くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 逓信委員会電波・放送に関する小委員会 第1号
本小委員会は昭和五十七年二月十日(水曜日)委
員会において、設置することに決した。
二月十日
 本小委員は委員長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      秋田 大助君    加藤常太郎君
      佐藤 守良君    畑 英次郎君
      吹田  ナ君    水野  清君
      森  美秀君    渡辺 紘三君
      阿部未喜男君    久保  等君
      鈴木  強君    竹内 勝彦君
      西村 章三君    藤原ひろ子君
      依田  実君
二月十日
 加藤常太郎君が委員長の指名で、小委員長に選
 任された。
―――――――――――――――――――――
昭和五十七年四月十六日(金曜日)
    午前十時一分開議
 出席小委員
   小委員長 加藤常太郎君
      秋田 大助君    佐藤 守良君
      畑 英次郎君    水野  清君
      森  美秀君    渡辺 紘三君
      阿部未喜男君    久保  等君
      鈴木  強君    竹内 勝彦君
      中井  洽君    藤原ひろ子君
      依田  実君
 出席政府委員
        郵政政務次官  水平 豊彦君
        郵政省電波監理
        局長      田中眞三郎君
 小委員外の出席者
        逓 信 委 員 鴨田利太郎君
        郵政省電波監理
        局放送部長   富田 徹郎君
        参  考  人
        (日本放送協会
        中央放送番組審
        議会委員)   小野 清子君
        参  考  人
        (日本民間放送
        連盟専務理事) 泉  長人君
        参  考  人
        (女   優) 藤村 志保君
        逓信委員会調査
        室長      芦田 茂男君
    ―――――――――――――
四月十六日
 小委員依田実君二月十日委員辞任につき、その
 補欠として依田実君が委員長の指名で小委員に
 選任された。
同日
 小委員西村章三君同日小委員辞任につき、その
 補欠として中井洽君が委員長の指名で小委員に
 選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 電波・放送に関する件
     ――――◇―――――
#2
○加藤小委員長 これより電波・放送に関する小委員会を開きます。
 電波・放送に関する件について調査を進めます。
 本日は、参考人として小野清子君、泉長人君及び藤村志保君が御出席になっております。
 参考人には、御多用の中御出席いただきましてありがとうございました。
 それでは、小野参考人に御意見を述べていただきます。
#3
○小野参考人 おはようございます。中央放送番組審議会の方の一員といたしまして本日お邪魔させていただきます。別に代表ということではありませんので、御要望のありました現状をどう考えるかということに関しまして、私なりの御意見を申し上げたいと思います。
 あらゆる情報システムの中で、画面を通すことて大変わかりやすくかつ敏速に伝達されるものがテレビ放送であると私は考えます。それゆえに、反響もあるいは影響も大変速くて大きいものであり、大変喜ばれる一方で非難も生まれやすいというものではないかと思います。
 最近の傾向といたしましては、視聴者側の見方というものが数年前とは少し変わりまして、たとえば、その視聴者の意見によりまして番組そのものも組みかえられが行われ始めているんではないかな、そんなふうにも私自身感じております。ですから、以前は、モーニングショーがありますとすべての局がモーニングショーに走り、そして、その画一化されたような形の中から、物珍しいという形から最近は脱皮したような姿勢が非常に感じられております。局側といたしましては、視聴率ということを度外視して番組づくりをするということはどうしてもできないわけですから、民放に限らずNHKの場合にも、視聴率ということは非常に大事に考えて番組制作をしているわけですけれども、多くの人に見ていただくという、見てもらえる番組というものは、内容的に非常に充実しているというものと、また反面、非常に気分転換のための、内容を度外視したものが結構高視聴率を上げている場合もございます。ですから、よい番組必ずしも視聴率がいいということは言い切れないと思いますし、かつまた、内容的に充実しているような番組の中で、教育問題ですとかニュース、それから科学産業番組、政治経済、それから健康、医学、それに生活情報、こういうものがいろいろ出されるわけですが、昨今、健康に関するいろいろな問題を取り上げて大変いい番組づくりをいたしましても、現実に視聴率の方はといいますとあと一つという感じがなきにしもあらずで、いわゆる見てもらえる番組と視聴率というものがまだまだ関連性があるとは言い切れないところがあると思います。しかし、公共放送の場合には視聴率に左右されずにその時代の必要な情報は積極的に制作をしていただきたいと思いますし、また、これは別にNHKに限ったことではありませんし、民放もそうだと思いますが、そういうものをつくり上げる責任があるのではないか、そんなふうに思います。
 楽しさを提供する部分も、一つの社会情勢との流れから心配りのある番組づくりというものをぜひ進めてほしいと思うわけですが、テレビによる言葉の影響なども非常に大きくて、私たちが美しい日本語を聞けるというのは、外国に行って大使館の方にお会いして初めてこれが日本語だったのかという感じを抱くこともございます。こういう乱れに対して、学校教育ではとても賄い切れない、メディアの力というものは非常に大きなものがありまして、それにおぼれるということは、今度は家庭教育の問題になっていくと思います。この辺、非常にむずかしいと思いますけれども、いろいろな意味合いから、テレビ放送の影響というものは、日本の国全体、とりわけ教育問題には非常に大きな影響を及ぼしているんではないか、そんなふうに思います。
 視聴者の方も、テレビ即何か俗悪というふうなイメージを持っている方もないわけではございません。地方に参りましてテレビの勉強会なるものに参加しますと、私はテレビを子供に見せませんということを胸を張っておっしゃる方もいらっしゃいますけれども、内容としては、決してそのような時代ではない。逆にテレビを活用することで、家の中におりまして世界旅行もできますし、それから、すばらしい科学技術番組あるいはそういうもののとらえ方によりましては、年齢の低い者あるいは高い者にかかわらず、いろいろなもの、科学産業というむずかしい問題にも楽しくわかりやすく情報を提供してくれるということもありますので、受け手側の上手な利用法のためには、何かしらそういう局側の一つの教育の努力が今後なされていく必要もあるのではないか、そのように感じます。ですから、番組づくりに当たりましては、見る側の姿勢が局の内容を変えるという非常に大きな場面もございますし、かつまた、送り手によって見る側が非常に影響されるという両面があるわけで、その辺がともに相まって、研究、勉強会が重ねられることで、今後また別の意味での新しいテレビジョン番組と一般の方々との方向づけというものが生まれてくるのではないか、そのように思います。
 現状を考えますと、従来からの流れとはちょっと変わった形が最近は生まれ始めて、視聴者の方が大分違った意識――違った意識と申しますのは、具体的に生活に密着したものを求めるような形で、余り浮ついたものを喜んで見るという姿勢はだんだん薄れてきたのではないか、そのように感じております。
 大体十分が来たようでございますので、以上でございます。
#4
○加藤小委員長 次に、泉参考人にお願いいたします。
#5
○泉参考人 私は、民放連の専務理事という立場で参りましたけれども、実際、民放連の意見というよりも、長年民放界におりました立場から、ある程度個人的な意見も交えまして、放送の最近の番組とこれから番組をよくしていくためにどういうことを考えなければならないかということを若干申し述べたいと思います。
 特に、最近の民放の番組の動向を見ておりますと、やはり視聴者の目が肥えてまいりまして選別が進んできているように受け取れます。特に、報道番組だとか個別のニーズに応じた番組が要求されておりまして、一方、最近の不況だとか低成長の中でわりとすかっとした娯楽番組を求めている傾向も見られるわけでございます。そういうものを受けまして、ここ二、三年の全体的な民放の傾向といたしましては、報道番組が充実されてきております。特に、夜の報道特集だとか、海外の取材番組、朝昼のニュースワイドなどは、相当面積を広げてきております。それから、長時間ドラマ、スペシャルドラマ、そういうものもふえてきているのは御承知のとおりでございます。特に、地方局も最近は相当積極的に番組づくりに参加してまいりまして、一例を申し上げますと、岩手放送が劇映画「遠野物語」をつくったりする例もございます。それからスポーツも、野球だけではなくて、テニスとかサッカー、柔道、バドミントン、マラソン、そういうようにいろいろ多様なスポーツ中継もふえてまいりまして、地方局では、特に地方の草野球とか市民スポーツ大会なども一般市民の参加番組として喜ばれているようでございます。そういう意味で、生活情報と趣味の番組、そういうのもふえているのが最近の傾向でございます。
 従来、かなり民放の番組は、性問題その他非常に低俗だという御批判もございましたけれども、やはりそういうのも時代とともに、量がふえたと同時に飽きられて、また最近は鎮静化してきているのも目立っておるわけでございます。
 こういう面をとらえながら、民放連といたしましては、民放各社の番組向上のために何をやっているかということを次に申し上げたいと思いますが、その前に、四、五年前に東京の民放各社は視聴者センターを機構化しておりまして、視聴者の窓口の仕事をやっておりますが、スタートしたころは、一例を挙げますと、一つの局に年間約千五百件くらいの苦情なり意見が寄せられておりましたのが、毎年三百件くらいずつ減ってきまして、昨年度は六、七百件に下がってきている。そういう意味では苦情の割合もずいぶん下がってきたのではないかという実例もあるようでございます。
 番組につきましては各社の責任でやっているわけでございまして、各社は、放送法の四十四条で決められております番組審議会、番組基準を持ち、民放連は各社の番組基準の綱領とでも言うべき基準を決めまして、各社の合意のもとに自律の仕事をしておるわけでございますが、民放連といたしましては、児童に対するCMの留意事項というのを昨年度やっとまとめまして、御承知のように、コマーシャルというのは持ち込みが多いものでございますから、そういう基準をコマーシャルをつくっている人たちにコマーシャルの事例集とともに差し上げまして、民放の考査、基準、番組審議の同じような立場でコマーシャルをつくっていただきたいということを特にお願いいたしまして、これが着々と実を結ぶのではないかという期待を持っております。
 細かいことはまた別に申し上げるとして、いままでこの三十年間、民放は番組につきましては相当努力を重ねてきておりまして、徐々によくなりつつあるとは思いますが、特にこれからのニューメディアとの関連を考えますと、市民社会が要求している情報、これが急速に技術の進歩と同時に拡大するわけではなくて、やはり徐々に拡大していくわけでございます。それに対して、技術進歩が非常に進んでまいりますと、媒体の拡大と視聴者の要求の拡大がアンバランスになってくる。そうしますと、媒体が必要以上にふえますと、既設の媒体はそれだけ一個一個の媒体の価値が下がってくるわけでございますから、それを補うためには、やはり番組の質だとか放送というスポンサーから見た商品価値、そういうものを上げていかなければならないわけでございます。やはりこの努力が番組面に関連してまいりますので、ニューメディアを取り入れる際の政府の考え方にも、十分番組にもかかわりがあるということをお考えいただきまして、ニューメディアの取り入れ方についても十分お考えいただきたいと思います。
 ただいまは、媒体がふえますと、マスコミの独占排除という意味で、一つの媒体がふえますと新しい経営者にそれを渡したい、既設の業者には二重には渡さないというようなことがずっとなされておりますけれども、経営の基盤が違っているだけでやはり同じ放送という立場でのNHKには多くの媒体が重複して与えられていますが、マスコミの独占の弊害よりも放送の進歩という面のメリットの方がいいということで、そういうことがなされていると思います。民放といえども、三十年の歴史を持ったりっぱなマスコミ媒体、そういうものには複数の媒体を与えても、メリットこそあれデメリットはないんじゃないか、そういうことによって、媒体がふえることによる媒体の価値低減を救い、かつ視聴者のためになる内容のある放送がそれによって確保されるのではないかという面もあることを十分お考えいただきまして、今後のニューメディアの取り入れ方につきましても御配慮をいただきたいというのが私の希望でございます。
 一応最初の意見といたしましては、そういうことで締めくくらしていただきます。
#6
○加藤小委員長 次に、藤村参考人にお願いいたします。
#7
○藤村参考人 藤村でございます。
 私はきょう、二十年の女優生活の中で、初めての役柄、逓信委員会での参考人という聞いたこともない役柄をいただきまして、いささか戸惑っておりますけれども、日ごろ私の俳優としての仕事を通じまして、また一視聴者としての立場から、テレビに感じておりますことなどを率直に申し述べさせていただきたいと思います。
 私ども俳優にとりましては、舞台も映画もテレビもあるいはラジオも、それぞれが真剣勝負の場でございます。どれに手を抜くかとか、どれに力を入れるかというようなことはございませんけれども、それでも多くの俳優さんに、もしもその中で何が一番仕事をしたという充実感を与えられるかという問いをかけましたら、その筆頭にテレビだと答える人は少ないと思います。
 それは、テレビしか知らない、つまりテレビっ子と申しますか、そのジャンルしか知らない俳優さんは別といたしまして、舞台なり映画なりほかの仕事を経てきてテレビをやっている者にとりまして、果たしてテレビが一番俳優としての充実感を得られるかということになりますと、いささか疑問がございます。
 ですけれども、ほとんどの俳優さんは、いまその生活の収入源というものはテレビに負っていることが多いのです。それからまた新人の登竜部門といたしましても、映画よりも舞台よりもテレビの恩恵にあずかることが多いのです。
 たとえば、たまたま私、今回NHKのテレビ小説に出ておりますが、NHKの朝のテレビ小説あるいは大河ドラマ、それからTBSのお昼のポーラテレビ小説、そういったものでは、新人が大きくその場で育っていくという、そういう私ども俳優にとりましてはテレビの恩恵にあずかることは多いのですけれども、もう一つ何かむなしさを感じることが多いのは、結局、一つはその制作現場に原因があると思うのですね。
 NHKの場合は下請ということはございませんけれども、民放の場合にはいまほとんどが民放じきじきのドラマの制作というものはなくなっておりまして、下請会社さらにその下請会社に行っているというのが現実だと思います。そういたしますと、一番経済的にも時間的にも厳しい条件に置かれますのはその制作現場でございまして、幾らゆとりを持った良心的なテレビ番組をつくりたいと思っても、時間もない、お金もないというような現場で、流れ作業にならざるを得ないという現実を、私も何度か経験しております。もちろん、スタッフも出演者も一生懸命なのですけれども、視聴率競争という前では、そういう厳しい現実の中で、お金と時間がないという中で、本当に不本意にもインスタント的なつくり方がされているということがたくさんございます。
 ですから、そういったことで、やはり私どもの仕事というのは、決して何か機械がベルトコンベヤーに乗せられてつくられていくというようなことではなくて、感性の仕事ですから、私ども俳優としてのその役柄を演じるときに、何か心の高まりというか、役柄に近づいていく過程というものが大変大切なのに、それがどんどんせかされて、もうテスト一回、本番一回というようなことがほとんどでございます。そういった中では、これでいいのかなということをほとんどの俳優さんが考えていると思いますけれども、私どもテレビをつくる、俳優の一人としてその一端を担っているわけですけれども、テレビの制作ということに関して、制作側も出演者の私どもも、やはりここでもっと厳しい仕事の選択をしなければならないのではないか、そういうふうに考えております。
 それで、たとえば皆様ももうお気づきかと思いますが、二時間ドラマが大変はんらんしてまいりまして、年間三百本つくられるということになります。そうしますと、それはもう即企画の貧困につながるわけでございます。果たして、サスペンスが当たったからといって、どこの局もどこの局も軒並み二時間のサスペンスを出していく、そういうことがいいのかどうか。柳の下のドジョウをねらうという傾向がテレビ局には大変多いのですけれども、私は、いまの世の中が、サスペンスがいけないとは申しませんけれども、何となく物質ばかりが優先して心がぎすぎすしている世の中にあって、せめてドラマの中で何か人の心に訴えるようなヒューマンな感動と申しますか、やはり人間が生きていくすばらしさ、人間のやさしさみたいなもので皆さん方に感動を与えられるようなドラマがもっとつくられていいのではないかと思っております。そういった意味で、私ども俳優としても、技術の向上の努力をするばかりでなく、自分自身の人間の修行ということも含めまして豊かな人間性を身につけていかなければいけないのではないかと思っております。
 それから、私、たまたま昨年NHKの視聴者会議の東京のメンバーの一人に、これも初めての役柄でさせられまして、いろいろなジャンルの方々と一つのテーマについて、NHKの会長さん初め幹部の皆様方と討論会をいたしましたのですけれども、その中で感じましたことは、やはりテレビというのは受け手の職業とか生活環境によってずいぶん個人差があるのですね。送り手と受け手のギャップはどうしようもないということがわかったのですけれども、それでも、先ほど小野参考人も申し上げましたように、いろいろな意味で意識が少しずつ変わりつつあるという現実もそのとおりかと思いますけれども、やはりテレビというものが私どもの生活の中に不可欠のものであるとしたならば、その人にとって一番テレビから何を得たいかということの問題が大変大切だと思います。
 ただ、いろいろなジャンルの方々と話し合って、共通していたことは、テレビの速報性、つまりニュースの重大性ということではやはり皆さん同じような意見を持っていらっしゃいました。テレビを大きく分けますと、報道と娯楽という大きな二つの柱に分けられるかと思いますけれども、報道番組においても、最近は民放もNHKも本当に力を入れていると思いますけれども、ただ大きな事件を報道するだけではなく、先ほども申し上げましたように、私どもの生活に身近に直結した情報、つまり生活情報といいますけれども、そういったものがきめ細かに送られてくるということが大変私どもは望んでいることで、たとえば天気予報がすっかり定着いたしましたと同じように、私どもの身の回りで、たとえば車の免許を持っている人が四千五百万人にももう達しているということ、そういう交通事故の恐ろしさを伝える方法としてもテレビが大いに力になってほしいと思いますし、それから、物価問題あるいはエネルギー問題一つにいたしましても、生活情報として私どもに必要な情報は、これからもきめ細かに末長くテレビ局側からは送っていただきたいと思います。
 それと、結局テレビというのは、その社会的な影響力の大きさを思いますと、制作者側が視聴者に迎合するだけではなくて、意向を酌み取ることはもちろん大切ですけれども、やはり何か世の中のイニシアチブをとっていくというか、世の中をいい意味で変えていくというような見識、それはNHKはNHKなりの見識、あるいは民放は民放なりの見識で努力をしていらっしゃることはわかりますけれども、さらにその努力を進めて、世の中のイニシアチブをとっていくというようなお気持ちで番組をつくっていただきたいと思います。
 それから、きょうは議員の先生方が皆さんおそろいですけれども、テレビの活用の仕方をもう少し、たとえば、国会とつまり私ども庶民の生活との結びつきの一つの大きな活用の場としてのテレビの使い方というのが、何かもっとほかにあるような気がいたしますし、その点は議員の皆様方にもお考えいただいて、政治と私どもの生活が常に強い結びつきのもとで行われていくように、そんな場にもテレビの活用ということが考えられるのではないかなと考えております。
 どうも失礼いたしました。
#8
○加藤小委員長 以上で参考人からの意見の開陳は終わりました。
 これから懇談に入ります。
    〔午前十時二十六分懇談に入る〕
    〔午後零時十五分懇談を終わる〕
#9
○加藤小委員長 これで懇談を終わりたいと思います。
 小野、泉、藤村、三氏の参考人が、時間たっぷりというか、もう時間をオーバーするまで貴重な御意見を述べていただいて、まことにありがとうございます。厚く、心から各参考人に対しまして御礼を申し上げます。
 これにて散会いたします。
    午後零時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト