くにさくロゴ
1949/04/18 第7回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第007回国会 災害地対策特別委員会 第5号
姉妹サイト
 
1949/04/18 第7回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第007回国会 災害地対策特別委員会 第5号

#1
第007回国会 災害地対策特別委員会 第5号
昭和二十五年四月十八日(火曜日)
    午前十一時四分開議
 出席委員
   委員長 大内 一郎君
   理事 飯塚 定輔君 理事 小金 義照君
   理事 小平 久雄君 理事 床次 徳二君
   理事 高田 富之君
      青柳 一郎君    江田斗米吉君
      岡延右エ門君    川端 佳夫君
      北川 定務君    黒澤富次郎君
      小山 長規君    鈴木 善幸君
      田中不破三君    永井 英修君
      野村專太郎君    若林 義孝君
      門司  亮君    金塚  孝君
      森山 欽司君    砂間 一良君
      金子與重郎君
四月十七日
 委員田代文久君辞任につき、その補欠として砂
 間一良君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 小委員の追加選任に関する件
 委員派遣承認申請に関する件
    ―――――――――――――
#2
○大内委員長 これより会議を開きます。
 議題に入ります前に、まずお諮りいたします。笹森順造君より申出がありましたので、災害防止国土保全法案起草小委員の員数を一名増加することとし、笹森君を同小委員に選任いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○大内委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○大内委員長 熱海市の火災に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、昨日理事会を開会し御協議いたしましたので、一応その模様を御報告いたします。
 まず、本火災を当委員会の調査の対象となすべきかいなかにつきましては、従来当委員会におきましては、洪水、地震等、天変地異による災害のみを取上げて参つた関係もあり、今次の火災は委員会の調査の対象とならないのではないかとの御意見もありましたが、しかし熱海の火災は、その被害においても甚大であるばかりでなく、かつ委員会の調査の対象を、いわゆる天災のみに限る積極的理由もありませんので、今次の火災を当委員会において取上げることに一応決したのであります。この点委員各位の御了承を得たいと存じます。
 次いで理事会におきまして、委員派遣について御相談いたしたのでありますが、委員派遣は、関係の常任委員会と連絡の上、議長に承認を申請した方がよいとの御意向でありましたので、理事会散会後、ただちに厚生、建設両委員長と御協議いたしましたところ、両委員長ともその趣旨に賛成なされ、各委員会とも與野党各一名計二名ずつを熱海市に派遣することを本日の委員会に諮り、決定次第議長に承認を求めるということに申し合せいたしたのであります。本委員会よりは、自由、共産各党より一名ずつを熱海市に派遣いたすことになつておりますが、以上の点に関しまして、別に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大内委員長 御異議なしと認めます。
 それでは派遣委員の人選並びに議長に提出する申請書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○大内委員長 御異議なしと認めます、よつて本委員会よりは、小金義照君及び砂間一良君に御願いいたすこととし、さつそく手続を進めることにいたします。
 本日はこれをもつて散会いたします。
    午前十一時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト