くにさくロゴ
1980/05/28 第94回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第094回国会 社会労働委員会 第17号
姉妹サイト
 
1980/05/28 第94回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第094回国会 社会労働委員会 第17号

#1
第094回国会 社会労働委員会 第17号
昭和五十六年五月二十八日(木曜日)
    午前十時三十一分開議
 出席委員
   委員長 山下 徳夫君
   理事 今井  勇君 理事 戸井田三郎君
   理事 戸沢 政方君 理事 湯川  宏君
   理事 田口 一男君 理事 森井 忠良君
  理事 平石磨作太郎君 理事 米沢  隆君
      小沢 辰男君    太田 誠一君
      鴨田利太郎君    木野 晴夫君
      熊川 次男君    小坂徳三郎君
      竹内 黎一君    友納 武人君
      中尾 栄一君    中野 四郎君
      長野 祐也君    葉梨 信行君
      八田 貞義君    浜田卓二郎君
      池端 清一君    金子 みつ君
      川本 敏美君    佐藤  誼君
      永井 孝信君    大橋 敏雄君
      浦井  洋君    小沢 和秋君
      石原健太郎君    菅  直人君
 出席国務大臣
        厚 生 大 臣 村山 達雄君
 出席政府委員
        厚生大臣官房審
        議官      金田 伸二君
        厚生省公衆衛生
        局長      大谷 藤郎君
        厚生省環境衛生
        局長      榊  孝悌君
        厚生省児童家庭
        局長      金田 一郎君
 委員外の出席者
        社会労働委員会
        調査室長    河村 次郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
五月二十七日
 辞任         補欠選任
  佐藤  誼君     長谷川正三君
  大橋 敏雄君     草川 昭三君
同日
 辞任         補欠選任
  長谷川正三君     佐藤  誼君
  草川 昭三君     大橋 敏雄君
同月二十八日
 辞任         補欠選任
  丹羽 雄哉君     太田 誠一君
  船田  元君     鴨田利太郎君
  牧野 隆守君     熊川 次男君
同日
 辞任         補欠選任
  太田 誠一君     丹羽 雄哉君
  鴨田利太郎君     船田  元君
  熊川 次男君     牧野 隆守君
    ―――――――――――――
五月二十七日
 老人医療有料化反対、老人医療制度改善等に関
 する請願(田口一男君紹介)(第五一六四号)
 同(浦井洋君紹介)(第五二二三号)
 同(小沢和秋君紹介)(第五二二四号)
 同(金子満広君紹介)(第五二二五号)
 同(松本善明君紹介)(第五二二六号)
 同外二件(森井忠良君紹介)(第五二二七号)
 身体障害者の雇用促進に関する請願(岡田利春
 君紹介)(第五一六五号)
 同(石田博英君紹介)(第五二九〇号)
 難治性肝炎患者の発生予防体制確立等に関する
 請願(田口一男君紹介)(第五一六六号)
 同(森井忠良君紹介)(第五二三六号)
 乳児院における職員の労働条件改善等に関する
 請願(村上弘君紹介)(第五二〇二号)
 無認可障害者作業所の助成に関する請願(石原
 健太郎君紹介)(第五二〇三号)
 健康保険、老人医療、公費医療制度の改悪反対
 等に関する請願(藤原ひろ子君紹介)(第五二
 〇四号)
 昭和五十七年度の保育予算増額等に関する請願
 (榊利夫君紹介)(第五二〇五号)
 同(寺前巖君紹介)(第五二〇六号)
 同(藤原ひろ子君紹介)(第五二〇七号)
 同(蓑輪幸代君紹介)(第五二〇八号)
 同(村上弘君紹介)(第五二〇九号)
 同(渡辺貢君紹介)(第五二一〇号)
 同(三谷秀治君紹介)(第五二一一号)
 原子爆弾被爆者等の援護法の制定に関する請願
 (安藤巖君紹介)(第五二一二号)
 同(浦井洋君紹介)(第五二一三号)
 同(栗田翠君紹介)(第五二一四号)
 同(小林政子君紹介)(第五二一五号)
 同(榊利夫君紹介)(第五二一六号)
 同(林百郎君紹介)(第五二一七号)
 同(不破哲三君紹介)(第五二一八号)
 同(松本善明君紹介)(第五二一九号)
 同(三浦久君紹介)(第五二二〇号)
 障害児・者の社会生活、社会発展への全面参加
 と平等実現に関する請願(小沢和秋君紹介)(
 第五二二一号)
 療術の制度化促進に関する請願(森井忠良君紹
 介)(第五二二二号)
 同外四件(江藤隆美君紹介)(第五二七六号)
 同外八件(根本龍太郎君紹介)(第五二七七
 号)
 同(牧野隆守君紹介)(第五二七八号)
 原子爆弾被爆者等の援護法制定に関する請願
 (金子満広君紹介)(第五二二八号)
 同(中島武敏君紹介)(第五二二九号)
 公的無年金者となった重度身体障害者の救済等
 に関する請願(森井忠良君紹介)(第五二三〇
 号)
 同(奥田敬和君紹介)(第五二七九号)
 労働者災害補償保険法の改善に関する請願(森
 井忠良君紹介)(第五二三一号)
 同(奥田敬和君紹介)(第五二八〇号)
 身体障害者に対する福祉行政に関する請願(森
 井忠良君紹介)(第五二三二号)
 同(奥田敬和君紹介)(第五二八一号)
 医療労働者の増員、准看護婦制度の廃止等に関
 する請願(森井忠良君紹介)(第五二三三号)
 障害者の所得保障制度確立に関する請願(浦井
 洋君紹介)(第五二三四号)
 障害者の雇用、福祉拡充等に関する請願(三谷
 秀治君紹介)(第五二三五号)
 重度戦傷病者及び家族の援護に関する請願(石
 川要三君紹介)(第五二八二号)
 同(宇野宗佑君紹介)(第五二八三号)
 同(加藤常太郎君紹介)(第五二八四号)
 同(唐沢俊二郎君紹介)(第五二八五号)
 同(関谷勝嗣君紹介)(第五二八六号)
 同(地崎宇三郎君紹介)(第五二八七号)
 同(羽田野忠文君紹介)(第五二八八号)
 同(原田憲君紹介)(第五二八九号)
 身体障害者福祉法の対象範囲拡大等に関する請
 願外一件(戸沢政方君紹介)(第五二九一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 厚生関係の基本施策に関する件
 公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律
 案起草の件
 調理師法の一部を改正する法律案起草の件
 児童福祉法の一部を改正する法律案起草の件
 ベビーホテル対策に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山下委員長 これより会議を開きます。
 厚生関係の基本施策に関する件について調査を進めます。
 公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律案、調理師法の一部を改正する法律案及び児童福祉法の一部を改正する法律案、右三法律案の起草の件について議事を進めます。
 本件につきましては、先般来各会派間において御協議いただき、意見の一致を見ましたので、委員長においてそれぞれ草案を作成し、委員各位のお手元に配付いたしてございます。
 まず、公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律案の起草案の趣旨及び内容につきまして、御説明申し上げます。
 本案は、公衆浴場が著しく減少しつつある状況にかんがみ、公衆浴場についての特別の措置を講ずるよう努めることにより、住民の利用の機会の確保を図り、もって公衆衛生の向上等に寄与しようとするもので、その主な内容は次のとおりであります。
 第一に、国及び地方公共団体は、公衆浴場の経営の安定を図る等必要な措置を講ずることにより、住民の公衆浴場の利用の機会の確保に努めなければならないものとすること。
 第二に、環境衛生金融公庫または沖繩振興開発金融公庫は、公衆浴場を経営する者に対し、その公衆浴場の施設または設備の設置または整備に要する資金を貸し付ける場合には、通常の条件よりも有利な条件で貸し付けるように努めるものとすること。
 第三に、国または地方公共団体は、公衆浴場の確保を図るため必要と認める場合には、所要の助成その他必要な措置を講ずるよう努めるものとすること。
 以上が、本起草案の趣旨及び内容であります。
#3
○山下委員長 採決いたします。
 お手元に配付いたしてあります草案を公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律案の成案とし、これを委員会提出の法律案と決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○山下委員長 起立総員。よって、さよう決しました。
    ―――――――――――――
#5
○山下委員長 次に、調理師法の一部を改正する法律案の起草案の趣旨及び内容につきまして、御説明申し上げます。
 本案は、近年における生活水準の向上や食生活の多様化等に伴ういわゆる外食依存の増大等により、多数人に食事を提供する施設においての調理に関する業務の質的向上等を図ろうとするもので、その主な内容は次のとおりであります。
 第一に、集団給食施設または飲食店等においては、その設置者または営業者は、施設ごとに調理師を置くように努めなければならないこととすること。
 第二に、厚生大臣は、調理師の資質の向上を図るため、調理の技術に関する審査を行うことができることとし、その事務を厚生大臣が指定する団体に委託することができることとすること。
 以上が、本起草案の趣旨及び内容であります。
#6
○山下委員長 採決いたします。
 お手元に配付いたしております草案を調理師法の一部を改正する法律案の成案とし、これを委員会提出の法律案と決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#7
○山下委員長 起立総員。よって、さよう決しました。
    ―――――――――――――
#8
○山下委員長 次に、児童福祉法の一部を改正する法律案の起草案の趣旨及び内容につきまして、御説明申し上げます。
 本案は、近年ベビーホテルと呼ばれる無認可の保育施設が大都市を中心に全国的に増加しており、これらの中には安全面や保育内容等について問題のあるものが見られることにかんがみ、これに対する規制の強化を図ろうとするもので、その主な内容は次のとおりであります。
 第一に、厚生大臣及び都道府県知事に、無認可の児童福祉施設に対する報告徴収及び立入調査の権限を与えることとすること。
 第二に、厚生大臣は、都道府県知事と同様に無認可児童福祉施設に対して事業の停止または施設の閉鎖を命ずることができることとすること。
 第三に、報告徴収、立入調査を拒んだ者等に対して罰則を設けるとともに、関連する罰金の規定の整備を行うこと。
 第四に、この法律は、公布の日から起算して十日を経過した日から施行すること。
 以上が、本起草案の趣旨及び内容であります。
#9
○山下委員長 採決いたします。
 お手元に配付いたしております草案を児童福祉法の一部を改正する法律案の成案とし、これを委員会提出の法律案と決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#10
○山下委員長 起立総員。よって、さよう決しました。
 ただいま委員会提出法律案と決しました各法律案につきましては、委員長において所要の提出手続をとることといたします。
     ――――◇―――――
#11
○山下委員長 この際、戸井田三郎君外六名より、自由民主党、日本社会党、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党、新自由クラブ及び社会民主連合七派共同提案に係るベビーホテル対策に関する件について決議されたいとの動議が提出されております。
 本動議を議題といたします。
 提出者より趣旨の説明を聴取いたします。戸井田三郎君。
#12
○戸井田委員 私は、自由民主党、日本社会党、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党、新自由クラブ及び社会民主連合を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。
 案文を朗読して説明にかえさせていただきます。
    ベビーホテル対策に関する件(案)
  近年、夜間保育、宿泊を伴う保育、児童の一時預り等を行うベビーホテルが大都市を中心に増加しており、その安全面や児童の処遇等について問題点が指摘されている。このようなベビーホテルが増加してきた背景としては、婦人の就労の増加、就労形態の多様化等に伴う保育需要の多様化の問題がある。
  児童福祉の観点からは、劣悪なベビーホテルに対する規制を強化することが緊急に必要であるが、規制と併せて保育需要の多様化に対応した保育所の受入体制の整備、乳児院等の活用、さらに広範に育児環境の整備を図ることが必要である。
  よって政府は、次の事項について配慮すべきである。
 一 乳幼児の安全を確保するため、無認可保育施設に対する指導指針を定め、指導、監督を実施すること。
 二 ベビーホテルに二十四時間、かつ、長期間入所している児童については、乳児院又は養護施設に入所し得るように措置手続の簡素化等を図ること。
 三 都市部でモデル的に夜間保育を実施すること。
 四 通勤時間の延長等に対処するため、大都市及びその周辺部において、地域配置を考慮して保育所を選定し、保育時間を午前七時から午後七時程度まで延長すること。
 五 ベビーホテル発生の原因となっている諸問題に対処するため、育児休業制度等働く母親の育児環境の改善、保育所への年度途中入所の円滑化、乳児保育を中心とする小規模保育所の設置促進を今後の検討課題とすること。
  右決議する。
以上であります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。(拍手)
#13
○山下委員長 これにて趣旨説明は終わりました。
 採決いたします。
 本動議に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#14
○山下委員長 起立総員。よって、戸井田三郎君外六名提出の動議のごとく決議することに決しました。
 ただいまの決議に対し、厚生大臣から発言を求められておりますので、これを許します。村山厚生大臣。
#15
○村山国務大臣 ただいまの御決議につきましては、その趣旨を尊重し、所要の措置を講ずべく努力してまいる所存でございます。
#16
○山下委員長 なお、本決議の議長に対する報告及び関係方面への参考送付等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時四十分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト