くにさくロゴ
1972/07/12 第69回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第069回国会 大蔵委員会 第1号
姉妹サイト
 
1972/07/12 第69回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第069回国会 大蔵委員会 第1号

#1
第069回国会 大蔵委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十七年七月六日)(木曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次の通りであ
る。
   委員長 齋藤 邦吉君
   理事 宇野 宗佑君 理事 木野 晴夫君
   理事 丹羽 久章君 理事 藤井 勝志君
   理事 山下 元利君 理事 広瀬 秀吉君
   理事 松尾 正吉君 理事 竹本 孫一君
      上村千一郎君    奧田 敬和君
      木村武千代君    倉成  正君
      佐伯 宗義君    坂元 親男君
      地崎宇三郎君    中川 一郎君
      中川 俊思君    中島源太郎君
      原田  憲君    坊  秀男君
      松本 十郎君    村田敬次郎君
      毛利 松平君    森  美秀君
      山口シヅエ君    吉田 重延君
      吉田  実君    阿部 助哉君
      佐藤 観樹君    平林  剛君
      藤田 高敏君    堀  昌雄君
      山中 吾郎君    貝沼 次郎君
      伏木 和雄君    二見 伸明君
      春日 一幸君    寒川 喜一君
      小林 政子君
    ―――――――――――――
七月十二日
 斎藤邦吉君委員長辞任につき、その補欠として
 金子一平君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十七年七月十二日(水曜日)
    午後一時三十七分開議
 出席委員
   委員長 齋藤 邦吉君
   理事 木野 晴夫君 理事 丹羽 久章君
   理事 藤井 勝志君 理事 広瀬 秀吉君
   理事 松尾 正吉君 理事 竹本 孫一君
      上村千一郎君    奧田 敬和君
      倉成  正君    佐伯 宗義君
      地崎宇三郎君    中川 一郎君
      中島源太郎君    村田敬次郎君
      毛利 松平君    森  美秀君
      吉田  実君    堀  昌雄君
      山中 吾郎君    小林 政子君
 委員外の出席者
        大蔵委員会調査
        室長      末松 経正君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月七日
 辞任         補欠選任
  山下 元利君     砂田 重民君
同月十二日
 辞任         補欠選任
  中川 一郎君     金子 一平君
  村田敬次郎君     田中 六助君
    ―――――――――――――
七月六日
 国際経済環境の改善に資するための乗用自動車
 に対する物品税の特例に関する法律案(内閣提
 出、第六十八回国会閣法第五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中小委員会設置に関する件
 閉会中委員派遣に関する件
     ――――◇―――――
#2
○齋藤委員長 これより会議を開きます。
 閉会中委員派遣に関する件についておはかりいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、委員派遣を行なう必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行なうこととし、派遣委員の員数、氏名、派遣地、期間、その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○齋藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#4
○齋藤委員長 次に、閉会中小委員会設置に関する件についておはかりいたします。
 先刻の理事会で協議いたしましたとおり、それぞれ小委員十四名よりなる税制及び税の執行に関する小委員会、金融及び証券に関する小委員会、財政制度に関する小委員会を設置することとし、各小委員及び小委員長は委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○齋藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、小委員及び小委員長は、追って公報をもって指名いたします。
 なお、小委員及び小委員長の辞任の許可並びに補欠選任につきましては、あらかじめ委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○齋藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査におきまして、委員会及び小委員会において参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合は、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○齋藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後一時三十九分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト