くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 議院運営委員会 第17号
昭和五十七年七月十六日(金曜日)
   午後四時二十四分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         桧垣徳太郎君
    理 事
                高平 公友君
                戸塚 進也君
                堀内 俊夫君
                小山 一平君
                野田  哲君
                栗林 卓司君
    委 員
                井上  裕君
                岩本 政光君
                江島  淳君
                梶原  清君
                川原新次郎君
                杉山 令肇君
                高木 正明君
                中村 太郎君
                宮澤  弘君
                村上 正邦君
                青木 薪次君
                赤桐  操君
                対馬 孝且君
        ―――――
       議     長  徳永 正利君
       副  議  長  秋山 長造君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  指宿 清秀君
       事 務 次 長  佐橋 宣雄君
       議 事 部 長  辻  啓明君
       委 員 部 長  佐伯 英明君
       記 録 部 長  宮崎 義夫君
       警務部長心得   古瀬嘉時長君
       庶務部長心得   原   度君
       管 理 部 長  安部  廉君
       渉 外 部 長  伊藤 義文君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関す
 る件
○本日の本会議の運営に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(桧垣徳太郎君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#3
○事務総長(指宿清秀君) 本日、村沢牧君から、公職選挙法改正に関する特別委員長上田稔君問責決議案が提出されました。
 本決議案には、発議者から、委員会の審査を省略されたい旨の要求書が付されております。
 この要求につきまして御審議をお願いいたします。
#4
○委員長(桧垣徳太郎君) ただいま事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、本日の本会議の運営に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(指宿清秀君) 本日の本会議の審議案件といたしましては、日程第一の公職選挙法の一部を改正する法律案及びただいま当委員会で委員会審査省略が決定されました公職選挙法改正に関する特別委員長上田稔君問責決議案の両案がございます。
 なお、問責決議案は公選法特別委員長の委員長報告に先立って審議するのが先例でございます。
 以上でございますが、本日の本会議審議につきまして御協議をお願いいたします。
#8
○戸塚進也君 ただいまの事務総長の説明のとおり本日の議事を進めること及び今後起こる事態につきましては議場内交渉で対処することの二点を御提案申し上げます。
#9
○委員長(桧垣徳太郎君) ただいまの戸塚理事の提案どおり本日の本会議の議事を進めることに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#10
○委員長(桧垣徳太郎君) 全員賛成と認めます。よって、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(桧垣徳太郎君) なお、お諮りをいたしますが、昨日、前島英三郎議員から議長あてに上申書が提出されました。
 上申の趣旨は、公職選挙法改正案いわゆる自民党案につきまして委員会に差し戻しを求めるという趣旨のものでございます。
 この件につきまして、これに対処する方法について議長から議運の理事会もしくは議運の委員会の意見を聞きたいということでございますが、この意見の申述は委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(桧垣徳太郎君) それでは御一任をいただきます。
 暫時休憩いたします。
   午後四時二十八分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト