くにさくロゴ
1947/09/17 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 治安及び地方制度委員会 第4号
姉妹サイト
 
1947/09/17 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 治安及び地方制度委員会 第4号

#1
第001回国会 治安及び地方制度委員会 第4号
  付託事件
○地方分權の確立に關する陳情(第二
 十三號)
○經濟緊急對策中、料理飮食店の措置
 に關する陳情(第二十九號)
○料理飮食店の措置に關する陳情(第
 三十五號)
○料理飮食店の休業に伴う藝妓營業に
 對する措置に關する陳情(第三十七
 號)
○地方自治連盟の即時解散に關する陳
 情(第三十九號)
○地方分權の確立に關する陳情(第五
 十四號)
○特別市制實現に關する陳情(第百十
 三號)
○地方公共團體職員の給與に關する陳
 情(第百二十二號)
○地方公共團體職員の暫定加給國庫補
 助その他に關する陳情(第百三十五
 號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百三十七號)
○特別市制實現に關する陳情(第百五
 十四號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百五十七號)
○道路交通取締法案(内閣送付)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百六十五號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百八十號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百八十六號)
○特別市制實現に關する陳情(第百八
 十九號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 百九十四號)
○特別市制實現に關する陳情(第百九
 十六號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百十六號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百十七號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 二十五號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百二十九號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百三十號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 四十號)
○地方公共團體職員の給與に關する陳
 情(第二百四十二號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百四十六號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 五十號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百五十三號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百五十七號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 五十八號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 五十九號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 七十二號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百七十七號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百七十八號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 七十九號)
○特別市制施行反對その他に關する陳
 情(第二百八十一號)
○特別市制施行反對に關する陳情(第
 二百八十六號)
○地方官公廳職員待遇改善費國庫補助
 に關する陳情(第二百九十號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 九十三號)
○特別市制實現に關する陳情(第二百
 九十七號)
○地方税法の一部を改正する法律案
 (内閣送付)
○靜岡刑務所の脱嶽事件の眞相を調査
 するための議員派遣要求に關する件
  ―――――――――――――
昭和二十二年九月十七日(水曜日)
   午後二時十五分開會
  ―――――――――――――
  本日の會議に付した事件
○靜岡刑務所の脱嶽事件の眞相を調査
 するための議員派遣要求に關する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(吉川末次郎君) それではこれから常任委員會を開會いたします。先ず最初に御相談申上げたいことは、昨日司法委員會との共同の會合におきまして、論議の對象になりました靜岡刑務所の逃走囚の問題に關聯してでありますが、その後司法委員會の方では右の問題が司法委員會として極めて重要であるという見地から、特別に調査のために委員三名を二十一日から二十四日まで派遣するということを決定いたしまして、只今開會中の議院運營委員會にそれに對する費用の請求書を出して、明日開かれる本會議にそれが上程されることになつておるわけであります。それで同様にこれは本委員會といたしましても治安の上から極めて重大視すべき問題であると思いますので、できれば司法委員會の委員と同行して、必ずしも同行する必要もないと思いますが、できれば同行して、同様な形で治安委員會の見地から一つどなたかに御調査を願う。そうしてその御報告を承わるということにしてはいかがかと思うのでありますが、右に關しての御意見を御開陳願いたいと思います。若し司法委員會がどうしても、本委員會ではその必要がないといことであればそのようにお決めを願つてもよいのであります。
#3
○羽生三七君 この委員會として當面やる仕事がなければそれは結構でありますが、それに關して先程懇談會の際に問題になつた決算委員會に報告になつてこちらへは廻らないといふことが起つた場合、我々の豫定しておる地方制度關係の法案が廻らなかつな場合になにもやらないということになれば今のようなことも結構でありますが、それのいかんに拘らず治安の委員會としては、あくまで少くとも地方制度委員會に關係のあると思われる法案を審議していくということになれば、私そんな餘裕はないと思います。委員長はこの點どういうお考えか承わりたい。
#4
○委員長(吉川末次郎君) それは現在成規に本委員會に付託されておりますところの議案は、先般來御審議を願つております道路交通取締法案、これは豫備審査であつて、大體御質疑は完了しておつたと思いますが、豫備審査のことですから、本審査に移りましたならばそう長からん期間の間において決定することができるかと考えております。
 もう一つは本委員會に付託されております議案は、地方税法の一部を改正する法律案でありますが、これは内容を拜見いたしますと、極めて輕微と申しますか、内務省の解體に伴うて、内務省がなくなりますので、内務省という言葉を外の言葉に充てるというようなことが主たる内容でありまして、内容からいたしますとそれ程審議に長時間を要さないものと思つております。それでお話のような内務省解體に伴うところの法律案、これは決算委員會と先ず共同の委員會と開きまして、そうしてこの次には實質上本委員會がこれを審議することになることは大體決定的と考えてよいのじやないかと思つております。從つてそれにはまだ若干の日があるかと思うのでありますが、二十一日から二十四日までの間ぐらいでありましたならば……。
 それからまだ重要な法案といたしましては今懇談會のお話の中にありました自治法の改正案、これは本委員會としては法案としては一番大事なことであります。それらはまだ提出されておりません。だから二十一日から二十四日ぐらいの間であればどなたかにお出でを願う餘裕はあるのであります。
#5
○岡本愛祐君 私は靜岡事件は、この間小野君からも意見が出ましたように、單に司法委員會の問題だけでなくて、治安の上に非常に影響のある大きな事件だと思います。だからこの委員會からも適當な方を派遣なすつて調査をして頂きたいと思います。
#6
○羽生三七君 この委員會でそういうことに決まつた場合には、私は同時に正成の本會議の決定を經なくてもよいと思いますが、先般來問題の、内務省解體後の種々なる地方出先機關の問題も一緒に、たとえ靜岡一縣でもよいと思いますから見て頂きたいと思います。
#7
○委員長(吉川末次郎君) これもこの後で御相談しようと思いましたが、關聯性もないわけでありませんから、午前中に會いましたチルトン氏からも地方委員は各地を旅行して、そうしていろいろ問題を調査しろ、出先關係の問題の如きも調査しろということを頻りに話しておりましたので、今會期中時間の餘裕をできるだけ見出して、そうしたことについても御相談いたしたいと思つておりますが、右と關聯してお話下さつても結構だと思つております。どういたしましようか。
#8
○岡本愛祐君 一諸にお決め下さつたらどうでしよう。今羽生さんの仰しやつた通り、出先機關のことは問題になつておるということになつておつても、これも實行されないわけでございますが、これも一緒に早くおやりになつたらどうかと思いますが、付託がなくてもおやりになつた方が準備ができてよいと思いますが……。
#9
○委員長(吉川末次郎君) どういうふうに、人選等はいたしましようか。委員長及び理事に御一任を願えますか、理事、委員長に一任するにしても御希望だけ承わつて……。
#10
○羽生三七君 各人の希望を徴して、委員長と理事に御一任いたします。
#11
○委員長(吉川末次郎君) 實は甚だ早手廻なんですが、運營委員會の方で急いで参りましたので、後から取消してもよいと思いますが、司法委員會と同じように三名、これはさつきの假決定でありますが、それから靜岡の問題でありますが、これは調査に行くということについて、調査に行くということと、ただ單に議員を派遣するということに、事務上の取扱が違うところが大そうありますので、この機會に委員部長の代りの方からお話をいたします。
#12
○参事(佐藤吉弘君) 調査承認要求をいたしますのには、参議院規則の三十四條によりまして、「委員會は、付託事件の外、議長の承認した事件について、調査をすることができる。委員會は、議長の承認を求めるため、その調査しようとする事件の名稱及び調査の目的、利益、方法、期間及び費用を明かにした文書を議長に提出しなければならない。」ということになつておりまして、この手續上の問題は、ここに擧げてあります文書に記載する要件を備えた文書を議長に提出しまして、議長の承認で調査をすることができるということになつております。通例先例から言いますと、この中に調査の方法といたしまして議員の派遣を一緒に要求いたしまして議長が調査を承認いたしますると、それに伴いまして議院詰りハウスの議決を議員の派遣について採るということにいたしております。併し單に議員の派遣につきましては百八十條によりまして「審査又は調査のため、議員を派遣する場合は、委員長の要求又は議員の動議により、議院の議決を經なければならない。議長が、必要と認めたとき、また同様とする。」ということになつておりまして、委員長の要求又は議員の動議、又は議長の發議によりまして議員の派遣をハウスの議決によつて派遣するということになるわけであります。この審査又は調査のためと申しますのが、審査はそのままでありますが、調査というのは調査承認の要求を取らなければ、調査のために議員を派遣することができないかという問題があるのでありますが、この點は現在の解釋といたしましては、委員會がその所管事項につきましては、調査の承認の要求を取らないでも、委員長の要求によりまして、議員を派遣することを議院に對して要求することができるという解釋をとつております。從いまして今囘の場合におきましても、直接その目的を掲げまして、議員の派遣を直接要求されても差支えないわけであります。ただ直接議員の派遣を要求されますのと、調査承認の要求を取られますのと、實質的な差異はと申しますと、若し調査承認の要求をされまして、調査をされるために議員を御派遣になるということになりますと、委員會が付託又は承認された事件について審査又は調査をなさる時は、委員長は報告書を作り、多數意見書の署名をして議院に提出しなければならないということがありまして、その調査の内容を文書によつて議長の手許まで御報告になり、議長は報告書を印刷し各議員に配付するという手續が必要になつて來るわけであります。それで現實にはどちらでもできるわけでありますが、實質的には報告書を正式に御提出になるかならないかというところに差異があるわけであります。委員長(吉川末次郎君) 如何でございましようか。今のようなことで調査ということになりますと、報告書を出さなければならんわけでありますが、議員派遣というだけに止めた形にしておきますか。
#13
○中井光次君 司法の方はどういう取扱になつておりますか。
#14
○委員長(吉川末次郎君) 司法はただ派遣でございます。
#15
○中井光次君 同調されたら如何でございますか。
#16
○委員長(吉川末次郎君) 中井さんの御提議のように派遣だけにしておいて……。
#17
○委員長(吉川末次郎君) いずれお歸りになつたら口頭、或いは文書によつて御報告を願わなければならんと思います。御異議がなければそれでは司法委員會と同調いたしまして同じような形式で……。
#18
○鈴木直人君 三人ですか。
#19
○委員長(吉川末次郎君) そうです。どなたか御希望の方はありませんか。岡本さんは如何ですか。
#20
○岡本愛祐君 外に御希望がなければ行つても宜しうございます。
#21
○委員長(吉川末次郎君) 濱田さんは……。どなかた御希望の方は一つお申出を願いたいと思います。それでは自由黨の方か、民主黨の方は、いかがでしようか。もう少し殖やしてもよろしうございますが、
#22
○黒川武雄君 自由黨の方は二人は差支ないのですが、もう一人草葉隆圓君がいますけれども、當人の意思を聴いて見ないと分りません。
#23
○委員長(吉川末次郎君) お二人はおいでになれませんか。
#24
○黒川武雄君 二人は差支があります。
#25
○委員長(吉川末次郎君) それでは民主黨と自由黨の間から一人ずつお出し願うというようなことにいたして置きましようか。
#26
○黒川武雄君 結構でございます。
#27
○鈴木直人君 自由黨と民主黨は一人といいましても、鬼丸さんが司法の方へ入つておられるということになると、草葉君に聴いて見て、草葉君が行かれるようであつたら行く、そうでなければ大體鬼丸君が兩方掛け持つて行かれる、それから社會黨の方から一人というようにされたらどうでございましよう。
#28
○委員長(吉川末次郎君) そうですね。そうすると自由黨の方から一人出て來るわけですね。まだ一人殖やしてもいいのですし、緑風會から殖やしてくれという御希望があれば殖やしてもいいのですが、いかがでございましようか。
#29
○鈴木直人君 それよりも減る傾向があるようですね。三人以内です。
#30
○委員長(吉川末次郎君) これは行かなくても殖やしてもいいわけですね。
#31
○濱田寅藏君 專門調査員はもう任命してあるのですか。
#32
○委員長(吉川末次郎君) 專門調査員は御紹介したのですが、書記を……。
#33
○濱田寅藏君 專門調査委員の方にも一人行つて頂いたらどうでしようか。
#34
○委員長(吉川末次郎君) 專門調査員を一人派遣したらどうだという説があるのですが、專門調査員は出先官憲において行つて貰つてもいい譯ですね……。それでは自由黨にお話して頂きます。そういうふうに御了承願いたいと思います。それではとにかく三人にいたして置きます。それから關聯性があるかも知れませんが、出先官憲の調査ですね。これはやはり別に行つた方がいいじやないかと思いますが……。
#35
○鈴木直人君 その方は別に一つお願いいたしたいと思います。そうして今日それを決めます。出先機關は昔行政協議會があつたような、總監府があつた地方と全然そういうもののなかつた地方というように二つにした方がいいのぢやないかと考えます。
#36
○委員長(吉川末次郎君) 具體的に言つて頂くとどうなりますか。所を指定して頂きますとどうなりますか。
#37
○岡本愛祐君 この間千葉とか埼玉とか、そういう近い所でいいのじやないかということでありましたけれども、それもいいかも知れませんが、それよりもやはり仙臺とか金澤とかいうような都會で何も彼も揃つておる所がよかろうと思います。その地方の中心地であつて、中央官廰の出先機關等何も彼もあるという所を調べに行かなければ要領を得ないと思うのです。
#38
○鈴木直人君 今の仙臺と金澤……仙臺はいいと思いますが金澤には私もおりましたが、これは中途半端でありまして……。それから今一つは普通の三府四十三縣的な代表的なもつと小さい縣ですね。そこにどういうふうになつておるかという……、大體そういうような要求をした方がいいのぢやないかと思う。
#39
○小野哲君 今いろいろ御意見は結構だと思うのですが、大體地方機關の調査をやるのだということを一應皆さんにお諮り下さつてお決め願うということですが、具體的にどういうふうな基進でこれを選定するのかということを別々に御相談願つたらいかがでしようか。
#40
○委員長(吉川末次郎君) それでは今小野さんから御提議になりましたように、今すぐにこの席上で具體的なことを現實的にその問題について取決めることが困難かと考えますので、明日本會議もありますので、多數議員も御出席になると思いますから、理事と委員長だけ残りまして皆さんにもう一度お諮りする、出先官憲に對する調査の問題についての具體案を作りまして、明日でも又御相談申上げるということにしてよろしうございますか。
#41
○委員長(吉川末次郎君) 御異議がなければそのように取決めたいと思います。差當りは今の靜岡縣の刑務所の問題だけ明日の本會議に上程して頂きたいと思います。明日本會議は大體一時間くらいで終了するそうですが、本會議終了後直ちに今の問題竝びに道路交通取締法案及び地方税法の一部を改正する法律案等の審議をできるだけいたして見たいと思いますが、よろしうございましようか、では大體そういうことに決めまして、明日本會議終了後もう一度委員會を開きますから、そのようにお願いいたします。
#42
○黒川武雄君 明日は私どうしても出られませんからちよつと意見を申上げたいと思います。東京都は相當に出先機關が多いと思うのです。むしろ東京都に全員ででも行つて、よく調べて、そうして仙臺とかさつき仰しやつたような小さい縣に又委員を派遣する、そういうふうにして頂いたらどうでしようか。これは私の氣持だけです。
#43
○委員長(吉川末次郎君) 結構でございます。それでは本日の委員會はこれで散會いたすことにいたします。御苦勞様でございました。
   午後二時三十九分散會
 出席者は左の通り。
   委員長     吉川末次郎君
   理事
           中井 光次君
           鈴木 直人君
   委員
           羽生 三七君
           濱田 寅藏君
           大隅 憲二君
           草葉 隆圓君
           黒川 武雄君
           鬼丸 義齊君
           岡本 愛祐君
           小野  哲君
           駒井 藤平君
           佐佐 弘雄君
           阿竹齋次郎君
           岡田喜久治君
  事務局側
   参     事
  (委員部勤務)  佐藤 吉弘君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト