くにさくロゴ
1980/06/04 第94回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第094回国会 災害対策特別委員会 第9号
姉妹サイト
 
1980/06/04 第94回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第094回国会 災害対策特別委員会 第9号

#1
第094回国会 災害対策特別委員会 第9号
昭和五十六年六月四日(木曜日)
    午前十時三十三分開議
 出席委員
   委員長 木島喜兵衞君
   理事 佐藤  隆君 理事 渡辺 秀央君
   理事 池端 清一君 理事 藤田 高敏君
   理事 薮仲 義彦君 理事 横手 文雄君
      逢沢 英雄君    内海 英男君
      工藤  巖君    桜井  新君
      笹山 登生君    田村 良平君
      高橋 辰夫君    近岡理一郎君
      津島 雄二君    東家 嘉幸君
      中山 利生君    羽田  孜君
      福島 譲二君    阿部未喜男君
      伊賀 定盛君    福岡 義登君
      渡辺 三郎君    岡本 富夫君
      栗田  翠君    林  百郎君
      田島  衞君
 出席政府委員
        国土庁長官官房
        審議官     柴田 啓次君
        農林水産大臣官
        房審議官    矢崎 市朗君
 委員外の出席者
        国土庁長官官房
        防災企画課長  城野 好樹君
    ―――――――――――――
五月二十九日
 豪雪対策の強化に関する請願(栗田翠君紹介)
 (第五六〇八号)
 同(寺前巖君紹介)(第五六〇九号)
 同(林百郎君紹介)(第五六一〇号)
同月三十日
 豪雪対策の強化に関する請願(栗田翠君紹介)
 (第五八九〇号)
 同(瀬崎博義君紹介)(第五八九一号)
 同(寺前巖君紹介)(第五八九二号)
 同(林百郎君紹介)(第五八九三号)
 同(蓑輪幸代君紹介)(第五八九四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 五月下旬の異常低温被害について説明聴取
     ――――◇―――――
#2
○木島委員長 これより会議を開きます。
 災害対策に関する件について調査を進めます。
 この際、五月下旬の異常低温被害について、政府から説明を聴取いたします。農林水産省矢崎審議官。
#3
○矢崎(市)政府委員 日本上空の偏西風が南北に蛇行して流れ、それに伴って寒気団がオホーツク海、中国東北部に南下し、北日本を中心に寒気が流入したため、五月中旬の後半から全国的に気温が低目に経過しており、特に五月二十九日から三十日にかけては道東に降雪を、また、五月三十一日朝には北関東にこの時期としては記録的な晩霜をもたらしました。
 このような気象の状況によりまして、北日本を中心として農作物等に被害が発生しており、現在被害状況の把握を急いでいるところでありますが、これまでに都道府県から報告があったところによりますと、福島県、群馬県など東北、北関東地域を中心として桑、野菜等の農作物に被害が発生しております。また、北海道の宗谷管内等において放牧中の乳牛に死亡等の被害が発生しております。
 農林水産省としては、このような状況に対処するため、かねてから、技術指導を行い、農作物の被害の防止、軽減に努めてきたところでございますが、引き続きその徹底を図るとともに、今後とも気象情報を迅速、的確に把握し、気象変動に即応した技術対策の指導に万全を期するほか、共済金の早期支払い等、被害の状況に応じた適切な対応をいたしてまいりたいと考えております。
#4
○木島委員長 これにて説明は終わりました。
     ――――◇―――――
#5
○木島委員長 次に、御報告申し上げます。
 本委員会に付託になりました請願は十件であります。
 各請願の取り扱いにつきましては、先ほどの理事会において協議いたしましたとおり、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、さよう御了承願います。
 なお、本委員会に参考のため送付されました陳情書は、豪雪地帯対策特別措置法の延長等に関する陳情書外八件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#6
○木島委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 先ほどの理事会におきまして協議いたしましたとおり、災害対策に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、お諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になりました場合、本会期中に設置いたしました災害対策の基本問題に関する小委員会につきましては、閉会中も引き続き存置することにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、小委員及び小委員長は従前どおりとし、その辞任の許可及び補欠選任等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中、委員会及び小委員会において、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合は、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、それぞれ委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、審査のため委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、派遣委員の氏名、人数、派遣地、期間、その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○木島委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト