くにさくロゴ
1949/02/14 第7回国会 参議院 参議院会議録情報 第007回国会 両院法規委員委員会 第2号
姉妹サイト
 
1949/02/14 第7回国会 参議院

参議院会議録情報 第007回国会 両院法規委員委員会 第2号

#1
第007回国会 両院法規委員委員会 第2号
昭和二十五年二月十四日(火曜日)
   午前十一時四十九分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○委員長の互選
  ―――――――――――――
   〔年長者鈴木安孝君仮委員長となる〕
#2
○仮委員長(鈴木安孝君) 只今から開会いたします。
 今日の議題は委員長の選挙でありますが、互選の方法はどういうふうにいたしましようか。
#3
○前之園喜一郎君 互選に入ります前に、一言申上げて御意見を承りたいと考えます。この両院法規委員会は、法規の示すごとく委員の互選によつて委員長が決まることになつております。ところが議院の運営を滑らすにするという趣旨の下に、この前の前の委員長の選挙に当つて、各派から二名ずつ交渉委員が出られて、そうして各常任委員長、特別委員長なりにこの両院法規委員長を含めての協議の結果、民主党に割当があつたのであります。これは御承知の通りであります。そうして当時私は両院法規委員でありましたが、少しく健康を害して一、二回しかその会に出ませんでした。結局参議院の各派の代表の一致したる申合せというのは認められないで、遂にこの会の互選によつてやるといういわゆる本来の姿に還つて選挙せられたのであります。当時私は非常に不愉快に思いましたのは、第一、法規の建前によつてそういうような選挙をするということは、それは合法的ではありましようが、併し、各派から出て委員を割振りをするということは、取りも直さず全体の委員の割振りから考えてこれは各派の協調によつて定めた。これを先ず考える必要がないかという問題が一つ。それから当時の議論の中に、これは超党派的で人物本位でなければならないという議論があつた。これもまあ議論としては当然であります。併し、その言葉の含みの中には我々が承服できないようなこともあつたように記憶するのであります。私は当時、その委員会の席上においてそういう発言をして置いたのでありますが、私共の民主党においてもやはり同樣の意見が交わされたのであります。このことは恐らく緑風会の各位も御承知のことと思うのであります。その後私は、病気のために伊東隆治君に一時代つて貰つたのでありますが、その間において松村さんが委員長になられ、その次の委員会のときに、申合せによつて委員長は会期ごとに替えるということになつて、藤井さんが第二回目の委員長になられたということを聞いておる。而も、その各国会ごとに替えるという申合せの内容としては各会派を廻るというような含みがあつたということを私は承知しておるのであります。特別委員会というものは御承知のように外にも沢山あります。引揚の委員会、或いは今度できました電力の調査委員会、選挙対策の委員会、いろいろとありまするが、これらも委員長の互選は各委員会でやるべきものであると思うのでありますけれども、やはり各会派の申合せによつて持廻りをやつておる。私共は、各国会ごとに委員長を選挙するという申合せをされたということは取りも直さず各会派にそれぞれ適当な者がおるならば持廻りをするという含みであつたということを承知しております。そういうような意味において、私共は当然これは各会派がそれぞれ仲よく持廻つてやるべきものであると考えておつたところが、今回も又そうではないという緑風会の強い御意見であるように聞いております。私は委員長をしようという意思はありません。委員長の適任でもないと考えております。ただ最初から会の申合せがあるのに、而も会期ごとに委員長が替るという申合せをしておる。私はこの両院法規委員会の最初の委員長互選の委員会には出席できませんでした。病気のために出席できませんので、鈴木仮委員長に手紙を以て私の意見を申送つたのであります。ここに強く私の意見を申上げることは、私が委員長をやりたいということではないのであります。参議院の運営を滑らかにしたい。緑風会の先峡諸公に対して我々は今まで通り敬意を拂つて、そうして円満にやつて行きたい。各会派を尊重して貰いたい。私は緑風会の各先生方に一つ十分御考慮をお願いしたいのであります。私はこれだけのことを申上げて、委員長互選については参加いたしません。あなた方は私の申上げたことを十分にお考え下すつて、善処せられんことを要望いたします。私は退場いたします。
#4
○竹下豐次君 お引きになりましたから、甚だ遺憾に思いますけれども、速記にとどめておいて貰いたいと思います。
 只今前之園委員から曾て各会派から二名の代表者が出て、そうして話合いをして両院法規委員には民主党の人になつて貰うということに話合いができたのに拘わらず、そういうふうなことに行かないで民主党以外の人が委員長におなりになつたというようなことをおつしやつたように伺つたのでありますが、それは事実が違います。その当時緑風会から代表として出ました委員といたしまして木下辰雄君と私両名であつたのであります。それぞれ各会派から御希望も出まして、私の記憶によりますというと、海外同胞の特別委員会の委員長、それから両院法規委員会の委員長につきましても御希望が出たのであります。木下君と私と相談いたしまして、それぞれの御註文もあるから、会派に、緑風会に帰つて、そうしてよく相談してお答えするということで、懇談会であつたかと思つておりますが、その席を引下りましていろいろそれぞれの会派の註文のことにつきまして相談いたしたのでありまするが、両院法規委員会は又これは特殊なものであるから、各会派に廻り持ちにするとかどうかというようなことをすべき性質の委員会でないという主張が強い、最も委員長に適任であると認められる人が各会派の如何に拘わらず選任されなければならない性質のものだということが強く主張されまして、そうしてそういうことに緑風会では決まりまして、そのことを私など両人は各会派の懇談会に帰つて報告したことを記憶しておるのであります。決して民主党に割当るべきであるということを約束した事実はございません。これは前之園さんがその席においでになりませんでしたので、どつかから誤つたことをお聞きになつたことをそのままお述べになつたのではないかと思つております。
#5
○大野幸一君 私も前之園委員の発言に対しては不満を表明するものであります。それは第一国会のときから私は両院法規委員をやりまして、途中減員されましたために、私は一時辞めまして、残されたのは当時社会党の藤井新一委員であります。藤井一委員が委員長に御推薦されまして御当選遊ばされた、暫らく経つて党籍を民自党に担されたときに、社会党では藤井委員の委員長は社会党に割当てたものなりや否や、或いは個人的なものなりな否やということを私に確めて呉れという話が頭りましたので、私は両院法規委員会に席を連ねると同時にこの点を先ず藤井委員について確めたところ、全く党との関係はない、委員長は超党派的であつて、その選挙の互選の場所でいろいろ相談をして、党との牽制を受けないということに相成つたのであります。そういう意味で一会期ごとに代ることになつたけれども、再選されることを妨げないということを言われまして、新谷寅三郎委員も当時私にそういうことを申されまして、出席の委員もこれに利意されておつたのであります。私はそういうふうに今も尚理解しておるのであります。
 私は今緑風会の竹下委員の言われるのと同じ趣旨がこの本委員会の委員長の互選についての方向であると私は了承しております。
 本日は、委員長選挙の目的で招集されたのでありまして、公報にも毎日それが掲載されておるにも拘わらず尚委員長が選挙されないということに対しては甚だ不面目でありますので、選挙によつて委員長を定められ、選出されることを希望いたす次第であります。
#6
○藤井新一君 両院法規委員会ですが、これは当初から私は関係を持つておる勤統者の一人でございますが、そもそもこれは持廻りという意味は毛頭ないのであります。という意味は衆議院との合同の意味で適任者を委員長にしようという建前が最初の出発点であつたのであります。現在松村委員もここにおられますが、その当時のことを考えるというと高橋莊太郎君、新谷君らもそうであつたと思いますが、それが前之園君の発言によれば順番であるということを申されましたが、これは前之園委員の誠に知らない、その議事運営を知らなかつたという意味から申したことと思います。
#7
○仮委員長(鈴木安孝君) ちよつと速記を止めて。
   〔速記中止〕
#8
○仮委員長(鈴木安孝君) 速記をとつて下さい。
#9
○大野幸一君 先程申しました通り、もう本日は委員長の選挙に入らなければならないのでありまして、いろいろ今まで複雑な問題もありましたでしようが、今回は直ちに選挙に入つて次回国会においてこういうことのないように、一つ研究を煩わすということにいたしたいと思います。
#10
○羽仁五郎君 この両院の法規委員会の権威は非常に高いものでありまして、両院の議長に向つて勧告する、そういう責任を持つている。その両院法規委員会の議事ができるだけ高潔に、且つ円満に進行して行くことを私は心から希望するものであります。それで、本日或いはそういう点で如何かと思えるようなことがでざいましたことは、私としてすべて一つもこれを信ずることができません。はういう問題があるというふうに私は信じておらない。で、今後もどうか一つ、この両院法規委員会がその負うている重大な使命というものを果して行く上に御指導を願いたいというふうに考える次第であります。
#11
○藤井新一君 大分意見がもう出た筈ですが、投票を省略して、この際仮委員長が指名をしては如何かと思いますが、如何ですか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○仮委員長(鈴木安孝君) 投票による選挙ということを省略するわけですね。
#13
○大野幸一君 どつちでもいい。それは全員一致で……
#14
○羽仁五郎君 ええ。
#15
○仮委員長(鈴木安孝君) 皆さん、委員長の指名によるということについて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○仮委員長(鈴木安孝君) それでは皆さん御異議ないようでありますから、私から指名いたします。松村眞一郎君を委員長に指名いたします。(拍手)
 御異議のない方は御挙手を願います。
   〔総員挙手〕
#17
○仮委員長(鈴木安孝君) 全員御異議ないものと認めます。松村君が御当選になりました。
 それではこれにて散会いたします。
   午後零時二十三分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     松村眞一郎君
   委員
           大野 幸一君
           鈴木 安孝君
           藤井 新一君
          前之園喜一郎君
           竹下 豐次君
           田中耕太郎君
           羽仁 五郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト