くにさくロゴ
1980/06/05 第94回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第094回国会 内閣委員会 第15号
姉妹サイト
 
1980/06/05 第94回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第094回国会 内閣委員会 第15号

#1
第094回国会 内閣委員会 第15号
昭和五十六年六月五日(金曜日)委員会におい
て、次のとおり小委員及び小委員長を選任した。
 恩給等に関する小委員
      愛野興一郎君    狩野 明男君
      亀井 善之君    川崎 二郎君
      田名部匡省君    竹中 修一君
      塚原 俊平君    岩垂寿喜男君
      渡部 行雄君    市川 雄一君
      小沢 貞孝君    榊  利夫君
      阿部 昭吾君
 恩給等に関する小委員長    愛野興一郎君
―――――――――――――――――――――
昭和五十六年六月五日(金曜日)
    午後零時三十五分開議
 出席委員
   委員長 江藤 隆美君
  理事 愛野興一郎君 理事 稻村左近四郎君
   理事 染谷  誠君 理事 塚原 俊平君
   理事 岩垂寿喜男君 理事 上田 卓三君
   理事 鈴切 康雄君 理事 神田  厚君
      有馬 元治君    今枝 敬雄君
      上草 義輝君    狩野 明男君
      亀井 善之君    川崎 二郎君
      木野 晴夫君    熊川 次男君
      倉成  正君    田名部匡省君
      竹中 修一君    宮崎 茂一君
      上原 康助君    角屋堅次郎君
      矢山 有作君    渡部 行雄君
      市川 雄一君    小沢 貞孝君
      榊  利夫君    東中 光雄君
      阿部 昭吾君    楢崎弥之助君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (行政管理庁長
        官)      中曽根康弘君
 出席政府委員
        内閣総理大臣官
        房同和対策室長 小島 弘仲君
        内閣総理大臣官
        房総務審議官  和田 善一君
        行政管理庁行政
        管理局長    佐倉  尚君
委員外の出席者
       議     員 稻村左近四郎君
        内閣委員会調査
        室長      山口  一君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月二日
 辞任         補欠選任
  粕谷  茂君     松永  光君
  川崎 二郎君     牧野 隆守君
同日
 辞任         補欠選任
  牧野 隆守君     川崎 二郎君
  松永  光君     粕谷  茂君
同月三日
 辞任         補欠選任
  市川 雄一君     沖本 泰幸君
同日
 辞任         補欠選任
  沖本 泰幸君     市川 雄一君
同月五日
 辞任         補欠選任
  小渡 三郎君     今枝 敬雄君
  亀井 善之君     熊川 次男君
  中路 雅弘君     東中 光雄君
  楢崎弥之助君     阿部 昭吾君
同日
 辞任         補欠選任
  今枝 敬雄君     小渡 三郎君
  熊川 次男君     亀井 善之君
  東中 光雄君     中路 雅弘君
  阿部 昭吾君     楢崎弥之助君
    ―――――――――――――
五月二十七日
 公務員の退職手当削減反対等に関する請願(小
 川省吾君紹介)(第五一五三号)
 同(岡田利春君紹介)(第五一五四号)
 同(田中伊三次君紹介)(第五一五五号)
 同(塚田庄平君紹介)(第五一五六号)
 同(伊藤茂君紹介)(第五一八一号)
 同(勝間田清一君紹介)(第五一八二号)
 同(小林政子君紹介)(第五一八三号)
 同(寺前巖君紹介)(第五一八四号)
 同(藤原ひろ子君紹介)(第五一八五号)
 国家公務員の退職金削減、定年制導入反対に関
 する請願(安藤巌君紹介)(第五一六九号)
 同(岩佐恵美君紹介)(第五一七〇号)
 同(浦井洋君紹介)(第五一七一号)
 同(栗田翠君紹介)(第五一七二号)
 同(小林政子君紹介)(第五一七三号)
 同(佐藤敬治君紹介)(第五一七四号)
 同(榊利夫君紹介)(第五一七五号)
 同(瀬崎博義君紹介)(第五一七六号)
 同(寺前巖君紹介)(第五一七七号)
 同(細谷治嘉君紹介)(第五一七八号)
 同(三谷秀治君紹介)(第五一七九号)
 同(渡辺貢君紹介)(第五一八〇号)
 同(松本善明君紹介)(第五二四一号)
 旧治安維持法等による犠牲者の賠償に関する請
 願(勝間田清一君紹介)(第五一八六号)
 重度重複戦傷病者に対する恩給の不均衡是正に
 関する請願(田名部匡省君紹介)(第五二四二
 号)
 傷病恩給等の改善に関する請願(逢沢英雄君紹
 介)(第五二四三号)
 同外四件(唐沢俊二郎君紹介)(第五二四四
 号)
 同(関谷勝嗣君紹介)(第五二四五号)
 同(地崎宇三郎君紹介)(第五二四六号)
 同(原田憲君紹介)(第五二四七号)
同月二十八日
 国家公務員の退職金削減、定年制導入反対に関
 する請願(田中恒利君紹介)(第五二九六号)
 同外一件(土井たか子君紹介)(第五二九七
 号)
 同(堀昌雄君紹介)(第五二九八号)
 同(前川旦君紹介)(第五二九九号)
 同(渡部行雄君紹介)(第五三八五号)
 同(戸田菊雄君紹介)(第五四四七号)
 公務員の退職手当削減反対等に関する請願外一
 件(井岡大治君紹介)(第五三〇〇号)
 同(上田哲君紹介)(第五三〇一号)
 同(枝村要作君紹介)(第五三〇二号)
 同(小野信一君紹介)(第五三〇三号)
 同(角屋堅次郎君紹介)(第五三〇四号)
 同(木島喜兵衞君紹介)(第五三〇五号)
 同(土井たか子君紹介)(第五三〇六号)
 同(福岡義登君紹介)(第五三〇七号)
 同(山花貞夫君紹介)(第五三〇八号)
 同(小川国彦君紹介)(第五三七九号)
 同(川本敏美君紹介)(第五三八〇号)
 同外一件(串原義直君紹介)(第五三八一号)
 同(馬場昇君紹介)(第五三八二号)
 同(野口幸一君紹介)(第五三八三号)
 同(平林剛君紹介)(第五三八四号)
 同外一件(阿部未喜男君紹介)(第五四四八
 号)
 同外一件(飛鳥田一雄君紹介)(第五四四九
 号)
 同(石橋政嗣君紹介)(第五四五〇号)
 同(大原亨君紹介)(第五四五一号)
 同(金子みつ君紹介)(第五四五二号)
 同(長谷川正三君紹介)(第五四五三号)
 同(日野市朗君紹介)(第五四五四号)
 旧治安維持法等による犠牲者の賠償に関する請
 願(山花貞夫君紹介)(第五三〇九号)
 傷病恩給等の改善に関する請願外一件(櫻内義
 雄君紹介)(第五三七三号)
 同(中西啓介君紹介)(第五三七四号)
 同外一件(細田吉蔵君紹介)(第五三七五号)
 同(河野洋平君紹介)(第五三七六号)
 同(石川要三君紹介)(第五三七七号)
 同(森田一君紹介)(第五三七八号)
 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願(渡辺美
 智雄君紹介)(第五四四六号)
同月二十九日
 非核三原則の法制化等に関する請願(中路雅弘
 君紹介)(第五五三〇号)
 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願(園田直
 君紹介)(第五五三一号)
 傷病恩給等の改善に関する請願(島村宜伸君紹
 介)(第五五三二号)
同月三十日
 徴兵制復活、軍備拡張反対等に関する請願(四
 ツ谷光子君紹介)(第五六一五号)
 国家公務員の賃金引き上げ等に関する請願(米
 田東吾君紹介)(第五六一六号)
 旧勲黄叙賜者の名誉回復に関する請願(田中昭
 二君紹介)(第五六一七号)
 重度重複戦傷病者に対する恩給の不均衡是正に
 関する請願(渡部行雄君紹介)(第五六一八
 号)
 傷病恩給等の改善に関する請願(有馬元治君紹
 介)(第五六一九号)
 同(池田行彦君紹介)(第五六二〇号)
 同(小此木彦三郎君紹介)(第五六二一号)
 公務員の退職手当削減反対等に関する請願外一
 件(五十嵐広三君紹介)(第五六二二号)
 同(井上一成君紹介)(第五六二三号)
 同(稲葉誠一君紹介)(第五六二四号)
 同(大出俊君紹介)(第五六二五号)
 同(北山愛郎君紹介)(第五六二六号)
 同(久保等君紹介)(第五六二七号)
 同(永井孝信君紹介)(第五六二八号)
 同(野坂浩賢君紹介)(第五六二九号)
 旧治安維持法等による犠牲者の賠償に関する請
 願(稲葉誠一君紹介)(第五六三〇号)
六月一日
 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願外一件
 (浅井美幸君紹介)(第六一五四号)
 同(有島重武君紹介)(第六一五五号)
 同(石田幸四郎君紹介)(第六一五六号)
 同(市川雄一君紹介)(第六一五七号)
 同(大久保直彦君紹介)(第六一五八号)
 同(北側義一君紹介)(第六一五九号)
 同(柴田弘君紹介)(第六一六〇号)
 同(正木良明君紹介)(第六一六一号)
 同(渡部一郎君紹介)(第六一六二号)
 同(吉浦忠治君紹介)(第六一六三号)
 非核三原則の法制化等に関する請願(草野威君
 紹介)(第六一六四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
六月一日
 靖国神社公式参拝に関する陳情書外二件(高梁
 市議会議長藤野英夫外二名)(第三〇三号)
 同和対策事業特別措置法の期限延長等に伴う附
 帯決議の早期実現に関する陳情書外十八件(豊
 岡市議会議長谷山麻雄外十八名)(第三〇四
 号)
 旧軍人・軍属恩給欠格者に対する恩給法等の改
 善に関する陳情書(徳島県議会議長北島一)(
 第三〇五号)
 国家公務員の退職金削減、定年制導入反対に関
 する陳情書外二十五件(静岡市追手町九の五〇
 全労働省労働組合静岡支部静岡基準分会代表四
 ノ宮寿三郎外二十五名)(第三〇六号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 小委員会設置並びに小委員及び小委員長選任の
 件
 閉会中審査に関する件
 適用対象の消滅等による法律の廃止及び行政事
 務の簡素合理化に伴う関係法律の整理に関する
 法律案(内閣提出第六一号)
 派遣委員からの報告聴取
 請 願
   一 国家公務員の週休二日制早期実施等
     に関する請願(河上民雄君紹介)(第
     六三号)
   二 同(横山利秋君紹介)(第一〇三号)
   三 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(松本善明君紹介)(第
     九七号)
   四 同(佐藤孝行君紹介)(第二〇五号)
   五 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(松本
     善明君紹介)(第一〇〇号)
   六 同(佐藤孝行君紹介)(第二三〇号)
   七 同(田中恒利君紹介)(第二三一号)
   八 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(松本善明君紹介)(第一〇一号)
   九 同(佐藤孝行君紹介)(第二二九号)
  一〇 国家公務員等退職手当法の改悪反対
     に関する請願(土井たか子君紹介)
     (第一〇二号)
  一一 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(赤城宗徳君紹介)(第
     二八六号)
  一二 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(赤城
     宗徳君紹介)(第二八七号)
  一三 同(玉生孝久君紹介)(第二八八号)
  一四 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(赤城宗徳君紹介)(第二八九号)
  一五 同(玉生孝久君紹介)(第二九〇号)
  一六 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(愛野興一郎君紹介)(第三四七
     号)
  一七 同(白浜仁吉君紹介)(第三四八号)
  一八 靖国神社公式参拝に関する請願(赤
     城宗徳君紹介)(第三八六号)
  一九 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(田中伊三次君紹介)(第四一二
     号)
  二〇 同(後藤田正晴君紹介)(第四七八
     号)
  二一 同(工藤巖君紹介)(第五一〇号)
  二二 同(森喜朗君紹介)(第五一一号)
  二三 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(五十嵐広三君紹介)
     (第四一三号)
  二四 同(三枝三郎君紹介)(第四一四号)
  二五 同(安井吉典君紹介)(第四一五号)
  二六 同(横路孝弘君紹介)(第四一六号)
  二七 同(岡田利春君紹介)(第四五八号)
  二八 同(安田貴六君紹介)(第四五九号)
  二九 同(川田正則君紹介)(第四七九号)
  三〇 同(玉生孝久君紹介)(第四八〇号)
  三一 同外二件(戸井田三郎君紹介)(第四
     八九号)
  三二 同(木村俊夫君紹介)(第五〇四号)
  三三 同(佐野嘉吉君紹介)(第五〇五号)
  三四 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(五十
     嵐広三君紹介)(第四一七号)
  三五 同(三枝三郎君紹介)(第四一八号)
  三六 同(安井吉典君紹介)(第四一九号)
  三七 同(横路孝弘君紹介)(第四二〇号)
  三八 同(岡田利春君紹介)(第四六〇号)
  三九 同(安田貴六君紹介)(第四六一号)
  四〇 同(川田正則君紹介)(第四八一号)
  四一 同外二件(戸井田三郎君紹介)(第四
     九〇号)
  四二 同(木村俊夫君紹介)(第五〇六号)
  四三 同(佐野嘉吉君紹介)(第五〇七号)
  四四 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(五十嵐広三君紹介)(第四二一
     号)
  四五 同(三枝三郎君紹介)(第四二二号)
  四六 同(安井吉典君紹介)(第四二三号)
  四七 同(横路孝弘君紹介)(第四二四号)
  四八 同(岡田利春君紹介)(第四六二号)
  四九 同(安田貴六君紹介)(第四六三号)
  五〇 同(川田正則君紹介)(第四八二号)
  五一 同外二件(戸井田三郎君紹介)(第四
     九一号)
  五二 同(木村俊夫君紹介)(第五〇八号)
  五三 同(佐野嘉吉君紹介)(第五〇九号)
  五四 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(佐々木義武君紹介)(第四六四
     号)
  五五 同(原田昇左右君紹介)(第四六五
     号)
  五六 旧中華航空株式会社従業員を恩給法
     による外国特殊機関職員として指定
     に関する請願(足立篤郎君紹介)(第
     四九三号)
  五七 同(稲村利幸君紹介)(第五一二号)
  五八 防衛費の増額中止等に関する請願
     (伏木和雄君紹介)(第四九四号)
  五九 戦後ソ連強制抑留者の実態調査に関
     する請願(橋本龍太郎君紹介)(第五
     二二号)
  六〇 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改
     定に関する請願(阿部助哉君紹介)
     (第五二三号)
  六一 同(青山丘君紹介)(第五二四号)
  六二 同(小川省吾君紹介)(第五二五号)
  六三 同(小渕恵三君紹介)(第五二六号)
  六四 同(春日一幸君紹介)(第五二七号)
  六五 同(金子みつ君紹介)(第五二八号)
  六六 同(田邊誠君外一名紹介)(第五二九
     号)
  六七 同(川俣健二郎君紹介)(第五三〇
     号)
  六八 同(川本敏美君紹介)(第五三一号)
  六九 同(菅直人君紹介)(第五三二号)
  七〇 同(木間章君紹介)(第五三三号)
  七一 同(小林進君紹介)(第五三四号)
  七二 同(近藤豊君紹介)(第五三五号)
  七三 同(佐藤観樹君紹介)(第五三六号)
  七四 同(沢田広君紹介)(第五三七号)
  七五 同(島田琢郎君紹介)(第五三八号)
  七六 同(城地豊司君紹介)(第五三九号)
  七七 同(関晴正君紹介)(第五四〇号)
  七八 同(田口一男君紹介)(第五四一号)
  七九 同(塚本三郎君紹介)(第五四二号)
  八〇 同(栂野泰二君紹介)(第五四三号)
  八一 同(中井洽君紹介)(第五四四号)
  八二 同(長谷川正三君紹介)(第五四五
     号)
  八三 同(藤田高敏君紹介)(第五四六号)
  八四 同(前川旦君紹介)(第五四七号)
  八五 同(松沢俊昭君紹介)(第五四八号)
  八六 同(松本幸男君紹介)(第五四九号)
  八七 同(宮田早苗君紹介)(第五五〇号)
  八八 同(山口鶴男君紹介)(第五五一号)
  八九 同(湯山勇君紹介)(第五五二号)
  九〇 同(横山利秋君紹介)(第五五三号)
  九一 同(吉田之久君紹介)(第五五四号)
  九二 同(吉原米治君紹介)(第五五五号)
  九三 同(米田東吾君紹介)(第五五六号)
  九四 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(阿部
     助哉君紹介)(第五五七号)
  九五 同(青山丘君紹介)(第五五八号)
  九六 同(小川省吾君紹介)(第五五九号)
  九七 同(小渕恵三君紹介)(第五六〇号)
  九八 同(春日一幸君紹介)(第五六一号)
  九九 同(金子みつ君紹介)(第五六二号)
 一〇〇 同(田邊誠君外一名紹介)(第五六三
     号)
 一〇一 同(川俣健二郎君紹介)(第五六四
     号)
 一〇二 同(川本敏美君紹介)(第五六五号)
 一〇三 同(菅直人君紹介)(第五六六号)
 一〇四 同(木間章君紹介)(第五六七号)
 一〇五 同(小林進君紹介)(第五六八号)
 一〇六 同(近藤豊君紹介)(第五六九号)
 一〇七 同(佐藤観樹君紹介)(第五七〇号)
 一〇八 同(沢田広君紹介)(第五七一号)
 一〇九 同(島田琢郎君紹介)(第五七二号)
 一一〇 同(城地豊司君紹介)(第五七三号)
 一一一 同(関晴正君紹介)(第五七四号)
 一一二 同(田口一男君紹介)(第五七五号)
 一一三 同(竹内猛君紹介)(第五七六号)
 一一四 同(塚本三郎君紹介)(第五七七号)
 一一五 同(栂野泰二君紹介)(第五七八号)
 一一六 同(中井洽君紹介)(第五七九号)
 一一七 同(中西積介君紹介)(第五八〇号)
 一一八 同(長谷川正三君紹介)(第五八一
     号)
 一一九 同(藤田高敏君紹介)(第五八二号)
 一二〇 同(前川旦君紹介)(第五八三号)
 一二一 同(松沢俊昭君紹介)(第五八四号)
 一二二 同(松本幸男君紹介)(第五八五号)
 一二三 同(宮田早苗君紹介)(第五八六号)
 一二四 同(山口鶴男君紹介)(第五八七号)
 一二五 同(湯山勇君紹介)(第五八八号)
 一二六 同(横山利秋君紹介)(第五八九号)
 一二七 同(吉田之久君紹介)(第五九〇号)
 一二八 同(吉原米治君紹介)(第五九一号)
 一二九 同(米田東吾君紹介)(第五九二号)
 一三〇 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(阿部助哉君紹介)(第五九三号)
 一三一 同(青山丘君紹介)(第五九四号)
 一三二 同(小川省吾君紹介)(第五九五号)
 一三三 同(小渕恵三君紹介)(第五九六号)
 一三四 同(春日一幸君紹介)(第五九七号)
 一三五 同(金子みつ君紹介)(第五九八号)
 一三六 同(田邊誠君外一名紹介)(第五九九
     号)
 一三七 同(川俣健二郎君紹介)(第六〇〇
     号)
 一三八 同(川本敏美君紹介)(第六〇一号)
 一三九 同(菅直人君紹介)(第六〇二号)
 一四〇 同(木間章君紹介)(第六〇三号)
 一四一 同(小林進君紹介)(第六〇四号)
 一四二 同(近藤豊君紹介)(第六〇五号)
 一四三 同(佐藤観樹君紹介)(第六〇六号)
 一四四 同(沢田広君紹介)(第六〇七号)
 一四五 同(島田琢郎君紹介)(第六〇八号)
 一四六 同(城地豊司君紹介)(第六〇九号)
 一四七 同(関晴正君紹介)(第六一〇号)
 一四八 同(田口一男君紹介)(第六一一号)
 一四九 同(塚本三郎君紹介)(第六一二万)
 一五〇 同(栂野泰二君紹介)(第六一三号)
 一五一 同(中井洽君紹介)(第六一四号)
 一五二 同(中西積介君紹介)(第六一五号)
 一五三 同(長谷川正三君紹介)(第六一六
     号)
 一五四 同(藤田高敏君紹介)(第六一七号)
 一五五 同(前川旦君紹介)(第六一八号)
 一五六 同(松沢俊昭君紹介)(第六一九号)
 一五七 同(松本幸男君紹介)(第六二〇号)
 一五八 同(宮田早苗君紹介)(第六二一号)
 一五九 同(山口鶴男君紹介)(第六二二号)
 一六〇 同(湯山勇君紹介)(第六二三号)
 一六一 同(横山利秋君紹介)(第六二四号)
 一六二 同(吉田之久君紹介)(第六二五号)
 一六三 同(吉原米治君紹介)(第六二六号)
 一六四 同(米田東吾君紹介)(第六二七号)
 一六五 国家公務員の週休二日制早期実施等
     に関する請願(中西積介君紹介)(第
     六二八号)
 一六六 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(三木武夫君紹介)(第六二九号)
 一六七 同(宮下創平君紹介)(第六九〇号)
 一六八 同(有馬元治君紹介)(第七〇八号)
 一六九 同(宮崎茂一君紹介)(第七〇九号)
 一七〇 同(伊藤公介君紹介)(第七三六号)
 一七一 同(石井一君紹介)(第七七二号)
 一七二 戦後ソ進強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(楢崎弥之助君紹介)
     (第七〇五号)
 一七三 同外一件(阿部昭吾君紹介)(第七
     二四号)
 一七四 同(小杉隆君紹介)(第七二五号)
 一七五 同(山口敏夫君紹介)(第七二六号)
 一七六 同(依田実君紹介)(第七二七号)
 一七七 同(池端清一君紹介)(第七五七号)
 一七八 同(角屋堅次郎君紹介)(第七五八
     号)
 一七九 同(小林恒人君紹介)(第七五九号)
 一八〇 同(高田富之君紹介)(第七六〇号)
 一八一 同(塚田庄平君紹介)(第七六一号)
 一八二 同(田川誠一君紹介)(第八〇五号)
 一八三 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願外一件
     (楢崎弥之助君紹介)(第七〇六号)
 一八四 同外一件(阿部昭吾君紹介)(第七二
     八号)
 一八五 同(小杉隆君紹介)(第七二九号)
 一八六 同(山口敏夫君紹介)(第七三〇号)
 一八七 同(依田実君紹介)(第七三一号)
 一八八 同(池端清一君紹介)(第七六二号)
 一八九 同(角屋堅次郎君紹介)(第七六三
     号)
 一九〇 同(小林恒人君紹介)(第七六四号)
 一九一 同(高田富之君紹介)(第七六五号)
 一九二 同(塚田庄平君紹介)(第七六六号)
 一九三 同(田川誠一君紹介)(第八〇六号)
 一九四 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願外一件(楢崎弥之助君紹介)(第七
     〇七号)
 一九五 同外一件(阿部昭吾君紹介)(第七三
     二号)
 一九六 同(小杉隆君紹介)(第七三三号)
 一九七 同(山口敏夫君紹介)(第七三四号)
 一九八 同(依田実君紹介)(第七三五号)
 一九九 同(池端清一君紹介)(第七六七号)
 二〇〇 同(角屋堅次郎君紹介)(第七六八
     号)
 二〇一 同(小林恒人君紹介)(第七六九号)
 二〇二 同(高田富之君紹介)(第七七〇号)
 二〇三 同(塚田庄平君紹介)(第七七一号)
 二〇四 同(田川誠一君紹介)(第八〇七号)
 二〇五 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(小坂善太郎君紹介)(第八〇八
     号)
 二〇六 旧中華航空株式会社従業員を恩給法
     による外国特殊機関職員として指定
     に関する請願(石原慎太郎君紹介)
     (第八〇九号)
 二〇七 戦後ソ連強制抑留者の実態調査に関
     する請願(木野晴夫君紹介)(第八一
     〇号)
 二〇八 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(伊
     藤宗一郎君紹介)(第八三七号)
 二〇九 同(早川崇君紹介)(第八三八号)
 二一〇 同(山下元利君紹介)(第八三九号)
 二一一 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(新盛辰雄君紹介)(第八四〇
     号)
 二一二 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(阿部文男君紹介)(第
     八四一号)
 二一三 同(青木正久君紹介)(第八四二号)
 二一四 同(伊藤宗一郎君紹介)(第八四三
     号)
 二一五 同(石川要三君紹介)(第八四四号)
 二一六 同(石田博英君紹介)(第八四五号)
 二一七 同(石原慎太郎君紹介)(第八四六
     号)
 二一八 同(稲垣実男君紹介)(第八四七号)
 二一九 同(今井勇君紹介)(第八四八号)
 二二〇 同(上村千一郎君紹介)(第八四九
     号)
 二二一 同(内海英男君紹介)(第八五〇号)
 二二二 同(江崎真澄君紹介)(第八五一号)
 二二三 同(小沢辰男君紹介)(第八五二号)
 二二四 同(越智伊平君紹介)(第八五三号)
 二二五 同外三件(鹿野道彦君紹介)(第八五
     四号)
 二二六 同(海部俊樹君紹介)(第八五五号)
 二二七 同(梶山静六君紹介)(第八五六号)
 二二八 同(粕谷茂君紹介)(第八五七号)
 二二九 同(木部佳昭君紹介)(第八五八号)
 二三〇 同(菊池福治郎君紹介)(第八五九
     号)
 二三一 同(久野忠治君紹介)(第八六〇号)
 二三二 同(久保田円次君紹介)(第八六一
     号)
 二三三 同外八件(河本敏夫君紹介)(第八六
     二号)
 二三四 同(近藤鉄雄君紹介)(第八六三号)
 二三五 同(近藤元次君紹介)(第八六四号)
 二三六 同(佐々木義武君紹介)(第八六五
     号)
 二三七 同(佐藤隆君紹介)(第八六六号)
 二三八 同(桜井新君紹介)(第八六七号)
 二三九 同(塩崎潤君紹介)(第八六八号)
 二四〇 同(住栄作君紹介)(第八六九号)
 二四一 同(関谷勝嗣君紹介)(第八七〇号)
 二四二 同(田名部匡省君紹介)(第八七一
     号)
 二四三 同(竹内黎一君紹介)(第八七二号)
 二四四 同(竹中修一君紹介)(第八七三号)
 二四五 同(津島雄二君紹介)(第八七四号)
 二四六 同(塚原俊平君紹介)(第八七五号)
 二四七 同外三件(辻英雄君紹介)(第八七六
     号)
 二四八 同(登坂重次郎君紹介)(第八七七
     号)
 二四九 同(中島源太郎君紹介)(第八七八
     号)
 二五〇 同(中曽根康弘君紹介)(第八七九
     号)
 二五一 同(中野四郎君紹介)(第八八〇号)
 二五二 同(中山利生君紹介)(第八八一号)
 二五三 同(楢橋進君紹介)(第八八二号)
 二五四 同(丹羽兵助君紹介)(第八八三号)
 二五五 同(丹羽雄哉君紹介)(第八八四号)
 二五六 同(野上徹君紹介)(第八八五号)
 二五七 同(野中英二君紹介)(第八八六号)
 二五八 同(葉梨信行君紹介)(第八八七号)
 二五九 同(長谷川四郎君紹介)(第八八八
     号)
 二六〇 同(長谷川峻君紹介)(第八八九号)
 二六一 同(鳩山邦夫君紹介)(第八九〇号)
 二六二 同(浜野剛君紹介)(第八九一号)
 二六三 同(深谷隆司君紹介)(第八九二号)
 二六四 同(細田吉蔵君紹介)(第八九三号)
 二六五 同(前田正男君紹介)(第八九四号)
 二六六 同(松永光君紹介)(第八九五号)
 二六七 同外三件(松本十郎君紹介)(第八九
     六号)
 二六八 同(三ツ林弥太郎君紹介)(第八九七
     号)
 二六九 同外一件(三原朝雄君紹介)(第八九
     八号)
 二七〇 同(三塚博君紹介)(第八九九号)
 二七一 同(村岡兼造君紹介)(第九〇〇号)
 二七二 同(村田敬次郎君紹介)(第九〇一
     号)
 二七三 同(村山達雄君紹介)(第九〇二号)
 二七四 同(毛利松平君紹介)(第九〇三号)
 二七五 同(森清君紹介)(第九〇四号)
 二七六 同外二件(山崎平八郎君紹介)(第九
     〇五号)
 二七七 同(山本幸雄君紹介)(第九〇六号)
 二七八 同(綿貫民輔君紹介)(第九〇七号)
 二七九 同(渡辺紘三君紹介)(第九〇八号)
 二八〇 同(渡辺秀央君紹介)(第九〇九号)
 二八一 同(竹内猛君紹介)(第九一〇号)
 二八二 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(阿部
     文男君紹介)(第九一一号)
 二八三 同(青木正久君紹介)(第九一二号)
 二八四 同(麻生太郎君紹介)(第九一三号)
 二八五 同(伊藤宗一郎君紹介)(第九一四
     号)
 二八六 同(石川要三君紹介)(第九一五号)
 二八七 同(石田博英君紹介)(第九一六号)
 二八八 同(石原慎太郎君紹介)(第九一七
     号)
 二八九 同(稲垣実男君紹介)(第九一八号)
 二九〇 同(今井勇君紹介)(第九一九号)
 二九一 同(上村千一郎君紹介)(第九二〇
     号)
 二九二 同(内海英男君紹介)(第九二一号)
 二九三 同(江崎真澄君紹介)(第九二二号)
 二九四 同(小沢辰男君紹介)(第九二三号)
 二九五 同(越智伊平君紹介)(第九二四号)
 二九六 同外二件(鹿野道彦君紹介)(第九二
     五号)
 二九七 同(海部俊樹君紹介)(第九二六号)
 二九八 同(梶山静六君紹介)(第九二七号)
 二九九 同(粕谷茂君紹介)(第九二八号)
 三〇〇 同(木部佳昭君紹介)(第九二九号)
 三〇一 同(菊池福治郎君紹介)(第九三〇
     号)
 三〇二 同(久野忠治君紹介)(第九三一号)
 三〇三 同(久保田円次君紹介)(第九三二
     号)
 三〇四 同外八件(河本敏夫君紹介)(第九三
     三号)
 三〇五 同(近藤鉄雄君紹介)(第九三四号)
 三〇六 同(近藤元次君紹介)(第九三五号)
 三〇七 同(佐々木義武君紹介)(第九三六
     号)
 三〇八 同(佐藤隆君紹介)(第九三七号)
 三〇九 同(桜井新君紹介)(第九三八号)
 三一〇 同(塩崎潤君紹介)(第九三九号)
 三一一 同(住栄作君紹介)(第九四〇号)
 三一二 同(関谷勝嗣君紹介)(第九四一号)
 三一三 同(田名部匡省君紹介)(第九四二
     号)
 三一四 同(竹内黎一君紹介)(第九四三号)
 三一五 同(竹中修一君紹介)(第九四四号)
 三一六 同(津島雄二君紹介)(第九四五号)
 三一七 同(塚原俊平君紹介)(第九四六号)
 三一八 同外一件(辻英雄君紹介)(第九四七
     号)
 三一九 同(登坂重次郎君紹介)(第九四八
     号)
 三二〇 同(中島源太郎君紹介)(第九四九
     号)
 三二一 同(中曽根康弘君紹介)(第九五〇
     号)
 三二二 同(中野四郎君紹介)(第九五一号)
 三二三 同(中山利生君紹介)(第九五二号)
 三二四 同(丹羽兵助君紹介)(第九五三号)
 三二五 同(丹羽雄哉君紹介)(第九五四号)
 三二六 同(野上徹君紹介)(第九五五号)
 三二七 同(野中英二君紹介)(第九五六号)
 三二八 同(葉梨信行君紹介)(第九五七号)
 三二九 同(長谷川四郎君紹介)(第九五八
     号)
 三三〇 同(長谷川峻君紹介)(第九五九号)
 三三一 同(鳩山邦夫君紹介)(第九六〇号)
 三三二 同(浜野剛君紹介)(第九六一号)
 三三三 同(深谷隆司君紹介)(第九六二号)
 三三四 同(細田吉蔵君紹介)(第九六三号)
 三三五 同(前田正男君紹介)(第九六四号)
 三三六 同(松永光君紹介)(第九六五号)
 三三七 同外三件(松本十郎君紹介)(第九六
     六号)
 三三八 同(三ツ林弥太郎君紹介)(第九六七
     号)
 三三九 同外一件(三原朝雄君紹介)(第九六
     八号)
 三四〇 同(三塚博君紹介)(第九六九号)
 三四一 同(村岡兼造君紹介)(第九七〇号)
 三四二 同(村田敬次郎君紹介)(第九七一
     号)
 三四三 同(村山達雄君紹介)(第九七二号)
 三四四 同(毛利松平君紹介)(第九七三号)
 三四五 同(森清君紹介)(第九七四号)
 三四六 同(山崎平八郎君紹介)(第九七五
     号)
 三四七 同(山本幸雄君紹介)(第九七六号)
 三四八 同(綿貫民輔君紹介)(第九七七号)
 三四九 同(渡辺紘三君紹介)(第九七八号)
 三五〇 同(渡辺秀央君紹介)(第九七九号)
 三五一 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(阿部文男君紹介)(第九八〇号)
 三五二 同(青木正久君紹介)(第九八一号)
 三五三 同外一件(麻生太郎君紹介)(第九八
     二号)
 三五四 同(伊藤宗一郎君紹介)(第九八三
     号)
 三五五 同(石川要三君紹介)(第九八四号)
 三五六 同(石田博英君紹介)(第九八五号)
 三五七 同(石原慎太郎君紹介)(第九八六
     号)
 三五八 同(稲垣実男君紹介)(第九八七号)
 三五九 同(今井勇君紹介)(第九八八号)
 三六〇 同(上村千一郎君紹介)(第九八九
     号)
 三六一 同(内海英男君紹介)(第九九〇号)
 三六二 同(江崎真澄君紹介)(第九九一号)
 三六三 同(小沢辰男君紹介)(第九九二号)
 三六四 同(越智伊平君紹介)(第九九三号)
 三六五 同外二件(鹿野道彦君紹介)(第九九
     四号)
 三六六 同(海部俊樹君紹介)(第九九五号)
 三六七 同(梶山静六君紹介)(第九九六号)
 三六八 同(粕谷茂君紹介)(第九九七号)
 三六九 同(木部佳昭君紹介)(第九九八号)
 三七〇 同(菊池福治郎君紹介)(第九九九
     号)
 三七一 同(久野忠治君紹介)(第一〇〇〇
     号)
 三七二 同(久保田円次君紹介)(第一〇〇一
     号)
 三七三 同外八件(河本敏夫君紹介)(第一〇
     〇二号)
 三七四 同(近藤鉄雄君紹介)(第一〇〇三
     号)
 三七五 同(近藤元次君紹介)(第一〇〇四
     号)
 三七六 同(佐々木義武君紹介)(第一〇〇五
     号)
 三七七 同(佐藤隆君紹介)(第一〇〇六号)
 三七八 同(桜井新君紹介)(第一〇〇七号)
 三七九 同(塩崎潤君紹介)(第一〇〇八号)
 三八〇 同(住栄作君紹介)(第一〇〇九号)
 三八一 同(関谷勝嗣君紹介)(第一〇一〇
     号)
 三八二 同(田名部匡省君紹介)(第一〇一一
     号)
 三八三 同(竹内黎一君紹介)(第一〇一二
     号)
 三八四 同(竹中修一君紹介)(第一〇一三
     号)
 三八五 同(津島雄二君紹介)(第一〇一四
     号)
 三八六 同(塚原俊平君紹介)(第一〇一五
     号)
 三八七 同(辻英雄君紹介)(第一〇一六号)
 三八八 同(登坂重次郎君紹介)(第一〇一七
     号)
 三八九 同(中島源太郎君紹介)(第一〇一八
     号)
 三九〇 同(中曽根康弘君紹介)(第一〇一九
     号)
 三九一 同(中野四郎君紹介)(第一〇二〇
     号)
 三九二 同(中山利生君紹介)(第一〇二一
     号)
 三九三 同(丹羽兵助君紹介)(第一〇二二
     号)
 三九四 同(丹羽雄哉君紹介)(第一〇二三
     号)
 三九五 同(野上徹君紹介)(第一〇二四号)
 三九六 同(野中英二君紹介)(第一〇二五
     号)
 三九七 同(葉梨信行君紹介)(第一〇二六
     号)
 三九八 同(長谷川四郎君紹介)(第一〇二七
     号)
 三九九 同(長谷川峻君紹介)(第一〇二八
     号)
 四〇〇 同(鳩山邦夫君紹介)(第一〇二九
     号)
 四〇一 同(浜野剛君紹介)(第一〇三〇号)
 四〇二 同(深谷隆司君紹介)(第一〇三一
     号)
 四〇三 同(細田吉蔵君紹介)(第一〇三二
     号)
 四〇四 同(前田正男君紹介)(第一〇三三
     号)
 四〇五 同(松永光君紹介)(第一〇三四号)
 四〇六 同外三件(松本十郎君紹介)(第一〇
     三五号)
 四〇七 同(三ツ林弥太郎君紹介)(第一〇三
     六号)
 四〇八 同外一件(三原朝雄君紹介)(第一〇
     三七号)
 四〇九 同(三塚博君紹介)(第一〇三八号)
 四一〇 同(村岡兼造君紹介)(第一〇三九
     号)
 四一一 同(村田敬次郎君紹介)(第一〇四〇
     号)
 四一二 同(村山達雄君紹介)(第一〇四一
     号)
 四一三 同(毛利松平君紹介)(第一〇四二
     号)
 四一四 同(森清君紹介)(第一〇四三号)
 四一五 同外四件(山崎平八郎君紹介)(第一
     〇四四号)
 四一六 同(山本幸雄君紹介)(第一〇四五
     号)
 四一七 同(綿貫民輔君紹介)(第一〇四六
     号)
 四一八 同(渡辺紘三君紹介)(第一〇四七
     号)
 四一九 同(渡辺秀央君紹介)(第一〇四八
     号)
 四二〇 同(竹内猛君紹介)(第一〇四九号)
 四二一 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(小泉純一郎君紹介)(第一〇五〇
     号)
 四二二 戦後ソ連強制抑留者の実態調査に関
     する請願(相沢英之君紹介)(第一〇
     五一号)
 四二三 同(愛野興一郎君紹介)(第一〇五二
     号)
 四二四 同(石川要三君紹介)(第一〇五三
     号)
 四二五 同(稲村利幸君紹介)(第一〇五四
     号)
 四二六 同(江藤隆美君紹介)(第一〇五五
     号)
 四二七 同(大西正男君紹介)(第一〇五六
     号)
 四二八 同(岸田文武君紹介)(第一〇五七
     号)
 四二九 同(工藤巖君紹介)(第一〇五八号)
 四三〇 同(倉成正君紹介)(第一〇五九号)
 四三一 同(高村正彦君紹介)(第一〇六〇
     号)
 四三二 同(國場幸昌君紹介)(第一〇六一
     号)
 四三三 同(辻英雄君紹介)(第一〇六二号)
 四三四 同(東家嘉幸君紹介)(第一〇六三
     号)
 四三五 同(中山利生君紹介)(第一〇六四
     号)
 四三六 同(原健三郎君紹介)(第一〇六五
     号)
 四三七 同(前尾繁三郎君紹介)(第一〇六六
     号)
 四三八 同(村上勇君紹介)(第一〇六七号)
 四三九 同(山崎武三郎君紹介)(第一〇六八
     号)
 四四〇 防衛費増額及び憲法改悪反対等に関
     する請願(中路雅弘君紹介)(第一一
     五六号)
 四四一 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(岩佐恵美君紹介)(第
     一一五七号)
 四四二 同(根本龍太郎君紹介)(第一二一四
     号)
 四四三 同(大塚雄司君紹介)(第一二四六
     号)
 四四四 同(大橋敏雄君紹介)(第一二四七
     号)
 四四五 同(草川昭三君紹介)(第一二四八
     号)
 四四六 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(岩佐
     恵美君紹介)(第一一五八号)
 四四七 同(大塚雄司君紹介)(第一二四九
     号)
 四四八 同(根本龍太郎君紹介)(第一二五〇
     号)
 四四九 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(澁谷直藏君紹介)(第一一五九
     号)
 四五〇 同(細田吉蔵君紹介)(第一一六〇
     号)
 四五一 同(山崎武三郎君紹介)(第一二一五
     号)
 四五二 同(戸沢政方君紹介)(第一二五四
     号)
 四五三 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(岩佐恵美君紹介)(第一一六二
     号)
 四五四 同(大塚雄司君紹介)(第一二五一
     号)
 四五五 同(草川昭三君紹介)(第一二五二
     号)
 四五六 同(根本龍太郎君紹介)(第一二五三
     号)
 四五七 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(東中光雄君紹介)(第一一六三
     号)
 四五八 同(堀之内久男君紹介)(第一二五五
     号)
 四五九 同(村山喜一君紹介)(第一二五六
     号)
 四六〇 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(佐
     藤守良君紹介)(第一一六四号)
 四六一 同外一件(森喜朗君紹介)(第一二一
     六号)
 四六二 厚木基地に対潜哨械機P3Cオライ
     オンの配備計画反対に関する請願
     (市川雄一君紹介)(第一二四五号)
 四六三 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(大村襄治君紹介)(第一三九三
     号)
 四六四 同(江藤隆美君紹介)(第一四〇四
     号)
 四六五 同(大原一三君紹介)(第一四〇五
     号)
 四六六 同(小山長規君紹介)(第一四〇六
     号)
 四六七 同(瀬戸山三男君紹介)(第一四〇七
     号)
 四六八 同(堀之内久男君紹介)(第一四〇八
     号)
 四六九 同(小里貞利君紹介)(第一四四六
     号)
 四七〇 同(海部俊樹君紹介)(第一四四七
     号)
 四七一 同(畑英次郎君紹介)(第一四四八
     号)
 四七二 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(北村義和君紹介)(第
     一四〇一号)
 四七三 同(木村守男君紹介)(第一四四三
     号)
 四七四 同(中島武敏君紹介)(第一四五三
     号)
 四七五 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(北村
     義和君紹介)(第一四〇二号)
 四七六 同(木村守男君紹介)(第一四四四
     号)
 四七七 同(中島武敏君紹介)(第一四五四
     号)
 四七八 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(北村義和君紹介)(第一四〇三
     号)
 四七九 同(木村守男君紹介)(第一四四五
     号)
 四八〇 同(中島武敏君紹介)(第一四五五
     号)
 四八一 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(加
     藤常太郎君紹介)(第一四〇九号)
 四八二 同(秋田大助君紹介)(第一四五六
     号)
 四八三 同(宮崎茂一君紹介)(第一四五七
     号)
 四八四 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (砂田重民君紹介)(第一四四二号)
 四八五 同(三原朝雄君紹介)(第一四五八
     号)
 四八六 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(山崎拓君紹介)(第一四八八号)
 四八七 同(伊藤公介君紹介)(第一五一六
     号)
 四八八 同(竹下登君紹介)(第一五五四号)
 四八九 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(渡辺朗君紹介)(第一四八九号)
 四九〇 同(阿部文男君紹介)(第一五一七
     号)
 四九一 同(田原隆君紹介)(第一五一八号)
 四九二 同(愛野興一郎君紹介)(第一五三四
     号)
 四九三 同(羽田野忠文君紹介)(第一五三五
     号)
 四九四 同(武藤嘉文君紹介)(第一五三六
     号)
 四九五 同(相沢英之君紹介)(第一五五一
     号)
 四九六 同(竹下登君紹介)(第一五五二号)
 四九七 同(山本幸雄君紹介)(第一五五三
     号)
 四九八 同(植竹繁雄君紹介)(第一五八二
     号)
 四九九 同(木下敬之助君紹介)(第一五八三
     号)
 五〇〇 旧中華航空株式会社従業員を恩給法
     による外国特殊機関職員として指定
     に関する請願(山崎拓君紹介)(第一
     四九〇号)
 五〇一 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(村
     上弘君紹介)(第一四九一号)
 五〇二 同(木野晴夫君紹介)(第一五一九
     号)
 五〇三 同(愛野興一郎君紹介)(第一五三七
     号)
 五〇四 同(稻村左近四郎君紹介)(第一五三
     八号)
 五〇五 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(染谷誠君紹介)(第一四九二
     号)
 五〇六 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (竹本孫一君紹介)(第一四九三号)
 五〇七 同(田中伊三次君紹介)(第一四九四
     号)
 五〇八 同(福島譲二君紹介)(第一四九五
     号)
 五〇九 同(古井喜實君紹介)(第一四九六
     号)
 五一〇 同(稻村左近四郎君紹介)(第一五三
     九号)
 五一一 同(林百郎君紹介)(第一五五五号)
 五一二 同(赤城宗徳君紹介)(第一五八四
     号)
 五一三 同(大原一三君紹介)(第一五八五
     号)
 五一四 同(八田貞義君紹介)(第一五八六
     号)
 五一五 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(竹下登君紹介)(第一
     五四八号)
 五一六 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(竹下
     登君紹介)(第一五四九号)
 五一七 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(竹下登君紹介)(第一五五〇号)
 五一八 同(山花貞夫君紹介)(第一五八一
     号)
 五一九 同和対策協議会の即時再開等に関す
     る請願(中路雅弘君紹介)(第一五七
     九号)
 五二〇 防衛費の増額反対に関する請願(松
     本善明君紹介)(第一五八〇号)
 五二一 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(愛知和男君紹介)(第一六三六
     号)
 五二二 同(赤城宗徳君紹介)(第一六三七
     号)
 五二三 同(麻生太郎君紹介)(第一六三八
     号)
 五二四 同(井出一太郎君紹介)(第一六三九
     号)
 五二五 同(伊藤宗一郎君紹介)(第一六四〇
     号)
 五二六 同(石川要三君紹介)(第一六四一
     号)
 五二七 同(石田博英君紹介)(第一六四二
     号)
 五二八 同(石原慎太郎君紹介)(第一六四三
     号)
 五二九 同(稻村左近四郎君紹介)(第一六四
     四号)
 五三〇 同(今井勇君紹介)(第一六四五号)
 五三一 同(内海英男君紹介)(第一六四六
     号)
 五三二 同(小沢一郎君紹介)(第一六四七
     号)
 五三三 同(越智伊平君紹介)(第一六四八
     号)
 五三四 同(奥田敬和君紹介)(第一六四九
     号)
 五三五 同(狩野明男君紹介)(第一六五〇
     号)
 五三六 同(梶山静六君紹介)(第一六五一
     号)
 五三七 同(粕谷茂君紹介)(第一六五二号)
 五三八 同(金丸信君紹介)(第一六五三号)
 五三九 同(倉石忠雄君紹介)(第一六五四
     号)
 五四〇 同(小坂善太郎君紹介)(第一六五五
     号)
 五四一 同(古賀誠君紹介)(第一六五六号)
 五四二 同(高村正彦君紹介)(第一六五七
     号)
 五四三 同(佐藤文生君紹介)(第一六五八
     号)
 五四四 同(三枝三郎君紹介)(第一六五九
     号)
 五四五 同(坂本三十次君紹介)(第一六六〇
     号)
 五四六 同(笹山登生君紹介)(第一六六一
     号)
 五四七 同(志賀節君紹介)(第一六六二号)
 五四八 同(椎名素夫君紹介)(第一六六三
     号)
 五四九 同(塩崎潤君紹介)(第一六六四号)
 五五〇 同(田邉國男君紹介)(第一六六五
     号)
 五五一 同(高橋辰夫君紹介)(第一六六六
     号)
 五五二 同(玉沢徳一郎君紹介)(第一六六七
     号)
 五五三 同(地崎宇三郎君紹介)(第一六六八
     号)
 五五四 同(塚原俊平君紹介)(第一六六九
     号)
 五五五 同(登坂重次郎君紹介)(第一六七〇
     号)
 五五六 同(中尾栄一君紹介)(第一六七一
     号)
 五五七 同(中西啓介君紹介)(第一六七二
     号)
 五五八 同(中村喜四郎君紹介)(第一六七三
     号)
 五五九 同(中山利生君紹介)(第一六七四
     号)
 五六〇 同(丹波雄哉君紹介)(第一六七五
     号)
 五六一 同(根本龍太郎君紹介)(第一六七六
     号)
 五六二 同(葉梨信行君紹介)(第一六七七
     号)
 五六三 同(長谷川峻君紹介)(第一六七八
     号)
 五六四 同(鳩山邦夫君紹介)(第一六七九
     号)
 五六五 同(深谷隆司君紹介)(第一六八〇
     号)
 五六六 同(吹田秋田君紹介)(第一六八一
     号)
 五六七 同(古井喜實君紹介)(第一六八二
     号)
 五六八 同(三塚博君紹介)(第一六八三号)
 五六九 同(村岡兼造君紹介)(第一六八四
     号)
 五七〇 同(村上勇君紹介)(第一六八五号)
 五七一 同(毛利松平君紹介)(第一六八六
     号)
 五七二 同(三池信君紹介)(第一七四六号)
 五七三 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (倉成正君紹介)(第一六八七号)
 五七四 同(原健三郎君紹介)(第一六八八
     号)
 五七五 同(北口博君紹介)(第一七四七号)
 五七六 同(根本龍太郎君紹介)(第一七四八
     号)
 五七七 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(中
     西啓介君紹介)(第一七二二号)
 五七八 防衛費増額及び憲法改悪反対等に関
     する請願(甘利正君紹介)(第一七二
     三号)
 五七九 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(秋田大助君紹介)(第一七七一
     号)
 五八〇 同(天野光晴君紹介)(第一七七二
     号)
 五八一 同(池田淳君紹介)(第一七七三号)
 五八二 同(池田行彦君紹介)(第一七七四
     号)
 五八三 同(石橋一弥君紹介)(第一七七五
     号)
 五八四 同(稲垣実男君紹介)(第一七七六
     号)
 五八五 同(今枝敬雄君紹介)(第一七七七
     号)
 五八六 同(上村千一郎君紹介)(第一七七八
     号)
 五八七 同(臼井日出男君紹介)(第一七七九
     号)
 五八八 同(浦野烋興君紹介)(第一七八〇
     号)
 五八九 同(江崎真澄君紹介)(第一七八一
     号)
 五九〇 同(太田誠一君紹介)(第一七八二
     号)
 五九一 同(片岡清一君紹介)(第一七八三
     号)
 五九二 同(金子岩三君紹介)(第一七八四
     号)
 五九三 同(亀井静香君紹介)(第一七八五
     号)
 五九四 同(亀岡高夫君紹介)(第一七八六
     号)
 五九五 同(唐沢俊二郎君紹介)(第一七八七
     号)
 五九六 同(木野晴夫君紹介)(第一七八八
     号)
 五九七 同(岸田文武君紹介)(第一七八九
     号)
 五九八 同(北口博君紹介)(第一七九〇号)
 五九九 同(北村義和君紹介)(第一七九一
     号)
 六〇〇 同(久間章生君紹介)(第一七九二
     号)
 六〇一 同(久野忠治君紹介)(第一七九三
     号)
 六〇二 同(倉成正君紹介)(第一七九四号)
 六〇三 同(左藤恵君紹介)(第一七九五号)
 六〇四 同(佐々木義武君紹介)(第一七九六
     号)
 六〇五 同(佐藤孝行君紹介)(第一七九七
     号)
 六〇六 同(佐藤守良君紹介)(第一七九八
     号)
 六〇七 同(齋藤邦吉君紹介)(第一七九九
     号)
 六〇八 同(坂田道太君紹介)(第一八〇〇
     号)
 六〇九 同(櫻内義雄君紹介)(第一八〇一
     号)
 六一〇 同(始関伊平君紹介)(第一八〇二
     号)
 六一一 同(正示啓次郎君紹介)(第一八〇三
     号)
 六一二 同(白浜仁吉君紹介)(第一八〇四
     号)
 六一三 同(菅波茂君紹介)(第一八〇五号)
 六一四 同(砂田重民君紹介)(第一八〇六
     号)
 六一五 同(住栄作君紹介)(第一八〇七号)
 六一六 同(関谷勝嗣君紹介)(第一八〇八
     号)
 六一七 同外一件(染谷誠君紹介)(第一八〇
     九号)
 六一八 同(田澤吉郎君紹介)(第一八一〇
     号)
 六一九 同(田名部匡省君紹介)(第一八一一
     号)
 六二〇 同(田中六助君紹介)(第一八一二
     号)
 六二一 同(谷洋一君紹介)(第一八一三号)
 六二二 同(谷川和穗君紹介)(第一八一四
     号)
 六二三 同(玉生孝久君紹介)(第一八一五
     号)
 六二四 同(津島雄二君紹介)(第一八一六
     号)
 六二五 同(辻英雄君紹介)(第一八一七号)
 六二六 同(戸井田三郎君紹介)(第一八一八
     号)
 六二七 同(渡海元三郎君紹介)(第一八一九
     号)
 六二八 同(東家嘉幸君紹介)(第一八二〇
     号)
 六二九 同(友納武人君紹介)(第一八二一
     号)
 六三〇 同(中川秀直君紹介)(第一八二二
     号)
 六三一 同(中野四郎君紹介)(第一八二三
     号)
 六三二 同(中村弘海君紹介)(第一八二四
     号)
 六三三 同(中村正三郎君紹介)(第一八二五
     号)
 六三四 同(永田亮一君紹介)(第一八二六
     号)
 六三五 同(灘尾弘吉君紹介)(第一八二七
     号)
 六三六 同(楢橋進君紹介)(第一八二八号)
 六三七 同(丹羽兵助君紹介)(第一八二九
     号)
 六三八 同(西岡武夫君紹介)(第一八三〇
     号)
 六三九 同(野上徹君紹介)(第一八三一号)
 六四〇 同(野田毅君紹介)(第一八三二号)
 六四一 同(八田貞義君紹介)(第一八三三
     号)
 六四二 同(早川崇君紹介)(第一八三四号)
 六四三 同(林大幹君紹介)(第一八三五号)
 六四四 同(林義郎君紹介)(第一八三六号)
 六四五 同(原健三郎君紹介)(第一八三七
     号)
 六四六 同(原田憲君紹介)(第一八三八号)
 六四七 同(福島譲二君紹介)(第一八三九
     号)
 六四八 同(藤田義光君紹介)(第一八四〇
     号)
 六四九 同(船田元君紹介)(第一八四一号)
 六五〇 同(松野頼三君紹介)(第一八四二
     号)
 六五一 同(松本十郎君紹介)(第一八四三
     号)
 六五二 同(三原朝雄君紹介)(第一八四四
     号)
 六五三 同(水野清君紹介)(第一八四五号)
 六五四 同(水平豊彦君紹介)(第一八四六
     号)
 六五五 同(粟山明君紹介)(第一八四七号)
 六五六 同(森清君紹介)(第一八四八号)
 六五七 同(森美秀君紹介)(第一八四九号)
 六五八 同(森下元晴君紹介)(第一八五〇
     号)
 六五九 同(森山欽司君紹介)(第一八五一
     号)
 六六〇 同(安田貴六君紹介)(第一八五二
     号)
 六六一 同(山崎拓君紹介)(第一八五三号)
 六六二 同(山崎平八郎君紹介)(第一八五四
     号)
 六六三 同(山村新治郎君紹介)(第一八五五
     号)
 六六四 同(綿貫民輔君紹介)(第一八五六
     号)
 六六五 同(渡部恒三君紹介)(第一八五七
     号)
 六六六 同(渡辺省一君紹介)(第一八五八
     号)
 六六七 同(宇野宗佑君紹介)(第一八八〇
     号)
 六六八 同(山下元利君紹介)(第一八八一
     号)
 六六九 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(田
     名部匡省君紹介)(第一八五九号)
 六七〇 同(久野忠治君紹介)(第一八八二
     号)
 六七一 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(田中恒利君紹介)(第
     一九二五号)
 六七二 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(青山丘君紹介)(第一九二六号)
 六七三 同(石原健太郎君紹介)(第一九二七
     号)
 六七四 同(稲富稜人君紹介)(第一九二八
     号)
 六七五 同(小渕正義君紹介)(第一九二九
     号)
 六七六 同(岡田正勝君紹介)(第一九三〇
     号)
 六七七 同(春日一幸君紹介)(第一九三一
     号)
 六七八 同(神田厚君紹介)(第一九三二号)
 六七九 同(木村守男君紹介)(第一九三三
     号)
 六八〇 同(河野洋平君紹介)(第一九三四
     号)
 六八一 同(近藤豊君紹介)(第一九三五号)
 六八二 同(佐々木良作君紹介)(第一九三六
     号)
 六八三 同(佐藤隆君紹介)(第一九三七号)
 六八四 同(塩田晋君紹介)(第一九三八号)
 六八五 同(田島衞君紹介)(第一九三九号)
 六八六 同(中馬弘毅君紹介)(第一九四〇
     号)
 六八七 同(塚本三郎君紹介)(第一九四一
     号)
 六八八 同(中野寛成君紹介)(第一九四二
     号)
 六八九 同(楢崎弥之助君紹介)(第一九四三
     号)
 六九〇 同(西村章三君紹介)(第一九四四
     号)
 六九一 同(部谷孝之君紹介)(第一九四五
     号)
 六九二 同(宮田早苗君紹介)(第一九四六
     号)
 六九三 同(米沢隆君紹介)(第一九四七号)
 六九四 同(和田耕作君紹介)(第一九四八
     号)
 六九五 同(渡辺武三君紹介)(第一九四九
     号)
 六九六 同(伊東正義君紹介)(第二〇二五
     号)
 六九七 同(玉置一弥君紹介)(第二〇五四
     号)
 六九八 同外一件(平泉渉君紹介)(第二〇五
     五号)
 六九九 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(鈴・
     木強君紹介)(第一九五〇号)
 七〇〇 同(武部文君紹介)(第一九五一号)
 七〇一 同(渡部行雄君紹介)(第一九五二
     号)
 七〇二 同(櫻内義雄君紹介)(第二〇二六
     号)
 七〇三 防衛費の増額中止等に関する請願
     (平林剛君紹介)(第二〇二七号)
 七〇四 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (愛野興一郎君紹介)(第二〇二八
     号)
 七〇五 同(加藤六月君紹介)(第二〇二九
     号)
 七〇六 同(永田亮一君紹介)(第二〇三〇
     号)
 七〇七 同(山崎平八郎君紹介)(第二〇三一
     号)
 七〇八 同(野呂恭一君紹介)(第二〇五六
     号)
 七〇九 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(植竹繁雄君紹介)(第二〇九〇
     号)
 七一〇 同(小杉隆君紹介)(第二〇九一号)
 七一一 同(青木正久君紹介)(第二一七一
     号)
 七一二 同(天野公義君紹介)(第二一七二
     号)
 七一三 同(鴨田利太郎君紹介)(第二一七三
     号)
 七一四 同(浜田卓二郎君紹介)(第二一七四
     号)
 七一五 同(松永光君紹介)(第二一七五号)
 七一六 同(逢沢英雄君紹介)(第二二一三
     号)
 七一七 同(上草義輝君紹介)(第二二一四
     号)
 七一八 同(奥田幹生君紹介)(第二二一五
     号)
 七一九 同(加藤六月君紹介)(第二二一六
     号)
 七二〇 同(川崎二郎君紹介)(第二二一七
     号)
 七二一 同(竹内黎一君紹介)(第二二一八
     号)
 七二二 同(谷垣專一君紹介)(第二二一九
     号)
 七二三 同(鳥居一雄君紹介)(第二二二〇
     号)
 七二四 同(中井洽君紹介)(第二二二一号)
 七二五 同(橋本龍太郎君紹介)(第二二二二
     号)
 七二六 同(林保夫君紹介)(第二二二三号)
 七二七 同(平沼赳夫君紹介)(第二二二四
     号)
 七二八 同(福永健司君紹介)(第二二二五
     号)
 七二九 同(藤井勝志君紹介)(第二二二六
     号)
 七三〇 同(藤波孝生君紹介)(第二二二七
     号)
 七三一 同(前尾繁三郎君紹介)(第二二二八
     号)
 七三二 同外一件(牧野隆守君紹介)(第二二
     二九号)
 七三三 同(三ツ林弥太郎君紹介)(第二二三
     〇号)
 七三四 同(横手文雄君紹介)(第二二三一
     号)
 七三五 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(中
     島武敏君紹介)(第二〇九二号)
 七三六 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (宇野宗佑君紹介)(第二〇九三号)
 七三七 同(大塚雄司君紹介)(第二〇九四
     号)
 七三八 同(大西正男君紹介)(第二一七六
     号)
 七三九 恩給年限に該当する元上海工部局警
     察官の救済に関する請願(部谷孝之
     君紹介)(第二二〇九号)
 七四〇 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(栗田翠君紹介)(第二
     二一〇号)
 七四一 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(栗田
     翠君紹介)(第二二二号)
 七四二 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(栗田翠君紹介)(第二二一二号)
 七四三 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(木野晴夫君紹介)(第二二三二
     号)
 七四四 同(細田吉蔵君紹介)(第二二三三
     号)
 七四五 同(上村千一郎君紹介)(第二二六四
     号)
 七四六 同(北口博君紹介)(第二二六五号)
 七四七 同(河野洋平君紹介)(第二二六六
     号)
 七四八 同(田村元君紹介)(第二二六七号)
 七四九 同(武藤嘉文君紹介)(第二二六八
     号)
 七五〇 同(小里貞利君紹介)(第二三二三
     号)
 七五一 同(久野忠治君紹介)(第二三二四
     号)
 七五二 同(後藤田正晴君紹介)(第二三一五
     号)
 七五三 同(村上勇君紹介)(第二三二六号)
 七五四 同(相沢英之君紹介)(第二三四八
     号)
 七五五 同(稻村左近四郎君紹介)(第二三四
     九号)
 七五六 同(小沢貞孝君紹介)(第二三五〇
     号)
 七五七 同(渡部行雄君紹介)(第二三五一
     号)
 七五八 同(中山正暉君紹介)(第二三六六
     号)
 七五九 同(森下元晴君紹介)(第二三六七
     号)
 七六〇 同(山本幸雄君紹介)(第二三六八
     号)
 七六一 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(菅直人君紹介)(第二三二二号)
 七六二 同(小沢辰男君紹介)(第二三三七
     号)
 七六三 同(大西正男君紹介)(第二三三八
     号)
 七六四 同(小坂徳三郎君紹介)(第二三三九
     号)
 七六五 同(小宮山重四郎君紹介)(第二三四
     〇号)
 七六六 同(河本敏夫君紹介)(第二三四一
     号)
 七六七 同(近藤元次君紹介)(第二三四二
     号)
 七六八 同(田村良平君紹介)(第二三四三
     号)
 七六九 同(野中英二君紹介)(第二三四四
     号)
 七七〇 同(浜野剛君紹介)(第二三四五号)
 七七一 同(村山達雄君紹介)(第二三四六
     号)
 七七二 同(山口敏夫君紹介)(第二三四七
     号)
 七七三 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (村上勇君紹介)(第二三二七号)
 七七四 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(藤本孝雄君紹介)(第
     二三三四号)
 七七五 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(藤本
     孝雄君紹介)(第二三三五号)
 七七六 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(藤本孝雄君紹介)(第二三三六
     号)
 七七七 非核三原則法の制定に関する請願
     (栗田翠君紹介)(第二四二四号)
 七七八 台湾残置私有財産補償に関する請願
     (後藤田正晴君紹介)(第二四二五
     号)
 七七九 旧支那派遣軍の湘桂作戦期間を戦務
     地中区分に改定に関する請願(楢橋
     進君紹介)(第二四二六号)
 七八〇 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(海部俊樹君紹介)(第二四二七
     号)
 七八一 同(中野四郎君紹介)(第二四四五
     号)
 七八二 同(渡海元三郎君紹介)(第二五〇一
     号)
 七八三 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(田中角榮君紹介)(第二四二八
     号)
 七八四 同(小澤潔君紹介)(第二四四六号)
 七八五 同(大石千八君紹介)(第二四四七
     号)
 七八六 同(木村俊夫君紹介)(第二四四八
     号)
 七八七 同(栗原祐幸君紹介)(第二四四九
     号)
 七八八 同(佐野嘉吉君紹介)(第二四五〇
     号)
 七八九 同(桜井新君紹介)(第二四五一号)
 七九〇 同(田村元君紹介)(第二四五二号)
 七九一 同(西中清君紹介)(第二四五三号)
 七九二 同(野呂恭一君紹介)(第二四五四
     号)
 七九三 同(長谷川四郎君紹介)(第二四五五
     号)
 七九四 同(原田昇左右君紹介)(第二四五六
     号)
 七九五 同(柳沢伯夫君紹介)(第二四五七
     号)
 七九六 同(渡辺紘三君紹介)(第二四五八
     号)
 七九七 同(竹中修一君紹介)(第二五〇二
     号)
 七九八 同(竹本孫一君紹介)(第二五〇三
     号)
 七九九 同(和田一仁君紹介)(第二五〇四
     号)
 八〇〇 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(愛野興一郎君紹介)(第二四二
     九号)
 八〇一 同(三原朝雄君紹介)(第二四五九
     号)
 八〇二 同(山崎武三郎君紹介)(第二四六〇
     号)
 八〇三 同(佐々木良作君紹介)(第二五〇五
     号)
 八〇四 同(渡海元三郎君紹介)(第二五〇六
     号)
 八〇五 同(松本十郎君紹介)(第二五〇七
     号)
 八〇六 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (木野晴夫君紹介)(第二四六一号)
 八〇七 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(柳沢伯夫君紹介)(第
     二五八一号)
 八〇八 同(田邊誠君紹介)(第二六〇八号)
 八〇九 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(柳沢
      伯夫君紹介)(第二五八二号)
 八一〇 同(塩谷一夫君紹介)(第二六〇九
     号)
 八一一 同(田邊誠君紹介)(第二六一〇号)
 八一二 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(柳沢伯夫君紹介)(第二五八三
     号)
 八一三 同(田邊誠君紹介)(第二六一一号)
 八一四 在外財産補償の法的措置に関する請
     願(上村千一郎君紹介)(第二五八四
     号)
 八一五 同(水平豊彦君紹介)(第二六一二
     号)
 八一六 同(山本幸雄君紹介)(第二六一三
     号)
 八一七 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(有馬元治君紹介)(第二五八五
     号)
 八一八 同(佐藤文生君紹介)(第二五八六
     号)
 八一九 同(古井喜實君紹介)(第二五八七
     号)
 八二〇 同(沢田広君紹介)(第二六一六号)
 八二一 同(宮崎茂一君紹介)(第二六一七
     号)
 八二二 同(横山利秋君紹介)(第二六一八
     号)
 八二三 同(川崎二郎君紹介)(第二六七三
     号)
 八二四 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(足立篤郎君紹介)(第二六一四
     号)
 八二五 同(小此木彦三郎君紹介)(第二六五
     九号)
 八二六 同(小渕恵三君紹介)(第二六六〇
     号)
 八二七 同(越智通雄君紹介)(第二六六一
     号)
 八二八 同(亀井善之君紹介)(第二六六二
     号)
 八二九 同(久保田円次君紹介)(第二六六三
     号)
 八三〇 同(熊川次男君紹介)(第二六六四
     号)
 八三一 同(佐藤一郎君紹介)(第二六六五
     号)
 八三二 同(竹内勝彦君紹介)(第二六六六
     号)
 八三三 同(中島源太郎君紹介)(第二六六七
     号)
 八三四 同(中曽根康弘君紹介)(第二六六八
     号)
 八三五 同(中村靖君紹介)(第二六六九号)
 八三六 同(中山正暉君紹介)(第二六七〇
     号)
 八三七 同(羽田孜君紹介)(第二六七一号)
 八三八 同(福田赳夫君紹介)(第二六七二
     号)
 八三九 同(鍛冶清君紹介)(第二七一四号)
 八四〇 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(宮
     崎茂一君紹介)(第二六一五号)
 八四一 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (山崎拓君紹介)(第二六一九号)
 八四二 同(谷垣專一君紹介)(第二七一五号)
 八四三 台湾残置私有財産補償に関する請願
     (藤本孝雄君紹介)(第二六二〇号)
 八四四 同外四件(山崎拓君紹介)(第二六二
     一号)
 八四五 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(岩佐恵美君紹
     介)(第二七九四号)
 八四六 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(矢山有作君紹介)(第二八二一
     号)
 八四七 同(山中貞則君紹介)(第二九三七
     号)
 八四八 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(大塚雄司君紹介)(第二八四五
     号)
 八四九 同(島村宜伸君紹介)(第二八四六
     号)
 八五〇 同(与謝野馨君紹介)(第二八四七
     号)
 八五一 同(塩川正十郎君紹介)(第二九三五
     号)
 八五二 同(塩谷一夫君紹介)(第二九三六
     号)
 八五三 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(加藤紘一君紹介)(第
     二九三一号)
 八五四 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(加藤
     紘一君紹介)(第二九三二号)
 八五五 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(加藤紘一君紹介)(第二九三三
     号)
 八五六 同(田中恒利君紹介)(第二九三四
     号)
 八五七 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(小沢貞孝君紹介)(第二九八五
     号)
 八五八 同(加藤常太郎君紹介)(第二九八六
     号)
 八五九 同(國場幸昌君紹介)(第三〇四〇
     号)
 八六〇 同(稲村利幸君紹介)(第三〇七六
     号)
 八六一 同(小川平二君紹介)(第二〇七七
     号)
 八六二 同(小沢貞孝君紹介)(第三〇七八
     号)
 八六三 同(川田正則君紹介)(第一〇七九
     号)
 八六四 同(木部佳昭君紹介)(第三〇八〇
     号)
 八六五 同(菊池福治郎君紹介)(第三〇八一
     号)
 八六六 同外一件(田中龍夫君紹介)(第三〇
     八二号)
 八六七 同(藤本孝雄君紹介)(第三〇八三
     号)
 八六八 同(保利耕輔君紹介)(第三〇八四
     号)
 八六九 同(村田敬次郎君紹介)(第三〇八五
     号)
 八七〇 同(松野幸泰君紹介)(第三一一八
     号)
 八七一 同(吉田之久君紹介)(第三一一九
     号)
 八七二 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(大原一三君紹介)(第二九八七
     号)
 八七三 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (有馬元治君紹介)(第二九八八号)
 八七四 同和対策の強化に関する請願(中村
     重光君紹介)(第三一五〇号)
 八七五 同和対策の充実強化に関する請願
     (小沢貞孝君紹介)(第三一九六号)
 八七六 同(串原義直君紹介)(第三一九七
     号)
 八七七 同(清水勇君紹介)(第三一九八号)
 八七八 同(下平正一君紹介)(第三一九九
     号)
 八七九 同(中村茂君紹介)(第三二〇〇号)
 八八〇 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(上草義輝君紹介)(第
     三二九三号)
 八八一 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(上草
     義輝君紹介)(第三二九四号)
 八八二 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(上草義輝君紹介)(第三二九五
     号)
 八八三 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(金子一平君紹介)(第三二九六
     号)
 八八四 同(木村武雄君紹介)(第三二九七
     号)
 八八五 同(泰道三八君紹介)(第三二九八
     号)
 八八六 同(近岡理一郎君紹介)(第三二九九
     号)
 八八七 同(橋口隆君紹介)(第三三〇〇号)
 八八八 同(古屋亨君紹介)(第三三〇一号)
 八八九 同(前田正男君紹介)(第三〇二号)
 八九〇 同(渡辺栄一君紹介)(第三一〇三号)
 八九一 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある君に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(細
     田吉藏君紹介)(第三三〇四号)
 八九二 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (河本敏夫君紹介)(第三三〇五号)
 八九三 同(田村元君紹介)(第三三〇六号)
 八九四 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(上田哲君紹介)(第三
     三八五号)
 八九五 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(上田
     哲君紹介)(第三三八六号)
 八九六 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(上田哲君紹介)(第三三八七号)
 八九七 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(阿部昭吾君紹介)(第三三八八
     号)
 八九八 同(春田重昭君紹介)(第三三八九
     号)
 八九九 同(大内啓伍君紹介)(第三四五七
     号)
 九〇〇 同(大野明君紹介)(第三四五八号)
 九〇一 同(加藤紘一君紹介)(第三四五九
     号)
 九〇二 同(鹿野道彦君紹介)(第三四六〇
     号)
 九〇三 同(木部佳昭君紹介)(第三四六一
     号)
 九〇四 同(木村武千代君紹介)(第三四六二
     号)
 九〇五 同(堀内光雄君紹介)(第三四六三
     号)
 九〇六 同外一件(箕輪登君紹介)(第三四六
     四号)
 九〇七 同(保岡興治君紹介)(第三四六五
     号)
 九〇八 同(山下徳夫君紹介)(第三四六六
     号)
 九〇九 同(湯川宏君紹介)(第三四六七号)
 九一〇 同(渡辺秀央君紹介)(第三四六八
     号)
 九一一 同(鯨岡兵輔君紹介)(第三五二一
     号)
 九一二 伺(中村正雄君紹介)(第三五二二
     号)
 九一三 同(三浦隆君紹介)(第三五二三号)
 九一四 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(角屋堅次郎君紹介)(第三三九
     〇号)
 九一五 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (高村正彦君紹介)(第三三九一号)
 九一六 同(田名部匡省君紹介)(第三五二四
     号)
 九一七 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(阿部昭吾君紹
     介)(第三三九二号)
 九一八 同(浦井洋君紹介)(第三四二七号)
 九一九 同(栗田翠君紹介)(第三四二八号)
 九二〇 同(榊利夫君紹介)(第三四二九号)
 九二一 同(瀬長亀次郎君紹介)(第三四三〇
     号)
 九二二 同(寺前巖君紹介)(第三四三一号)
 九二三 同(中路雅弘君紹介)(第三四三二
     号)
 九二四 同(林百郎君紹介)(第三四三三号)
 九二五 同(三浦久君紹介)(第三四三四号)
 九二六 同(蓑輪幸代君紹介)(第三四三五
     号)
 九二七 同(山原健二郎君紹介)(第三四三六
     号)
 九二八 同(中島武敏君紹介)(第三四七〇
     号)
 九二九 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(小沢貞孝君
     紹介)(第三四二六号)
 九三〇 同(楢崎弥之助君紹介)(第三五二五
     号)
 九三一 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(竹
     下登君紹介)(第三四六九号)
 九三二 戦後ソ連強制抑留者の処遇改善に関
     する請願(小沢辰男君紹介)(第三五
     四九号)
 九三三 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願外一件(岡本富夫君紹介)(第三五
     五〇号)
 九三四 同(三浦隆君紹介)(第一五五一号)
 九三五 同(二階堂進君紹介)(第三六一二
     号)
 九三六 同(保利耕輔君紹介)(第三六一三
     号)
 九三七 同(甘利正君紹介)(第三六六四号)
 九三八 同(柿澤弘治君紹介)(第三六六五
     号)
 九三九 同(依田実君紹介)(第三六六六号)
 九四〇 新憲法制定に関する請願(始関伊平
     君紹介)(第三六一一号)
 九四一 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (河野洋平君紹介)(第三六六七号)
 九四二 同(米沢隆君紹介)(第三六六八号)
 九四三 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(矢山有作君
     紹介)(第三六六九号)
 九四四 公務員の退職手当削減、定年制導入
     反対等に関する請願(田邊誠君紹介)
     (第三七九四号)
 九四五 同(高沢寅男君紹介)(第三七九五
     号)
 九四六 同(武部文君紹介)(第三七九六号)
 九四七 同(塚田庄平君紹介)(第三七九七
     号)
 九四八 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(近藤鉄雄君紹介)(第三七九八
     号)
 九四九 同(西田八郎君紹介)(第三七九九
     号)
 九五〇 同(森田一君紹介)(第三八〇〇号)
 九五一 同外一件(山中貞則君紹介)(第三八
     〇一号)
 九五二 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(山崎武三郎君紹介)(第三八〇
     二号)
 九五三 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願外一件(五十嵐
     広三君紹介)(第三八〇三号)
 九五四 同(上原康助君紹介)(第三八〇四
     号)
 九五五 同(大島弘君紹介)(第三八〇五号)
 九五六 同外二件(角屋堅次郎君紹介)(第三
     八〇六号)
 九五七 同(河上民雄君紹介)(第三八〇七
     号)
 九五八 同(木間章君紹介)(第三八〇八号)
 九五九 同(久保等君紹介)(第三八〇九号)
 九六〇 同(串原義直君紹介)(第三八一〇
     号)
 九六一 同(佐藤敬治君紹介)(第三八一一
     号)
 九六二 同(嶋崎譲君紹介)(第三八一二号)
 九六三 同(清水勇君紹介)(第三八一三号)
 九六四 同(武部文君紹介)(第三八一四号)
 九六五 同(塚田庄平君紹介)(第三八一五
     号)
 九六六 同外一件(中村茂君紹介)(第三八一
     六号)
 九六七 同(野坂浩賢君紹介)(第三八一七
     号)
 九六八 同(馬場昇君紹介)(第三八一八号)
 九六九 同(細谷治嘉君紹介)(第三八一九
     号)
 九七〇 同(松沢俊昭君紹介)(第三八二〇
     号)
 九七一 同(村山喜一君紹介)(第三八二一
     号)
 九七二 同(山花貞夫君紹介)(第三八二二
     号)
 九七三 同(渡部行雄君紹介)(第三八二三
     号)
 九七四 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(渡部行雄君
     紹介)(第三八二四号)
 九七五 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(柿澤弘治君紹介)(第三九六三
     号)
 九七六 同外一件(白川勝彦君紹介)(第三九
     六四号)
 九七七 同(大橋敏雄君紹介)(第四〇一六
     号)
 九七八 同(沖本泰幸君紹介)(第四〇一七
     号)
 九七九 同(斉藤滋与史君紹介)(第四一一二
     号)
 九八〇 公務員の退職手当削減、定年制導入
     反対等に関する請願(榊利夫君紹介)
     (第三九六五号)
 九八一 同(中路雅弘君紹介)(第三九六六
     号)
 九八二 戦後ソ連強制抑留者に対する補償に
     関する請願(佐藤文生君紹介)(第三
     九九三号)
 九八三 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(岩佐恵美君紹
     介)(第三九九四号)
 九八四 同(中路雅弘君紹介)(第三九九五
     号)
 九八五 同(三浦久君紹介)(第三九九六号)
 九八六 同(佐藤誼君紹介)(第四〇一八号)
 九八七 同(土井たか子君紹介)(第四〇六四
     号)
 九八八 同(湯山勇君紹介)(第四〇六五号)
 九八九 平和憲法の擁護等に関する請願(有
     島重武君紹介)(第四〇〇九号)
 九九〇 同(大久保直彦君紹介)(第四〇一〇
     号)
 九九一 同(大野潔君紹介)(第四〇一一号)
 九九二 同(長田武士君紹介)(第四〇一二
     号)
 九九三 同(鈴切康雄君紹介)(第四〇一三
     号)
 九九四 同(竹入義勝君紹介)(第四〇一四
     号)
 九九五 傷病恩給等の改善に関する請願(中
     曽根康弘君紹介)(第四〇一五号)
 九九六 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(愛野興一郎
     君紹介)(第四〇一九号)
 九九七 同(高村正彦君紹介)(第四〇二〇
     号)
 九九八 同(田名部匡省君紹介)(第四〇二一
     号)
 九九九 同(田村元君紹介)(第四〇二二号)
一〇〇〇 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願(上田哲君紹介)(第四〇六一
     号)
一〇〇一 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願外一件(箕輪登君紹介)(第四〇
     六二号)
一〇〇二 同(田名部匡省君紹介)(第四〇六三
     号)
一〇〇三 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(武田一夫君紹介)(第四一三二
     号)
一〇〇四 同(薮仲義彦君紹介)(第四一七七
     号)
一〇〇五 同(小渡三郎君紹介)(第四二四七
     号)
一〇〇六 同(田川誠一君紹介)(第四二四八
     号)
一〇〇七 同(長野祐也君紹介)(第四二四九
     号)
一〇〇八 同(山下徳夫君紹介)(第四二五〇
     写)
一〇〇九 旧満州棉花協会等を恩給法による外
     国特殊機関として指定に関する請願
     (中島武敏君紹介)(第四一七八
     号)
一〇一〇 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(小林政子君紹
     介)(第四一七九号)
一〇一一 伺(中路雅弘君紹介)(第四一八〇
     号)
一〇一二 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願(榊利夫君紹介)(第四一八一
     号)
一〇一三 同(中路雅弘君紹介)(第四一八二
     号)
一〇一四 同(上田哲君紹介)(第四二五一号)
一〇一五 同(長谷川正三君紹介)(第四二五二
     号)
一〇一六 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(奥野誠亮君紹介)(第四三〇三
     号)
一〇一七 同(永末英一君紹介)(第四三四〇
     号)
一〇一八 同(伏木和雄君紹介)(第四三四七
     号)
一〇一九 同(高鳥修君紹介)(第四三八四号)
一〇二〇 同(中川一郎君紹介)(第四三八五
     号)
一〇二一 同(平石磨作太郎君紹介)(第四三八
     六号)
一〇二二 傷病恩給等の改善に関する請願(木
     村俊夫君紹介)(第四三〇四号)
一〇二三 同(愛野興一郎君紹介)(第四三四八
     号)
一〇二四 同(大原一三君紹介)(第四三八七
     号)
一〇二五 同(金子一平君紹介)(第四三八八
     号)
一〇二六 同(佐々木義武君紹介)(第四三八九
     号)
一〇二七 同(中村正三郎君紹介)(第四三九〇
     号)
一〇二八 同(小山長規君紹介)(第四四六七
     号)
一〇二九 外地派遣旧軍属の処遇改善に関する
     請願(永末英一君紹介)(第四三四一
     号)
一〇三〇 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願外一件(飛鳥田一雄君紹介)
     (第四三四九号)
一〇三一 同(中路雅弘君紹介)(第四三九一
     号)
一〇三二 同(長谷川正三君紹介)(第四四七〇
     号)
一〇三三 戦後ソ連強制抑留者の恩給加算改定
     に関する請願(伊藤公介君紹介)(第
     四四六〇号)
一〇三四 戦後ソ連抑留中の強制労働に対する
     特別給付金支給に関する請願(伊藤
     公介君紹介)(第四四六一号)
一〇三五 引揚者等に対する特別交付金の支給
     に関する法律の一部改正に関する請
     願(伊藤公介君紹介)(第四四六二
     号)
一〇三六 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(木島喜兵衞君
     紹介)(第四四六三号)
一〇三七 同(中西積介君紹介)(第四四六四
     号)
一〇三八 同(長谷川正三君紹介)(第四四六五
     号)
一〇三九 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(河野洋平君
     紹介)(第四四六六号)
一〇四〇 傷病恩給等の改善に関する請願(武
     田一夫君紹介)(第四五〇二号)
一〇四一 同(三ツ林弥太郎君紹介)(第四五〇
     三号)
一〇四二 同外一件(山崎拓君紹介)(第四五〇
     四号)
一〇四三 同(天野公義君紹介)(第四五五四
     号)
一〇四四 同(地崎宇三郎君紹介)(第四五五五
     号)
一〇四五 同外一件(塚原俊平君紹介)(第四五
     五六号)
一〇四六 同外一件(羽田孜君紹介)(第四五五
     七号)
一〇四七 同外一件(葉梨信行君紹介)(第四五
     五八号)
一〇四八 同(毛利松平君紹介)(第四五五九
     号)
一〇四九 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願(阿部助哉君紹介)(第四五〇
     五号)
一〇五〇 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(草川昭三君紹介)(第四五五三
     号)
一〇五一 旧治安維持法等による犠牲者の賠償
     に関する請願(小川国彦君紹介)(第
     四六〇六号)
一〇五二 同(角屋堅次郎君紹介)(第四六〇七
     号)
一〇五三 同(清水勇君紹介)(第四六〇八号)
一〇五四 同(高田富之君紹介)(第四六〇九
     号)
一〇五五 同(中路雅弘君紹介)(第四六一〇
     号)
一〇五六 同(林百郎君紹介)(第四六一一号)
一〇五七 同(横山利秋君紹介)(第四六一二
     号)
一〇五八 徴兵制制定及び憲法改悪反対等に関
     する請願(榊利夫君紹介)(第四六一
     三号)
一〇五九 同(中路雅弘君紹介)(第四六一四
     号)
一〇六〇 同(四ツ谷光子君紹介)(第四六一五
     号)
一〇六一 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(大野潔君紹介)(第四六一六号)
一〇六二 同(長田武士君紹介)(第四六一七
     号)
一〇六三 同(草野威君紹介)(第四六一八号)
一〇六四 同(田中昭二君紹介)(第五〇〇四
     号)
一〇六五 同(藤尾正行君紹介)(第五〇〇五
     号)
一〇六六 同(渡部一郎君紹介)(第五〇〇六
     号)
一〇六七 旧国際電気通信株式会社の社員期間
     のある者に対する国家公務員等退職
     手当法施行令改正に関する請願(神
     田厚君紹介)(第四六一九号)
一〇六八 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(中路雅弘君紹
     介)(第四六二〇号)
一〇六九 同(春田重昭君紹介)(第五〇〇七
     号)
一〇七〇 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願(阿部助哉君紹介)(第四六二
     一号)
一〇七一 同(伊賀定盛君紹介)(第四六二二
     号)
一〇七二 同(上田卓三君紹介)(第四六二三
     号)
一〇七三 同(金子みつ君紹介)(第四六二四
     号)
一〇七四 同(金子満広君紹介)(第四六二五
     号)
一〇七五 同(川俣健二郎君紹介)(第四六二八
     号)
一〇七六 同外一件(高沢寅男君紹介)(第四六
     二七号)
一〇七七 同(不破哲三君紹介)(第四六二八
     号)
一〇七八 同(松本善明君紹介)(第四六二九
     号)
一〇七九 同外一件(山本政弘君紹介)(第四六
     三〇号)
一〇八〇 同(大島弘君紹介)(第五〇二八号)
一〇八一 同(小林政子君紹介)(第五〇二九
     号)
一〇八二 同(中路雅弘君紹介)(第五〇三〇
     号)
一〇八三 同(中島武敏君紹介)(第五〇三一
     号)
一〇八四 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(有馬元治君
     紹介)(第五〇〇八号)
一〇八五 同(稻村左近四郎君紹介)(第五〇〇九号)
一〇八六 同(片岡清一君紹介)(第五〇一〇号)
一〇八七 同(神田厚君紹介)(第五〇一一号)
一〇八八 同(染谷誠君紹介)(第五〇一二号)
一〇八九 同(田澤吉郎君紹介)(第五〇一三号)
一〇九〇 同(塚原俊平君紹介)(第五〇一四号)
一〇九一 平和憲法の擁護等に関する請願外三
     件(鈴切康雄君紹介)(第五〇一五号)
一〇九二 傷病恩給等の改善に関する請願(今
     井勇君紹介)(第五〇一六号)
一〇九三 同(海部俊樹君紹介)(第五〇一七号)
一〇九四 同(熊川次男君紹介)(第五〇一八号)
一〇九五 同(河本敏夫君紹介)(第五〇一九号)
一〇九六 同(左藤恵君紹介)(第五〇二〇号)
一〇九七 同(玉城栄一君紹介)(第五〇二一号)
一〇九八 同(中村喜四郎君紹介)(第五〇二二号)
一〇九九 同(鳩山邦夫君紹介)(第五〇二三号)
一一〇〇 同(吹田ナ君紹介)(第五〇二四号)
一一〇一 同(堀之内久男君紹介)(第五〇二五号)
一一〇二 同(森清君紹介)(第五〇二六号)
一一〇三 同(森山欽司君紹介)(第五〇二七号)
一一〇四 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願(小川省吾君紹介)(第五一五
     三号)
一一〇五 同(岡田利春君紹介)(第五一五四
     号)
一一〇六 同(田中伊三次君紹介)(第五一五五
     号)
一一〇七 同(塚田庄平君紹介)(第五一五六
     号)
一一〇八 同(伊藤茂君紹介)(第五一八一号)
一一〇九 同(勝間田清一君紹介)(第五一八二
     号)
一一一〇 同(小林政子君紹介)(第五一八三
     号)
一一一一 同(寺前巖君紹介)(第五一八四号)
一一一二 同(藤原ひろ子君紹介)(第五一八五
     号)
一一一三 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(安藤巖君紹介)
     (第五一六九号)
一一一四 同(岩佐恵美君紹介)(第五一七〇
     号)
一一一五 同(浦井洋君紹介)(第五一七一号)
一一一六 同(栗田翠君紹介)(第五一七二号)
一一一七 同(小林政子君紹介)(第五一七三
     号)
一一一八 同(佐藤敬治君紹介)(第五一七四
     号)
一一一九 同(榊利夫君紹介)(第五一七五号)
一一二〇 同(瀬崎博義君紹介)(第五一七六
     号)
一一二一 同(寺前巖君紹介)(第五一七七号)
一一二二 同(細谷治嘉君紹介)(第五一七八
     号)
一一二三 同(三谷秀治君紹介)(第五一七九
     号)
一一二四 同(渡辺貢君紹介)(第五一八〇号)
一一二五 同(松本善明君紹介)(第五二四一
     号)
一一二六 旧治安維持法等による犠牲者の賠償
     に関する請願(勝間田清一君紹介)
     (第五一八六号)
一一二七 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(田名部匡省
     君紹介)(第五二四二号)
一一二八 傷病恩給等の改善に関する請願(逢
     沢英雄君紹介)(第五二四三号)
一一二九 同外四件(唐沢俊二郎君紹介)(第五
     二四四号)
一一三〇 同(関谷勝嗣君紹介)(第五二四五
     号)
一一三一 同(地崎宇三郎君紹介)(第五二四六
     号)
一一三二 同(原田憲君紹介)(第五二四七号)
一一三三 国家公務員の退職金削減、定年制導
     入反対に関する請願(田中恒利君紹
     介)(第五二九六号)
一一三四 同外一件(土井たか子君紹介)(第五
     二九七号)
一一三五 同(堀昌雄君紹介)(第五二九八号)
一一三六 同(前川旦君紹介)(第五二九九号)
一一三七 同(渡部行雄君紹介)(第五三八五
     号)
一一三八 同(戸田菊雄君紹介)(第五四四七
     号)
一一三九 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願外一件(井岡大治君紹介)(第
     五三〇〇号)
一一四〇 同(上田哲君紹介)(第五三〇一号)
一一四一 同(枝村要作君紹介)(第五三〇二
     号)
一一四二 同(小野信一君紹介)(第五三〇三
     号)
一一四三 同(角屋堅次郎君紹介)(第五三〇四
     号)
一一四四 同(木島喜兵衞君紹介)(第五三〇五
     号)
一一四五 同(土井たか子君紹介)(第五三〇六
     号)
一一四六 同(福岡義登君紹介)(第五三〇七
     号)
一一四七 同(山花貞夫君紹介)(第五三〇八
     号)
一一四八 同(小川国彦君紹介)(第五三七九
     号)
一一四九 同(川本敏美君紹介)(第五三八〇
     号)
一一五〇 同外一件(串原義直君紹介)(第五三
     八一号)
一一五一 同(馬場昇君紹介)(第五三八二号)
一一五二 同(野口幸一君紹介)(第五三八三
     号)
一一五三 問(平林剛君紹介)(第五三八四号)
一一五四 同外一件(阿部未喜男君紹介)(第五
     四四八号)
一一五五 同外一件(飛鳥田一雄君紹介)(第五
     四四九号)
一一五六 同(石橋政嗣君紹介)(第五四五〇
     号)
一一五七 同(大原亨君紹介)(第五四五一
     号)
一一五八 問(金子みつ君紹介)(第五四五二
     号)
一一五九 同(長谷川正三君紹介)(第五四五三
     号)
一一六〇 同(日野市朗君紹介)(第五四五四
     号)
一一六一 旧治安維持法等による犠牲者の賠償
     に関する請願(山花貞夫君紹介)(第
     五三〇九号)
一一六二 傷病恩給等の改善に関する請願外一
     件(櫻内義雄君紹介)(第五三七三
     号)
一一六三 同(中西啓介君紹介)(第五三七四
     号)
一一六四 同外一件(細田吉蔵君紹介)(第五三
     七五号)
一一六五 同(河野洋平君紹介)(第五三七六
     号)
一一六六 同(石川要三君紹介)(第五三七七
     号)
一一六七 同(森田一君紹介)(第五三七八号)
一一六八 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(渡辺美智雄君紹介)(第五四四六
     号)
一一六九 非核三原則の法制化等に関する請願
     (中路雅弘君紹介)(第五五三〇号)
一一七〇 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(園田直君紹介)(第五五三一号)
一一七一 傷病恩給等の改善に関する請願(島
     村宜伸君紹介)(第五五三二号)
一一七二 徴兵制復活、軍備拡張反対等に関す
     る請願(四ツ谷光子君紹介)(第五六
     一五号)
一一七三 国家公務員の賃金引き上げ等に関す
     る請願(米田東吾君紹介)(第五六一
     六号)
一一七四 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願(田中昭二君紹介)(第五六一七
     号)
一一七五 重度重複戦傷病者に対する恩給の不
     均衡是正に関する請願(渡部行雄君
     紹介)(第五六一八号)
一一七六 傷病恩給等の改善に関する請願(有
     馬元治君紹介)(第五六一九号)
一一七七 同(池田行彦君紹介)(第五六二〇
     号)
一一七八 同(小此木彦三郎君紹介)(第五六二
     一号)
一一七九 公務員の退職手当削減反対等に関す
     る請願外一件(五十嵐広三君紹介)
     (第五六二二号)
一一八〇 同(井上一成君紹介)(第五六二三
     号)
一一八一 同(稲葉誠一君紹介)(第五六二四
     号)
一一八二 同(大出俊君紹介)(第五六二五号)
一一八三 同(北山愛郎君紹介)(第五六二六
     号)
一一八四 同(久保等君紹介)(第五六二七号)
一一八五 同(永井孝信君紹介)(第五六二八
     号)
一一八六 同(野坂浩賢君紹介)(第五六二九
     号)
一一八七 旧治安維持法等による犠牲者の賠償
     に関する請願(稲葉誠一君紹介)(第
     五六三〇号)
一一八八 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請
     願外一件(浅井美幸君紹介)(第六一
     五四号)
一一八九 同(有島重武君紹介)(第六一五五
     号)
一一九〇 同(石田幸四郎君紹介)(第六一五六
     号)
一一九一 同(市川雄一君紹介)(第六一五七
     号)
一一九二 同(大久保直彦君紹介)(第六一五八
     号)
一一九三 同(北側義一君紹介)(第六一五九
     号)
一一九四 同(柴田弘君紹介)(第六一六〇号)
一一九五 同(正木良明君紹介)(第六一六一
     号)
一一九六 同(渡部一郎君紹介)(第六一六二
     号)
一一九七 同(吉浦忠治君紹介)(第六一六三
     号)
一一九八 非核三原則の法制化等に関する請願
     (草野威君紹介)(第六一六四号)
     ――――◇―――――
#2
○江藤委員長 これより会議を開きます。
 去る三日、同和問題に関する実情調査のため、兵庫県に委員を派遣いたしました。
 この際、派遣委員から報告を聴取いたします。染谷誠君。
#3
○染谷委員 同和問題に関します実情調査について、派遣委員を代表いたしまして、その概要を御報告申し上げます。
 派遣班は、私、染谷誠と、江藤隆美、塚原俊平、岩垂寿喜男、上田卓三、鈴切康雄、神田厚、狩野明男、木野晴夫、上原康助、矢山有作、榊利夫、中路雅弘、楢崎弥之助の十四委員で構成し、六月三日の一日間、兵庫県に参り、県及び神戸市の両当局から同和対策について説明を受けますとともに、神戸市の一地区を調査したわけであります。
 まず、兵庫県の同和対策について申し上げますと、御承知のように、現在、同和対策は、昭和四十四年に十年間の時限立法として制定され、その後昭和五十三年十一月に、有効期限を三カ年延長して、昭和五十七年三月三十一日までとされた同和対策事業特別措置法を基本として、生活環境の改善等の施策が行われているのでございます。
 兵庫県の同和地区の概要は、昭和五十年の全国同和地区調査によれば、地区数三百四十七で全国第四位、世帯数三万九千八百五十一で全国第二位、人口十五万三千二百三十六人で全国第一位となっております。
 同県においては、特別措置法の制定以前から同和対策を推進していたのでありますが、法制定を契機に対策事業は年々拡充され、現在、生活環境の改善、社会福祉及び公衆衛生対策、産業の振興、職業の安定、教育文化の向上、同和問題の啓蒙啓発活動の強化等の施策が実施されており、昭和四十四年の法制定時から昭和五十六年度分まで含め、十三カ年の予算総額は約一千七百十二億円で、その内訳は、生活環境の整備約四百六十四億円で二七・一%、社会福祉の増進約二十九億円で一・七%、産業基盤の強化約六百六十四億円で三八・八%、職業安定の充実約二十六億円で一・五%、同和教育の徹底約五百二十億円で三〇・三%、啓蒙啓発の強化約十億円で〇・八%となっております。
 これらの同和対策により、同和地区の環境改善等が進み、住民の生活の向上も見られるようになり、一応の成果を上げてきたが、心理的な面の解消については、年々県民の理解と認識は深まりつつあるが、いまだ十分ではなく、なおかなりの日時が必要であるとのことでございます。
 特に、本年度は特別措置法の最終年度に当たるため、昭和五十五年度末で総額約六百七十八億円と見込まれている未整備事業の推進を図り、用地取得等困難な問題が含まれている大都市の住宅関係を除き、年度内に全うしたい考えであるとのことであります。
 また、心理的な面の解消につきましては、啓発活動の積極的な充実を図るとともに、地区住民の生活文化の向上に配意し、地区内外住民相互の交流を促進していくことが、今後の同和対策の大きな課題であるとのことでございます。
 なお、今後の同和対策の方向に関し、
 1 特別措置法の期限切れ後の同和対策の方針の早急な明確化
 2 人権対策等心理的差別の解消を促進するため
  (1)国による啓蒙啓発事業の積極的実施
  (2)悪質な差別文書等の発行を禁止する法的措置
  (3)差別事件を適正に処理するため人権侵犯事件調査処理規程(法務省訓令第九百十一号)に基づく処理ルールの確立
 3 特別措置法施行後、県下市町で発行した起債の昭和五十四年度末の現在高約五百億円のうち、交付税の対象とならない起債が約三百四十億円となっている状況から、市町の財政圧迫の要因になっている法第十条非適用債の元利償還について、財源補てん措置を新設することについて要望がございました。
 次に、神戸市の同和対策について申し上げます。
 同市における同和対策事業は、同和対策事業長期計画に基づき、環境整備対策、福祉増進対策、生活向上対策、教育人権対策の四本柱からなる事業・施策を実施しており、その関係予算は、昭和四十四年度から本年度までの予算を含め、十三年間の累計額は約一千二百九十億円で、その財源内訳は、国庫支出金約四百六十億円で三五・四%、県支出金約五十億円で四・一%、起債約四百四十億円で三四%、市費約三百四十億円で二六・五%となっております。
 同和対策事業のうち、公共施設等整備事業の進捗状況は、住宅建設、生活道路等の主要事業の長期計画事業量に対し、本年三月現在、全体として約八〇%に達しているが、住宅建設については約六〇%となっており、これは土地の確保、財政の負担等が問題点となっているためであるとのことであります。
 視察地区の状況は、当地区が神戸市でも最も大きな地区であり、昭和二十七年から環境整備事業に着手し、一定の成果を上げてきているとのことでありますが、改良住宅の建設は、見直し後の長期計画に対し四四・九%の達成率であり、この住宅建設を含め住宅地区改良事業は、達成率が五〇%に及ばない状況にあり、それに関連する公共施設についても今後相当の努力が必要であるとのことであります。
 しかし、この改良事業の実施については、土地所有者、家屋所有者、占有者等の受益の不均衡による権利者間の権利調整のむずかしさ、事業計画策定後の日照基準等の変更による地区外建設用地の増加等の問題があり、住宅推進協議会を設けて検討しているとのことであります。
 同市における今後の同和対策については、本年二月に実施した住民生活総合調査の結果を踏まえて対策を考えたいとのことでありますが、同和対策事業に要する地方公共団体の財政負担はきわめて大きく、今後事業を円滑に進めるには国の強力な財政措置を、また、啓発面については、市としても映画の作成等さまざまな取り組みをしているが、国の一層の積極的な推進をお願いしたいとの要望があったのであります。
 これらの調査の内容等につきましては、今後委員会における質疑等を通じて明らかにされることと存じます。
 同和問題については引き続き何らかの措置が必要であると思われますので、今後当委員会及び同和対策に関する小委員会で検討してまいりたいと存じます。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
#4
○江藤委員長 これにて派遣委員からの報告の聴取は終了いたしました。
     ――――◇―――――
#5
○江藤委員長 次に、小委員会設置の件についてお諮りいたします。
 恩給等の調査のため小委員十三名からなる恩給等に関する小委員会を設置いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 それでは、小委員に
   愛野興一郎君    狩野 明男君
   亀井 善之君    川崎 二郎君
   田名部匡省君    竹中 修一君
   塚原 俊平君    岩垂寿喜男君
   渡部 行雄君    市川 雄一君
   小沢 貞孝君    榊  利夫君
及び 阿部 昭吾君
を、小委員長に愛野興一郎君を指名いたします。
 なお、小委員及び小委員長の辞任の許可及び補欠選任並びに委員の辞任に伴う補欠選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#9
○江藤委員長 内閣提出、適用対象の消滅等による法律の廃止及び行政事務の簡素合理化に伴う関係法律の整理に関する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を求めます。中曽根行政管理庁長官。
#10
○中曽根国務大臣 ただいま議題となりました適用対象の消滅等による法律の廃止及び行政事務の簡素合理化に伴う関係法律の整理に関する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 先般、政府は、行政の減量化を中心とする新たな角度からの行政改革を行うことを決定いたしました。その一環として、適用対象等が消滅し及び行政目的を達成したこと等により法律の廃止を行うとともに、行政事務の簡素合理化を図るため関係法律の整理を行うこととし、ここにこの法律案を提出した次第であります。
 次に、法律案の内容について御説明申し上げます。
 第一に、適用対象または関係事務の消滅等によりいわゆる実効性を喪失した法律及び行政目的がほぼ達成され、存置の必要性が乏しくなった法律について廃止を行うことといたしております。これにより十三府省の三百十九法律を廃止することといたしております。
 第二に、各種規制・監督事務の合理化、内部管理事務の簡素化、地方公共団体が処理する事務に対する国の関与の見直し、機関委任事務の整理等の行政事務の簡素合理化に伴い整理を必要とする法律について、関係規定の整理を行うことといたしております。これにより、八省庁の十六法律を整理することといたしております。
 なお、これらの法律の整理及び廃止は、原則として公布の日から行うこととしております。ただし、特別の事情のあるものにつきましては、それぞれ別に定める日に行うことができることといたしております。
 以上が、この法律案の提案理由及びその概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願いいたします。
#11
○江藤委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
     ――――◇―――――
#12
○江藤委員長 これより請願の審査に入ります。
 今会期中、本委員会に付託されました請願は、本日の請願日程に掲載してありますとおり千百九十八件であります。
 本日の請願日程全部を一括して議題といたします。
 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願について、紹介議員稻村左近四郎君から紹介説明を聴取することといたします。稻村左近四郎君。
#13
○稻村(左)議員 御説明をいたします。
 金鵄勲章名誉に関する請願の問題でございますが、佩用を公認してほしいという単にそれだけの切なる願いでございます。すなわち、過去に与えられた栄誉は依然として国家が認めてやることが政治家の務めだというふうに考えております。また国家の義務ではないか、このように考えておるのであります。
#14
○江藤委員長 この際、発言の申し出がありますので、これを許します。鈴切康雄君。
#15
○鈴切委員 委員長並びに委員会のお取り計らいによりまして、今回、旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願について若干の質問をさしていただきますことにつきまして、厚く御礼を申し上げます。
 かつて日本の国民は、戦争への道を突っ走った一部軍国主義者によって、大なり小なりとうとい犠牲を払ってしまいました。二度と戦争を起こしてはいけないと誓い合った平和憲法の精神は、これからもまた受け継いでいかなければならないし、平和国家としてのみ日本の国は生きる宿命を持っております。
 今回、金鵄勲章の名誉を回復してほしいという方々も、平均年齢七十歳という高齢になっておることを考え、私は心情的に同情せざるを得ない側面があると思っております。生存受章者の九八%というのは、一片の赤紙で召集されたいわば戦争の犠牲者でもあります。また本日ここに来ておられる方々は、幸いにして現在生存をしておりますけれども、しかし、多くの方々はこの戦争のためにとうとい一命を失われ、そしてまた家族の方々は、それからというものはたくましく生きていかなければならないという状態に置かれた。しかも金鶏勲章制度というものはなくなったわけでありますから、当然三十年間というものは日陰扱いという形になったことはやむを得ないにしても、名誉を回復してくれということについて、本当にこれは心情的にとらえなければならない問題であろうかと私は思っております。しかし、請願の内容については簡単なもので、必ずしもその意図というものは明確ではありません。この際、将来のことを含め、私はお伺いをしておかなければならないと思っております。
 きょうは、この請願の紹介議員として稻村先生は金鵄連合会の会長をやっておられますので、やはり会長である稻村先生がこの場所で御答弁くださることば、それはそれなりに公式のお考えであるというふうに私は受け取っておるわけであります。実はこの請願を推進してきた団体、すなわち日本金鶏連合会というものがございますけれども、一部巷間伝えられるところによりますと、連合会の運動方針は、金鵄勲章の復権であり、靖国神社の国家護持、さらには憲法改正の運動をするのだという間違った考え方を持っている方もおられるように思いますが、私はそのような団体ではないだろうと思っております。しかし、この際、私はその性格というものを明確にお聞きしておく必要がある、こう思いまして御質問申し上げます。
#16
○稻村(左)議員 いまお話がありましたように、私は日本金鶏連合会の会長をいたしております。そういう意味から、いま申し上げることは団体を代表してということでございますから、まず間違いはない、こういうふうに受けとめていただきたいと思います。
 私は、過ぐる大戦に参画をしてまいりました。召集された者であります。私は、残念ながら金鶏勲章は、その栄に浴することはできませんでした。そして終戦から三十二年たった五十二年十一月二十八日総理府総務長官を拝命し、日本金鶏連合会の方々と接する機会を得て、金鵄勲章の戦後置かれている現状の姿というものを見たのであります。そしてその名誉回復の運動の純粋さに打たれた。会員の平均年齢は七十有余の御高齢の方々ばかりであります。自分はかつてこのようなりっぱな勲章をもらっていたのだということを子孫に言ってこの世を去っていきたいという、この心情に私は共鳴をいたしたのであります。
 いま請願を求めておりますのは、決して裏も表もございません。生存者で、勲章の現物保有者に限ってその佩用公認のみをしてほしいということだけであります。その他のことは一切思ってもおりませんし、また頭のすみにもございません。
#17
○鈴切委員 昭和五十一年三月十一日制定の日本金鶏連合会の会則によりますと、第四条に目的が掲げられております。そのときの会則それ自体にも私は問題があるけれども、なかんずく将来第四条の目的を実現するための請願であるとするならば、わが党としては賛成するわけにはいかないのであります。その点の見解をまずお伺いしたいと思いますし、またこの会則は五十四年の三月八日に全面改正されて、その目的は、「金鶏勲章の栄誉回復を第一の目的とし、このための活動および会員相互の親睦互助を図る。」と改められ、詳細な規定は削除されておりますけれども、これを改正した理由は何か、その点を明らかにされたいと思います。
#18
○稻村(左)議員 先ほど申し上げましたように、私が会長に就任をいたしましたのは五十四年の三月八日であります。過去にはいま御指摘のような会則であったようです。しかし、それらの一部の動きに同調できない人たちが、自分たちの本当に願っていることはこれだとつくったのがいまの金鶏連合会の会則であります。一部そのようなこともあったようでありますが、その人たちを除いて、いまの日本金鶏連合会の会則は現在の会則であります。
#19
○鈴切委員 この請願の長い経過において、当初は金鵄勲章受章者に併給されていたかつての年金なり一時金を一括して支給するよう請願されたときもあったようであります。今回この請願は、いわゆる金鵄勲章を佩用することを認めてもらいたい、こういうことのみで、もしこの請願が採択されるということになればそうなるわけでありますが、今後さらに何らかの特権が伴うような活動がなされていくというのであれば、わが党としても実は賛成できないところであります。日本国憲法には、「榮譽、勲章その他の榮典の授與は、いかなる特権も伴はない。」とされ、また「榮典の授與は、現にこれを有し、又は將來これを受ける者の一代に限り、その敷力を有する。」と規定されているとおり、何らかの特権を与えたり、かつての金鵄勲章制度のような特権を伴う復活であってはならないと私は思っております。今回の請願の趣旨のとおり、老齢に達したいま、現在の生存者で勲章の所持者に限り佩用を公認してほしいという限度でなければならないと思っておりますが、その点についてはいかがでございましょうか。
#20
○稻村(左)議員 いま申し上げましたように、佩用公認以外に何も考えておりません。いまお話のありました年金であるとかその他についても、それは何も考えておりません。会員は、ただその名誉を抱いていきたいというだけであります。
#21
○鈴切委員 最後に、もちろん金鵄勲章の制度の全面復活を求めているわけではない、そのように私は確信をいたしておりますが、会則には、現在の生存者で、現に勲章の所持者に限り佩用を認めてほしいということになっておりますが、かつて金鵄勲章を授与すると約束した者のうちで現に渡っていない者も相当いると聞いておりますが、それに対して金鶏勲章を新たにつくって渡すということは含まれないと理解してよろしゅうございましょうか。その点をやはり明確にしていただきたい。
#22
○稻村(左)議員 ただいまの御指摘の問題ですが、新しくつくることを考える必要もありませんし、また新しくつくろうということを考えておるものでもございません。
#23
○鈴切委員 いま、金鵄勲章の連合会の会長からそのような御答弁がありましたので、私、非常に明確になったと思います。わが党としては、そういう意味において、これからこの問題については賛成の方向で対処したいと思いますが、ともあれ、そういう御配慮をいただいたことにつきまして厚く御礼を申し上げます。
#24
○江藤委員長 この際、暫時休憩いたします。
    午後一時一分休憩
     ――――◇―――――
    午後三時二分開議
#25
○江藤委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 引き続いて、本日の請願日程全部を一括して議題といたします。
 この際、発言を求められておりますので、順次これを許します。岩垂寿喜男君。
#26
○岩垂委員 この際、旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願に対し、日本社会党の態度を明らかにいたしておきたいと思います。
 金鵄勲章受章者の平均年齢が七十歳、その九八%が一片の赤紙で召集された者であること、そしてこれらの人々が生存中にその名誉を回復してほしいという叙賜者の要求を背景としていることなどについて、私たちは何回となく承ってまいりました。そしてこれらの人たちの訴えを謙虚に党内で検討し、この請願の扱いを討論してきたわけでございます。
 遺憾ながら、この請願について、私どもは二つの点で賛成をすることができません。
 その第一点は、理事会における取り扱いの問題でございます。それは、本院の委員会において請願を審査する理事会の協議は、満場一致を原則としていることは御理解のとおりであり、とりわけ二名以上の理事が反対する場合は保留とするという扱いが慣熟した慣例となってきたことは委員各位の御理解のとおりであります。しかし、本請願の審査をする理事会では、わが党の二人の理事の反対を押し切って、委員会にこのようにしてこの採択を諮る運びとなったわけでございます。この措置は、本院の慣熟した慣例を破るものであり、今後の運営に大きな禍根を残すものであります。その意味で、本委員会の審議になじまない請願の扱いについて賛成することはできない。その意味では、私は、委員長の手元で理事会に戻していただきたい、このことをあえて強調をいたしておきたいと思います。
 反対の第二点は、この勲章が戦争中を中心にして、武功、武勲を立てた人々に対して与えられたものであることは私どもも理解をいたしております。しかし、過ぐる戦争がアジアを初めとする多くの人々に対する侵略ないしは加害者という位置を占めたものであったことは歴史が証言するとおりでございます。戦争に参加した個々の人々の意思いかんにかかわらず、国家の意思がそのことを求めてきたことを考えてみたときに、いま、戦後三十六年たった今日の条件のもとで、こうした勲章の復活とも言われなければならない措置をとることは、被害者であった人々の気持ちというものを察したときに、多くの問題を残さざるを得ないだろうというふうに主張をせざるを得ないのであります。
 とりわけ、最近の国会内外をめぐる状況、政治の状況を考えてみますと、憲法改悪などの論議が現職の閣僚を初めとして公然と主張される、そしてそれがやがて自衛隊の海外派兵やあるいは有事法制化に見られるような、国民を戦争に駆り立てていく、あるいはまた戦争に対する協力を法律をもって押しつけていく、こういう動きが顕著でございます。
 日米共同声明をひもとくまでもなく、日本の軍備の増強、そして同時に防衛分担の拡大等々は、まさに軍国主義の復活の一里塚だというふうに私たちが主張していることが、決して杞憂でないことを国民の多くが理解をしているだろうと私は思うわけでございます。
 そのときに当たって、そうした流れときびすを一つにして、この勲章の名誉を回復するということは、そうした軍国主義的な風潮に対して、さらにそれを促進させていくという役割りに使われかねない、利用されかねない、このことを私は深く危惧するわけでございます。
 その意味で、私どもは率直に申し上げて、叙賜者の皆さんから何回かお話も伺って、そのころからの訴えも伺いましたけれども、しかし、にもかかわらず、いまの二点を中心にいたしまして、この請願というものに賛成する立場にはございません。したがって、願わくば、いま私が議事手続を含めて申し上げた本請願の異例な取り扱いについて抗議をし、反対をしながら、その撤回を要求して、社会党の態度を述べさせていただきたいと思います。
#27
○江藤委員長 鈴切康雄君。
#28
○鈴切委員 私は、公明党を代表いたしまして、今回の金鵄勲章に対する請願についての意見を述べさせていただきます。
 今回の金鵄勲章の請願については、当委員会において、先ほど金鶏勲章連合会会長である稻村先生に対しての質疑にもありますとおり、その趣旨を私どもは理解できましたので、わが党といたしましては賛成であるということをまず表明を申し上げておきます。
 ただ、委員会の請願の取り扱いにつきましては、理事会において各党合意によることを原則としてきたその慣例をわが党も尊重するという立場からいいますと、請願を採決によって処理するということはまことに遺憾であり、そのようなことは再びあってはならないということを強く要請をいたしておきます。
 以上です。
#29
○江藤委員長 神田厚君。
#30
○神田委員 私は、民社党・国民連合を代表いたしまして、ただいま審議に付されております旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願について意見を述べるものであります。
 本請願は、今国会に三百六十八人の議員の紹介により提出をされておりますが、その内容は、請願の趣旨にありますように、「旧勲章の生存受章者は高齢で余命幾ばくもなく、その九八%は一片の赤紙で召集された者である。ついては、昭和二十二年政令第四号で廃止された旧勲章を本人の一代に限り有効となるよう措置されたい。」というものでありまして、また日本金鶏連合会の旧勲童叙賜者の名誉回復に関する請願の中におきましても、るるその真情が述べられているところであります。特に、戦場で一番功績のあった者が金鵄勲章で、次が旭日章、瑞宝章であるわけでありますが、いまその旭日章、瑞宝章は昔のまま勲章として認められておりますけれども、国家のために一番働いた金鵄勲章だけが廃止されたものとなっているというふうに訴えておられます。
 私どもは、このような請願の趣旨にのっとりまして、本日審議をされております旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願につきまして、衆議院の七〇数%の議員が紹介議員となっているということでもありますし、それらの趣旨にかんがみまして、その請願の採択を強くこの際求めるものであります。
 年老いて、いまなお憂国の思いを熱くしている愛国者に対しまして、政府が現在報いられるただ一つの道であると考えまして、民社党は、この旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願の採択を強く要請をいたします。
#31
○江藤委員長 榊利夫君。
#32
○榊委員 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願を委員会採決にかけようとする強行的なやり方、これは請願の扱いは全会一致という従来からの委員会運営審議の民主的慣行をも破るものであり、わが党は強くそれに反対をし、また抗議をするものであります。
 個々の請願者の人々の考えや気持ちは別といたしまして、戦前、戦中のあの金鵄勲章が国外での戦争、つまり侵略戦争での武勲、武功を奨励するためのものであったこと、そしてまた軍国時代の軍隊の精神的支柱とされてきたことも否定しがたい歴史的事実であります。だからこそ一九四八年五月三日、現憲法の施行とまさに日を同じくしてこれが廃止されたのであります。
 憲法前文は、御存じのようにこう述べております。「主権が國民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」そして平和への願いを述べ、「この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」こう述べております。「日本國民は、恒久の平和を念願し、」「國家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」というこの憲法の前文に照らしまして、この金鵄勲率の問題も理解されるべきであり、この廃止措置というものが深刻な戦争と軍国主義への反省に基づいたものであるということを強調せざるを得ないのであります。したがいまして、勲章の名誉回復を行うということは、現憲法の諸原理、特に国民主権と恒久平和の原理に対する挑戦とも言うべきものであり、結局は昨今の侵略戦争肯定、軍事大国化を目指す政治的な策動につながるものと言わなければなりません。国家として金鵄勲竜受領の名誉回復を図る措置をとるならば、それは戦争のための勲章に新たに国家的保障を与えるものとなります。それば国際的にも重大な影響を持つものであり、種々のはね返りも避けがたいでしょう。
 あの半世紀を超える対外戦争は、中国大陸やインドシナ諸国、さらにマレーシア、インドネシア、ビルマなど広範なアジア諸国を舞台にして行われました。数千万の人々は死と流血の犠牲をやはりこうむったわけであります。戦争に駆り出された人々も犠牲をこうむったけれども、その武功、武勲の陰に、これらのアジアその他の諸国民の犠牲があるということも忘れてはならないことであります。勲章の名誉回復措置は、日本の国際的関係からも悪い影響を持つことにならざるを得ないと思うのであります。
 また個々の、受け取ったというその歴史的な事実をただ認知してほしい、こういう気持ちがあることもよく存じております。しかし、それは役所には受領名簿はあるわけであります。その事実の確認はできるわけであります。特別にそれに国家的な保護措置をあえてとるということは私は不要であり、とりわけいままで申し上げてまいりました深刻な反省の上に立った現憲法の主権在民と恒久平和の原理、規定、これに照らしまして、やはり憲法に合致した素直な、常識的な扱いをとるべきものでありまして、これを必要以上に政治的な方向で利用するということは、私たちはどうしても賛成できないわけであります。
 以上の点から、旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願の取り扱いについて、反対という立場を重ねて表明するものであります。
#33
○江藤委員長 楢崎弥之助君。
#34
○楢崎委員 旧金鵄勲章にかかわる請願について、その取り扱い及び内容に関し、社会民主連合の意見を明確にいたしたいと存じます。
 一つは、この請願の取り扱いについて、その内容及びこれまでの請願の取り扱いのルール、慣例、そういう点から見て、採決で結論を出すということには反対であります。
 二番目に、その内容についてでありますが、一番目の問題と関連をいたしますけれども、この問題は議員のそれぞれの信念、信条にかかわる問題でありまして、政党としての統一した意見をまとめるという問題にはなじまない、このように積極的に考えます。したがって、私どもは採決には加わらないことにいたします。
 以上です。
#35
○江藤委員長 これより採決に入ります。
 まず、本日の請願日程中、旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願、すなわち第一九ないし第二二、第二八六ないし第一七一、第四二一、第四四九ないし第四五二、第四六三ないし第四七一、第四八九ないし第四九九、第五二一ないし第五七二、第五七九ないし第六六八、第六七二ないし第六九八、第七〇九ないし第七三四、第七六一ないし第七七二、第七八三ないし第七九九、第八二四ないし第八三九、第八四八ないし第八五二、第八五七ないし第八七一、第八八三ないし第八九〇、第八九七ないし第九二二、第九三三ないし第九三九、第九四八ないし第九五一、第九七五ないし第九七九、第一〇〇三ないし第一〇〇八、第一〇一六ないし第一〇二一、第一〇五〇、第一〇六一ないし第一〇六六、第一二八八、第一一七〇、第一一七四及び第一一八八ないし第一一九七の各請願について採決いたします。
 各請願は、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#36
○江藤委員長 起立多数。よって、さよう決しました。
 次に、他の請願につきましては、先ほどの理事会で御検討を願いましたので、この際、直ちに採決いたします。
 本日の請願日程中、第五六、第五七、第五九、第二〇六、第二〇七、第四二二ないし第四三九、第四八四、第四八五、第五〇〇、第五〇六ないし第五一四、第五七三ないし第五七六、第七〇四ないし第七〇八、第七三六ないし第七三八、第七七三、第八〇六、第八四一、第八四二、第八七三、第八九二、第八九三、第九一五、第九二八、第九二九、第九三〇、第九四一ないし第九四三、第九七四、第九九五ないし第九九九、第一〇〇九、第一〇二二ないし第一〇二八、第一〇三九ないし第一〇四八、第一〇八四ないし第一〇九〇、第一〇九二ないし第一一〇三、第一一二七ないし第一一三二、第一一六二ないし第一二八七、第一一七一、第一一七五及び第一一七六ないし第一一七八の各請願は、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#37
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 この際、一言申し上げます。
 旧勲章叙賜者の名誉回復に関する請願については、理事会において慎重に協議を進めてまいりましたが、残念ながら意見の一致を見るに至りません。そこで、やむを得ず採決いたした次第であります。
 今後は、理事会における全会一致の慣行を尊重して、かかる事態が生じないよう最大の努力をいたす所存でございます。
 ただいま議決いたしました各請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#38
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#39
○江藤委員長 なお、今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしてありますとおり、同和対策事業特別措置法の期限延長に伴う附帯決議の早期実現に関する陳情書外四十件であります。
 以上、御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#40
○江藤委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 初めに、閉会中審査の申し出の件についてお諮りいたします。
 内閣提出、適用対象の消滅等による法律の廃止及び行政事務の簡素合理化に伴う関係法律の
  整理に関する法律案
 中路雅弘君外一名提出、行政機関の公文書の公開に関する法律案
 中路雅弘君外一名提出、国の行政機関の職員等に対する営利企業への就職の制限等に関する法律案
 横山利秋君外六名提出、情報公開法案及び
 鈴切康雄君外七名提出、公文書公開法案並びに
 行政機構並びにその運営に関する件
 恩給及び法制一般に関する件
 公務員の制度及び給与に関する件及び
 栄典に関する件以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 引き続き、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、本会期中設置いたしました同和対策に関する小委員会及び恩給等に関する小委員会につきましては、閉会中もなお引き続き存置することとし、小委員及び小委員長の辞任の許可及び補欠選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#42
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、閉会中審査に当たり、委員会及び小委員会において参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時及び人選等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#43
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、委員長において適宜、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、その派遣の日時、派遣地及び派遣委員の人選等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#44
○江藤委員長 御異議なしと認めます。さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時二十七分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト