くにさくロゴ
1980/12/22 第94回国会 参議院 参議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第1号
姉妹サイト
 
1980/12/22 第94回国会 参議院

参議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第1号

#1
第094回国会 議院運営委員会 第1号
昭和五十五年十二月二十二日(月曜日)
   午前九時四十二分開会
    ―――――――――――――
  委員氏名
    委員長         桧垣徳太郎君
    理 事         遠藤  要君
    理 事         戸塚 進也君
    理 事         真鍋 賢二君
    理 事         片岡 勝治君
    理 事         小谷  守君
    理 事         三木 忠雄君
    理 事         佐藤 昭夫君
    理 事         栗林 卓司君
                江島  淳君
                梶原  清君
                上條 勝久君
                川原新次郎君
                関口 恵造君
                高木 正明君
                前田 勲男君
                松浦  功君
                松尾 官平君
                村上 正邦君
                高杉 廸忠君
                村田 秀三君
                矢田部 理君
                塩出 啓典君
                中尾 辰義君
                山中 郁子君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         桧垣徳太郎君
    理 事
                遠藤  要君
                戸塚 進也君
                真鍋 賢二君
                片岡 勝治君
                小谷  守君
                三木 忠雄君
                佐藤 昭夫君
                栗林 卓司君
    委 員
                江島  淳君
                梶原  清君
                上條 勝久君
                川原新次郎君
                関口 恵造君
                高木 正明君
                前田 勲男君
                松浦  功君
                松尾 官平君
                村上 正邦君
                塩出 啓典君
                山中 郁子君
   委員以外の議員
       議     員  山田  勇君
        ―――――
       議     長  徳永 正利君
       副  議  長  秋山 長造君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  植木 正張君
       事 務 次 長  前川  清君
       議 事 部 長  指宿 清秀君
       委 員 部 長  有吉 良介君
       記 録 部 長  宮崎 義夫君
       警 務 部 長  榊山 次勇君
       庶 務 部 長  江上七夫介君
       管 理 部 長  佐橋 宣雄君
       渉 外 部 長  栗山  明君
        ―――――
       事 務 総 長  前川  清君
       事 務 次 長  指宿 清秀君
       議事部長心得   辻  啓明君
       庶 務 部 長  佐橋 宣雄君
       管 理 部 長  佐伯 英明君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○故議員藤井丙午君に対する弔詞贈呈に関する件
○議事協議員選任の件
○小委員会に関する件
○調査承認要求の取り扱いに関する件
○事務総長の辞任及び補欠選任の件
○前事務総長辞任のあいさつ並びに議院運営委員
 長の謝辞
○事務総長就任のあいさつ
○特別委員会に関する件
○常任委員会専門員任用の件
○外国派遣議員の報告に関する件
○年末年始の自然休会中における本委員会所管事
 項の取り扱いに関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(桧垣徳太郎君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、故議員藤井丙午君に対する弔詞贈呈に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#3
○事務総長(植木正張君) 議員藤井丙午君には、去る十二月十四日、急性心不全のため、東京女子医科大学病院において逝去されました。謹んで御報告いたします。
 本委員会の理事会におきましては、協議の結果、お手元にお配りしてあります案文の弔詞を贈呈することに決定いたした次第でございます。
 なお、本日の本会議において行われます哀悼演説は、文教委員長降矢敬義君にお願いいたすことになっております。
#4
○委員長(桧垣徳太郎君) 本件につきましては、ただいま事務総長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、議事協議員選任の件を議題といたします。
 議事協議員十人の会派割り当てにつき理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおりとすることに意見が一致いたしました。
 右、理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 割り当て会派から議事協議員といたしましてお手元の資料のとおりの推薦がございます。
 割り当て会派推薦のとおり議事協議員を選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、小委員会に関する件を議題といたします。
 本件につき理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり庶務関係小委員会及び図書館運営小委員会を設置することに意見が一致いたしました。
 右、理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 次に、小委員といたしまして割り当て会派からお手元の資料のとおり推薦がございました。
 割り当て会派推薦のとおり小委員を選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 次に、両小委員会の小委員長の選任を行います、
 選任は、これを委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認めます、
 それでは、庶務関係小委員長に上條勝久君を、図書館運営小委員長に村田秀三君を、それぞれ指名いたします。
 なお、今後の議事協議員及び小委員の辞任の許可及び補欠選任の取り扱いにつきましては、便宜、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、調査承認要求の取り扱いに関する件についてお諮りいたします。
 常任委員長から調査承認要求書が提出されました場合には、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#16
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、事務総長の辞任及び補欠選任の件を議題といたします。
 本日、議長の手元に、事務総長植木正張君から、一身上の都合により辞任いたしたい旨の辞任願が提出されました。
 議長におかれましては、この際、植木事務総長の辞任を許可し、その後任として、現事務次長の前川清君を選任したいとの御意向でございます。
 議長の御意向のとおり了承することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十五分休憩
     ―――――・―――――
   午後三時十一分開会
#18
○委員長(桧垣徳太郎君) 議院運営委員会を再開いたします。
 植木前事務総長からごあいさつがございます。植木前事務総長。(拍手)
#19
○前事務総長(植木正張君) お許しをいただきまして一言ごあいさつを申し上げます。
 先ほどお許しを得まして事務総長の職を退任いたしました。
 五十二年の八月に事務総長に選任されましてから、浅学非才の身ではございましたが、曲がりなりにも事務総長の職を果たすことのできましたのは、議長、副議長、当委員会の委員長、理事、委員各位の格別の御指導と御支援のたまものでございます。ここに厚く御礼を申し上げます。
 これからの参議院のますますの隆盛と、皆様方の御健康と御活躍を心からお祈り申し上げまして、退任のごあいさつといたします。
 まことにありがとうございました。(拍手)
#20
○委員長(桧垣徳太郎君) この際、議院運営委員会を代表して植木前事務総長に対し一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 植木君は、文字どおり、その半生を議院事務局にあって、議会政治の発展のためにささげてこられました。特に、去る五十二年、与野党一致の推挙により事務総長の要職につかれましてからは、院の事務の中枢にあって、豊かな経験と誠実なお人柄によって議長、副議長を補佐され、院の円滑な運営のために遺憾なくその使命を果たしてこられました。
 ここに、植木君の今日までの御功績に対しまして深甚なる敬意を表しますとともに、長年の御尽力に対しまして心から感謝の意を表します。
 今後とも、御自愛の上、ますます御発展されるよう祈念いたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#21
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、前川事務総長からごあいさつがございます。前川事務総長。(拍手)
#22
○事務総長(前川清君) お許しをいただきまして一言ごあいさつ申し上げます。
 植木総長の退任の後を受けまして、先ほどの本会議におきまして、皆様方の御推挙により、事務総長に選任されました、これはひとえに議長初め皆様方の御配慮のたまものと厚くお礼申し上げます。改めてその責任の重大さを痛感いたしている次第でございます。この上はますます職務に精励いたしまして、職責を果たしたいと念願いたしております。
 つきましては、今後とも皆様におかれましては、一層の御指導、御鞭撻あるいは御叱正のほどを賜りたくお願い申し上げまして、ごあいさつにかえる次第でございます。
 よろしくお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#23
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、特別委員会に関する件を議題といたします。本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、とりあえず、災害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十人から成る災害対策特別委員会を設置することとし、その各会派に対する割り当ては、自由民主党・自由国民会議十一人、日本社会党四人、公明党・国民会議二人、日本共産党、民社党・国民連合及び第二院クラブおのおの一人とすることに意見が一致いたしました。
 右、理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#24
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#25
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、常任委員会専門員任用の件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#26
○事務総長(前川清君) 逓信委員会調査室長専門員栗生澤喜典君から、来る十二月二十六日をもって満六十五歳に達するため、これを機に辞任いたしたいとの申し出がございました。
 後任といたしまして、福間逓信委員長から、逓信委員会調査室主任調査員酒井繁次君を推薦する旨のお申し出に接しております。
 同君の履歴はお手元にお配りしてあるとおりでございますが、この際、同君を専門員に任命することについて御承認をお願いいたしたいと存じます。
#27
○委員長(桧垣徳太郎君) 本件につきましては、ただいま事務総長説明のとおり、これを承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#29
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、外国派遣議員の報告に関する件についてお諮りいたします。
 本年、列国議会同盟会議への出席及び諸外国の政治経済事情等調査のため、海外に派遣されました議員団から、それぞれ報告書が提出されました。これらの報告書は、本委員会の会議録に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#31
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、年末年始の自然休会中における本委員会所管事項の取り扱いに関する件についてお諮りいたします。
 本件につきましては、先例にならい、その処理を委員長または小委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#32
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後三時十七分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト