くにさくロゴ
1947/12/02 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 決算委員会 第25号
姉妹サイト
 
1947/12/02 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 決算委員会 第25号

#1
第001回国会 決算委員会 第25号
昭和二十二年十二月二日(火曜日)
    午前十一時六分開議
 出席委員
   委員長 竹山祐太郎君
   理事 竹谷源太郎君 理事 島村 一郎君
      片島  港君    河合 義一君
      高津 正道君    竹内 克巳君
      戸叶 里子君    馬越  晃君
      大上  司君    中曽根康弘君
      冨田  照君    平井 義一君
      齋藤  晃君
 出席政府委員
        内務事務官   荻田  保君
        司法事務官   田中 治彦君
        文部事務官   近藤 直人君
        農林事務官   山根 東明君
        商工事務官   細井富太郎君
 委員外の出席者
        會計檢査院事務
        總長      東谷傳次郎君
        專門調査員   大久保忠文君
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 昭和二十年度歳入歳出總決算、昭和二十年度特
 別會計歳入歳出決算
    ―――――――――――――
#2
○竹山委員長 これより會議を開きます。
 昭和二十年度決算について引續き審議を續けます。本日は内務省、文部省、司法省、商工省の順序に審議を續けたいと存じます。まず内務省より始めます。
#3
○荻田政府委員 昭和二十年度内務省所管經費決算の大要を御説明申し上げます。
 昭和二十年度内務省所管一般會計經費の豫算額は、經常部におきましては十二億七千七百八十一萬四千餘圓、臨時部におきましては六億七千二百二十三萬二千餘圓、合計十九億五千四萬七千餘圓でありまして、豫算額及び豫算決定後増加額の合計額は、經常部におきましては十三億二千六百六十九萬七千餘圓、臨時部におきましては二十六億四千八百六十九萬九千餘圓、合計三十九億七千五百三十九萬六千餘圓であります。この金額を前の豫算額に比較いたしますと、十八億七千六百四十六萬六千餘圓を増加しておりますが、この増加額のうち、二億六千八百三十四萬二千萬圓は、前年度より繰越いたしました金額でありまして、九億二千二十八萬七千餘圓は豫備金より支出いたし、八億三千六百七十一萬九千餘圓は、豫備金外臨時支出をいたしました金額であります。豫備金支出のうち、第一豫備金より支出いたしましたものは、經常部補充費の款へ四千八百八十八萬二千餘圓、臨時部補充費の款へ一千四百五十七萬七千餘圓、計六千三百四十六萬餘圓でありまして、緊急對策費、第一豫備金より支出いたしましたものは、臨時部補充費の款へ一億三千三百七十七萬七千餘圓であります。また第二豫備金より支出いたしましたのは、臨時部一般費外一款へ七億二千三百四萬九千餘圓でありまして、豫備金外臨時支出をいたしましたのは、國庫剩餘金より臨時部一般費の款へ四千六百八十一萬八千餘圓、緊急財政處分により臨時部一般費の款へ七億八千九百九十一萬一千圓、合計二十億二千五百三十四萬九千餘圓であります。次に同年度の支出濟額は、經常部におきましては十二億五千三百七十七萬七千餘圓、臨時部におきましては二十二億七百六十七萬一千餘圓、合計三十四億六千百四十四萬九千餘圓でありまして、これを豫算額及び豫算決定後増加額に比較いたしますと、五億一千三百九十四萬七千餘圓の減少を示しておりますが、この減少額のうち、八千三十萬五千餘圓は會計法第二十七條及び第二十八條、明治四十四年法律第二號竝びに會計法戰時特例第十一條により翌年度に繰越しいたしました金額でありまして、その殘餘の四億三千三百六十四萬二千餘圓は不用に歸しました金額であります。以上は昭和二十年度内務省所管一般會計經費決算報告書の大要であります。
 次に内務省及び大藏省所管地方分與税分與金特別會計について御説明申し上げます。昭和二十年度地方分與税分與金歳入歳出決定計算書に掲出するところの歳入の收入濟額は十一億九千六百十八萬七千餘圓でありまして、歳出の支出濟額は十一億七百三十六萬五千餘圓であります。歳入歳出を差引いたしますと、八千八百十二萬一千餘圓の收入超過となつておりますが、還付税の收入濟額中翌年度において分與すベき額に相當する金額八千二百九萬五千餘圓を翌年度歳入に繰入れましたので結局六百七十二萬六千餘圓の剩餘を生じたのであります。この剩餘金は地方分與税特別會計法第六條第一項により積立金に組入れ、當年度の決算を結了いたしました次第であります。何とぞ御審議の上御承認をお願ひいたします。
 次に會計檢査院の批難事項中、内務省所管に屬するものにつきまして當局の意見を申し添えたいと思います。批難事項は臨時部第四款補充費第三項、緊急對策費より支出した茨城縣の水戸勤勞署及び日立勤勞署竝びに宮城縣で支出した石巻勤勞署の廳舎新築工事に關する事項であります。これにつきまして會計檢査院は、これら勤勞署の廳舎新築工事はいずれも年度内に未竣功であつたのに、一應竣功したものとして本年度の豫算から支出して、經費の年度區分を亂つたのは違法であるというのであります。會計年度の區分に關しましては、從來より特に留意してきたところであり、ほかならぬこの點に關しまして、檢査院の批判難するところとなりましたことは、當局といたしましてまことに遺憾にたへないところでありまして、終戰に併う資材輸送及び勞力等の悪條件の累積せるうち、萬やむを得ずとりました方策であるとはいえ、明かに會計年度を亂つたという點に關しましては申し譯ないのでありまして、茨城、宮城兩縣知事に對しては、次官の依命通牒をもつて再びこういう失態を繰返さないよう、嚴重なる注意を與えたと同時に、部下關係官にもそれぞれ戒告を與えよう通牒しましたが、なお將來についても十分注意したいと考えております。
#4
○竹山委員長 會計檢査院のこれに關する御報告を願います。
#5
○東谷説明員 ただいま政府委員から内務省所管の一般會計及び特別會計に關する決算の説明があつたのでありますが、會計檢査院におきまして檢査の結果は、一般會計におきましても特別會計におきましても、檢査の終らない部分、すなわち末確定の部分は少しもないのでありまして、全部一般、特別兩會計ともに檢査確定をいたしたのでございます。ただ戰災によりまして證據書類が燒失いたしまして、會計檢査院に計算證明ができなかつたものが、一般會計におきまして歳出で七百餘萬圓あるのであります。さらに戰災その他で書類も燒けましたような關係をもちまして、款項目不明のもののうち、目不明のものが一般會計における歳出で百六十八萬四千餘圓があるのであります。一般會計の檢査にあたりまして、檢査の結果會計檢査院で批難いたしました事項は、ただいま御説明のありました茨城縣及び宮城縣の件でございまして、檢査報告の三十八ページ及び三十九ページに書いてある通りでありました、政府當局におかれましても會計檢査院と意見を同じくしておらるるのでありまして、いずれもこれは年度の區分を亂つた會計法規に違反しておる事件であるというのでございまするが、檢査報告に掲げてある簡單なる事項でございますので、この程度で私の説明を終りたいと思います。
#6
○冨田委員 内務省の決算についてでありますが、この前私が臨時部の雜收入のことでお尋ねいたしましたところ、早速會計檢査院の方から詳細な御調査をいただきまして、まことにありがたく感謝いたしております。その當時臨時雜收入の六千九百萬圓というのはあまりに少な過ぎはしないかということをお尋ね申しましたところが、その後詳細な御調査によりますと、まず内務省の所管の分で、特殊物件の歳入徴收については大體返還物資の總收入額三十一億圓、緊急放出物資の總收入額が約四億圓、これだけのものが見込まれておりまして、特殊物件の總收入額は四十億圓程度と推定されておるのであります。その中で調定濟みの金額が十六億九千三百餘哉圓、收入濟の總額が十一億五千萬圓になつております。しかもその實績をみますと、會計檢査院の御報告によりますと、このような特殊物件はその物的處理の大部分がすでに終了しておるというのであります。物的處理の大部分が終了しておるにもかかわらず、その收入の徴收におきましては、納入告知書發行の手續きを終つたものが、その收入見込總額の對してわずかにその半ばに過ぎない。しかもその收入濟みの金額はその收入見込總額の半ばにさえ達していない、こういう御報告であります。このように間違いの起つておりますのは、もちろん終戰當時の混亂した状態でありますから、われわれはこれを深くどうこう申し上げる氣持は毛頭もつておりませんけれども、こういう相當多額に上つておりますものがそのままに放置されておりますことは、はなはだ遺憾に存ずる次第でありまして、その後こうした状態がどのような程度まで整備され、そして内務省所管に關する金額は現在どのように整備されておるかをお尋ね申し上げたいと存じます。
#7
○荻田政府委員 特殊物件の收入が非常に遲れておりますことは、御指摘になりました通りでございまして、内務當といたしましては、會計檢査院の御指導を得まして鋭意これが囘收に努めておるのであります。殊に物件そのものの處理の方はほとんど終りまして、目下代金囘收の方にもつぱらかかつておるわけでございます。從いまして最近相當成績が上つておると思いまするが、ただいまちよつとその資料をもつ合せておりませんので、詳しい數字につきましては後の機會に資料を取寄せました上、御報告申し上げたいと思います。
#8
○冨田委員 今すぐここでどうと申し上げることは御無理であることは重々承知しております。實はこの前簡單に私は御質問申し上げたときに、すぐに整備にかかつたならば、もう少し世の中にこうした悪影響を及ぼさないで濟んだのではないかと私は思います。なぜかと申しますと、朝日新聞に出ておりました十一月八日の記事を見ますと、御承知の通りこれは内務省關係ではありませんけれども、軍の物資はこうして流れたという大きな見出しのもとに、檢察當局の活動が開始されておる。これがもしあの當時に著手されてすぐに整備にかかつておられましたら、檢察當局の手を借りませんでも濟んだのではないかと思いますので、どうぞ内務省關係におかれましても、こうした檢察當局の手が動いて、世の中に、また隠退藏物資がどうこうということが人心にも影響し、國の財政にまで影響を及ぼすことの起りませんように、御注意をお願いいたしたいと思います。
#9
○竹山委員長 冨田委員に申し上げますが、申し上げることがあとになりましたが、特殊物件につきましては、十月六日に會計檢査院から關係各省分としての報告が出ております。これはお話の通りに、内務省初め各省、殊に復員廳が一番關係がありますので、この分だけにつきまして、明後日特殊物件だけの關係省の生席を求めて、この問題だけについて審査をいたしたいと考えております。そのときまでに今の御要求の事項を調査させて、御報告ができるようにしたいと思います。
#10
○河合委員 ちよつとお伺いいたしますが、一昨日でしたか、豫算委員會で商工省の分室を設置するということにつきまして、大臣からいろいろ説明があつたのですが、そのときに商工省では五千何百人の職員がおると報告がありましたが、私はこの際内務省は本省においてどれだけの職員があるかということを、ちよつと参考に知りたいのでありますが、もしおわかりでしたらお聽かせ願いたい。
#11
○荻田政府委員 はつきりした數字はちよつと覺えておりませんが、大體千名くらいであります。
#12
○河合委員 實は昨日農林省に参りまして、ある局長と話をしておりましたが、ちようどときあたかも四時を過ぎたのですが、その席上に課長も参つておられた。ところが組合の委員長という人に聞きましたら、早く退廳せいという督促があつたのですが、地方からわざわざ上京しておるのだから、しばらく話を續けたいということを言われておりました。よく聽きますと、朝は何時から出勤するのですかと言うたら、九時となつておるが、大體九時半、そういうことを聽きまして實は私は驚いた。九時半に出勤して、執務は十時になるだろうと思うのですが、九時半から正確に執務いたしましても、午前中二時間半、それからお晝は一時間ぐらいは休むだろうと思いますが、そうすると一時から、二時、三時、四時と三時間、午前と午後を併せて五時間半なんです。私は給與の問題は十分生活ができるように給與をしなければならぬという考えでありますが、内務省としてはどれくらい執務をしておるのでありましようか。やはり農業省と同じように定時の退廳であるといたしましたならば、二日の五時間半くらいの執務でありましようか。その點をお伺いしたいと思います。
#13
○荻田政府委員 内務省では目下職員組合の定時退廳というようなことは全然行われておりません。從つて定時はもちろん一般の官廳と同樣九時から四時になつておりますけれども、大體の傾向といたしまして、解體問題などで非常に事務がこんでおりますので、六時ごろまでは大抵の人は殘つており、遲い人はそれ以後も、あるいは徹夜もした例もたびたびあるというような状態であります。
#14
○河合委員 私たち農村に生活をしている者はなかなか八時間勞働や十時間勞働ではないのでありまして、一生懸命食糧増産のためにやつているのです。今お話しを聽いたいところによつても、時間外の勤務はそれぞれ手當もあるのでしようが、四時の定時退廳とすると、やはり五時間半ないし六時間、それでほんとうに仕事ができていくのでしようか。私は先ほど申しましたように、給與は十分しなければならぬ。しかし今日國が滅びるか、また立て直るかというようなときに、相當全國には政府の職員の何百萬という人がおられるのでありますが、すベての人が五時間や六時間働いて、今日の日本の状態が立て直るかどうかということを考えてみたい。それは私は國會においても不服がある。大體十時委員會開會ということにきまつておつても、十時に開會されたことはない。豫算委員會のごときは大抵十一時過ぎであります。デー・ライトをセーブするということを、私は今度の國民運動の一番先に掲げてやりたいと思います。國會の機構が變つて、國會が國權の最高機關であるというようなことを考えたときに、範を天下に垂れるために、デー・ライトをセーブするということは、國會からやらなければならぬと私は實は思つている。次いで官廳においてもそうである。内務省の政府委員の方にこういう文句を言うのは、はなはだ的が違うかもしれませんけれども、私たち今度の決算委員會は今までの決算委員會と違つて、金錢上の計數がつじつまが合うか合わぬかというようなことだけでは濟まぬと思う。豫算がはたして適正に、公正にそれが使われたか、事務が適正にとられたとかいう點まで監督していく責務を國民に負うていると思う。そういう點から内務當局の御意見を参考に聽いておきたいと思います。
#15
○荻田政府委員 官廳の定時の問題はちよつと私申し上げる範圍でございませんが、内務省といたしましては、定められております定時は一應定時として報務するよりいたし方がないと思います。それから内務省に關する限りにおきましては、一般職員の氣持も、與えられた仕事をやるだけは、定時というようなことには關係なく、徹夜してでもやるという氣風が殘つておるといいますが、現在でもございまして、仕事を放つたらかしておいて、定時になつたらさつさと歸つてしまうというようなことは、内務省においては行われておりません。これだけ御報告申し上げておきます。
#16
○河合委員 そういうことを承りまして、私はまことに滿足したわけであります。どうか今後も、いずれ内務省はなくなるのでありましようが、そういう氣風をもつて他の官廳にも影響するようにやつていただきたいと思います。これで終ります。
#17
○竹山委員長 それでは司法省に移ります。司法省の政府委員の説明を求めます。
#18
○田中(治)政府委員 昭和二十年度司法省經費決算の大要を御説明申し上げます。
 昭和二十年度司法省所管經費豫算額は、經常部八千八百三十五萬三千九百三十九圓、臨時部二千二十六萬五千三百九十九圓、合計一億八百六十一萬九千三百三十八圓であります。
 豫算決後増加いたしましたものが、經常部五十二萬九千八百八十四圓、臨時部八千九百三十四萬九千八百十圓、計八千九百八十七萬九千六百九十四圓でありますこれを合計いたしますと、經常部八千八百八十八萬三千八百二十三圓、臨時部一億九百六十一萬五千二百九圓、会計一億九千八百四十九萬九千三十二圓であります。右の豫算決定後増加を生じましたのは、前年度より繰越したものが六十九萬四千七百三十四圓、豫備金におきまして、第一豫備金支出八百四十一萬一千五百六十圓、緊急對策費第一豫備金支出千六百一萬九千七百圓、第二豫備金支出三百六十五萬二千七百圓、合計二千八百八萬三千九百六十圓、豫備金外臨時支出において二千三百八十萬八十圓、緊急財政處分支出において三千七百二十九萬三千圓、合計六千百十萬一千圓、總合計八千九百十八萬四千九百六十圓であります。
 右の第一豫備金支出にかかる重要なる經費をあげますと、裁判及登記諸費緊急對策費であります。第二豫備金支出にかかる重要なる經費をあげますと、恩赦報行費及び衆議院議員總選擧諸費等であります。なお國庫剩餘金支出にかかる經費は、政府職員臨時給與でありまして、緊急財政處分支出にかかる經費は退官退職給與金等であります。
 次に支出濟額翌年度繰越額及び不用額について申し述べます。
 昭和二十年度司法省所管經費の支出濟額は、經常部七千七百九十七萬三千六十七圓三十三錢、臨時部八千八百五萬八百九十圓六十錢、合計一億六千六百二萬三千九百五十七圓九十三錢であります。これを豫算現額に比べると、經常部千九十一萬七百五十五圓六十七錢、臨時部二千百五十六萬四千三百十八圓四十錢、合計三千二百四十七萬五千七十四圓七錢を減少いたします。右の減少額のうち、會計法第二十七條によつて翌年度に繰越した金額は、臨時部二百六萬七千八百十六圓でありまして、まつたく不用となつた金額は三千四十萬七千二百五十八圓七錢であります。右の不用額を生じましたのは、經費節減の結果と豫定の費額までを要しなかつたためであります。
 以上經費決算の大要でございます。御詮議の上御承認あらんことをお願いいたします。
#19
○竹山委員長 會計檢査院の報告をお願いいたします。會計檢査院事務總長。
#20
○東谷説明員 ただいま政府委員から司法省所管の決算の御説明があつたのでありますが、この司法省所管の一般會計決算につきましては、先ほどの内務省と同じように、檢査は全部終つておるのでありまして、全額を檢査確定をいたしたのであります。ただ戰災によります證據書類の提出不能といつたものが、司法省關係では歳入關係で七十五萬餘圓、歳出關係で同じく七十五萬餘圓、さらにやはり戰災によりまして、歳入關係では、款項目不明が二十三萬餘圓、項目不明が九萬五千餘圓、目不明が同じく八萬餘圓、歳出におきまして目不明が六十六萬七千餘圓ということになつておるのであります。
#21
○竹内委員長 一應御質疑はあとにまわしまして、文部省の報告を求めます。文部省政府委員。
#22
○近藤政府委員 昭和二十年度文部省所管一般會計經費の決算につきましてその概要を申し上げます。
 昭和二十年度文部省所管經費の豫算現額は、豫算額經常部三億四千四百六十四萬三千七百八十餘圓、臨時部二億九千二百九十一萬三千八百十餘圓、計六億四千七百五十五萬七千七百餘圓、豫算決定後増加額、經常部一億千四百七萬千八百八十圓、臨時部三億二百七萬五千三百六十餘圓、計四億千六百十四萬七千二百四十餘圓合計經常部四億六千八百七十一萬五千六百六十餘圓、臨時部五億九千四百九十八萬九千百八十餘圓、計十億六千三百七十萬四千八百五十餘圓でありまして、右の豫算決定後増加額は、前年度より繰越しました金額七百八十五萬四千四百九十餘圓と、第一豫備金、緊急對策費第一豫備金、第二豫備金、及び豫備金外國庫剩餘金において支出いたしました金額四億八百二十九萬二千七百五十餘圓とであります。
 昭和二十年度文部省所管經費の支出濟額は、經常部四億四千五十三萬九千五百八十圓、臨時部五億五百六十七萬二千六百五十圓、合計九億六千六百二十一萬二千二百三十餘圓でありまして、これを豫算現額に比べますと、九千七百四十九萬二千六百十餘圓を減少しております。右のうち百一萬八千二百五十餘圓は、會計法第二十七條により翌年度に繰越しましたところの金額でありまして、殘餘の九千六百四十七萬四千三百六十餘圓は節約その他の事由によりましてまつたく不用となりました金額てあります。なおこの繰越しました費目金額等は決算報告書に詳細記載してありますから、それによつて御諒承願いたいと存じます。
 次に學校特別會計の決算につきましてその概要を申し上げます。昭和二十年度學校特別會計の歳入の收入濟額は二億五千八百九萬三千九百三十餘圓でありまして、これを歳出の支出濟額二億五千六百六十六萬八千九百九十餘圓に比べますと、收入濟額の支出濟に超過する金額は百四十二萬四千九百四十餘圓であります。このうち會計法第二十七條及び同二十八條により、翌年度へ繰越しましたところの歳出の財源に充當するため、これに相當する金額百四十二萬四千二百七十餘圓を翌年度の歳入に繰入れまして、殘餘の金額六百六十餘圓は、樺太醫學専門學校、樺太師範學校及び樺太青年師範學校の第一期分(昭和二十二年四月、五月、六月)の報告による殘額であります。
 以上は文部省所管の決算につきましてその大要を申し述べました次第であります。何とぞよろしく御審議の上御承認くださることをお願いいたします。
 最後に昭和二十年度文部省所管經費の決算につきましては、會計檢査院の批難事項はございません。
#23
○竹山委員長 會計檢査院の御報告を願います。
#24
○東谷説明員 文部省所管の決算につきましては、一般特別兩會計とも檢査院は檢査を全部濟ませまして確定をいたしたのでございます。戰災關係で證明書類が出せない、證明書類の提出不能と申しますのもほんのわずかでありまして、歳出で二千圓餘、こういうことになつております。特別會計におきまして學校特別會計で歳入が二十八萬餘圓、歳出が百十九萬餘圓が證明書類提出不能となつておるのであります。同じく戰災によりまして款項目不明、そのうちで目不明として揚げられておりますものが、學校特別會計におきまして歳入が三千圓餘り歳出におきまして四十一萬五千餘圓ということに相なつております。なお政府のつくりました決算と日本銀行の證明いたしましたる證明金額とを對照いたしてみますると、文部省所管の學校特別會計におきましては、歳入において日本銀行の證明分が決算額よりも六百三十二萬二千圓多くなつておるのであります。歳出におきましては同じく日本銀行の方が二萬千餘圓多くなつているのであります。歳入におきましてのおもなる減は、政府の支出金の受入で歳入科目でありますが、これが取消されておりますものを日本銀行において更正をいたしておりませんので、從つてそれだけが日本銀行の方で決算よりふくらんでいるという形になつているのであります。それと戰災などによりまして事由不明といつたものをプラス・マイナスいたしますと、結局歳入において六百三十二萬餘圓が日本銀行の證明額よりも多額であるということに相なつております。
#25
○竹山委員長 御質疑をあとに譲つてよろしければ、次は商工省及び元軍需省所管の分の説明を伺います。
#26
○細井政府委員 昭和二十年度商工省所管一般會計經費決算報告書の御説明を申し上げます。
 まず豫算決定後増加額について申し上げますと、昭和二十年度商工省所管經費の豫算現額は豫算額經常部六十九萬八千五百八十七圓、臨時部八億四百九十二萬千百九十五圓、計八億五百六十一萬九千七百八十二圓でありまして、豫算決定後増加額は、臨時部十一億八千二百六十六萬八千四百七十八圓であります。この豫算額と豫算決定後増加額と合計いたしますると、經常部六十九萬八千五百八十七圓、臨時部十九億八千七百五十八萬九千六百七十三圓、計十九億八千八百二十八萬八千二百六十圓となるのであります。
 右の豫算決定後増加を生じましたのは前年度から繰越しました金額が一億九千百九十三萬四千五百二十五圓、豫備金におきまして、第一豫備金支出、百十萬四千三百八十圓、緊急對策費第一豫備金支出二百四十一萬七千圓、第二豫備金支出九千五百八十七萬三千五百七十三圓、計九千九百三十九萬四千九百五十三圓、また豫備金外臨時支出におきまして、國庫剩餘金支出二百六十萬圓、緊急財政處分支出八億八千八百七十三萬九千圓、計八億九千百三十三萬九千圓、これを合計いたしますると、十一億八千二百六十六萬八千四百七十八圓があつたからであります。今ここに右の第一豫備金より支出いたしました重要な經費をあげますと臨時諸支出金でありまして、第二豫備金より支出いたしました重要なる經費は、商工行政費、日本發送電株式會社配當補給金補足、特殊物資緊急増産對策費等であります。なお國庫剩餘金支出による重要な經費は、政府職員臨時給與及び商工行政諸費でありまして、緊急財政處分支出により重要な經費は、價格調整補給金、日本發送電株式會社事業損失補助等であります。
 次に支出濟額、翌年度繰越額及び不用額について御説明申し上げます。昭和二十年度商工省所管使用定額の支出濟額は、經常部五十八萬二千六百十一圓餘、臨時部十四億千五百六十二萬千二百六圓餘、計十四億千六百二十萬三千八十十八圓餘でありまして、これを豫算現額に比較いたしますると、經常部十一萬五千九百七十五圓餘、臨時部五億七千百九十六萬八千四百六十六圓餘、計五億七千二百八萬四千四百四十一圓餘を減少いたしておるのであります。この減少額のうち翌年度へ繰超しまして金額は、會計法第二十七條の規定によりまして臨時部九十五萬二百十圓でありまして、まつたく不用となつた金額は五億七千百十三萬四千二百三十一圓餘であります。この不用額を生じまして理由は經費を節減いたしました結果と、豫定の費額を必要としなかつたためであります。
 次に元軍需省所管殘務處理の分について御説明申しますると、昭和二十年度元軍需省所管殘務處理分經費の豫算現額は、豫算額經常部千百五十六萬四千七百三十三圓、臨時部二十四億四千七百四十八萬九千百一圓、計二十四億五千九百五萬三千八百三十四圓でありまして、このほかに前年度より繰越しました金額五千五百二十三萬二千九百九十二圓餘を合計いたしますると、二十五億千四百二十八萬六千八百二十六圓餘でありまも。
 次に支出濟額及び不用額について申し述べますと、昭和二十年度元軍需省所管殘務處理分經費の支出濟額は、經常部四百六十五萬九千九百十七圓餘、臨時部二十四億四百八十三萬二百六十六圓餘、計二十四億九百四十九萬百八十三圓餘でありまして、これを豫算現額に比較致しますると、經常部六百九十萬四千八百十五圓餘、臨時部九千七百八十九萬千八百二十七圓餘、計一億四百七十九萬六千六百四十二圓餘を減少いたしておるのであります。この減少を生じました理由は、經費を節減いたしました結果と、豫定の費額を必要としなかつたためでありまして、まつたく不用となりました金額であります。
 以上で大體の説明を終わりますが、元軍需省所管殘務處理分につきまして、會計檢査院より批難を受けました事項が一件ございますのはまことに遺憾に存ずるのであります。
 次に昭和二十年度商工省所管燃料局特別會計歳入歳出決算の大要を御説明申し上げます。まず歳入について申し上げますと、歳入の收入濟額は三億九千八百五十四萬七千餘圓、本年度におきまして收入未濟となりました金額は二千四百七十五萬二千餘圓、前年度支出未濟となり、本年度に繰越されました金額は千四百五十四萬九千餘圓、賣拂代價の翌年度納付許可額は六千二十九萬千餘圓、これに翌年度に繰越しました物品の價格千百十八萬餘圓を加算いたしますと、收入の合計は五億九百三十一億九千餘圓となります。
 次に歳出について申し上げますと、歳出の支出濟額は四億五十八萬五千餘圓、本年度において支出未濟となりました金額は四百三十一萬二千餘圓、前年度收入未濟となり、本年度に繰越されました金額は三千九百九十一萬六千餘圓、前年度賣拂代價の本年度納付許可額は一億一千九百四十四萬六千餘圓、これに前年度より繰越しました物品の價格二千五八十二萬五千餘圓を加算いたしますと、支出の合計は五億八千六百八萬四千餘圓となりますから、收入、支出の差引におきまして、七千六百七十六萬五千餘圓の缺損を生じました。この缺損は二十一年度に繰越し整理することとして、本年度の決算を結了いたしました。なを前年度の事業益金で本年度の一般の歳入に納付いたすことになつておりました千四百十五萬四千餘圓は、すでに納付を了しました。
 以上で商工省所管の一般會計竝びに特別會計歳入歳出決算の大要を御説明申し上げました。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。
 なお先ほど申し上げました批難事項一件につきまして、簡單に事情を申し上げたいと存じます。批難事項と申しまするのは、昭和二十年度歳入歳出決算檢査報告の第二十二ページの第四に、商工省で支出した四十五萬圓は、昭和二十一年四月鑛石配給統制株式會社に對して交付したマンガン鑛の増産奬勵金でございますが、このマンガン鑛の増産奬勵金が二十年の一月から同年八月に至る間に、同鑛を増産した鑛業權者に對して支給するために、同會社に一括交付したものでありますが、補助の對象となる出荷量は九千九百餘トンで、これに對する奬勵金は三十萬五千三百餘圓であるのに對して、十四萬四千六百餘圓を加算して交付したものということでありまして、結局批難の對象はそんなによけい要らなにのによけい交付したというような點を指摘されておる次第であります。マンガン鑛増産奬勵金交付の制度は、昭和十七年海外マンガン鑛の輸入杜絶に鑑み、需給状況がきわめて逼迫せるため、國内の増産を推進する目的をもつて、昭和十八年より設けられたものであり、昭和二十年度分の奬勵金交付基準については、昭和二十年七月三日に、昭和二十年度マンガン鑛増産奬勵金交付要綱を事務取扱機關である鑛石配給統制株式會社に通牒し、同社はこれに基き、マンガン鑛増産奬勵金交付規程を制定したのでありまして、交付の手續はすべてこれに準據してなされたものであります。
 會社が奬勵金を交付する經路は、まず山元から需要工場へ送鑛されたマンガン鑛石は、受入れの際工場に常駐する鑛石配給會社の檢收員がその受入數量、品位等を檢收し、その數量、品位を支所へ報告いたします。この檢收數量及び品位が奬勵金の對象となるものでございます。支所においてはそれらの報告と別途、山元の日本通運から報告のある送鑛數量を照合してとりまとめて四箇月ごとに本社へ報告する。本社は支所の報告によつて、交付願を決定し、當該期間分をとりまとめて一括政府へ申請するのでありますが、昭和十八年に申請漏れがあり、やむなく昭和十九年度に追加交付した經驗もありましたので、爾後審査未了の分を豫想し、準備保留金の制度を認めることにいたしたのであります。しかして本奬勵金は、八月終戰に伴い、この制度を打切ることとなりましたが、その該當期間内における増産奬勵金交付に關して、鑛石配給統制會社から、翌年四月九日に申請がなされたのであります。終戰後、翌年四月に至るまで、八箇月を經過して、ようやく鑛石配給統制株式會社が、右奬勵金交付方を申請してきたのでありまして、しかもその中において、未審査引當分が相當多數を占めた點に關しては、事務きわめて緩慢と思料せられますので、本省としても嚴重に督促をしていたのでございますが、當時といたしましてはいろんな事情からやむを得ず遅れたという状況にございます。
 その理由といたしましては、昭和二十二年四月鑛石配給統制株式會社大阪支所、さらに七月には岐阜支所及び高知支所空襲のため羅災し、從つて檢收員よりの報告の記録等を燒失したのでありますが、大阪支所、岐阜支所、高知支所管轄區域は東海、北陸、近畿、中國、四國であつて、わが國におけるマンガン鑛の最も有力なる需要地であつたが、これが記録の燒失のため、この部分については受入數量の確認を初めからやり直さねばならぬというやむを得ない事情になつたのであります。これに加えて、鑛石配給本社支所を通じて、昭和二十年九月に起つた爭議の結果、大量の退職者を生じ、ために本社、支所を通じて事務が停滯したという事實がございます。なお昭和二十年初めより終戰に至る間、及び終戰後半歳以上は、戰時中の空襲による通信、交通系統の極端な破壊混亂により、各工場、鑛山と支所または本社の連絡はほとんど杜絶にもひとしいような惨擔たる状態であつて、山元生産、山元出荷、工場受入等の實體がきわめて把握が困難な有樣であつたのであります。昭和二十年度本奬勵金交付申請は、すでに審査確定せる三十萬五千三百餘圓のほかに、さきに述べた準備保留金十四萬四千六百餘圓を含むものであるが、この準備保留金を適當と認めた理由は次の通りであります。すなわち當時の輸送状況においては、山元から受入工場まで全國平均三箇月の日數を要する實情に鑑み、昭和二十二年一月から八月までの受入量は昭和十九年十月から昭和二十年五月までの間の山元出荷量に該當するわけであります。この期間の山元出荷量は生産量二十四萬トンの八五%。例年出荷率は九〇%。すなわち二十萬四千トンと推定され、そのうち本奬勵金交付の對象となる鑛山よりの受入數量は、その五〇%の十萬二千トンと認めたのであります。しかしてこれと昭和十八年一月より八月までの出荷量八萬三千トンと比較し、本奬勵金交付の基準となる數量は差引一萬九千トンと豫定され、當時としては三五%くらいの品位が普通であつたので、交付規程による奬勵金トン當り平均二十五圓として、四十七萬圓くらいとなる見込みをつけたのであります。この數字は鑛石配給統制株式會社が提出してきた申請書中の四十五萬圓とほぼ一致するので、この時の確定分二萬トンの殘りの九千トンは爾後追加して申請してくる可能性あるものとして認めた次第であります。この點はすでに確定した鑛山數――七六鑛山――が前年度交付鑛山――一五〇鑛山――よりはるかに少いのを見ても妥當な推定と思います。しかるに實際その後審査に合格し追加交付したのがわずか一件、三千二百餘圓に止つたのは、當時の輸送状況が極度の混亂に陷り、山元かり出荷したものが受入工場に到著せず、途中戰災、沈沒等に遭つたのが相當あつたと思はれるほか、八月打切りまでの到著に間に合はなかつたものも相當あつたためで、輸送状況が豫想以上に悪化していたのに基くものと考えられます。しかしながらかくのごとき實情を十分に考慮に入れて準備保留金を嚴重にもつて低く査定すべきであつたと思われるのでありますが、それはあとからそういうことになつたので、その時はそこまで考えが及ばなかつたのでありまして、會計檢査院より指摘された通りであつてまことに遺憾とするところであります。
 なお準備保留金十四萬四千六百九圓中追加交付額は三千二百八十圓を差引いた殘額十四萬一千三百二十九圓については、返還命令を發したのでありますが、この會社は同年八月緊急措置令の交付に伴い、同會社が特別經理會社となつたため、公租公課以外は支拂を停止されているので、現實には國庫に納入でくないものとなつております。從つてこの返還金はいずれ會社の企業整備計畫決定をまつて返還を期持するほかはない状態であります。以上批難事項の事情を御説明申し上げた次第であります。
#27
○竹山委員長 會計檢査院の報告を求めます。東谷事務總長。
#28
○東谷説明員 商工省所管の一般會計決算及び燃料局特別會計の決算につきましては、全部會計檢査院では檢査を結了いたしまして、全額これを檢査確定いたしてのであります。戰災等によりまして證明書類を亡失して證明不能となりましたものが、一般會計の歳出で八十八萬餘圓ございます。さらに燃料局特別會計におきまして、歳出で三千四百八十五萬餘圓ございます。また戰災等によりまして決算の目不明のものが、歳出で十一萬二千餘圓、燃料局特別會計の歳出におきまして、二千三百三十三萬餘圓ございます。
 ただいま政府委員から會計檢査院で奬勵金を出しました件について、少し出し過ぎではなこかという批難をいたしましたことについて、種々御事情を御説明に相なつたのでありますが、結局檢査院と結論においては所見を同じくしておらるるようでありまして、檢査院の批難事項は檢査報告の二十二ページ、三ページにかなり詳しく揚げてございますので、たた簡單に私は説明さしていただきたいと存じます。ただいまのマンガン鑛の増産奬勵金でありますが、先ほども御説明がございましたように、これは出荷量が九千九百餘トンでありますので、その奬勵金は三十萬五千三百餘圓になつたのでありますが、準備保留金としまして十四萬四千六百餘圓を加算しまして、ちようどまるまるの四十五萬圓を奬勵金に出すということにいたされたのでありますが、いろいろの事情はございましようけれども、何分にも奬勵金を決定いたされましたのは八箇月も經過しました二十一年の四月に至つておるのでありまして、いろいろの事情はありましても調査はそれまでにできておるはずであるように考えられますし、實際上またそうであつたのであります。なお前年の例を見ますると、十八年度におきまして調査漏れというのが四件あつたのでありまするが、わずか四千三百餘圓でありますし、十九年度はそれに鑑みまして何がしかの準備保留金を認められたのでありまするが、結局調べてみますると、大體會社が出したのがよろしいのでありまして、一件だけ、三千餘圓だけが調査漏れであつたということがわかつたのであります、こういつた事情から見まして、八箇月も經過して後であるという事實と兩方考え合わせますると、十四萬四千餘圓に上る準備金を認める必要はなかつたのではないかというふうに考えられるのであります。なお二十一年の四月に奬勵金が交付されておるのでありまするが、それよりも二箇月前に、本會社は二十一年の二月に解散して清算中であるのでありまして、こういう場合にはなお一層留意されまして奬勵金を交付される必要がある。いういうふうに考えておるのであります。ただいま御説明のありましたように、十四萬三百餘圓を返納せしむベく返還命令が出ておるのでありまするが、囘收に至つていないような状況でございます。
#29
○竹山委員長 以上について質疑に入ります。
#30
○冨田委員 商工省の所管でちよつとお尋ねいたしますが、昭和二十年度において日本發送電の事業損失の補助をしております。さらに配當の補償もやつております。日本發送電なるものは、御承知の通り、いわゆる電力の國家管理でありますが、これができました當時、われわれは永井逓信大臣から豐富低廉という言葉を耳にたこのできるほど聽いてまいつたのであります。今日の電力飢饉に關連して申し上げるわけではありませんが、今でもこうした補助金が出ておるのでございましようか。
#31
○細井政府委員 ただいまは補助金は全部打切つております。ただ日本發送電會社だけのあれではございませんが、電力の緊急對策といたしまして、鑛山、炭鑛關係のものでございますとか、あるいは製鐵所にあります自家發電、あれを動員いたしておりますので、この自家發電の經費が非常に高くなりまして、山元に若干補償をしないと自家發電の動員ができないという事情がございます。これにつきましては、今までのところ日本發送電を通しまして、その自家發電に對して多少補償しておるというような状況でございます。この點は今囘さらにまたこの各場の緊急對策として自家發電の動員をいたしますが、何らかの形で直接山元に交付するなりあるいは發送電を通してやるなり、多少の補償をしなければ自家發電を一般の電力不足に手傳つてもらうという意味で動員ができないという事情でございます。ただいまそれだけであります。
#32
○冨田委員 今それだけとおつしやるが、その方の金額はどの程度になつておりますか。
#33
○細井政府委員 ただいま豫算に組んでおりますのは、昨年の十月から本年の十月までの一箇年分でありますが維九千萬圓を組んでおります。
#34
○冨田委員 司法省の所管で一つお尋ね申し上げますが、例の靜岡における囚人の取扱いについて看守、あるいはさらに刑務所長まで及ぶ大きな事件が起りましたが、ああした行刑方面における職員の待遇は一般の公務員の待遇よりも何か特別に悪くなつておるのでありましようか。それとも一般公務員と同じような待遇をしておるけれども、餘得がないから生活が苦しい、生活が苦しいからああいう官紀紊亂の事實が起る、こういう結果になつておるのでありましようか、その點をちよつとお尋ねいたします。
#35
○田中(治)政府委員 ただいまの靜岡で事件を起しましたことに關連しての刑務官の待遇の問題であります。これはただいま御質問の通り、一般の官吏待遇に比較いたしますと一番悪いのであります。その悪い原因は種々あります、その最大のものは初任給が低いということが一番大きな原因であろうと考えます。と申しますのは普通初任給は、御承知の通り、若い人がはいりまして、そして大體一般の官廳並みに初任給をいただく、看守、警務官というようなものはあまりに若い人を採用することはできません。いずれは若いのでありますが、相當の年齡、從つて中には家族をもつておる、そういうようなものが出てまいります。それが一般並みの初任給をいただくのでありますから、非常に低い結果になつてしまう。これはただいま御指摘に相なりましたように、司法省としてはそれに對處するために現在では初任給を上げまして、最初に就任する級を、從來に比較しまして二級くらい上げまして採用する。そうして一般の官吏と同樣の待遇を受けさせたい、こう思つておりますが、まだまだ十分とは申せません。せつかく努力して優遇していこうというように考えておる次第であります。
#36
○冨田委員 その看守等の待遇が十分でない、また初任給からの事情もよくわかりましたが、いわゆる實質給というような意味で刑務所の看守に當る人の職務上の立場から考えましても、遠くから通うということよりも、その刑務所の近くに住むということの方が職務遂行の上からいつても非常に便利もあるし、また職務を完全に行えるというような氣持がありますから、その意味において職員の住宅のようなものについて何か特別の施設を今までなさつておりましようか。
#37
○田中(治)政府委員 ただいま非常に適切な御質問をいただいて、はなはだ恐縮でございますが、御指摘のように、從來から刑務官は職務から刑務所の所在附近におらぬと、一旦事故が起りましたときに、ただちに出動することができませんので、從來そういう方針をとつておりました。ところが戰爭中に非常に戰災をこうむりまして、官舎の設備がたくさん失われました。爾來戰災復舊をいたすにあたりまして、大體が刑務所附近に小さい官舎をたくさん建てる。それから獨身者については寄宿所を建てるような方針をとりまして、大體戰災復舊をいたしますところでは、看守には住宅が與えられるような方針でいきまして、徐々に實現しつつありますが、現在ではまだ十分と申し上げることはできません。官吏の官舎はいろいろの意味において、ただいま豫算上の處置が認められるような事情にも相なつておるのでありますから、特別に刑務官の官舎については豫算を認めていただきまして、順次全員を官舎に收容したい、こういう方針で進んでまいつております。なお看守についてはわずかではありますが、住宅の手當を支給しておるような次第であります。
#38
○戸叶委員 先ほどの文部省の所管でございますが、文部省で作成した案と、銀行の證明との間に歳入で六百三十二萬何千圓、歳出で二萬三千いくらかの差があるということに對しまして御説明がありましたが、ちよつとその點聽きとれなかつたことがございますので、もう一度御説明願いたい。
#39
○東谷説明員 先ほどの説明が徹底しなかつたのではなはだ恐縮でございますが、文部省の學校特別會計の歳入で御説明いたしますと、歳入決算が二億五千八百餘萬圓ということになつておるのでございますが、日本銀行が實際に扱つた金として會計檢査院に證明してまいりましたものがそれよりも六百萬圓ばかり殖えまして、二億六千四百二萬圓ということに相なりまして、その差額は、六百三十二萬二千餘圓、日本銀行の方が多額であるということになつておるであります。その事由はそのうちの六百六萬八千餘圓というものは、特別會計における歳入科目があるのでありますが、その歳入科目の政府支出金受入という科目で一應それは取消されたのでありますが、日本銀行において間違つてそれをそのままにしておきました金であります。それが六百六萬八千餘圓、さらに日本銀行において定額戻入でありまして、歳出の方に還つて來る金を――要するに歳出が落ちるわけでありますが、それを誤りまして定額戻入を歳入として掲げておりますものがわずかでありますが、二千餘圓あるのでございます。さらに戰災その他によりまして不符合の事由はわからぬのでありますけれども、とにかく日本銀行の證明額の方が多かつた金が二十五萬餘圓あつたのでありまして、この三つのものを寄せますると、先ほど申し上げました六百三十二萬二千餘圓ということに相なるのであります。これは歳入で、初めの六百六萬八千餘圓し歳入でなかつたわけでありますから、結局後年度においては日本銀行と別にされるということに相なるわけであります。決算額の方が正しくなります。
#40
○竹山委員長 ではここで先日河合委員から御質問になりました食糧管理局長官に對する御質問に關し、管理局の總務部長が見えておりますので、御答辯を願います。河合さん、念のために一應この間の要點だけをおつしやつていただきとうございます。
#41
○河合委員 アメリカから送つてまいりました食糧につきましては、國内では消費者はすでに代金を拂つておるのですが、日本の政府からはアメリカの方へは代金を支拂つていないのであります。配給しましてその代金を收入しました金額はどれほどになつておるか。またアメリカに對して支拂うべき金はどれくらいになつておるか、その額をお聽きしたいのであります。
#42
○山根政府委員 お答えいたします。御承知のように終戰以來食糧が足りませんので、外國から輸入を受けておるのでありますが、此代金につきましては、今日までなお貿易というような形をとつていないのぶありまして、占領軍のアメリカの軍事費、占領費の豫算支出によつて、アメリカ側における支出によつて購入いたしましたものをこちらへ送りつけて、そりを日本がもらつておるという形をとつておるのであります。でありますので、ただいまお話のようにアメリカと日本との關係においては、もつともこれは貿易廳の關係になると思うのでありますが、便宜私から申し上げますと、代金の決濟はいたしていないはずであります。ただ私どもの食糧管理特別會計といたしましては、輸入いたされました食糧の代金は、現在の國内の同種のものの生産者價格を基準にいたしまして算出いたしました額を、貿易廳特別會計へ支拂いたしておるという形をとつておるのであります。この總額は御承知のように、昨食糧年度におきましては約百六十萬トンの食糧がはいつたわけでありますし、一昨食糧年度においては百萬トン近い食糧がはいつたわけであります。實はいろいろな品種がありまして、御承知のように、小麥粉あり、原穀の小麥あり、あるいはとうもろこしあり、輸入カン詰あり、その他でいろいろ價格も違うのであります。はなはだ恐縮でありますけれども、正確な數字的な資料を本日もつておらないのでありますが、大體二、三百億見當ではないかというふうに思つております。これは實は今ここでのとつさの算出で、もし間違つていましたらはなはだ恐縮でありますので、後刻詳しい資料を書面で差上げたいと思いますが、大體の見當はそんなところではないかという見込みを申し上げることができるのではないか、かように考えております。
#43
○河合委員 この物資はララ物資などと違いまして、これは占領政策として、アメリカの軍が國内で買い上げて送つてくれておるといたしましても、わが日本國民といたしましては、これは國内では消費者からその代金を受取つて、配給したものでありますから、少くともこの金額ぐらいははつきりしておく必要があると思う。殊に食糧管理局は、小麥粉もあり、あるいはその他いろいろの物資があるから、金額はわからぬということでありますけれども、しかしそういうことを所管しておる食糧管理局としては、少くとも國内に配給をいたしまして、その代償として受入れた金額については、これは計算がなければならぬと思う。ただ漫然と二、三百億のものだらうということでは、われわれ國民といたしましとは、たれも承知しないと思う。ただ食糧が足らぬから懇請してもらうというようなことをしておつてはいかぬと思うのであります。これは私は傳え聞いたところによると、最近聞いた話でありますが、關係方面でも日本の國民は怪しからぬ、米の作付段別などは年年減つていく。そうしておいて一方においては食糧を輸入してくれと懇願する。けしからぬ國民であるということを漏らされたということも聞いたのでありますが、それは事實であるかどうかしれませんが、私たち日本國民としては、ただものをもらうというようなことを考えておつてはいかぬと思う。國民はうつかりしておる。心ある者は心配をしておるが、少くとも食糧を扱つておる農林省としては、輸入した物資に對して消費者から受入れた金額はどれくらいあるということは、これは正確に計算されていなければならぬはずであると思う。それがしてあるか、今わからぬということならば、それでよろしいけれども、そういう計算ができていないことははなはだいかぬと思う。それから今聽き落しましたが、その代金はどこか貿易廳の方に渡したというのでありますか、その代金だけでもよろしいから……。
#44
○山根政府委員 まつたくお話の通りであります。ただもらう物資ではないのでありまして、將來何らかの形でこれを返していかなければならない性質のものであることは、お話の通りであります。そういう意味におきまして、實は私どもの方でも正確な計算は役所の方にはあるのであります。貿易廳にどれだけの食糧代金を支拂つたかという調べは、早速にも私の方で調製できると思うわけであります。ただ私はなはだ不用意でありまして、この席で正確な數字を申し上げられなかつた不準備は、重々おわび申し上げる次第でございます。正確な數字を後刻調製いたしまして、お届けすることにいたしたいと思います。
#45
○河合委員 それで結構なのでありますが、こういうことをお尋ねする私の本意は、わが國におきましては、食糧を増産することが一番急務なのでありまして、過日豫算委員會におきましても、新日本國民運動を展開する場合には、必ずこれをひとつうたつていただかなければならぬということを希望を述べてのでありますが、食糧増産は、都市に住んでおる消費者も、農村における生産者も、國民一人殘らず食糧増産ということに、はたから見れば氣違いになつたのじやないかと思うくらいに熱心にならなければならない問題じやないかと思います。そういうことを考えますときに、アメリカの御親切によつて餓死を免れた、それについても、これだけのものを入れた、代金はこれくらいだというぐらいのことを國民に知らせることは、食糧増産に一こしを入れる一つの勵みを與えることになるだろうと思うのであります。そういう意味から私は尋ねておるのであります。どうぞさよう御了承を願いたいと思います。
#46
○竹山委員長 それでは本日はこの程度に止めたいと思います。明日は午後一時から引續いて殘餘の省の審査を行いたいと思います。これにて散會いたします。
   午後零時三十分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト