くにさくロゴ
1947/07/31 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 国土計画委員会 第2号
姉妹サイト
 
1947/07/31 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 国土計画委員会 第2号

#1
第001回国会 国土計画委員会 第2号
  付託事件
○戰災都市復興計画事業費の補助金増
 額に関する陳情(第二十六号)
○秋田縣米代川並びに阿仁川改修速成
 に関する陳情(第八号)
○全國主要道路の整備に関する陳情
 (第六十九号)
○小名濱港修築に関する請願(第十八
 号)
○鹿島縣下の砂防工事緊急実施に関す
 る請願(第十九号)
○鈴鹿川改修の復活及び建設省の設置
 に関する陳情(第八十八号)
○東北、北陸地方水害状況調査承認要
 求に関する件
  ―――――――――――――
昭和二十二年七月三十一日(木曜日)
   午前十一時三十六分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○東北、北陸地方水害状況調査承認要
 求に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(赤木正雄君) これより國土計画委員会を開きます。この間岩崎委員から御提案になつておりました東北地方の水害も、お聞きのように非常に大きいのでありますから、取敢えずこの委員会のうちから現地に視察に行つて戴いたらどうかと、こう思いますが‥‥。
#3
○石川一衞君 水害の視察は一刻を爭う、本当のところは水害地を見なければ分らないと思います。すでに今日は遅いと思いますが、視察をなさるならば、この場合委員長御指名をなさつて、速急に明日でも出発する方法を取つて、そうして被害の状況第一切を調べまして、應急措置、排水の処置、この二つを図らねばならん。至急視察委員を作るようにしたらどうでしよう。
#4
○委員長(赤木正雄君) 今、石川委員のお話の通りに、取敢えず成るべく早く現地の視察を願う、こういうふうに取計らつてよろしうございますか。
#5
○平沼彌太郎君 賛成ですが、昨日も農林委員の方がやはり視察をすると言つておられた。明日農林委員会があるのですが、ばらばらでよいでしようか。
#6
○委員長(赤木正雄君) それは後に諮ろうと思つておつたのです。先ずどれだけのお方が御視察を願うかという……
#7
○兼岩傳一君 速記を止めて懇談なさつたらどうでしようか。
#8
○委員長(赤木正雄君) 懇談しましよう。速記を止めて‥‥
   午前十一時三十九分懇談会に移る
   ―――――・―――――
   午前十一時五十六分懇談会を終る
#9
○委員長(赤木正雄君) それでは東北地方の調査派遣の件につきましては、新潟、秋田、山形、これを一つの班、宮城、岩手これを一つの班、二つの班に分ちまして、四人乃至六人の範囲で調査したい。取敢えず岩崎委員、島津委員、石川委員、兼岩委員の御出張を希望したいと思います。尚まだ一両中ありまするから、他の方にも加つて戴きたいと思います。尚農林委員の方でもやはり東北に行きますし、府縣の立場もあると思いますから、成るべく一緒にやつた方がよいと思います。そうして出発する日は、本会議の関係もありますから、その日によるということにいたしまして、御了承願います。別に御異議ありませんか。
#10
○委員長(赤木正雄君) それでは以上の趣旨のことを本委員会の決議とし、調査承認要求書を提出することとし、要求書の細かい点は委員長に御一任願つて御異議ございませんか。
#11
○委員長(赤木正雄君) では御異議ないと認めます。本日の会はこれで終ります。
   午前十一時五十八分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     赤木 正雄君
   理事
           島津 忠彦君
   委員
           岩崎正三郎君
           島田 千壽君
           奧 主一郎君
           平沼彌太郎君
           石川 一衞君
           中井 光次君
           安部  定君
           久松 定武君
           北條 秀一君
           兼岩 傳一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト