くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第096回国会 地方行政委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十六年十二月二十一日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
のとおりである。
   委員長 左藤  恵君
   理事 工藤  巖君 理事 中山 利生君
   理事 安田 貴六君 理事 佐藤 敬治君
   理事 松本 幸男君 理事 大橋 敏雄君
   理事 青山  丘君
      池田  淳君    臼井日出男君
      小澤  潔君    片岡 清一君
      北川 石松君    久間 章生君
      久野 忠治君    塩谷 一夫君
      地崎宇三郎君    中村 弘海君
      西岡 武夫君    細田 吉藏君
      宮下 創平君    五十嵐広三君
      小川 省吾君    加藤 万吉君
      細谷 治嘉君    石田幸四郎君
      部谷 孝之君    岩佐 恵美君
      三谷 秀治君    田島  衞君
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 左藤恵君委員長辞任につき、その補欠として中
 山利生君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年十二月二十三日(水曜日)
    午前十一時一分開議
 出席委員
   委員長 中山 利生君
   理事 工藤  巖君 理事 染谷  誠君
   理事 宮下 創平君 理事 安田 貴六君
   理事 佐藤 敬治君 理事 松本 幸男君
   理事 大橋 敏雄君 理事 青山  丘君
      池田  淳君    臼井日出男君
      片岡 清一君    北川 石松君
      久間 章生君    左藤  恵君
      地崎宇三郎君    中村 弘海君
      五十嵐広三君    小川 省吾君
      細谷 治嘉君    部谷 孝之君
      岩佐 恵美君    三谷 秀治君
      田島  衞君
 出席国務大臣
        自 治 大 臣
        国家公安委員会
        委員長     世耕 政隆君
 出席政府委員
        警察庁長官官房
        長       金澤 昭雄君
        自治政務次官  谷  洋一君
        自治大臣官房長 石原 信雄君
        自治省行政局長 砂子田 隆君
        自治省税務局長 関根 則之君
        消防庁長官   石見 隆三君
        消防庁次長   鹿児島重治君
 委員外の出席者
        地方行政委員会
        調査室長    岡田 純夫君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十一日
 辞任         補欠選任
  細田 吉藏君     染谷  誠君
同月二十三日
 辞任         補欠選任
  久間 章生君     江崎 真澄君
  西岡 武夫君     川崎 二郎君
同日
 理事石川要三君同月二日委員辞任につき、その
 補欠として宮下創平君が理事に当選した。
同日
 理事中山利生君同月二十一日委員長就任につき、
 その補欠として染谷誠君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月二十一日
 地方公営交通事業特別措置法案(細谷治嘉君外
 六名提出、第九十四回国会衆法第二四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○中山委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が地方行政委員長の重責を担うことになりました。
 委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営を図ってまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○中山委員長 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 現在理事が二名欠員になっております。その補欠選任につきましては、先例によりまして、委員長において指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○中山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 それでは、理事に
      染谷  誠君 及び 宮下 創平君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○中山委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 すなわち、本会期中、地方行政の実情を調査し、その健全なる発展に資するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により
 一、地方自治に関する事項
 二、地方財政に関する事項
 三、警察に関する事項
 四、消防に関する事項
以上の各事項について、国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対して承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○中山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#7
○中山委員長 この際、世耕国務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。世耕国務大臣。
#8
○世耕国務大臣 このたび自治大臣、国家公安委員会委員長を命ぜられました世耕政隆でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 委員各位には、かねてより地方自治行政及び警察行政に格別の御尽力を賜っており、初めに厚くお礼を申し上げる次第でございます。
 申し上げるまでもなく、地方自治は民主主義の基盤をなすものでございますが、最近の地方自治行政を取り巻く環境にはきわめて厳しいものがございます。当面する問題といたしましても、国、地方を通ずる行政の簡素効率化、地方分権の推進、地方財政の確立、地方公務員行政の充実、選挙制度の改革、消防防災体制の整備強化等、数多くの課題を抱えているのでございます。
 私は、自治大臣として、これらの問題の解決のため、委員各位の御協力を得て、最大限の努力を傾注してまいる所存でございます。
 次に、警察が担当する治安維持は、国家の基盤をなすものであり、一たん治安が乱れるとその復元は容易ではございません。
 私は、国家公安委員会委員長として、全力を尽くし、公正にして民主的な警察の運営に努める決意でございます。
 警察としては、当面、殺人事件等重要事件の捜査、暴力団の組織壊滅のための取り締まり、市民の間に広がりを見せる覚せい剤の取り締まり、校内暴力を初めとする少年非行の防止、極左や右翼によるテロの防遏、増加傾向にある交通事故の防止等について、最大の努力を傾注しなければならないと考えております。
 また、最近の社会情勢の変化には予測を超えるものがあり、警察は、こうした変化に適切に対応し得る体制を常に充実整備することが肝要であり、この点につきましても、鋭意努力してまいる所存でございます。
 今後とも、何とぞ委員各位の格別の御指導、御協力を心からお願い申し上げる次第でございます。(拍手)
#9
○中山委員長 次に、谷自治政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。谷自治政務次官。
#10
○谷政府委員 このたびの内閣改造に当たりまして、はからずも自治政務次官を拝命いたしました谷洋一でございます。
 当委員会は、国民生活の基盤である地方自治に関しまして、いろいろな施策を御審議願う最も重要な委員会と心得ております。
 委員各位におかせられましては、多年にわたる御経験と深い学識のもとに、地方自治振興のために御尽瘁いただき、まことにありがたく存じております。
 私も、地方行政に関しましては格別の関心を持っておったわけでございますが、何分の浅学非才でございますので、これからは委員各位の御指導、御鞭撻のもとに、自治政務次官の大任を果たしたいと思っております。
 今後よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#11
○中山委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時七分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト