くにさくロゴ
1947/11/12 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 財政及び金融委員会 第29号
姉妹サイト
 
1947/11/12 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 財政及び金融委員会 第29号

#1
第001回国会 財政及び金融委員会 第29号
  付託事件
○酒類配給公團法案(内閣提出)
○物價引下運動促進に關する陳情(第
 九號)
○製鹽事業保持對策樹立に關する陳情
 (第十九號)
○織物の價格改訂に關する陳情(第二
 十八號)
○少額貯金及び各種團體預金封鎖解除
 に關する陳情(第五十二號)
○インフレ防止に關する陳情(第七十
 一號)
○電氣税復活反對に關する請願(第四
 十三號)
○會計檢査院法の一部を改正する法律
 案(内閣送付)
○低物價政策上官營事業料金の値上げ
 反對に關する陳情(第百九十號)
○連合軍兵舎竝びに宿舎建設用木材前
 受金の第二封鎖解除に關する陳情
 (第二百十一號)
○賠償税の新設に關する請願(第百十
 八號)
○中古衣類の公定價格を廢止すること
 に關する請願(第百三十八號)
○企業再建整備法竝びにこれに伴う諸
 施策に關する請願(第百四十號)
○中古衣類の公定價格制度を廢止する
 ことに關する陳情(第二百三十三
 號)
○會計檢査人法制定に關する請願(第
 二百二號)
○失業保險特別會計法案(内閣送付)
○非戰災者特別税に關する陳情(第三
 百三十一號)
○政令第七十四號中憲法違反の條項に
 關する請願(第二百五十七號)
○政府職員に對する一時手當に支給に
 關する法律案(内閣提出、衆議院送
 付)
○自給製鹽制度存續に關する請願(第
 二百九十一號)
○戰死者遺族を非戰災者特別税課税外
 とすることに關する陳情(第三百八
 十一號)
○庶民銀行設立促進に關する陳情(第
 三百九十一號)
○通貨發行審議會法案(内閣送付)
○經濟力集中排除法案(内閣送付)
○物品税免税點の引上げ等に關する請
 願(第三百二十八號)
○今次日立鑛山地區の水害復舊特別融
 資等に關する陳情(第四百十二號)
○金屬鑛山事業を經濟力集中排除法案
 中より除外することに關する陳情
 (第四百十五號)
○戰死者遺族を非戰災者特別税の課税
 外とすることに関する陳情(第四百
 十八號)
○企業整備に關する陳情(第四百十九
 號)
○自給製鹽制度存續に關する陳情(第
 四百二十九號)
○舊軍用施設竝びに敷地の無償交付に
 關する請願(第三百五十一號)
○生業資金貸付に關する請願(第三百
 六十二號)
○庶民金融機構の確立に關する請願
 (第三百七十二號)
○木材業者の水害復舊費に對する融資
 竝びに國庫補助に關する請願(第三
 百八十號)
○天日製鹽實施に關する陳情(第四百
 六十二號)
○金融機關再建整備法の一部を改正す
 る法律案(内閣送付)
○經濟力集中排除法案に關する陳情
 (第四百八十一號)
○自給製鹽制度存續に關する陳情(第
 四百九十二號)
○企業再建整備法の改正に關する陳情
 (第五百六號)
○物品税免税點の引上げ等に關する陳
 情(第五百十三號)
○補助貨幣損傷等取締法案(内閣送
 付)
○すき入紙製造取締法案(内閣送付)
○企業再建整備法等の一部を改正する
 法律案(内閣送付)
○企業再建整備法の一部を改正する法
 律案(内閣送付)
○物納せる耕地の公租公課に關する請
 願(第四百六十八號)
  ―――――――――――――
昭和二十二年十一月十二日(水曜日)
   午前十時五十三分開會
  ―――――――――――――
  本日の會議に付した事件
○請願及び陳情に關する小委員設置の
 件
○企業再建整備法等の一部を改正する
 法律案
○企業再建整備法の一部を改正する法
 律案
  ―――――――――――――
#2
○委員長(黒田英雄君) それではこれより委員會を開會いたします。まず最初に、先日の委員會におきまして、請願竝びに陳情に審査をいたしまするために小委員會を設けることをお諮りいたしまして、そういうふうに御決議を願つたのですが、小委員の數は十二名として、委員長において委員を指名するということに決議になつておるのであります。それで、委員をお願いする方を申上げますが、緑風會で四名ということになつておりますので、伊藤君、小林君、山内君、高瀬君、この四名の方にお願いいたします。それから日本社會黨では二名ということになつておりまして、波多野君と森下君、民主黨では二名、尾形君、それから深川君、それから日本自由黨では二名でありまして、西川君、黒田、私がいたします。それから共産黨では中西君、それから無所屬は川上君、この十二名の方にお願いいたしたい。明日でも一つ、委員會が開かれますれば、お願いしたらどうかと思つておるのですが、これは速記をつけなくても宜しいのですから、いつでもできますから一つお願いいたします。
 それでは本日は、委員會に豫備審査のために付託されておりまする企業再建整備法等の一部を改正する法律案竝びに企業再建整備法の一部を改正する法律案、この二本を議題にいたしまして、政府委員の提案理由の説明を求めたいと思います。
#3
○政府委員(伊原隆君) 企業再建整備法等の一部を改正する法律案、企業再建整備法の一部を改正する法律案、二つにつきまして提案の理由を御説明申上げます。昨年十月、いわゆを戰時補償の打切りが行われまして、これに伴いまして企業の蒙むる損失を適正に處理し、且それを契機としまして、企業の健全なる再建復興を圖ることを目的としまして、企業再建整備法が施行せられたのでございますが、その後種種の止むを得ない事情によりまして、同法の規定に基きます各企業體の最終的な損失の計算、再建計畫の策定等は今日まで完了を見ないで推移いたしてまいりました。併しながら御承知のように、先頃特別の概算も終りましたので、いよいよ再建整備の最終的處理の段階でございます整備計畫の提出時期に相成つたのでございますが、その後經濟界に實情に即しまして、企業再建整備法等の一部に若干の修正を加える必要を生じましたので、政府はここにこの法案を提出するに至つたのでございます。
 次に今囘の改正に趣旨の主要なる點につきまして申上げます。先ず第一に特別損失を處理いたしまして後、特別經理會社が、その資本構成を整えますために、増資をいたします場合におきましては、特別損失を負擔した株主及び債權者に萬遍なく會社の資本に含み利益に享受する途を與えますために、新株發行に際の額面超過金の交付を認め、且つ新株の引受權を他に讓渡することを認めようといたすものであります。
 第二は特別經理會社の整備計畫の法律的效果を強化いたしまして、當該會社の株主、債權者、第二會最に株主等を拘束することといたしたことでございます。
 改正の第三點は、特別經理會社が、いわゆる第二會社を設立する場合におきまして、從業員の承繼を圓滑にいたしますために、舊會社におきましては、第二會社に承繼せられる從業員に對しましては、退職金を支拂わないこととし、これに代りまして、第二會社は舊會社におきます從業員の在職期間を引き繼ぎまして、自分の會社における在職と同樣に取扱うようにいたしますと共に、舊會社の特別損失處理に當りましては、任意準備金の一部を退職金支拂の準備のため特に留保して、第二會社に對してもこの準備金を承繼することであります。
 第四は特別經理會社の舊債の處理、第二會社の金融等を容易にいたしますために、商法等の特例を認めまして、社債の發行限度の制限を緩和し、財團抵當の登記の場合の附屬物件の一括登記の特別措置を講じようとするものであります。
 第五は會社の整備計畫の作成に當りましては、成るべく廣汎な利害關係者の意見をこれに盛り込み、その内容を公正ならしめるために、その提出に際しまして利害關係人から反對意見の表明がありました場合には、これを附記し、提出せられてからは、利害關係人から主務大臣に異議の申立てができることといたした點であります。
 第六は整備計畫の適正なる實行を確保いたしまするために、定期的實行状況の報告義務を課すると共に、特別管理人の監督の制度を設けようとする點であります。
 第七に以上の企業再建整備法の改正に伴いまして、會社經理應急措置法の一部を改正いたしまして、特別經理會社の舊勘定に所屬する資産の上に存する擔保の處理を圓滑ならしめるための必要な改正規定を設けております。
 最後に有價證券の處分の調整等に關する法律を改正いたしまして、特別經理會社の株主又は債權者が新米の引受權を讓渡する場合に、これを證券處理調整協議會に委託することを認めますと共に、協議會に證券發行會社の經理その他の業務の内容を審らかにする權限を與えることといたしております。
 尚臨時石炭鑛業管理法案の國會提案に伴いまして、企業再建整備法の一部を改正いたしまして、同法によつて整備計畫に記載して主務大臣の認可を受けました事項については、他の法令の規定による認可、許可、免許等の處分を要しないことになつておるのでありますが、臨時石炭鑛業管理法による管理の重要性に鑑みまして、同法に基く許可につきましては、この特例の設けず、すでに整備計畫に記載して認可を受けました事項でありましても、臨時石鉄炭鑛業管理法によつて主務官廰の許可を必要といたします事項については、改めて別個に許可を受けることを要することといたしたいと考えまして、ここにこの法律案を提出いたした次第であります。何率御審議の上速やかに御可決あらんことをお願いいたします。
#4
○委員長(黒田英雄君) ちよつと伺いますが、この企業再建整備法等の一部を改正する法律案と企業再建整備法の一部を改正する法律案との二つ出されておるのですが、これは企業再建整備法等の一部を改正する法律案に當然加えられて差支なかつたものと思うのですが、これを分けられたのはどういう理由ですか、或いは臨時石炭鑛業管理法案が通過するかしないか分らないのであつて、通過しなかつた場合にはこれは必要でないというので、特にそういうふうな意味で分けられたのですか、どういう理由ですか。
#5
○政府委員(伊原隆君) 只今の委員長からのお尋ねの點でございますが、企業再建整備法等の一部を改正する法律案の方におきましては、すでに成立をいたしております企業再建整備法、それから有價證券の處分の調整等に關する法律、それから會社經理應急措置法等を改正をいたすいろいろな雜多なものを含んでおりますのですが、一方の企業再建整備法の一部を改正する法律案におきましては、同時にこの國會に提出になつております臨時石炭鑛業管理法案と不可分のものを改正することになつておりまするので、法律技術上二つに分けた次第であります。
#6
○委員長(黒田英雄君) 法律技術上というお話ですけれども、どうせこの議會で兩方とも通すつもりならば、一つにしていつこう差支なかつたように思うのです。これを分けたのは、これといつしよに運命を共にしてはならんというような意味で分けたように見えるのですが、そうじやないのですか。
#7
○政府委員(伊原隆君) 重ねてのお尋ねでありますが、臨時石炭鑛業管理法案の方は、まだこの議會に提案になつておりまして成立をいたしておりません法律案でありますので、法制局等の御意見から考えましても、同時に出ております分につきましては、分けて出すというふうな方法がいいんじやないかということで、分けて出しました次第であります。片つ方の方は、すでに成立をいたしておりまする分を改正いたしまするものでありまするので、同時に國會に出てまだ成立をいたしておりせんものとの關連におきまする分は、分けて出します方が適當と考えまして、分けて出したわけであります。
#8
○委員長(黒田英雄君) 御説明は分りましたけれども、兩法案とも本國會で通るつもりであるならば、一つであつてもいつこう差支なかつたもののように思うのです。とにかく御説明だけは分りました。
 それでは、只今企業再建整備法の御説明がありましたが、更に先日金融機關再建整備法の一部を改正する法律案に伴なつて政府から提出されました詳しい要綱と同じようなものができておるそうであります。それをお配りしてから、更に細かい御説明をいたしたいということでありますから、それではこの御質疑は、今お急ぎの御質疑があればお願いして差支ないのですけれども、そうでなければ、そのあとにしたらどうかと思います。銀行局長が見えておりますから、先日要綱についていろいろ御説明があつた金融機關再建整備法の一部を改正する法律案について、御質問があればお願いしたいと思います。
 尚、理財局長がまだおられるうちに、先日御説明のあつた補助貨幣損傷等取締法案、それからすき入紙製造取締法案、これらについても御質問がありますれば、どれでもよろしいのでありますから、御質問を願いたいと思います。
 すき入紙製造取締法案につきましては、訂正の手續がすでになされておるそうですけれども、「黒く凸にすき入れた紙」の「凸に」というのは誤りだそうで、消してくれということであります。今御質問がなければ、いろいろ御質疑等もありそうですから一旦は休憩いたしまして、場合によつたらば或いは午後にでも再開いたしたいと存じますが、皆さんのお集りの都合もいいかと思います。それから税法の改正案が近く提出されるものと思いますが、税法の改正案が提出されましたならば、公聽會を開いた方が適當ではないかと考えておりますので、提案されましたらそのことをお諮りいたしたいと思うのですが、公聽會を開きまする場合に一般に公告をして希望者を募りまする外に、各界の學識經驗者等に公述人として意見を聞くということは外の公聽會でもあるのですが、そういう場合にどういう人がいいかということについて皆樣にいろいろ御意見もあろうかと思いますから、若しそういう御意見がありますればお申し出でを願いたと思いますので、豫めどうぞお考え置きを願いたいと思います。それでは法案が出ましてから更に……又日取りは大體二十四日、二十五日頃にしたらどうかというように考えておりますが、どうでありますか。いずれ法案が出ましてから正式にお諮りして、そうして請求しなければならんかと思つております。豫めお含みの上、お考え置きを願いたいと思います。速記を止めて…。
#9
○委員長(黒田英雄君) 速記を始めて……金融權關再建整備法竝びに只今申しました補助貨幣とすき入紙製造について何か御質問がありませんですか、すき入紙と補助貨幣の方は昨日衆議院の方で委員會は可決になつたそうであります。本會議には昨日上程されませんでしたが、いずれこちらに参ると思いますから、若し御質問があればこの際お願いして置いた力が便宜かと思いますが……速記を止めて……。
#10
○委員長(黒田英雄君) 速記を始めて……それでは本日はこれにて散會いたします。
   午前十一時十九分散會
 出席者は左の通り。
   委員長     黒田 英雄君
   理事
           波多野 鼎君
           伊藤 保平君
   委員
           森下 政一君
           西川甚五郎君
           山田 佐一君
          尾形六郎兵衞君
           田口 政五君
           深川タマヱ君
           星   一君
           赤澤 與仁君
           九鬼紋十郎君
           小林米三郎君
           小宮山常吉君
           川上  嘉君
  政府委員
   大藏事務官
   (理財局長)  伊原  隆君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト