くにさくロゴ
1984/02/13 第102回国会 参議院 参議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第7号
姉妹サイト
 
1984/02/13 第102回国会 参議院

参議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第7号

#1
第102回国会 議院運営委員会 第7号
昭和六十年二月十三日(水曜日)
   午後一時四十二分開会
    ─────────────
   委員の異動
 一月三十日
    辞任         補欠選任
     藤田  栄君     志村 哲良君
 二月一日
    辞任         補欠選任
     志村 哲良君     藤田  栄君
 二月十二日
    辞任         補欠選任
     藤田  栄君     森田 重郎君
     松岡満寿男君     斎藤 十朗君
 二月十三日
    辞任         補欠選任
     斎藤 十朗君     松岡満寿男君
     森田 重郎君     藤田  栄君
     中野  明君     鈴木 一弘君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         遠藤  要君
    理 事
                井上 吉夫君
                高平 公友君
                名尾 良孝君
                浜本 万三君
                福間 知之君
                塩出 啓典君
                橋本  敦君
                柳澤 錬造君
    委 員
                岡野  裕君
                小島 静馬君
                藤田  栄君
                藤野 賢二君
                松岡満寿男君
                水谷  力君
                吉川  博君
                吉川 芳男君
                吉村 真事君
        ─────
       議     長  木村 睦男君
       副  議  長  阿具根 登君
        ─────
   事務局側
       事 務 総 長  指宿 清秀君
       事 務 次 長  加藤木理勝君
       議 事 部 長  辻  啓明君
       委 員 部 長  佐伯 英明君
       記 録 部 長  戸張 正雄君
       警 務 部 長  安部  廉君
       庶 務 部 長  原   度君
       管 理 部 長  古瀬嘉時長君
       渉 外 部 長  池部  健君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○参議院改革協議会設置要綱の一部改正に関する件
○地方制度調査会委員の推薦に関する件
○委員派遣承認要求の取り扱いに関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(遠藤要君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、参議院改革協議会設置要綱の一部改正に関する件を議題といたします。
 参議院改革につきましては、参議院改革協議会の活動を中心に、同僚議員各位の御協力により、総予算の委嘱審査制度の導入、調査特別委員会の設置など、これまで多くの成果を上げてまいりました。
 しかるところ、最近、院の内外において再び改革の論議が高まったことにかんがみ、理事会等において同協議会の構成問題も含め、さらに積極的な改革を推進するための方途を検討いたしてまいりました。
 また、木村議長におかれましては、去る一月二十一日の各会派代表者懇談会に、参議院改革に関する御提案を示され、各会派の御了承を得たのであります。
 これらの経緯を踏まえ、参議院改革協議会の構成について理事会において協議をいたしてまいりましたが、去る一月三十日の理事会において、
 一、参議院改革協議会は、協議員二十名以内で組織することとし、協議員は、議院運営委員会理事会において協議した結果に基づき、議長が委嘱するものとする。
 二、参議院改革協議会の座長は、協議員の中から議長が委嘱するものとする。
 三、議院運営委員長は、議長及び副議長と同じく、随時、参議院改革協議会に出席し、発言するものとする。
 以上三項目について合意が得られましたので、同協議会の設置要綱について所要の改正を行った次第であります。お手元に配付いたしてありますのが、改正後の設置要綱でございます。
 なお、今回の改組につきましては、去る二月五日、同協議会の御了承をいただいております。
 以上のとおりでありますが、参議院改革協議会の設置要綱の改正について承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、今回の改組につきましては、本日の本会議において委員長から報告することといたしますので、御了承をちょうだいいたします。
    ─────────────
#4
○委員長(遠藤要君) 次に、地方制度調査会委員の推薦に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#5
○事務総長(指宿清秀君) ただいま議題となりました委員は、本院議長の推薦を得て内閣総理大臣が任命するものでありますが、割り当て会派の日本社会党から、お手元の資料のとおり上野雄文君が推薦されております。
#6
○委員長(遠藤要君) 本件につきましては、日本社会党申し出のとおり推薦することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(遠藤要君) 次に、委員派遣承認要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 去る七日、予算委員長から、また同日、外交・総合安全保障に関する調査特別委員長から、それぞれ委員派遣承認要求書が提出されました。
 委員派遣の内容はお手元の資料のとおりであります。
 これらの要求の取り扱いにつきましては、日程の都合もあり、去る八日、理事会の了承を得て議長承認の手続を取り進めさせていただきました。御了承願います。
    ─────────────
#9
○委員長(遠藤要君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#10
○事務総長(指宿清秀君) 御説明いたします。
 本日は、冒頭、新議員の紹介でございます。議
長は、新たに議席に着かれました奈良県選出議員服部安司君を紹介されます。次いで議長は、同君を建設委員に指名されます。
 次に、北海道開発審議会委員の選挙でございます。本件は、選挙省略、議長指名の動議を名尾理事に御提出をいただき、浜本理事に賛成をお願いいたします。本動議に異議がないと決しますと、議長は、北海道開発審議会委員に高木正明君、工藤万砂美君を指名されます。
 次に、本日、予算委員会において議了いたしました昭和五十九年度補正予算三案の緊急上程でございます。まず、三案を一括して議題とすることにつきまして異議の有無をもってお諮りし、異議がないと決しますと、予算委員長から報告がございます。委員会におきましては、いずれも可決すべきものと多数をもって決せられております。三案に対し、安恒良一君十分の討論がございます。採決は、三案を一括して行います。
 次に、日程に入りまして、日程第一は、大蔵委員長の報告に係る法律案でございまして、委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。
 日程第二は、建設委員長の報告に係る法律案でございまして、委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。
 日程第三は、地方行政委員長の報告に係る法律案でございまして、委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。
 次に、参議院の組織及び運営の改革に関する協議会について、遠藤議院運営委員長から御報告がございます。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたしますが、その所要時間は約四十分の見込みでございます。
#11
○委員長(遠藤要君) ただいま事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後一時四十八分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト