くにさくロゴ
1980/03/27 第94回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第15号
姉妹サイト
 
1980/03/27 第94回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第094回国会 議院運営委員会 第15号

#1
第094回国会 議院運営委員会 第15号
昭和五十六年三月二十七日(金曜日)
    午後零時二分開議
 出席委員
   委員長 山下 元利君
   理事 森  美秀君 理事 小沢 一郎君
   理事 加藤 紘一君 理事 玉沢徳一郎君
   理事 玉生 孝久君 理事 山口 鶴男君
   理事 広瀬 秀吉君 理事 山田 太郎君
   理事 西田 八郎君
      上草 義輝君    狩野 明男君
      鹿野 道彦君    北口  博君
      北村 義和君    桜井  新君
      野上  徹君    保利 耕輔君
      川本 敏美君    渡部 行雄君
      東中 光雄君    田島  衞君
 委員外の出席者
        議     長 福田  一君
        副  議  長 岡田 春夫君
        事 務 総 長 荒尾 正浩君
       国立国会図書館長 岸田  實君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月二十七日
 辞任         補欠選任
  小里 貞利君     上草 義輝君
  高橋 辰夫君     桜井  新君
  甘利  正君     田島  衞君
同日
 辞任         補欠選任
  上草 義輝君     小里 貞利君
  桜井  新君     高橋 辰夫君
  田島  衞君     甘利  正君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 国会議員互助年金法の一部を改正する法律案起
 草の件
 国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
 の一部を改正する法律案起草の件
 議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程
 の一部改正の件
 国立国会図書館組織規程の一部改正の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山下委員長 これより会議を開きます。
 まず、本日大蔵委員会の審査を終了する予定の関税暫定措置法の一部を改正する法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○山下委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出に係る住宅・都市整備公団法案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、右案の趣旨説明は、斉藤建設大臣が行います。
 右の趣旨説明に対し、日本社会党の小野信一君から、質疑の通告があります。
 質疑時間は、十五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
#7
○山下委員長 次に、国会議員互助年金法の一部改正の件、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正の件、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正の件についてでありますが、順次事務総長の説明を求めます。
    ―――――――――――――
 国会議員互助年金法の一部を改正する法律案
 国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案
 議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部を改正する規程案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○荒尾事務総長 国会議員互助年金法の一部を改正する法律案外二件について御説明申し上げます。
 まず、国会議員互助年金法の一部改正の件でありますが、これは、昭和四十九年三月三十一日以前に退職した国会議員等に給する互助年金について、基礎歳費月額五十八万円を、本年四月から、犬十万円に引き上げた額に改定し、あわせて普通退職年金について、前年の互助年金外所得が六百六十万円を超えるときは、その年金年額と互助年金外所得との合計額の九百万円を超える金額の二割を停止しようとするものでありまして、その支給年額は、二百四十万円(月額二十万円)を下ることなく、その停止年額は、年金年額の二割を超えないこととするいわゆる高額所得による停止の措置を昭和五十七年七月分から行おうとするものであります。
 次に、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正の件でありますが、これは、永年在職表彰議員特別交通費について、本年四月から、五万円引き上げて二十五万円に改定しようとするものであります。
 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正の件でありますが、これは、証人等の出頭した日の日当について、本年四月から、陳述に要した時間が四時間未満の場合は四百円引き上げて一万二千円に、四時間以上の場合は五百円引き上げて一万四千五百円に改定しようとするものであります。
 以上でございます。
#9
○山下委員長 それでは、国会議員互助年金法の一部改正の件、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正の件の両件につきましては、お手元に配付の案を委員会の成案と決定し、これを委員会提出の法律案とするに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#10
○山下委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案のとおり改正すべきものと議長に答申するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#12
○山下委員長 次に、国立国会図書館組織規程の一部改正の件についてでありますが、岸田図書館長の説明を求めます。
    ―――――――――――――
 国立国会図書館組織規程の一部を改正する規程案
   〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#13
○岸田国立国会図書館長 国立国会図書館組織規程の一部改正の件について御説明申し上げまけ。
 国立国会図書館では、調査及び立法考査局の充実を図るため、国立国会図書館組織規程を改正して、昭和五十六年度から、調査及び立法考査局に主任調査員を置くことといたします。
 主任調査員には、調査及び立法考査局の所掌する調査業務のうち重要な事項の企画及び調整に参画し、並びに調査業務の一部を総括整理し、または重要な事項の調査に当たらせることといたしております。
 本組織規程の改正につきましては、国立国会図書館法第五条第二項の規定の定めるところにより、事前に、時宜によっては事後に、議院運営委員会の御承認を経なければならないこととされておりますので、ここに議院運営委員会の事前の御承認をお願いする次第でございます。
 よろしく御審議のほどお願いいたします。
#14
○山下委員長 それでは、国立国会図書館組織規程の一部改正の件につきましては、これを承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#16
○山下委員長 次に、ただいま本委員会提出とするに決定いたしました国会議員互助年金法の一部を改正する法律案、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#18
○山下委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#19
○荒尾事務総長 まず最初に、関税暫定措置法の一部を改正する法律案を、動議によりまして、緊急上程いたします。綿貫大蔵委員長の報告がございます。共産党が反対であります。
 次に、ただいま御決定になりました議院運営委員長提出の国会議員互助年金法の一部を改正する法律案及び国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案の両案を、動議によりまして、緊急上程いたします。森庶務小委員長の趣旨弁明がございます。両案を一括して採決いたします。共産党が反対であります。
 次に、住宅・都市整備公団法案につきまして、斉藤建設大臣の趣旨の説明がございます。これに対しまして、社会党の小野信一さんから質疑が行われます。
 以上であります。
#20
○山下委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#21
○山下委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る三十一日火曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時九分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト