くにさくロゴ
1984/08/19 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会図書館運営小委員会 第3号
姉妹サイト
 
1984/08/19 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会図書館運営小委員会 第3号

#1
第102回国会 議院運営委員会図書館運営小委員会 第3号
昭和六十年八月十九日(月曜日)
    午後零時四十二分開議
 出席小委員
   小委員長 保利 耕輔君
      加藤 卓二君    北川 石松君
      古賀  誠君    水平 豊彦君
      田並 胤明君    渡辺 三郎君
     平石磨作太郎君    西田 八郎君
 小委員外の出席者
        議院運営委員  三浦  久君
        国立国会図書館
        長       荒尾 正浩君
    ―――――――――――――
八月十九日
 小委員田中直紀君六月二十五日委員辞任につ
 き、その補欠として加藤卓二君が委員長の指名
 で小委員に選任された。
同日
 小委員長野祐也君、吹田ナ君及び中井洽君
 同日小委員辞任につき、その補欠として北川石
 松君、水平豊彦君及び西田八郎君が委員長の指
 名で小委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 昭和六十一年度国立国会図書館予算概算要求の
 件
     ――――◇―――――
#2
○保利小委員長 これより図書館運営小委員会を開会いたします。
 本日は、昭和六十一年度国立国会図書館予算概算要求の件について御協議を願うことといたします。
 まず、荒尾図書館長から説明を求めます。
#3
○荒尾国立国会図書館長 国立国会図書館の昭和六十一年度概算要求の重点事項について御説明申し上げます。
 昭和六十一年度予算の概算要求につきましては、来年度に別館が地下五階から同八階までの書庫を除いて完成する予定でありますので、その開館に伴う運営経費、工事費を最重点に要求いたしたいと存じます。
 まず、開館に伴う運営経費といたしまして、定員の充実に要する経費二千万円余、別館完成に伴う維持管理経費五億円余、別館開館に伴う備品購入経費、移転経費二億円余を要求いたします。
 次に、工事関係経費といたしまして、別館の新営に要する工事費三十九億一千万円余、本館の改修に要する工事費五億五千万円余、これに車庫・外構設計外注費及び支部上野図書館保全調査費などを加えまして、工事関係経費総額四十六億四千万円余を要求いたします。
 さらに、新規に要求する経費といたしましては、二部納本制実施経費一千万円余、資料保存対策経費四百万円余、在ポルトガル日本関係資料の。調査経費二百万円余、第五十二回国際図書館連盟東京大会関係経費二千万円余を要求いたします。
 また、業務機械化経費七千万円余、図書館資料の購入経費四千万円余をそれぞれ増額要求いたします。その他、図書館の運営経費につきましては、可能な限り既定経費の中で調整して要求いたす所存でございます。
 以上、昭和六十一年度予算概算要求の重点事項について御説明いたしましたが、要求総額はなお流動的であり、今後の金額の推移につきましては、図書館運営小委員長に御報告いたしまして、小委員長の御指示を受けて進めてまいりたい所存でございます。
 よろしく御審議のほどお願いいたします。
#4
○保利小委員長 これより懇談に入ります。
    〔午後零時四十四分懇談に入る〕
    〔午後零時五十二分懇談を終わる〕
#5
○保利小委員長 これにて懇談を閉じます。
 それでは、昭和六十一年度国立国会図書館予算概算要求の件につきましては、ただいま御協議いただきました方針に基づいて大蔵省に要求することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○保利小委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト