くにさくロゴ
1981/11/26 第95回国会 参議院 参議院会議録情報 第095回国会 文教委員会 第8号
姉妹サイト
 
1981/11/26 第95回国会 参議院

参議院会議録情報 第095回国会 文教委員会 第8号

#1
第095回国会 文教委員会 第8号
昭和五十六年十一月二十六日(木曜日)
   午後二時八分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         片山 正英君
    理 事
                大島 友治君
                世耕 政隆君
                小野  明君
                佐藤 昭夫君
    委 員
                山東 昭子君
                田沢 智治君
                仲川 幸男君
                松浦  功君
                藤田  進君
                宮之原貞光君
                本岡 昭次君
                柏原 ヤス君
                高木健太郎君
                小西 博行君
   国務大臣
       文 部 大 臣  田中 龍夫君
   政府委員
       文部大臣官房長  鈴木  勲君
       文部省体育局長  高石 邦男君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        瀧  嘉衛君
   参考人
       日本学校給食会
       常務理事     月本通彦君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○参考人の出席要求に関する件
○日本学校健康会法案(第九十三回国会内閣提出、
 第九十四回国会衆議院送付)(継続案件)
○学校災害の防止と学校災害補償法の制定に関す
 る請願(第七号外二件)
○幼稚園の増設と教育内容改善等に関する請願
 (第二〇号外二件)
○私学助成の大幅増額等に関する請願(第三六号
 外三件)
○学校教育における教科内容に関する請願(第七
 三号)
○大幅私学助成に関する請願(第一一四号外一三
 件)
○私学に対する公費助成の大幅増額等に関する請
 願(第一九六号)
○私学に対する公費助成の大幅増額と地方私学の
 振興に関する請願(第三四二号)
○私学の学費値上げ抑制等に関する請願(第五三
 四号)
○学校災害補償法制定に関する請願(第六九〇号
 外三件)
○学校給食業務・清掃業務の直営化等に関する請
 願(第八二八号外二件)
○平城京・西市跡の保存に関する請願(第八七七
 号)
○私学の学費値上げ抑制・大幅私学助成等に関す
 る請願(第八九四号外三件)
○私学の学費値上げ抑制・私学助成の拡大に関す
 る請願(第八九七号外二四件)
○私学の学費値上げ抑制、私学助成削減反対等に
 関する請願(第九七二号外三件)
○統一協会による合同結婚をさせないこと等のた
 めの措置に関する請願(第一〇六八号外二件)
○障害児学校教職員の定数・身分・権利・労働条
 件の改善に関する請願(第一三六三号外三件)
○教育の充実に関する請願(第一四七二号外一件
 )
○学術奨励研究員の拡大等に関する請願(第一四
 七三号外三件)
○学費値上げ・私学助成削減反対等に関する請願
 (第一六一四号)
○大学教員の定数増員等に関する請願(第一六一
 五号)
○私学の学費値上げ抑制、教育研究の発展に関す
 る請願(第一九九一号外一件)
○著作権法第三十条改正、貸レコード阻止に関す
 る請願(第一九九二号外一七件)
○中学校の英語授業時数に関する請願(第二〇七
 一号外一一件)
○私立大学に対する国庫助成の削減反対等に関す
 る請願(第二一九四号)
○学生寮の充実・発展に関する請願(第二二七九
 号)
○アイヌウタリに対する施策拡充に関する請願
 (第二四七五号)
○継続審査要求に関する件
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(片山正英君) ただいまから文教委員会を開会いたします。
 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 日本学校健康会法案の審査のため、本日、日本学校給食会常務理事月本通彦君を参考人として出席を求めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(片山正英君) 次に、日本学校健康会法案を議題とし、質疑を行います。
 質疑のある方は順次御発言願います。
#5
○宮之原貞光君 参考人の一人は異議ないのですが、いま一人の方はどうされたのですか、理由を明確に言ってくださいよ。
#6
○委員長(片山正英君) 私から御説明をいたします。
 御要求がありました参考人は月本参考人と浅野検査主幹でございましたが、浅野主幹は、現在学校給食用食品特別検査――これは学校給食用食品に使用されている食品添加物の実態調査でございますが、それを行っておるわけでございます。そして、このデータの解析を今週中に終わらせないと次の作業の保存科の検査がおくれて支障が生じる、ぜひとも今週中にこれを解明しなければならないと、こういうことの緊急課題がいま課せられているわけでございます。したがいまして、その統括をいたしておりまする月本常務にお願いをしたいと、こういうことでございます。
#7
○宮之原貞光君 それは納得できませんね、私は。というのは、月本常務が添加物やいろんな化学的なものまで答弁できればいざ知らずですよ、私が質問を用意しておるのは、やはり添加物、それとそれに絡むところのいろんな問題点があるわけですから、そこのところを実際検査を預かっておるところの皆さんから、責任者からお聞きしたいんですよ、これは、だから、何もきのうきょう私は要求しておるんじゃないですよ。二十日の日に委員部を通じて、お二人をぜひ二十六日質問があるので来ていただきたい、こういう要求を申し上げておるんです。一週間前にですよ。それを大事な給食会に絡むところの法案があるのに、御自分の仕事が忙しいから出られぬというのは私は納得できませんね、いかに理事会であろうと。質問できぬじゃありませんか、そんなら。どうするんですか、その質問を。
#8
○委員長(片山正英君) ちょっと速記をとめてください。
   〔速記中止〕
#9
○委員長(片山正英君) 速記を起こしてください。
 暫時休憩いたします。
   午後二時十八分休憩
     ―――――・―――――
   午後二時三十分開会
#10
○委員長(片山正英君) ただいまから文教委員会を再開いたします。
 これより請願の審査を行います。
 第七号学校災害の防止と学校災害補償法の制定に関する請願外百十八件を議題といたします。
 速記をとめてください。
   〔速記中止〕
#11
○委員長(片山正英君) 速記を起こしてください。
 第三六号私学助成の大幅増額等に関する請願外五十三件は、議院の会議に付するを要するものにして内閣に送付するを要するものとし、第七号学校災害の防止と学校災害補償法の制定に関する請願外六十四件は保留と決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(片山正英君) 継続審査要求に関する件についてお諮りいたします。
 日本学校健康会法案、小野明君外一名発議に係る義務教育諸学校等の女子教育職員及び医療施設、社会福祉施設等の看護婦、保母等の育児休業に関する法律の一部を改正する法律案、粕谷照美君外一名発議に係る義務教育諸学校等の女子教育職員及び医療施設、社会福祉施設等の看護婦、保母等の育児休業に関する法律の一部を改正する法律案、勝又武一君外一名発議に係る女子教育職員の出産に際しての補助教職員の確保に関する法律の一部を改正する法律案及び勝又武一君外一名発議に係る学校教育法及び教育職員免許法の一部を改正する法律案の五法案につきましては、閉会中もなお審査を継続することとし、五法案の継続審査要求書を議長に提出したいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#17
○委員長(片山正英君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 教育、文化及び学術に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出したいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(片山正英君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時三十八分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト