くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 文教委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十六年十二月二十一日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
のとおりである。
   委員長 三ツ林弥太郎君
   理事 谷川 和穗君 理事 中村喜四郎君
   理事 三塚  博君 理事 嶋崎  譲君
   理事 馬場  昇君 理事 有島 重武君
   理事 和田 耕作君
      青木 正久君    石橋 一弥君
      臼井日出男君    浦野 烋興君
      狩野 明男君    久保田円次君
      鯨岡 兵輔君    高村 正彦君
      田中 六助君    西岡 武夫君
      野上  徹君    長谷川 峻君
      船田  元君    木島喜兵衞君
      中西 積介君    長谷川正三君
      湯山  勇君    鍛冶  清君
      三浦  隆君    栗田  翠君
      山原健二郎君    河野 洋平君
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 三ツ林弥太郎君委員長辞任につき、その補欠と
 して青木正久君が議院において、委員長に選任
 された。
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十二日(火曜日)
    午後一時二分開議
 出席委員
   委員長 青木 正久君
   理事 石橋 一弥君 理事 中村喜四郎君
   理事 三塚  博君 理事 嶋崎  譲君
   理事 馬場  昇君 理事 有島 重武君
   理事 和田 耕作君
      臼井日出男君    久保田円次君
      鯨岡 兵輔君    高村 正彦君
      野上  徹君    船田  元君
      渡辺 栄一君    木島喜兵衞君
      長谷川正三君    湯山  勇君
      鍛冶  清君    三浦  隆君
      栗田  翠君    山原健二郎君
      河野 洋平君
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 小川 平二君
 出席政府委員
        文部政務次官  玉生 孝久君
        文部大臣官房長 鈴木  勲君
        文部省初等中等
        教育局長    三角 哲生君
        文部省大学局長 宮地 貫一君
        文部省学術国際
        局長      松浦泰次郎君
        文部省社会教育
        局長      別府  哲君
        文部省体育局長 高石 邦男君
        文部省管理局長 柳川 覺治君
        文化庁長官   佐野文一郎君
        文化庁次長   山中 昌裕君
 委員外の出席者
        文教委員会調査
        室長      中嶋 米夫君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十一日
 辞任         補欠選任
  田中 六助君     赤城 宗徳君
 三ツ林弥太郎君     渡辺 栄一君
同月二十二日
 理事森喜朗君同月十八日委員辞任につき、その
 補欠として石橋一弥君が理事に当選した。
同日
 理事谷川和穗君同日理事辞任につき、その補欠
 として西岡武夫君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 児童生徒急増地域に係る公立の小学校、中学校
 及び高等学校の施設の整備に関する特別措置法
 案(長谷川正三君外三名提出、第九十三回国会
 衆法第一号)
 学校教育法等の一部を改正する法律案(中西績
 介君外四名提出、第九十四回国会衆法第二号)
 学校教育法の一部を改正する法律案(中西積介
 君外四名提出、第九十四回国会衆法第七号)
 公立の障害児教育諸学校の学級編制及び教職員
 定数の標準等に関する法律案(馬場昇君外四名
 提出、第九十四回国会衆法第一一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○青木委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、当文教委員会の委員長に就任いたしました。
 教育は、申すまでもなく、人づくり、国づくりの基本であり、国家並びに民族にとりまして国家百年の大計とも言うべき国の大事業であります。
 御承知のとおり、わが国の教育は、先人各位の努力により、現に国際的にも高い水準にあると言われております。
 しかしながら、今日、たとえば、深刻な社会問題となっている校内暴力問題を初めとして種々の問題が山積し、その解決が待たれていることは、御案内のとおりでございます。
 教育の問題は、国民全体の問題であり、その解決のためには、教育関係者はもとより、広く国民一人一人の理解と協力が必要不可欠であります。
 私としても、委員各位とともに、当委員会の使命を全うするため微力を尽くし、もって国民の負託にこたえたいと考える次第であります。
 つきましては、委員会の運営に当たっては、常に公正、円滑な運営を図るべく最善の努力を傾注する決意でありますので、委員各位の御協力と御鞭撻をお願い申し上げます。
 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○青木委員長 次に、理事の辞任の件並びに理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 初めに、理事の辞任の件についてお諮りいたします。
 理事谷川和穗君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○青木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 引き続き、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの谷川和穗君の理事の辞任並びに去る十八日理事森喜朗君の委員辞任に伴いまして、現在理事が二名欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○青木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 それでは、理事に
      石橋 一弥君 及び 西岡武夫君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○青木委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 すなわち
 文教行政の基本施策に関する事項
 学校教育に関する事項
 社会教育に関する事一項
 体育に関する事項
 学術研究及び宗教に関する事項
 国際文化交流に関する事項
 文化財保護に関する事項
以上の各事項につきまして、本会期中、国政に関する調査を行うため、議長に対し、国政調査承認要求を行うこととし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○青木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#8
○青木委員長 この際、文部大臣小川平二君及び文部政務次官玉生孝久君から発言を求められておりますので、順次これを許します。小川文部大臣。
#9
○小川国務大臣 このたび文部大臣に就任いたしました小川平二でございます。
 私は、文教の問題は、いつの時代においても国家百年の大計であり、国政の基本となるものと確信しております。微力ではございますけれども、わが国の教育、学術、文化の振興に全力を傾注する決意でおります。
 当委員会の御審議の趣旨を体して文教行政を進めてまいるつもりでございますので、委員長並びに委員の皆様方の御指導、御協力を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#10
○青木委員長 次に、玉生文部政務次官。
#11
○玉生政府委員 このたび文部政務次官に就任いたしました玉生孝久でございます。
 私は、文教行政という国政の根幹にかかわる重大な問題に携わることになり、身の引き締まる思いがいたしております。微力ではございますが、大臣をよく補佐し、全力を尽くして教育、学術、文化の振興に取り組んでまいる決意でありますので、委員長並びに委員の皆様方の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#12
○青木委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時七分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト