くにさくロゴ
1984/12/13 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1984/12/13 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第102回国会 議院運営委員会 第2号
昭和五十九年十二月十三日(木曜日)
    午前十一時三十二分開議
出席委員
  委員長 小沢 一郎君
   理事 水平 豊彦君 理事 北川 石松君
   理事 保利 耕輔君 理事 吹田  ナ君
   理事 古賀  誠君 理事 広瀬 秀吉君
  理事 渡辺 三郎君 理事 平石磨作太郎君
   理事 西田 八郎君
      甘利  明君    加藤 卓二君
      北川 正恭君    桜井  新着
      田中 直紀君    長野 祐也君
      松田 九郎君    伊藤 忠治君
      上田 卓三君    日野 市朗君
      横江 金夫君    沼川 洋一君
      中井  洽君    東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 福永 健司君
        副  議  長 勝間田清一君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月十三日
 辞任         補欠選任
  上田 卓三君     清水  勇君
  日野 市朗君     田並 胤明君
    ―――――――――――――
十二月三日
 議員田中角榮君の議員辞職勧告に関する決議案
 (松本善明君外二名提出、決議第一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員大原亨君永年在職表彰の件
 裁判官訴追委員辞職の件
 各種委員等の選挙の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小沢委員長 これより会議を開きます。
 まず、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員大原亨君は、今月で在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。
 同君の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議の冒頭において行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○小沢委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
 議員大原亨君は衆議院議員に当選すること十回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められたよって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    ―――――――――――――
#4
○小沢委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって同君の表彰決議を行い、次に議長が表彰文を朗読されます。次いで、表彰を受けられた大原君に登壇願った後、同君から謝辞が述べられます。
 また、記念といたしまして、表彰を受けられた大原君の肖像画を院内に掲げるとともに、別に小型の肖像画を贈呈することになっております。
    ―――――――――――――
#5
○小沢委員長 次に、裁判官訴追委員辞職の件についてでありますが、同委員である高鳥修君及び保岡興治君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○小沢委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#7
○小沢委員長 次に、各種委員等の選挙の件についてでありますが、裁判官訴追委員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同委員の選挙を初め、お手元の印刷物にあります各種委員の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小沢委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
 なお、後任候補者として、自由民主党・新自由国民連合及び日本社会党・護憲共同から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、各種委員等の選挙の件
  裁判官訴追委員
   山本 幸雄君(自)
   住  栄作君(自)
  同 予備員
   亀井 静香君(自) 職務を行う順序は第二
             順位
  国土開発幹線自動車道建設審議会委員
   宮澤 喜一君(自)
   佐藤  隆君(自)
  北海道開発審議会委員
   渡辺 省一君(自)
   町村 信孝君(自)
  国土審議会委員
   渡辺 三郎君(社)
  鉄道建設審議会委員
   宮澤 喜一君(自)
    ―――――――――――――
#9
○小沢委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#10
○弥富事務総長 まず最初に、大原亨先生に対する表彰の決議を行います。次いで大原先生から謝辞が述べられます。
 次に、裁判官訴追委員の辞職の件についてお諮りをいたします。
 辞職の件が許可されましたならば、引き続いて裁判官訴追委員の選挙とほかの各種委員等の選挙をあわせて行います。この選挙は、動議によりまして、いずれもその手続を省略し、議長において指名されることになります。
 次に、日程第一につきまして、愛野外務委員長の報告がございます。全会一致であります。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第二号
  昭和五十九年十二月十三日
    正午開議
 第一 日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の両国の地先沖合における漁業の分野の相互の関係に関する協定の締結について承認を求めるの件
    ―――――――――――――
#11
○小沢委員長 それでは、本日の本会議は、午前十一時五十分予鈴、正午から開会いたします。
    ―――――――――――――
#12
○小沢委員長 次に、次回の本会議及び委員会につきましては、後刻理事会において協議いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト