くにさくロゴ
1984/12/01 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1984/12/01 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号

#1
第102回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和五十九年十二月一日(土曜日
)議院において、沖縄及び北方問題に関する対策
樹立のため設置することに決した。
十二月一日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      大島 理森君    國場 幸昌君
      塩島  大君    鈴木 宗男君
      田名部匡省君    田邉 國男君
      東家 嘉幸君    中川 昭一君
      仲村 正治君    野中 広務君
      深谷 隆司君    町村 信孝君
      渡辺 省一君    上原 康助君
      奥野 一雄君    加藤 万吉君
      川崎 寛治君    島田 琢郎君
      新村 源雄君    有島 重武君
      玉城 栄一君    日笠 勝之君
      青山  丘君    大内 啓伍君
      瀬長亀次郎君
―――――――――――――――――――――
昭和五十九年十二月一日(土曜日)
    午後一時二十三分開議
出席委員
  委員長 大内 啓伍君
   理事 國場 幸昌君 理事 仲村 正治君
   理事 深谷 隆司君 理事 町村 信孝君
   理事 島田 琢郎君 理事 玉城 栄一君
   理事 青山  丘君
      大島 理森君    鈴木 宗男君
      中川 昭一君    野中 広務君
      上原 康助君    奥野 一雄君
      有島 重武君    日笠 勝之君
      瀬長亀次郎君
 委員外の出席者
        特別委員会第一
        調査室長    内野 林郎君
    ―――――――――――――
十二月一日
 大内啓伍君が委員長に当選した。
同日
      國場 幸昌君    仲村 正治君
      深谷 隆司君    町村 信孝君
      川崎 寛治君    島田 琢郎君
      玉城 栄一君    青山  丘君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔瀬長委員、委員長席に着く〕
#2
○瀬長委員 これより会議を開きます。
 規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○仲村委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、大内啓伍君を委員長に推薦いたします。
#4
○瀬長委員 ただいまの仲村正治君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○瀬長委員 御異議なしと認めます。よって、大内啓伍君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長大内啓伍君に本店を譲ります。
    〔大内委員長、委員長席に着く〕
#6
○大内委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました。
 沖縄問題につきましては、これまでに各般の施策が推進されてまいりましたが、振興開発の促進、基地対策を初め、いまだ多くの課題が山積しております。
 また、北方問題につきましては、日本国民の悲願であります北方領土の復帰実現という長年にわたる懸案が残されております。
 幸い委員各位は練達堪能な方々でございますので、微力ではございますが、皆様方の御支援、御協力を賜りまして、円滑なる委員会の運営を行ってまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○大内委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○仲村委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○大内委員長 ただいまの仲村正治君の動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○大内委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      國場 幸昌君    仲村 正治君
      深谷 隆司君    町村 信孝君
      川崎 寛治君    島田 琢郎君
      玉城 栄一君    青山  丘君以上八名の諸君を理事に指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト