くにさくロゴ
1947/12/05 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 通信委員会 第10号
姉妹サイト
 
1947/12/05 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 通信委員会 第10号

#1
第001回国会 通信委員会 第10号
  付託事件
○電話増設に関する陳情(第百九十七
 号)
○「教育振興」特殊郵便切手発行に関
 する請願(第三百四十号)
○特定郵便局廃止に関する陳情(第三
 百七十五号)
○大多喜、千葉及び大原間直通電話線
 架設に関する陳情(第四百七十六
 号)
○北海道富良野郵便局を普通局に昇格
 することに関する請願(第三百八十
 八号)
○曾津高田駅前に郵便局を設置するこ
 とに関する請願(第四百二十八号)
○栃木縣佐野郵便局の電話局舎新築並
 びに交換方式改善等に関する請願
 (第四百六十六号)
○岡山縣勝田郡豊田村に豊澤郵便局を
 設置することに関する請願(第四百
 八十四号)
○簡易生命保險法等の一部を改正する
 法律案(内閣提出、衆議院送付)
○大阪府歌垣郵便局の電信電話事務及
 び交換事務開始に関する請願(第五
 百三十九号)
○群馬縣群馬郡元総社村に郵便局を設
 置することに関する請願(第五百六
 十八号)
○特定郵便局制度存続に関する請願
 (第六百十一号)
  ―――――――――――――
昭和二十二年十二月五日(金曜日)
   午後一時三十九分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○簡易生命保險法等の一部を改正する
 法律案
○「教育振興」特殊郵便切手発行に関
 する請願(第二百四十号)
○北海道富良野郵便局を普通局に昇格
 することに関する請願(第三百八十
 八号)
○曾津高田駅前に郵便局を設置するこ
 とに関する請願(第四百二十八号)
○栃木縣佐野郵便局の電話局舎新築並
 びに交換方式改善等に関する請願
 (第四百六十六号)
○岡山縣勝田郡豊田村に豊澤郵便局を
 設置することに関する請願(第四百
 八十四号)
○大阪府歌垣郵便局の電話事務及び交
 換事務開始に関する請願(第五百三
 十九号)
○群馬縣群馬郡元総社村に郵便局を設
 置することに関する請願(第五百六
 十八号)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(深水六郎君) それでは只今から通信委員会を開きます。簡易生命保險法等の一部を改正する法律案を議題に供しますが、昨日質疑は終了いたしまして、質疑打切りの動議が成立しておりますので、直ちに討論に入りたいと思いますから、賛否を明らかにして討論をして頂きたいと思います。御発言ございませんか。
 別に御発言もないようでございますから、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
#3
○委員長(深水六郎君) 御異議ないと認めます。それでは採決に入ります。簡易生命保險法等の一部を改正する法律案を議題といたします。これを原案通り可決することに賛成の方の御起立を願いいたします。
#4
○委員長(深水六郎君) 全会一致と認めます。よつて本法案は可決と決定いたしました。尚本会議における委員長の口頭報告の内容は、本院規則第百四條によつて予め多数意見者の承認を得なければならんことになつておりますが、これは委員長において本法案の内容、委員会における質疑應答の要旨、討論の要旨及び表決の結果を報告することにして御承認願うことに御異議ございませんか。
#5
○委員長(深水六郎君) 御異議ないと認めます。
 それから本院規則第七十二條によりまして、委員長が議院に提出する報告書には、多数意見者の署名を付することになつておりますから、本案を可とする方は順次御署名を願います。
#6
○委員長(深水六郎君) 署名洩れはございませんか……。ないと認めます。
 それでは簡易生命保險法等の一部を改正する法律案は原案通り可決いたしました。
 次に請願の審査に移るたいと思います。請第二百四十号「教育振興」特殊郵便切手発行に関する請願、河野正夫君紹介、請第三百八十八号北海道富良野郵便局を普通局に昇格することに関する請願、千葉信君紹介、請第四百二十八号会津高田駅前に郵便局を設置することに関する請願、橋本萬石衛門君紹介、請第四百六十六号栃木縣佐野郵便局舎新築並びに交換方式改善等に関する請願、大島宗吉君紹介、請願四百八十四号岡山縣勝田郡豊山村に豊沢郵便局を設置することに関する請願、太田敏兄君紹介、請第五百三十九号大阪府歌垣郵便局の電信電話事務及び交換事務開始に関する請願、塚本重藏君紹介、請願五百六十八号群馬縣群馬郡総社村に郵便局を設置することに関する請願、野檜三四郎君紹介、これを一括して議題に供することに御異議ございませんか。
#7
○委員長(深水六郎君) 御異議ないと認めます。この請願を採択し、議院に送付し、内閣に送付することに御異議ございませんか。
#8
○委員長(深水六郎君) 御異議ないと認めます。
 それでは只今朗読いたしました請願は、これを採択し議院に送付して内閣に送付することに決定いたしました。
 次に請第六百十一号特定郵便局制度存続に関する請願、堀越儀郎君外一名紹介、陳第三百七十五号特定郵便局廃止に関する陳情を議題に供します。
 この審査を開始する前に暫らく休憩いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
#9
○委員長(深水六郎君) それでは暫時休憩いたします。
   午後一時四十九分休憩
   ―――――・―――――
   午後二時五十五分開会
#10
○委員長(深水六郎君) 休憩前に引続き再開いたします。議事の都合により本日はこれにて散会いたすこととし、次会は公報を以つてお知らせしますがその際は、労働大臣の出席を求めまして、特定局制度に関する中労委の調停案について、政府の所見を伺い、本案審議の参考といたしたいと思いますが御異議ございませんか。
#11
○委員長(深水六郎君) 御異議ないものと認めまして、本日はこれにて散会いたします。
   午後二時五十七分散会
 出席者は左の通り
   委員長     深水 六郎君
   理事
           水橋 藤作君
           山内 卓郎君
   委員
           鈴木 清一君
           千葉  信君
           中村 正雄君
           重宗 雄三君
           大島 定吉君
           油井賢太郎君
           尾崎 行輝君
           新谷寅三郎君
           藤田 芳雄君
  政府委員
   遞信政務次官  椎熊 三郎君
   遞信事務官
   (簡易保險局
   長)      岡井彌三郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト