くにさくロゴ
1980/04/02 第94回国会 参議院 参議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第10号
姉妹サイト
 
1980/04/02 第94回国会 参議院

参議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第10号

#1
第094回国会 議院運営委員会 第10号
昭和五十六年四月二日(木曜日)
   午後五時四十五分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 四月一日
    辞任         補欠選任
     小野  明君     対馬 孝且君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         桧垣徳太郎君
    理 事
                遠藤  要君
                戸塚 進也君
                真鍋 賢二君
                片岡 勝治君
                小山 一平君
                三木 忠雄君
                神谷信之助君
                栗林 卓司君
    委 員
                江島  淳君
                上條 勝久君
                川原新次郎君
                高木 正明君
                藤井 孝男君
                前田 勲男君
                松浦  功君
                松尾 官平君
                村上 正邦君
                吉田 正雄君
                山中 郁子君
   委員以外の議員
       議     員  江田 五月君
       議     員  山田  勇君
        ―――――
       議     長  徳永 正利君
       副  議  長  秋山 長造君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  前川  清君
       事 務 次 長  指宿 清秀君
       議事部長心得   辻  啓明君
       委 員 部 長  有吉 良介君
       記 録 部 長  宮崎 義夫君
       警 務 部 長  榊山 次勇君
       庶 務 部 長  佐橋 宣雄君
       管 理 部 長  佐伯 英明君
       渉 外 部 長  栗山  明君
   国立国会図書館側
       館     長  岸田  實君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○小委員長の補欠選任の件
○国会議員互助年金法の一部を改正する法律案
 (衆議院提出)
○国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
 の一部を改正する法律案(衆議院提出)
○議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程
 の一部改正に関する件
○参議院事務局職員定員規程の一部改正に関する
 件
○国立国会図書館組織規程の一部改正について承
 認を求めるの件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(桧垣徳太郎君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、図書館運営小委員長の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い同小委員長が欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。
 選任は、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認めます。
    ―――――――――――――
 それでは、図書館運営小委員長に対馬孝且君を指名いたします。
#4
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、国会議員互助年金法の一部を改正する法律案及び国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案を一括して議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#5
○事務総長(前川清君) それでは、便宜私から御説明申し上げます。
 まず、国会議員互助年金法の一部を改正する法律案でございますが、これは、昭和四十九年三月二十一日以前に退職した国会議員等に給する互助年金について、基礎歳費月額を本年四月一日から現行の五十八万円を六十万円に引き上げた額に改定し、あわせて、普通退職年金受給者のうち、年金額が二百四十万円以上で、かつ前年の互助年金外所得が六百六十万円を超えるときは、その年金年額と互助年金外所得との合計額、すなわち九百万円を超えた金額の二割を互助年金から停止しようとするものでありまして、その支給年額は二百四十万円を下ることなく、その停止年額は年金年額の二割を超えないこととする、いわゆる高額所得による停止の措置を昭和五十七年七月から適用しようとするものであります。
 次に、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案でございますが、これは、永年在職表彰議員特別交通費について、本年四月から五万円引き上げて月額二十五万円に改めようとするものであります。
#6
○委員長(桧垣徳太郎君) 別に御発言もなければ、両案の採決を行います。
 両案に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(桧垣徳太郎君) 多数と認めます。よって、両案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#10
○事務総長(前川清君) 本件は、本年四月から、証人等の出頭した日の日当について、陳述に要した時間が四時間未満の場合は四百円引き上げて一万二千円に、四時間以上の場合は五百円引き上げて一万四千五百円に改めようとするものであります。
#11
○委員長(桧垣徳太郎君) 別に御発言もなければ、本件につきましては、ただいま事務総長説明のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#13
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、参議院事務局職員定員規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#14
○事務総長(前川清君) 本件は、参議院事務局職員の定員を新たに一人増員し、千二百七十人に改めようとするものでございます。
 今改正による増員分は、特別委員会調査室の充実強化に充てるための要員でございます。
#15
○委員長(桧垣徳太郎君) 別に御発言もなければ、本件につきましては、ただいま事務総長説明のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#17
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、国立国会図書館組織規程の一部改正について承認を求めるの件を議題といたします。
 国立国会図書館長の説明を求めます。
#18
○国立国会図書館長(岸田實君) 国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程について御説明申し上げます。
 国立国会図書館では、調査及び立法考査局の充実を図るため、国立国会図書館組織規程を改正して、昭和五十六年度から、同局に主任調査員を置くことといたしております。
 主任調査員には、同局の所掌する調査業務のうち重要な事項の企画及び調整に参画し、並びに調査業務の一部を総括整理し、または重要な事項の調査に当たらせることといたしております。
 本組織規程の改正につきましては、国立国会図書館法第五条第二項の規定の定めるところにより、事前に、時宜によっては事後に、議院運営委員会の御承認を得なければならないものとされておりますので、ここに議院運営委員会の事前の御承認をお願いする次第でございます。
 よろしく御審議のほどお願いいたします。
#19
○委員長(桧垣徳太郎君) 別に御発言もなければ、本件に対し承認を与えることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後五時五十分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト