くにさくロゴ
1984/06/25 第102回国会 参議院 参議院会議録情報 第102回国会 地方行政委員会 第22号
姉妹サイト
 
1984/06/25 第102回国会 参議院

参議院会議録情報 第102回国会 地方行政委員会 第22号

#1
第102回国会 地方行政委員会 第22号
昭和六十年六月二十五日(火曜日)
   午後一時十分開会
    ─────────────
   委員の異動
 六月二十一日
    辞任         補欠選任
     岩上 二郎君     長谷川 信君
     鈴木 一弘君     峯山 昭範君
 六月二十二日
    辞任         補欠選任
     古賀雷四郎君     増岡 康治君
     長谷川 信君     岩上 二郎君
    ─────────────
   委員長の異動
六月二十四日金丸三郎君委員長辞任につき、その
補欠として増岡康治君を議院において委員長に選
任した。
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         増岡 康治君
    理 事
                松浦  功君
                吉川 芳男君
                佐藤 三吾君
                三治 重信君
    委 員
                井上  孝君
                上田  稔君
               大河原太一郎君
                加藤 武徳君
                金丸 三郎君
                出口 廣光君
                上野 雄文君
                志苫  裕君
                中野  明君
                神谷信之助君
   政府委員
       自治大臣官房長  津田  正君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        高池 忠和君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任及び補欠選任の件
○小委員補欠選任の件
○小委員長の補欠選任の件
    ─────────────
#2
○委員長(増岡康治君) ただいまから地方行政委員会を開会いたします。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 昨二十四日の本会議において委員長に選任されました増岡でございます。微力ではございますけれども、委員各位の御協力を賜りまして、円滑公正な委員会運営に努め、重責を果たしてまいりたいと存じておりますので、どうぞひとつよろしくお願い申し上げます。(拍手)
 金丸前委員長から発言を求められておりますので、これを許します。金丸君。
#3
○金丸三郎君 一言ごあいさつを申し上げます。
 昨年八月、就任いたしましてから、皆様方の格別の御支援により、殊に理事の皆様方の御協力をいただきまして、おかげさまで大過なく委員長の職務を務めさせていただきました。まことにありがとうございました。この場をおかりしまして、厚く御礼申し上げます。
 どうもありがとうございました。(拍手)
    ─────────────
#4
○委員長(増岡康治君) 次に、委員の異動について御報告いたします。
 六月二十二日、古賀雷四郎君が委員を辞任され、その補欠として私、増岡康治が選任されました。
    ─────────────
#5
○委員長(増岡康治君) 上野君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(増岡康治君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 六月二十一日の委員の異動及びただいまの理事の辞任に伴い、理事が二名欠員となりましたので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(増岡康治君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に吉川芳男君及び佐藤三吾君を指名いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(増岡康治君) 次に、風俗営業等に関する小委員会の小委員及び小委員長の補欠選任を行います。
 小委員及び小委員長の選任につきましては、昨年十二月一日、委員長の指名に御一任願うこととなっておりますので、この際、小委員の補欠として吉川芳男君及び佐藤三吾君を指名いたします。
 また、小委員長に松浦功君を指名いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト