くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 災害対策特別委員会 第4号
昭和五十七年五月十四日(金曜日)
   午後四時二十七分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 五月十三日
    辞任         補欠選任
     松本 英一君     福間 知之君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         福間 知之君
    理 事
                鈴木 省吾君
                鈴木 和美君
    委 員
                井上  孝君
                岡部 三郎君
                古賀雷四郎君
                松尾 官平君
               茜ケ久保重光君
                村沢  牧君
                鶴岡  洋君
                下田 京子君
   政府委員
       国土庁長官官房
       審議官      川俣 芳郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        田熊初太郎君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長の辞任及び補欠選任の件
    ―――――――――――――
   〔理事鈴木和美君委員長席に着く〕
#2
○理事(鈴木和美君) ただいまから災害対策特別委員会を開会いたします。
 村沢委員長から委員長辞任の申し出がございましたので、私が暫時委員長の職務を行います。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日、松本英一君が委員を辞任され、その補欠として福間知之君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○理事(鈴木和美君) 委員長の辞任の件についてお諮りいたします。
 村沢委員長から、文書をもって、都合により委員長を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○理事(鈴木和美君) 御異議ないと認めます。よって、辞任を許可することに決定いたしました。
 これより委員長の補欠選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#5
○鈴木省吾君 私は、委員長に福間知之君を推薦することの動議を提出いたします。
#6
○理事(鈴木和美君) ただいまの鈴木省吾君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○理事(鈴木和美君) 御異議ないと認めます。よって、委員長に福間知之君が選任されました。(拍手)
    ―――――――――――――
   〔福間知之君委員長席に着く〕
#8
○委員長(福間知之君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま皆様の御推挙によりまして当委員会の委員長に選任されました。まことに微力でございますが、委員の皆様方の御協力をちょうだいいたしましてこの重責を果たしてまいりたいと存じます。どうぞ格別の御協力をお願いを申し上げる次第でございます。(拍手)
 前委員長からごあいさつをいただきたいと存じます。村沢牧君。
#9
○村沢牧君 一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 昨年私が委員長に就任をして間もなく、北海道、茨城、長野、静岡を初め、台風やあるいはまた農業災害等が頻発したわけでありますけれども、委員の皆さん方の御理解と御協力をいただきまして、現地調査を行い、さらにまた委員会を開催いたしまして適切に対応してまいりました。また、政府に要請した問題につきましても政府も積極的に対応し、今日、昨年の災害復旧が順調に進んでいることを大変にうれしく思っているところであります。
 なお、また財政再建がいま国の最大課題でありますけれども、災害対策については財政再建のしわ寄せをすることなく、従来の取り扱ってきた制度も変えまして、昨年発生した災害につきましては五〇%を復旧させる、こうしたことも委員各位の御指摘によりまして政府にも対応してもらったところであります。
 この間におきまして委員の皆さん方非常にお忙しいときにもかかわらず、現地参加や委員会に参加をしていただきまして、当委員会が円満に、順調に目的を果たしてまいりましたことを厚く御礼申し上げるところでございます。
 本委員会が災害の予防、災害発生後の救済に今後とも大きな活躍をなされますように、心から祈念をいたしましてごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#10
○委員長(福間知之君) 村沢前委員長には大変御苦労さまでございました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後四時三十一分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト