くにさくロゴ
1947/07/11 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 議院運営委員会 第6号
姉妹サイト
 
1947/07/11 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 議院運営委員会 第6号

#1
第001回国会 議院運営委員会 第6号
昭和二十二年七月十一日(金曜日)午後一時三十三分開議
 出席委員
   委員長 淺沼稻次郎君
   理事 土井 直作君 理事 坪川 信三君
      赤松  勇君    森 三樹二君
      安平 鹿一君    岡部 得三君
      工藤 鐡男君    小澤佐重喜君
      廣川 弘禪君   山口喜久一郎君
      石田 一松君    川野 芳滿君
      田中 久雄君    中野 四郎君
      林  百郎君
 委員外の出席者
        衆議院議長   松岡 駒吉君
        衆議院副議長  田中 萬逸君
        衆議院事務総長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 休会に関する件
 國土計画委員会の國政調査承認要求の件
 次回の自由討議の問題
 傍聽規則
 國会議員が新聞及出版用紙割当委員会委員、行政調査部顧問、中央農地委員会委員に就任するについての國会法第三十九條による國会の議決を要する件
    ―――――――――――――
#2
○淺沼委員長 これより会議を開きます。
    ―――――――――――――
#3
○淺沼委員長 先日議長より諮問を受けました休会に関する件を議題といたします。政府提出法律案の整備の時期につきましても、およそ見当がついてまいりましたので、國会の自主的活動の面ともにらみ合わせて、本國会を休会とする、あるいは一院限りの休会とするか、それとも当分の間本会議を開かないでいるか、各委員会における付託議案の審査の関係もあるようでありますから、これらの点も考え合わせて御協議を願いたいと思います。
#4
○石田(一)委員 私は、國会を休会することも、一つの議院を休会することも了解に苦しみます。その理由はたびたび申し上げました。そこで最後の案でありますが、委員会においては、独自の立場において会議をお開きになることも、もちろんあり得ることとして、本会議が何日間くらい開かれないという見透しがつくならば、それは私はやむを得ないことと思いますが、そういうふうに御採択あらんことをお願いいたします。
#5
○坪川委員 私も今、石田君の開陳された通り、委員会は自主的な活動にはいつておる。本会議は自然休んでおるという態勢において、休会ということはよすという方針で、今後の議会を運営願いたいと思います。
#6
○山口(喜)委員 そこで、政府の事情もあるでしようが、大体委員長の方で本会議を開かねばならぬ日取りは、いつころだという御見当は大体つきませんか。
#7
○淺沼委員長 どうでしよう。今、山口君から見透しの点について話がありましたが、そのことも加味して、ただいま石田君から動議が提出され、さらに坪川君から賛成がありました。委員会は自主的に活動を行う。本会議は必要万やむを得ざる場合を除き、当分の間開かない。こういうことでいかがでしようか。
#8
○山口(喜)委員 地方に帰りまして、大体みんなの國許の用件等、議員の心構えもあることですから、大体われわれの方としては、二週間と見ますと、二十九日が次々の火曜日になるのですが、その程度までは、本会議は緊急やむを得ざる場合以外においては開かれないということに了承しても差支えありませんか。
#9
○淺沼委員長 ちよつと懇談にはいります。
     ――――◇―――――
    〔午後一時三十八分懇談会に入る〕
    〔午後一時四十四分懇談会を終る〕
     ――――◇―――――
#10
○淺沼委員長 それでは再開いたします。先ほど御決定になりました、委員会は自主的に活動を行うこと、本会議は万やむを得ざる場合を除き当分開かない。こういう決定をしたのでありますが、さらに二十五日には本会議を開き、自由討論を行うことということに決定して御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
 それでは以上の三点を併せて議長の諮問にお答えすることにいたします。
    ―――――――――――――
#12
○淺沼委員長 次に裁判官彈劾法案の審査に関してでありますが、先日の委員会において小委員を選定いたしましたが、早急に成案を得る必要がありますので、小委員会の開会日時等について御協議を願いたいと思います。先ほどの打合せにもありました通り、明十二日午前十時より小委員会を開くに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○淺沼委員長 次にこの際議長から発言を求められておりまするからこれを許します。――事務総長から説明をしていただきます。
#15
○大池事務総長 議長に代りまして申し上げますが、國土計画委員会から、特に開会中の調査事項の申し込みがありました。その調査事項は國土計画、都市計画、治山、治水事業、災害復興の諸問題、これを会期中に、――今これに関する議案はありませんが、この事項について調査をいたしたいという申出で議長の承認を求めてまいりました。これを許可することの可否につきまして一應本委員会の御意向を承つて、議長は許可いたしたいと思います。
#16
○淺沼委員長 それではただいま諮問せられた國土計画委員会からの國政調査に関する要求の件を議題に供します。
#17
○中野(四)委員 調査に行くのですか。
#18
○大池事務総長 調査に行くことも目的にしておりますけれども、それはまたどういう方法で、どこへ行くかということの具体案がきまりませんので、ただこの問題を調査したいというだけのことです。調査方法としては、現地の方も何か調査をしたいという希望はもつているようですが、また具体策はきまつておりません。
#19
○淺沼委員長 それではこの國政調査に関する件はよろしうございますか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○淺沼委員長 それではさよう決定をいたしまして、さよう決定したことについて、議長に答申をすることにいたします。
    ―――――――――――――
#21
○淺沼委員長 それから次に事務総長から、各委員会に付託になつております事項について、報告を伺うことにいたします。
#22
○大池事務総長 司法委員会に現在付託されておりますものが三件ございます。それは一、國家賠償法案、二、刑法の一部を改正する法律案、三、昭和二十二年法律第六十三号下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案、右三件でございます。
 商業委員会は一件でございまして、例の独占禁止でございます。昭和二十二年法律第五十四号私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案、商業委員会は右一件でございます。
 財政及び金融委員会、これは三件でございます。一、國民貯蓄組合法の一部を改正する法律案、二、生命保險中央会及び損害保險中央会の保險業務に関する権利義務の承継等に関する法律案、三、酒類配給公團法案。それだけでございます。
 それから調査承認を許しましたものが、鉱工業委員会の石炭問題、電氣委員会の電力問題、それとただいまの國土計画委員会に対する國土計画その他に対する諸問題、こういう三件になつております。
#23
○淺沼委員長 何か御意見はございませんか――なければ暫時休憩いたします。そして懇談をしていただきたいことが二、三点あります。
    午後一時五十三分休憩
     ―――――・―――――
   二時四十二分開議
#24
○淺沼委員長 それでは会議を開くことにいたします。先ほど議長から諮問になつておりました二十五日の本会議における自由討論の題目の問題ですが、食糧問題を中心として自由討議をやることに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○淺沼委員長 異議なければさよう決定いたします。
#26
○中野(四)委員 その場合、食糧問題に関すれば、どんな質問があつても差支えありませんね。そこにわくがあつて、統制か自由かということは後日にして、この場合言えないということはありませんね。
#27
○淺沼委員長 人員及び所要時間については、あらためて協議するということで御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#29
○淺沼委員長 その次に傍聽規則ですが、先ほど協議会において大体御了承を得たわけでありますが、原案通り可決するこに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○淺沼委員長 ではきよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#31
○淺沼委員長 この際議長より本委員会に諮問された事項がございますが、事務総長から代つて説明を願います。
#32
○大池事務総長 用紙割当委員を、三十九條によつて承認を得たいとの申出があります。
#33
○淺沼委員長 政府の方から用紙割当委員の承認を求めているそうです。
#34
○大池事務総長 用紙割当委員は現在参議院議員の赤松常子さん、赤木正雄さん、河崎なつさんの三人がその委員会で選挙されているが議員であるために、引続き用紙割当委員になるためには、三十九條の承認が必要だというので、全部用紙割当委員になることの承認の議決を要求しておられますから、御了承願いたいと思います。
#35
○淺沼委員長 この委員会としては事務総長から報告されました参議院議員赤松常子氏、赤木正雄氏、河崎なつ氏が、新聞及び出版用紙割当委員になることに同意するに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#36
○淺沼委員長 さよう決定したします。
#37
○大池事務総長 その次は行政調査部の顧問であります。松岡駒吉さんに労働問題の專門家として、川上嘉市さんに実業家として顧問になつていただきたいというのでありますが、これもやはり行政調査部でありますので、三十九條の承認を求められてきております。これも御了承願いたいと思います。
#38
○淺沼委員長 行政調査部の顧問に松岡駒吉氏、川上嘉市氏が就任されることに同意を與えるに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#39
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
#40
○大池事務総長 次は中央農地委員会の委員に農業團体の代表者として、参議院議員東浦庄治氏、大西十寸男氏、小作農の代表者として衆議院議員成瀬喜五郎さん、平工喜市さん、八百板正さん……
#41
○淺沼委員長 それではお諮りいたします。中央農地委員会の委員に農業團体の代表者として東浦庄治氏、大西十寸男氏、右参議院議員、小作農の代表者として成瀬喜五郎君、平工喜市君、八百板正君、右衆議院議員、これらの人々が就任されることについて同意を與えることに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#42
○淺沼委員長 ではさように決定したしまして、その旨答申いたします。
#43
○大池事務総長 最後の場合は個人的の承認でなしに、総括承認の中に、こういう方がはいつてくるということです。
#44
○淺沼委員長 本日はこれにて散会いたします。
    午後二時五十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト