くにさくロゴ
1984/12/20 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1984/12/20 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第102回国会 議院運営委員会 第4号
昭和五十九年十二月二十日(木曜日)
    午後零時一分開議
出席委員
  委員長 小沢 一郎君
   理事 水平 豊彦君 理事 北川 石松君
   理事 保利 耕輔君 理事 吹田  ナ君
   理事 広瀬 秀吉君 理事 渡辺 三郎君
  理事 平石磨作太郎君 理事 西田 八郎君
      甘利  明君    加藤 卓二君
      田中 直紀君    長野 祐也君
      浜田卓二郎君    松田 九郎君
      清水  勇君    田並 胤明君
      横江 金夫君    沼川 洋一君
      日笠 勝之君    中井  洽君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 福永 健司君
        副  議  長 勝間田清一君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十日
 辞任         補欠選任
  桜井  新君     浜田卓二郎君
同日
 辞任         補欠選任
  浜田卓二郎君     桜井  新君
    ―――――――――――――
十二月十九日
 昭和六十年度の国会議員秘書の処遇改善に関す
 る陳情書(東京都千代田区永田町二の二の一衆
 議院第一議員会館第一〇七号室衆議院秘書協議
 会会長渡瀬憲明外一名)(第八八号)
 政党法制定反対に関する陳情書外一件(岡山県
 久米郡久米南町議会議長橋本澄江外一名)(第
 八九号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国家公務員等任命につき同意を求めるの件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小沢委員長 これより会議を開きます。
 まず、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてでありますが、原子力安全委員会委員、科学技術会議議員、公害健康被害補償不服審査会委員、中央更生保護審査会委員、社会保険審査会委員、運輸審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、労働保険審査会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいっております。
 一、国家公務員等任命につき同意を求めるの件
  原子力安全委員会委員
   内田 秀雄君
   田島 英三君
   山本  寛君 五九、一一、一五任期満了につき再任
  科学技術会議議員
   芦原 義重君 五九、一二、二四任期満了につき再任
   武安 義光君 鈴江康平君五九、一二、二四任期満了につきその後任
  公害健康被害補償不服審査会委員
   岸野 駿太君
   島田  晋君 五九、一二、二四任期満了につき再任
  中央更生保護審査会委員
   緒方 節郎君 五九、一二、二四任期満了につき再任
   西岡 正之君 岩崎隆彌君五九、一二、二四任期満了につきその後任
  社会保険審査会委員
   松浦十四郎君 五九、一二、二四任期満了につき再任
   山縣 習作君 岡本和夫君五九、一二、二四任期満了につきその後任
  運輸審議会委員
   安田 道夫君 高橋正八君 五九、一二、二四任期満了につきその後任
  日本放送協会経営委員会委員
   天野 歓三君 吉武信君 五九、一一、一二任期満了につきその後任
   池田 敬子君 五九、一一、一二任期満了につき再任
   岩村精一洋君 田村祐造君五九、一一、一五死去につきその後任
   永倉 三郎君 五九、一一、一二任期満了につき再任
   林  卓男君 高橋武彦君五九、八、一一死去につきその後任
  労働保険審査会委員
   田中 清定君 五九、一一、一二任期満了につき再任
   宮野 美宏君 山本秀夫君五九、一二、二四任期満了につきその後任
    ―――――――――――――
#3
○小沢委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小沢委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○小沢委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#6
○弥富事務総長 まず、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてお諮りをいたします。採決は三回に分けて行います。まず原子力安全委員会委員、中央更生保護審査会委員、運輸審議会委員及び日本放送協会経営委員会委員につき採決いたします。共産党が反対でございます。ただし、原子力安全委員会委員のうち田島英三君及び山本寛君、中央更生保護審査会委員のうち西岡正之君、日本放送協会経営委員会委員のうち池田敬子君につきましては、共産党は賛成とのことでございます。次に科学技術会議議員につき採決いたします。社会党、共産党が反対でございます。ただし、芦原義重君につきましては、社会党は賛成とのことでございます。次に残余の公害健康被害補償不服審査会委員、社会保険審査会委員及び労働保険審査会委員につき採決いたします。これは全会一致でございます。
 次に、日程第一ないし第三を一括して、渡辺逓信委員長の報告がございます。三案を一括して採決いたします。社会党、共産党が反対であります。
 次に、日程第四につきまして、高鳥地方行政委員長の報告がございます。社会党、共産党が反対でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第四号
  昭和五十九年十二月二十日
    午後一時開議
 第一 日本電信電話株式会社法案(第百一回国会、内閣提出)(参議院送付)
 第二 電気通信事業法案(第百一回国会、内閣提出)(参議院送付)
 第三 日本電信電話株式会社法及び電気通信事業法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案(第百一回国会、内閣提出)(参議院送付)
 第四 地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案(第百一回国会、内閣提出)(参議院送付)
    ―――――――――――――
#7
○小沢委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#8
○小沢委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト