くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 建設委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十六年十二月二十一日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
のとおりである。
   委員長 稲村 利幸君
   理事 木間  章君 理事 中村  茂君
   理事 伏木 和雄君 理事 渡辺 武三君
      大塚 雄司君    大村 襄治君
      金丸  信君    鴨田利太郎君
      瓦   力君    國場 幸昌君
      桜井  新君    住  栄作君
      園田  直君    田村  元君
      田村 良平君    竹中 修一君
      登坂重次郎君    中西 啓介君
      松本 十郎君    村田敬次郎君
      井上 普方君    小野 信一君
      山花 貞夫君    横山 利秋君
      薮仲 義彦君    林  保夫君
      瀬崎 博義君    中島 武敏君
      甘利  正君
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 稲村利幸君委員長辞任につき、その補欠として
 村田敬次郎君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十二日(火曜日)
    午前十時四十分開議
 出席委員
   委員長 村田敬次郎君
   理事 稲村 利幸君 理事 大塚 雄司君
   理事 竹中 修一君 理事 木間  章君
   理事 中村  茂君 理事 伏木 和雄君
   理事 渡辺 武三君
      大村 襄治君    川崎 二郎君
      桜井  新君    田村 良平君
      東家 嘉幸君    中西 啓介君
      小野 信一君    薮仲 義彦君
      林  保夫君    瀬崎 博義君
      中島 武敏君    甘利  正君
 委員外の出席者
        建設委員会調査
        室長      升本 達夫君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十一日
 辞任         補欠選任
  園田  直君     東家 嘉幸君
  田村  元君     川崎 二郎君
同月二十二日
 辞任         補欠選任
  甘利  正君     中馬 弘毅君
同日
 辞任         補欠選任
  中馬 弘毅君     甘利  正君
同日
 理事池田行彦君十一月三十日委員辞任につき、
 その補欠として竹中修一君が理事に当選した。
同日
 理事中村靖君及び村岡兼造君同月二日委員辞任
 につき、その補欠として大塚雄司君及び住栄作
 君が理事に当選した。
同日
 理事内海英男君同月十八日委員辞任につき、そ
 の補欠として稲村利幸君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○村田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私、建設委員長に就任いたすことになりました。本委員会はきわめて重要な使命を有するものでありまして、責任の重大なることを痛感いたしております。
 微力ではございますが、誠心誠意、円満なる委員会の運営に努めたいと存じておりますので、委員各位の御協力を心からお願い申し上げる次第でございます。
 はなはだ簡単でございますが、就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○村田委員長 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が四名欠員となっております。
 その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○村田委員長 御異議なしと認めます。よって、理事に
     稲村 利幸君    大塚 雄司君
     住  栄作君    竹中 修一君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○村田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 建設行政の基本施策に関する事項
 都市計画に関する事項
 河川に関する事項
 道路に関する事項
 住宅に関する事項
 建築に関する事項
 国土行政の基本施策に関する事項
以上の各事項について、建設行政及び国土行政の実情を調査し、その運営を適正ならしめるため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めるため、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○村田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト