くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 環境委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十六年十二月二十一日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
のとおりである。
   委員長 山崎平八郎君
   理事 粕谷  茂君 理事 中村正三郎君
   理事 野口 幸一君 理事 馬場  昇君
   理事 岡本 富夫君 理事 中井  洽君
      天野 公義君    池田  淳君
      大野  明君    木村 武雄君
      戸沢 政方君    野呂 恭一君
      橋本龍太郎君    畑 英次郎君
      八田 貞義君    藤波 孝生君
      牧野 隆守君    岩垂寿喜男君
      土井たか子君    森中 守義君
      山本 政弘君    大野  潔君
      木下敬之助君    藤田 スミ君
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 山崎平八郎君委員長辞任につき、その補欠とし
 て八田貞義君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十二日(火曜日)
    午後零時六分開議
 出席委員
   委員長 八田 貞義君
   理事 中村正三郎君 理事 牧野 隆守君
   理事 山崎平八郎君 理事 野口 幸一君
   理事 馬場  昇君 理事 岡本 富夫君
   理事 中井  洽君
      岩垂寿喜男君    土井たか子君
      山本 政弘君    大野  潔君
      藤田 スミ君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (環境庁長官) 原 文兵衛君
 出席政府委員
        環境政務次官  石川 要三君
        環境庁長官官房
        長       山崎  圭君
 委員外の出席者
        環境委員会調査
        室長      綿貫 敏行君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十一日
 辞任         補欠選任
  池田  淳君     坂本三十次君
  粕谷  茂君     園田  直君
同日
 辞任         補欠選任
  坂本三十次君     池田  淳君
同月二十二日
 理事玉生孝久君同月二日委員辞任につき、その
 補欠として藤波孝生君が理事に当選した。
同日
 理事近藤鉄雄君同月十八日委員辞任につき、そ
 の補欠として山崎平八郎君が理事に当選した。
同日
 理事粕谷茂君同月二十一日委員辞任につき、そ
 の補欠として牧野隆守君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 環境影響事前評価による開発事業の規制に関す
 る法律案(土井たか子君外二名提出、第九十四
 回国会衆法第五号)
 水俣病問題総合調査法案(馬場昇君外二名提出、
 第九十四回国会衆法第六号)
 環境影響評価法案(内閣提出、第九十四回国会
 閣法第七一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○八田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、皆様方の御推挙によりまして、私が当環境委員会の委員長の重責を担うことになりました。
 御承知のとおり、現在のわが国におきましては、環境汚染は漸次改善の傾向にあるとはいえ、産業構造の変化、都市域の拡大などに伴い、なお一層の環境汚染の未然防止と、さらには長期的かつ総合的な環境対策の強力な推進が強く求められております。これらの要請にこたえるため、当委員会に課せられた任務はまことに重大であります。
 何分、微力でありますが、誠心誠意円満なる委員会の運営に努めたいと存じますので、委員各位の御指導、御協力を切にお願い申し上げます。
 はなはだ簡単でありますが、ごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○八田委員長 まず、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 理事でありました玉生孝久君、近藤鉄雄君及び粕谷茂君の委員辞任に伴い、現在理事が三名欠員になっております。これよりその補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○八田委員長 御異議なしと認めます。よって、理事に
      藤波 孝生君    牧野 隆守君
   及び 山崎平八郎君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○八田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 環境保全の基本施策に関する事項
 公害の防止に関する事項
 自然環境の保護及び整備に関する事項
 公害健康被害救済に関する事項
 公害紛争の処理に関する事項
以上の各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○八田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#7
○八田委員長 この際、先般環境庁長官に就任されました原文兵衛君及び環境政務次官に就任されました石川要三君から発言を求められておりますので、これを許します。原環境庁長官。
#8
○原国務大臣 このたび環境庁長官を拝命いたしました原文兵衛でございます。
 環境行政は、公害の防止、自然環境の保全等を図ることにより、国民の健康で文化的な生活を確保するという崇高な使命を有しております。
 私は、環境庁長官として、これに取り組むことに大きな意欲を覚えると同時に、その責任の重大さを痛感いたす次第でございます。
 国民の健康の保護、生活環境の保全という環境行政の原点に立ち、公害の未然防止に意を用いつつ、長期的な視野のもとにきめ細かい環境行政を推進してまいりたいと考えております。
 委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#9
○八田委員長 石川環境政務次官。
#10
○石川(要)政府委員 このたび環境政務次官に就任をいたしました石川要三でございます。
 環境行政はきわめて重要かつ必要であることは、大臣が申されたとおりであります。政務次官というのは大臣の補佐役と承っておりますので、原環境庁長官のもとに、環境行政の運営のために一生懸命がんばっていきたい、こんな決意でございますが、ごらんのように体だけは一人前でございますが、中身はきわめて未熟者でございます。
 どうぞ、委員長先生初め皆さん方の特段の御指導と御鞭撻を切にお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。(拍手)
#11
○八田委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト