大臣の演説に対する質疑は、次会に譲ることを異議の有無をもってお諮りいたしまして本日の議事を終了いたしますが、再開後の議事の所要時間は約一時間四十分の見込みでございます。
#13
○委員長(遠藤要君) ただいま事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後一時四十八分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト