くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 議院運営委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十六年十二月二十一日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
のとおりである。
   委員長 山下 元利君
   理事 森  美秀君 理事 小沢 一郎君
   理事 加藤 紘一君 理事 瓦   力君
   理事 関谷 勝嗣君 理事 山口 鶴男君
   理事 広瀬 秀吉君 理事 山田 太郎君
   理事 西田 八郎君
      内海 英男君    小里 貞利君
      狩野 明男君    北口  博君
      北村 義和君    古賀  誠君
      高橋 辰夫君    野上  徹君
      保利 耕輔君    川本 敏美君
      野口 幸一君    渡部 行雄君
      東中 光雄君    甘利  正君
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 山下元利君委員長辞任につき、その補欠として
 内海英男君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十一日(月曜日)委員長の
指名で、次のとおり小委員及び小委員長を選任し
た。
 国会法改正等に関する小委員
      内海 英男君    綿貫 民輔君
      瓦   力君    志賀  節君
      佐野 嘉吉君    関谷 勝嗣君
      山口 鶴男君    広瀬 秀吉君
      山田 太郎君    西田 八郎君
 国会法改正等に関する小委員長 内海 英男君
 図書館運営小委員
      小里 貞利君    瓦   力君
      北口  博君    佐野 嘉吉君
      桜井  新君    川本 敏美君
      広瀬 秀吉君    山田 太郎君
      西田 八郎君
 図書館運営小委員長      瓦   力君
 院内の警察及び秩序に関する小委員
      小里 貞利君    狩野 明男君
      古賀  誠君    志賀  節君
      高橋 辰夫君    野口 幸一君
      渡部 行雄君    山田 太郎君
      西田 八郎君
 院内の警察及び秩序に関する小委員長
                志賀  節君
 庶務小委員
      関谷 勝嗣君    高橋 辰夫君
      野上  徹君    保利 耕輔君
      綿貫 民輔君    野口 幸一君
      山口 鶴男君    山田 太郎君
      西田 八郎君
 庶務小委員長         綿貫 民輔君
 国際会議場建設小委員
      狩野 明男君    北口  博君
      北村 義和君    古賀  誠君
      保利 耕輔君    川本 敏美君
      山口 鶴男君    山田 太郎君
      西田 八郎君
 国際会議場建設小委員長    山口 鶴男君
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十一日(月曜日)
    午前十一時三十五分開議
 出席委員
   委員長 山下 元利君
   委員長 内海 英男君
   理事 森  美秀君 理事 小沢 一郎君
   理事 加藤 紘一君 理事 綿貫 民輔君
   理事 瓦   力君 理事 志賀  節君
   理事 佐野 嘉吉君 理事 関谷 勝嗣君
   理事 山口 鶴男君 理事 広瀬 秀吉君
   理事 山田 太郎君 理事 西田 八郎君
      小里 貞利君    狩野 明男君
      北川 石松君    北口  博君
      北村 義和君    古賀  誠君
      高橋 辰夫君    中村 弘海君
      野上  徹君    保利 耕輔君
      川本 敏美君    野口 幸一君
      渡部 行雄君    東中 光雄君
      甘利  正君    田島  衞君
 委員外の出席者
        議     長 福田  一君
        副  議  長 岡田 春夫君
        事 務 総 長 荒尾 正浩君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十一日
 辞任         補欠選任
  小沢 一郎君     北川 石松君
  加藤 紘一君     志賀  節君
  狩野 明男君     中村 弘海君
  森  美秀君     佐野 嘉吉君
  山下 元利君     綿貫 民輔君
  甘利  正君     田島  衞君
同日
 辞任         補欠選任
  北川 石松君     桜井  新君
  中村 弘海君     狩野 明男君
  田島  衞君     甘利  正君
同日
 理事森美秀君、小沢一郎君及び加藤紘一君同日
 委員辞任につき、その補欠として綿貫民輔君、
 志賀節君及び佐野嘉吉君が委員長の指名で理事
 に選任された。
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 国会議員及び内閣総理大臣その他の国務大臣の
 資産の公開等に関する法律案(山口鶴男君外四
 名提出、第九十四回国会衆法第三三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議席の件
 議院運営委員長外十六常任委員長辞任の件
 議院運営委員長外十七常任委員長の選挙の件
 特別委員会設置の件
 小委員会設置の件
 議事進行係の件
 永年在職議員として表彰された元議員篠田弘作
 君逝去につき弔詞贈呈報告の件
 内海委員長の就任挨拶
 山下前委員長の辞任挨拶
 裁判官弾劾裁判所裁判員辞職の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙の
 件
 裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件
 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件
 各種委員の選挙の件
 国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を
 改正する法律案起草の件
 国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山下委員長 これより会議を開きます。
 第九十六回通常国会は本日召集されました。
 これより、お手元に配付いたしてあります協議事項について、順次御協議を願うことといたします。
 まず、議席の件についてでありますが、各党から申し出のありましたとおり、議長において仮議席を定めました。本日の本会議において議長が仮議席のとおり定める旨宣告いたしますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#3
○山下委員長 次に、常任委員長辞任の件についてでありますが、本日、議院運営委員長外十六常任委員長から辞任願が提出されました。
 本件は、本日の本会議においてこれを議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○山下委員長 御異議なし一と認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○山下委員長 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、ただいま御決定願いました十七常任委員長の辞任が本会議において許可されましたならば、引き続き農林水産委員長も含めた十八常任委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、後任の候補者として、自由民主党から、お手元の印刷物にあります諸君を推薦してまいっております。
    ―――――――――――――
#7
○山下委員長 次に、特別委員会設置の件につきお諮りいたします。
 先ほどの理事会で合意いたしましたとおり、委員四十人よりなる災害対策特別委員会、委員おのおの二十五人よりなる公職選挙法改正に関する調査特別委員会、石炭対策特別委員会、物価問題等に関する特別委員会、交通安全対策特別委員会、沖繩及び北方問題に関する特別委員会の各特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 また、委員二十五人よりなる安全保障特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#9
○山下委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
 なお、委員四十人よりなる災害対策特別委員会委員の各会派割り当て数は、自由民主党二十三人、日本社会党八人、公明党・国民会議三人、民社党・国民連合三人、日本共産党二人、新自由クラブ・民主連合一人、委員おのおの二十五人よりなる各特別委員会委員の各会派割り当て数は、自由民主党十四人、日本社会党五人、公明党・国民会議二人、民社党・国民連合二人、日本共産党一人、新自由クラブ・民主連合一人となりますり
    ―――――――――――――
#10
○山下委員長 次に、小委員会設置の件についてでありますが、今国会におきましても、前国会どおり、お手元の印刷物にありますとおりの五小委員会を設置することとし、小委員及び小委員長の選任は、委員長において指名することに御一任願っておきたいと思いますが、御異議ありません
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、各小委員の各会派割り当ては、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
#12
○山下委員長 なおまた、日本共産党及び新自由、クラブ・民主連合の方には、前国会どおり、各小委員会にオブザーバーとして御出席願うことといたします。
 また、今会期中における小委員、小委員長及び理事の辞任並びに補欠選任につきましても、委員長に御一任願っておきたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#14
○山下委員長 次に、議事進行係は、従前どおり自由民主党にお願いすることとし、同党の小里貞利君にお願いいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#16
○山下委員長 次に、元議員篠田弘作君逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、永年在職議員として表彰された元議員篠田弘作君が、去る十一月十一日逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は多年憲政にために尽力し得に院議をも つてその功労を表彰され さきに建設委員長考 査特別委員長国土総合開発特別委員長等の要職 につき また国務大臣の重任にあたられた正三 位勲一等篠田弘作君の長逝を哀悼しつつしんで 弔詞をささげます。
   ―――――――――――――
#17
○山下委員長 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
 なお、その際、議員の方は御起立願うことになっておりますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#18
○山下委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#19
○荒尾事務総長 まず最初に、議長から議席を仮議席のとおりに指定いたされます。
 次に、各常任委員長辞任の件についてお諮りいたします。
 本件が許可されましたならば、引き続いて本日の日程に掲載されております農林水産委員長の選挙とあわせて各常任委員長の選挙を行います。この選挙は、動議によりまして、その手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、特別委員会の設置についてお諮りいたします。まず災害対策特別委員会、公職選挙法改正に関する調査特別委員会、石炭対策特別委員会、物価問題等に関する特別委員会、交通安全対策特別委員会、沖繩及び北方問題に関する特別委員会の六特別委員会の設置につきお諮りいたします。全会一致であります。次いで安全保障特別委員会の設置につきお諮りいたします。共産党が反対であります。
 次に、議長から、故元議員篠田弘作さんに対する弔詞贈呈の報告がございまして、議長が弔詞を朗読されます。
 以上で、休憩となります。
#20
○山下委員長 それでは、本日の本会議は、午前十一時五十分予鈴、正午から開会いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
    午前十一時四十一分休憩
     ――――◇―――――
    午後四時七分開議
#21
○内海委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、不肖私がはからずも議院運営委員長に選任されました。まことに光栄に存じますとともに、その責任の重大さを痛感いたしておる次第であります。
 私は、まことに非力非才かつふなれではありますが、当委員会の円満な運営を図り、国会の正常な運営に微力を尽くしてまいりたいと存じます。
 今後、議長、副議長の特段の御鞭撻と、とりわけ議事運営に経験豊かな皆様方の格別の御協力をお願いする次第であります。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。
 はなはだ簡単ではございますが、ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#22
○内海委員長 この際、山下前委員長から発言を求められております。これを許します。山下元利君。
#23
○山下前議院運営委員長 一言ごあいさつを申し上げます。
 私、昨年七月に議院運営委員長に選任されまして以来、約一年半の間、在任中大過なくその職責を果たすことができましたことは、議長、副議長の格別の御指導と、理事並びに委員各位の御理解ある御協力のたまものでございまして、この機会に衷心より感謝の意を表し、厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 どうか、今後とも相変わらざる御厚情を賜りますようお願い申し上げまして、簡単でございますが、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
    ―――――――――――――
#24
○内海委員長 山口鶴男君から発言を求められております。山口鶴男君。
#25
○山口(鶴)委員 はなはだ僣越でございますが、委員各位のお許しを得まして、前委員長並びに新委員長に対しまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 山下前委員長は、昨年七月委員長に御就任以来、約一年有半、その円満なるお人柄と強い信念とをもって終始当委員会の円滑なる運営に当たられ、国会の正常な運営を通じてその権威の向上にりっぱな実績を残されました。
 その御労苦に対し、われわれ一同深く敬意を表するとともに、深甚なる謝意を表するものであります。
 このたび、委員長を辞任されましたが、今後の御活躍と御発展を心からお祈りをするとともに、今後とも当委員会に対し格別な御理解と御協力をお願い申し上げる次第でございます。
 また、このたび新たに委員長に御就任されました内海委員長は、かって当委員会の委員として活躍され、また、農林水産委員長を歴任され、議会運営については高い見識をお持ちの方であります。
 今回、衆望を担い、国会運営の中心たる議院運営委員長に御就任されましたことは、まことに御同慶にたえません。
 われわれ一同心からお喜びを申し上げますとともに、何とぞよろしく御指導、御鞭撻のほど、お願い申し上げる次第であります。
 簡単ではございますが、新委員長にお祝いを申し上げ、前委員長に感謝の意を表しまして、ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#26
○内海委員長 次に、理事の辞任並びに補欠選任についてでありますが、本日、理事森美秀君、同小沢一郎君、同加藤紘一君が委員を辞任されました。よって、委員長は、後任の理事に
     綿貫 民輔君    志賀  節君
     佐野 嘉吉君
を指名いたしましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#27
○内海委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員辞職の件についてでありますが、同委員である佐藤文生君及び松永光君から辞職願が提出されております。
 本件は、再開後の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#29
○内海委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員辞職の件が本会議において許可されましたならば、現在同予備員が一名欠員となっておりますので、同裁判員の選挙とあわせて同予備員の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、後任候補者として、自由民主党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
    ―――――――――――――
#31
○内海委員長 次に、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてでありますが、裁判官訴追委員である中山正暉君、羽田野忠文君、吉田之久君及び同予備員である青木正久君、中山利生君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、再開後の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#32
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#33
○内海委員長 次に、裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同委員及び同予備員の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#34
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、後任候補者として、自由民主党及び民社党・国民連合から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
#35
○内海委員長 次に、各種委員の選挙の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、各種委員につきまして、自由民主党及び公明党・国民会議から候補者を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
#36
○内海委員長 本件は、再開後の本会議においてその選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#37
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、各選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
    ―――――――――――――
#38
○内海委員長 次に、本日内閣委員会の審査を終了した一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案、特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案、防衛庁職員給与法の一部を改正する法律案及び国家公務員等退職手当法の一部を改正する法律案、法務委員会の審査を終了した裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案、検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案、外務委員会の審査を終了した北西太平洋のソヴィエト社会主義共和国連邦の地先沖合における千九百七十七年の漁業に関する日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の協定の有効期間の延長に関する議定書の締結について承認を求めるの件、日本国の地先沖合における千九百七十七年の漁業に関する日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の協定の有効期間の延長に関する議定書の締結について承認を求めるの件、社会労働委員会から提出された歯科技工法の一部を改正する法律案の各案件について、それぞれ委員長から緊急上程の申し出があります。
 右各案件は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#39
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#40
○内海委員長 次に、国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部改正の件、国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件についてでありますが、順次事務総長の説明を求めます。
    ―――――――――――――
 国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律案
 国会職員の給与等に関する規程の一部を改正する規程案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#41
○荒尾事務総長 国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律案外一件について御説明申し上げます。
 まず、国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部改正の件でございますが、これは、今回の特別職の職員の給与に関する法律の一部改正案により“本年四月以降”国会議員の秘書の給料月額等が改定されることになりますが、昭和五十六年度における期末手当及び勤勉手当の額の算出の基礎となる給料月額及び勤続特別手当月額については、政府職員と同様に、従前の額に据え置くこととする措置を講じようとするものであります。
 次に、国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件でございますが、これは、国会職員の給料等について政府職員に準じた改定を行おうとするものであります。
 本規程案は、昭和五十六年四月一日から適用しようとするものであります。ただし、非常勤の国会職員に支給する手当の支給限度額、各議院事務局の議長または副議長の秘書事務をつかさどる参事の項を除く特別給料表の改正部分及び指定職給料表の改正については、昭和五十七年四月一日の施行としております。
 なお、昭和五十六年度における期末手当及び勤勉手当については、改正前の給料月額等によることとしております。
 また、管理職員の給与については、従前の額によることとし、なお、政府職員と同様の特例措置を規定しようとするものであります。
 以上でございます。
#42
○内海委員長 それでは、国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案を委員会の成案と決定し、これを委員会提出の法律案とするに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#43
○内海委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
 次に、国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案のとおり改正すべきものと議長に答申するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#44
○内海委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
#45
○内海委員長 次に、ただいま本委員会提出とするに決定いたしました国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#46
○内海委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#47
○内海委員長 次に、再開後の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#48
○荒尾事務総長 まず最初に、裁判官弾劾裁判所裁判員辞職の件についてお諮りいたします。
 辞職の件が許可されましたならば、引き続いて、裁判員の選挙とあわせて、すでに欠員となっております同予備員の選挙を行います。この選挙は、動議によりまして、その手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてお諮りいたします。
 辞職の件が許可されましたならば、引き続いて訴追委員及び同予備員の選挙を行います。この選挙は、動議によりまして、その手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、各種委員の選挙を行います。この選挙は、動議によりまして、その手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、動議によりまして、一般職職員の給与法改正案、特別職職員の給与法改正案、防衛庁職員の給与法改正案、国家公務員等退職手当法改正案の四法案を緊急上程いたします。四法案を一括して、石井内閣委員長の報告がございます。採決は二回に分けて行います。まず給与三法案を一括して採決いたします。社会党、公明党、民社党、共産党が反対であります。次いで退職手当法改正案につき採決いたします。社会党、共産党が反対であります。
 次に、動議によりまして、裁判官の報酬等に関する法律の改正案、検察官の俸給等に関する法律の改正案の両案を緊急上程いたします。両案を一括して、羽田野法務委員長の報告がございます。一両案を一括して採決いたします。社会党、公明党、民社党、共産党が反対であります。
 次に、動議によりまして、日ソ、ソ日漁業関係両議定書を緊急上程いたします。両件を一括して、中山外務委員長の報告がございます。両件を一括して採決いたします。全会一致であります。
 次に、動議によりまして、歯科技工法改正案を緊急上程いたします。唐沢社会労働委員長の趣旨弁明がございます。全会一致であります。
 次に、動議によりまして、ただいま御決定いただきました国会議員の秘書の給料等に関する法律の改正案を緊急上程いたします。綿貫庶務小委員長の趣旨弁明がございます。共産党が反対であります。
 以上でございます。
#49
○内海委員長 それでは、本会議は、午後四時三十分予鈴、午後四時四十分から再開することといたします。
    ―――――――――――――
#50
○内海委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 なお、明年一月二十二日金曜日午前十一時から理事会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後四時二十二分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト