くにさくロゴ
1984/12/01 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 物価問題等に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1984/12/01 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 物価問題等に関する特別委員会 第1号

#1
第102回国会 物価問題等に関する特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和五十九年十二月一日(土曜日
)議院において、物価問題等に関する対策を樹立
するため設置することに決した。
十二月一日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      愛知 和男君    青木 正久君
      伊吹 文明君    稲垣 実男君
      尾身 幸次君    亀井 静香君
      工藤  巖君    熊川 次男君
      佐藤 信二君    長野 祐也君
      二階 俊博君    浜田卓二郎君
      湯川  宏君    金子 みつ君
      竹内  猛君    武部  文君
      中村 正男君    浜西 鉄雄君
      松浦 利尚君    中川 嘉美君
      福岡 康夫君    宮地 正介君
      田中 慶秋君    塚田 延充君
      藤田 スミ君
―――――――――――――――――――――
昭和五十九年十二月一日(土曜日)
    午後一時二十三分開議
出席委員
  委員長 竹内  猛君
   理事 青木 正久君 理事 亀井 静香君
   理事 佐藤 信二君 理事 浜田卓二郎君
   理事 武部  文君 理事 中川 嘉美君
   理事 田中 慶秋君
      伊吹 文明君    稲垣 実男君
      工藤  巖君    熊川 次男君
      二階 俊博君    金子 みつ君
      中村 正男君    福岡 康夫君
      宮地 正介君    塚田 延充君
      藤田 スミ君
 委員外の出席者
        特別委員会第二
        調査室長    秋山陽一郎君
    ―――――――――――――
十二月一日
 竹内猛君が委員長に当選した。
同日
      青木 正久君    亀井 静香君
      佐藤 信二君    浜田卓二郎君
      武部  文君    松浦 利尚君
      中川 嘉美君    田中 慶秋君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔武部委員、委員長席に着く〕
#2
○武部委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○浜田(卓)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、委員長に竹内猛君を推薦いたしたいと存じます。
#4
○武部委員 ただいまの浜田卓二郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○武部委員 御異議なしと認めます。よって、竹内猛君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長竹内猛君に本店をお譲りいたします。
    〔竹内委員長、委員長席に着く〕
#6
○竹内委員長 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま、委員各位の御推挙によりまして、私が本委員会の委員長の重責を担うことになりました。
 申し上げるまでもなく、国民生活の安定向上のためには、物価の安定がその最大の基礎でございます。幸いにして、最近の物価の動向は安定的に推移いたしておりますものの、なお予断を許さない厳しい状況にあると思います。本委員会の使命の重要性にかんがみ、委員各位の御協力を得て、なお一層の成果を上げるべく努めてまいりたいと考えております。
 委員会の運営につきましても、もとよりふなれでございますので、委員各位の特段の御協力を賜り、円満に運営していく所存でございます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○竹内委員長 この際、理事の互選を行います。
#8
○浜田(卓)委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されんことを望みます。
#9
○竹内委員長 ただいまの浜田卓二郎君の動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      青木 正久君    亀井 静香君
      佐藤 信二君    浜田卓二郎君
      武部  文君    松浦 利尚君
      中川 嘉美君    田中 慶秋君を指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト