くにさくロゴ
1972/06/22 第71回国会 参議院 参議院会議録情報 第071回国会 交通安全対策特別委員会 第7号
姉妹サイト
 
1972/06/22 第71回国会 参議院

参議院会議録情報 第071回国会 交通安全対策特別委員会 第7号

#1
第071回国会 交通安全対策特別委員会 第7号
昭和四十八年六月二十二日(金曜日)
   午前十一時四十七分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 六月二十一日
    辞任         補欠選任
     野々山一三君     西村 関一君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         西村 関一君
    理 事
                岡本  悟君
                二木 謙吾君
                神沢  浄君
    委 員
                岩本 政一君
                黒住 忠行君
                橘  直治君
                中村 禎二君
                中村 登美君
                橋本 繁蔵君
                山崎 竜男君
                戸叶  武君
                原田  立君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        池部 幸雄君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長の辞任及び補欠選任の件
○参考人の出席要求に関する件
    ―――――――――――――
  〔理事神沢浄君委員長席に着く〕
#2
○理事(神沢浄君) ただいまから交通安全対策特別委員会を開会いたします。
 戸叶委員長から委員長辞任の申し出がございますので、私が暫時委員長の職務を行ないます。
 まず、委員の異動について御報告をいたします。
 野々山一三君が委員を辞任され、その補欠として西村関一君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○理事(神沢浄君) それでは、委員長辞任の件についておはかりいたします。
 ただいま申し上げましたように、戸叶委員長から委員長辞任の願いが提出されております。これを許可することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○理事(神沢浄君) 御異議ないと認めます。よって、辞任を許可することに決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○理事(神沢浄君) これより委員長の補欠選任を行ないたいと存じます。つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#6
○二木謙吾君 私は、委員長に西村関一君を推選することの動議を提出いたします。
#7
○理事(神沢浄君) ただいまの二木君の動議に御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○理事(神沢浄君) 御異議ないと認めます。よって、委員長に西村関一君が選任されました。(拍手)
    ―――――――――――――
  〔西村関一君委員長席に着く〕
#9
○委員長(西村関一君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 皆さまの御推挙により、委員長に御選出をいただきましてたいへん光栄に存ずる次第でございます。
 まことに微力でございますが、委員の皆さま方の御協力をいただきましてこの重責を果したいと存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#10
○委員長(西村関一君) 戸叶前委員長から発言を求めておられます。戸叶武君。
#11
○戸叶武君 一年の間、皆さんの御協力を得て、つつがなく特別委員長をつとめさせていただいたことに対して深く感謝申し上げます。
 この特別委員会が設置せられたということは、交通安全に対する国民的な要望が非常に大きなものがあることを証拠立てるものでありますが、今後とも皆さん方のお力によって成果をあげていただかれむことを切に期待しまして感謝のことばといたす次第であります。(拍手)
    ―――――――――――――
#12
○委員長(西村関一君) 参考人の出席要求に関する件についておはかりいたします。
 自動車事故対策センター法案の審査のため、六月二十七日午後二時に参考人として日本損害保険協会専務理事山口秀男君、交通遺児育英会専務理事玉井義臣君、東京自動車運行管理指導センター顧問清宮栄一君、日弁連交通事故相談センター副会長須藤静一君、全日本交通運輸労働組合協議会事務局長穐山篤君の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(西村関一君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時五十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト