くにさくロゴ
1984/12/07 第102回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第102回国会 地方行政委員会 第1号
姉妹サイト
 
1984/12/07 第102回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第102回国会 地方行政委員会 第1号

#1
第102回国会 地方行政委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十九年十二月一日)(土曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 大石 千八君
   理事 臼井日出男君 理事 小川 省吾君
   理事 加藤 万吉君 理事 草野  威君
   理事 岡田 正勝君
      伊藤 公介君    糸山英太郎君
      江崎 真澄君    大西 正男君
      大村 襄治君    工藤  巖君
      小杉  隆君    坂本三十次君
      高鳥  修君    中川 昭一君
      平林 鴻三君    細田 吉藏君
      松田 九郎君    山岡 謙蔵君
      五十嵐広三君    佐藤 敬治君
      細谷 治嘉君    安田 修三君
      山下八洲夫君    岡本 富夫君
      宮崎 角治君    吉井 光照君
      藤原哲太郎君    経塚 幸夫君
    ―――――――――――――
昭和五十九年十二月一日
 大石千八君委員長辞任につき、その補欠として
 高鳥修君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十九年十二月七日(金曜日)
    午前十時三分開議
出席委員
  委員長 高鳥  修君
   理事 愛知 和男君 理事 糸山英太郎君
   理事 臼井日出男君 理事 平林 鴻三君
   理事 小川 省吾君 理事 加藤 万吉君
   理事 安田 修三君 理事 草野  威君
   理事 岡田 正勝君
      伊藤 公介君    大島 理森君
      大西 正男君    大村 襄治君
      工藤  厳君    坂本三十次君
      中川 昭一君    細田 吉藏君
      五十嵐広三君    佐藤 敬治君
      山下八洲夫君    宮崎 角治君
      吉井 光照君    藤原哲太郎君
      経塚 幸夫君
 出席政府委員
        警察庁長官官房
        長       鈴木 良一君
        自治政務次官  小澤  潔君
        自治大臣官房長 津田  正君
 委員外の出席者
        地方行政委員会
        調査室長    島村 幸雄君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月一日
 辞任         補欠選任
  大石 千八君     愛知 和男君
同月七日
 辞任         補欠選任
  松田 九郎君     大島 理森君
同日
 辞任         補欠選任
  大島 理森君     松田 九郎君
同日
 理事小澤潔君、谷洋一着及び西田司君十一月二
 日委員辞任につき、その補欠として平林鴻三
 君、糸山英太郎君及び愛知和男君が理事に当選
 した。
同日
 理事小川省吾君同日理事辞任につき、その補欠
 として安田修三君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 連合審査会開会申入れに関する件
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○高鳥委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 今般、図らずも私が地方行政委員長に就任いたしました。
 幸いにして、地方行政に練達堪能なる委員の皆様ばかりでございますので、皆様方の御指導と御協力を得まして、委員会の運営に公正、万全を期してまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○高鳥委員長 次に、理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事小川省吾君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○高鳥委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任並びに委員の異動に伴い、現在理事が四名欠員になっております。この際、補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高鳥委員長 御異議なしと認めます。
 それでは
      愛知 和男君    糸山英太郎君
      平林 鴻三君    安田 修三君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○高鳥委員長 次に、小澤自治政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。小澤自治政務次官。
#7
○小澤政府委員 このたび自治政務次官を命ぜられました小澤潔です。よろしくお願いをいたします。
 地方行政委員会の先生方におかせられましては、我が国地方自治進展のために特段の御支援を賜っております。深甚なる敬意と感謝を申し上げたいと思います。私も大臣のもとに、任務を全うしてまいる決意でありますので、先生方の御指導をいただきたいと思います。
 一言申し述べ、ごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#8
○高鳥委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 すなわち、本会期中、地方行政の実情を調査し、その健全なる発展に資するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により
 一、地方自治に関する事項
 二、地方財政に関する事項
 三、警察に関する事項
 四、消防に関する事項以上の各事項について、国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対して承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○高鳥委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#10
○高鳥委員長 次に、連合審査会開会申し入れに関する件についてお諮りいたします。
 社会労働委員会において審査中の内閣提出、国民年金法等の一部を改正する法律案及び多賀谷眞稔君外四名提出、国民年金法及び特別児童扶養手当等の支給に関する法律の一部を改正する法律案の両案について、連合審査会開会の申し入れを行いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○高鳥委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、連合審査会開会の日時等につきましては、社会労働委員長と協議の上決定いたしますので、御了承を願いたいと存じます。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト