くにさくロゴ
1980/07/18 第92回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第092回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1980/07/18 第92回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第092回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第092回国会 議院運営委員会 第2号
昭和五十五年七月十八日(金曜日)
    午後零時五分開議
 出席委員
   委員長 山下 元利君
   理事 森  美秀君 理事 小沢 一郎君
   理事 加藤 紘一君 理事 玉沢徳一郎君
   理事 玉生 孝久君 理事 山口 鶴男君
   理事 広瀬 秀吉君 理事 山田 太郎君
   理事 西田 八郎君
      小里 貞利君    狩野 明男君
      鴨田利太郎君    北口  博君
      古賀  誠君    高橋 辰夫君
      野上  徹君    保利 耕輔君
      川本 敏美君    野口 幸一君
      渡部 行雄君    高橋 高望君
      東中 光雄君    甘利  正君
      西岡 武夫君
 委員外の出席者
        議     長 福田  一君
        副  議  長 岡田 春夫君
        事 務 総 長 大久保 孟君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月十八日
 辞任         補欠選任
  小里 貞利君     鴨田利太郎君
  越智 伊平君     野上  徹君
同日
 辞任         補欠選任
  鴨田利太郎君     小里 貞利君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 特別委員会設置の件
 内閣委員外十六常任委員選任の件
 内閣委員長外十六常任委員長選挙の件
 開会式に関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山下委員長 これより会議を開きます。
 まず、理事の辞任並びに補欠選任についてでありますが、昨十七日理事松永光君及び同森喜朗君がそれぞれ委員を辞任されました。よって、委員長は、後任の理事に玉生孝久君及び玉沢徳一郎君を指名いたしましたので、御了承願います。
#3
○山下委員長 次に、特別委員会設置の件につきお諮りいたします。
 昨日の理事会で合意しましたとおり、委員四十人よりなる災害対策特別委員会、委員おのおの二十五人よりなる公職選挙法改正に関する調査特別委員会、石炭対策特別委員会、物価問題等に関する特別委員会、交通安全対策特別委員会、沖繩及び北方問題に関する特別委員会の各特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 また、委員二十五人よりなる安全保障特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
   〔賛成者挙手〕
#5
○山下委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
 次に、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置問題につきまして、先日来鋭意御協議を願ってまいったのでありますが、各党の意見が一致いたしておりません。
 この際、本問題について御協議を願います。玉沢徳一郎君。
#6
○玉沢委員 これより、ただいまの議題について、自由民主党としての反対の意見を申し上げます。
 航空機輸入調査特別委員会は、設置以来審議を通じて種々の成果を上げたのでありますが、最近の委員会の開会の状況を見ますと、第九十回国会、九十一回国会においては実質審議は各一回ずつ、しかもその内容は、裁判の実情を法務省当局に聴取して、委員がそれについて質疑を行う程度で終わっており、理事会で証人喚問の問題について与野党がかみ合わない議論を繰り返すということで終わっていることは御案内のとおりであります。国会の国政調査権は司法権とは全く分立しているもので、お互いに侵すことができないことも申し上げるまでもないことであります。
 なお、裁判の状況についても、丸紅ルートを残してほとんど終局に近づき、各被告の健康状態等が障害になっている実情であり、ダグラス、グラマン問題についても有森氏については裁判が終わり、海部氏関係についてもほとんど判決の言い渡しを残すのみの段階であることは御承知のとおりであります。
 これらのことを考え合わせても、航空機輸入に関する調査特別委員会の国会における使命は一応終了したものと考えざるを得ません。
 今後究明すべき点は、何も特別委員会に限らず、各所管を持った常任委員会において審議をすれば足りるものであると考えるものであります。さらに新たに究明すべき事態が起こりましたならば、そのような点に留意して検討すべきではないかと考え、設置に対して反対の意見を申し述べる次第であります。
#7
○山下委員長 広瀬秀吉君。
#8
○広瀬委員 私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題になりました航空機輸入に関する調査特別委員会の存続を強く主張する立場において意見を申し述べたいと思います。
 いま、与党自民党の方はもう役割りが済んだということを一つの理由に挙げております。そしてまた裁判が進行している、こういうことで、これも結論に近づきつつあるのだからもうそれに任したらどうか、こういう二つが大体自民党の理由になっておると思うのでありますが、その理由に対して私どもは断じて承服できない、そういう立場で意見を申し上げる次第です。
 まず第一は、これは五十一年の二月二十三日の本会議においてロッキード問題に関する決議というものが国会で、この衆議院で、そしてまた続いて参議院において行われました。そのときの決議を皆さんもう一遍よく思い出していただきたい。このロッキード事件というものが国民感情に与えた影響はきわめて甚大である、こういうことであります。したがって、この真相を徹底的かつ迅速にやらなければいけない、こういうことが言われておるわけであります。
 しかも、それを受けまして、ロッキード問題に関する調査は、主として国会においては予算委員会を中心にやられたわけでありますが、実は予算委員会で予算を人質にとったような形でという表現が適切であるかどうかは別といたしまして、自民党は予算がそのことの審議のために制約されるということ、こういうことで、ぜひひとつロッキード問題に関する調査特別委員会ということにしてくれまいか、そういう形で、そしてその形が五十四年の一月三十日には航空機輸入に関する調査特別委員会、こういうように発展をして、ずっとそれから存続をされてきた、こういう経緯、そしてその決議の中でも、徹底的に調査をし、その真相を解明することを目的にしてということが常にうたわれてきた。この種の決議において徹底的に真相を解明するということがうたわれるということは珍しいわけで、それだけ国会は、そして衆議院は、この問題を重視をして政界浄化の最も大きな柱として委員会がずっと存続をしてきた、こういうことであります。
 ところが、九十一通常国会におきましてこれが審議が余りされぬではなかったかということを理由にされたのでありますが、これは全く事実を曲解するもはなはだしい、まさに木を竹と言いくるめるような、白を黒と言いくるめるような、そういう種類の議論であると私は思うのでありまして、私どもがやはり真相を究明する、解明するということを言うならば、これは当然関連を持った疑惑の中にある人たちを国会に証人として喚問をして質問をし、疑惑を国民の前に解明をしていくというのが当然であります。
 ところが、そのことに対して自民党は全体を挙げて反対をして、ついにそれが実現をしない、こういうような形のまま推移したわけであって、たまたまこの委員長を与党が握るというようなこともありまして、委員会開会にも熱心ではなく、また証人喚問に対しては自民党全党を挙げて反対をしてきた。こういうようなことの中でこれが実現をしなかったのであって、今日の現状というのはまさに真相解明にほど遠いものがある。真相解明の立場から言うならば、これは中途半端そのものである、これから真に迫ったところにいくべきである、こういうことであります。
 特に疑惑の中にある児玉ルートなんというのは、その健康を理由にして一度も国会に出てこなかったし、あるいはまた小佐野ルートの問題等につきましても、その問題は、特に航空機輸入特別委員会に一度もそういう疑惑の中にある人たちが出席をしてこない、こういうようなことがありまして、この委員会の運営が非常に困難をきわめた責任はまさに自民党にあるのであって、その自民党がまさにみずからの過ち、みずからの不明を他に転嫁をするような形において、この委員会が開かれることもなかったというようなことを理由にして廃止を主張するというのは、サギをカラスと一言いくるめるようなたぐいのものであると言わざるを得ないわけであります。真相解明を妨げ、そして委員会を開かないできたのは、挙げて自民党の責任であるということを強く主張しておかなければならないわけであります。
 その中でも、特に小佐野ルートにおいて二十万ドルの行方が不明である。ところがロッキード事件の裁判において、少なくともK・ハマダなる者、これはもう浜田幸一君と言ってもいいのでありましょう。その人がいわゆるラスベガスにおける賭博事件で大きな借金をした、その穴埋めにそれが使われたということが検事の冒頭陳述の補充、訂正という形において、権威ある検察当局からそういうことが行われておる。これは当然小佐野、浜一田幸一君を航空機輸入に関する調査特別委員会に証人として喚問をして真相を解明するということが必要であったにもかかわらず、ついにこれを猛烈な反対によって実現をし得ないで、国民に暗い影を残したまま今日そのことすら実現しないということは実にけしからぬことである。
 これは一例でありますが、そのほかにもわれわれが岸元総理あるいは中村長芳君、これは岸総理の秘書、同じく川部美智雄君、そういうような諸君も証人として喚問要求をしておりましたが、ついにそれも実現をさせなかった、こういうようなことがあるわけでございまして、まさに真相究明にはほど遠い、こういうことが言われるわけであります。したがって、これは当然存続してさらに疑惑解明を国民に対するわれわれの責任としてやっていくことが必要である、こう言わざるを得ません。
 第三に、参議院はやはりその良識において航空機輸入に関する調査特別委員会設置を今回決定をされました。まさにこれは参議院の良識と言うべきものでありましょう。そしてまた、われわれ衆議院もやはり良識の府であり、話し合いの場であり、そして議会制民主政治を守る立場においては全く同じだと思うのであります。衆議院の良識が今日ほど問われていることはない。この問題についてまさに衆議院の良識が疑われるような、今回その廃止という方向を与党が打ち出してくるということに対しては、私どもは、その衆議院の良識の名において、そしてまた議会制民主政治擁護の名において、断じてこれに賛成するわけにはいかぬ。あくまでも存続することが衆議院の良識を全国民に示すことであろう、このように考えるわけであります。
 さらにまた、鈴木新内閣は、和の政治ということを言っておるわけであります。これを真っ正面にうたい文句にされている。これはやはり国民の納得を得られる政治というのが基本になければならぬだろうと思う。その国民の意思を無視し、また、各派協議会において、あるいはまた議運の理事会において、野党側が一致してこの問題については存続をすべきであるということを主張したにもかかわらず、話し合いもまだ不十分のままに、そういう機関決定だというようなことのゆえをもって、これをごり押しに押し切ってくるということは、まさに和の政治なり、あるいは議会制民主政治の根本である話し合いの政治というものをみずから裏切るものであり、まさに新内閣の一番最初に掲げた基本的な政治姿勢というものが国民に疑いの目をもって見られるであろうということを、これは与党に対して警告を発しておかなければならぬというように考えるわけであります。
 私は、これらのことを通じて、断じてこの航空機輸入に関する調査特別委員会は存続すべきである。このことを国民も望んでおる。そして、そういうようなことを通じて、総理が言われる政界浄化という一つの大きな政治姿勢の問題として出しておられるものも、これが口頭禅ではなくて本当に実行の裏づけが得られるのであろう。そういうものをみずから否定をされる自民党のそういう態度に対して、私は心から国民を代表して遺憾の意を表せざるを得ない。したがって、私どもは、この問題についてここで採決で仮に敗れたとしても、われわれは、次の国会においても必ずこれを設置されるような要求はどんどん続けていく、こういうことを最後に強く求めて、私の意見表明を終わらしていただきます。(拍手)
#9
○山下委員長 山田太郎君。
#10
○山田(太)委員 私は、公明党・国民会議を代表して、国会決議によって設置された経緯を持つところの航空機輸入調査特別委員会設置問題について、その存続、設置に賛成の意見を強く表明しておきます。
 現在、金権腐敗政治の一掃と政治倫理の確立は、重要な政治課題であります。一連の航空機疑惑の真相が未解明であるばかりか、ロッキード事件公判の中で新たに浮上した海上自衛隊のP3C、すなわち対潜哨戒機の疑惑や青木調書で明らかになった別口の政界工作、また、前国会でも要求している証人喚問など、航特委における真相究明は依然残されております。しかるに、自民党が航特委の使命、役割りは終わったとしてその廃止を主張して譲らない強引な姿勢は、国民の政治不信を増幅させるものであります。また、そのことは、鈴木首相が強調する対話による和の政治とはうらはらな、多数を背景とした横暴以外の何物でもなく、断じて容認できません。
 申すまでもなく国会は、腐敗政治の追及を求める広範な国民の期待にこたえる責務はもとより、事件の刑事責任とは別に、政治的、道義的責任を明確にする責務を果たさなければなりません。
 なお、参議院においては良識をもって設置しておることにもかんがみ、私は、航空機疑惑事件の真相究明と国民の政治不信払拭のため、航空機輸人調査特別委員会の設置を強く要求し、意見表明を終わります。(拍手)
#11
○山下委員長 西田八郎君。
#12
○西田委員 私は、民社党・国民連合を代表いたしまして、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置について意見を申し述べたいと存じます。
 まず、最初に、先ほど自民党の代表から疑惑は解明されたと言うておられますが、私は、これらの問題はまだ解明されていない。のみならず、最近また新しい問題が出ているというのが現状であります。また、実質審議が全然されていないということでありましたが、これは前国会から通じて、私ども強く開会を要求してまいりました。委員の連名をもって開会要求までした経過がございます。にもかかわらず自民党さんがこれを開かれなかったということであって、この点は非常に遺憾である。むしろ責任政党として野党の要求に応じてもっと数回に及んで開会をしておくべきであった。それを故意に開会されなかったのは自民党であるということをこの際明らかにしておかなければならぬと思います。
 もとより、国会における国政調査権というものと司法、検察権というものとの相違は理解をいたしておりますが、少なくとも国会がこれらの問題の真相を究明することは当然のことであり、またそれを多くの国民の皆さんが望んでおられるところであろうと存じます。したがって、私どもは、この国民の多くの望んでおられるこの問題に対して引き続きやはり解明することがわれわれ国会議員の責務でもあると考えるわけでございます。
 すでに参議院におきましてはこの特別委員会の設置が決められておるわけであります。同じ自民党であって参議院と衆議院と意見が違う、この辺にも私は一つの疑惑を持つものでございます。
 さらに、鈴木内閣が誕生いたしまして、その鈴木総理の最初の言葉は和の政治ということでございます。しかし、この委員会の設置につきましては、各派協議会を通じ、今日まで数回に及んで私どもは議論をしてきたところでございます。ところが、和の政治を訴えられる鈴木総裁のもとで政治を進められる自民党は、すでに党内の決定であるからということでこれを野党各党に押しつけるということは、まさに数の暴力をふるうものであって、断じて許される行為ではないと私は思うわけでございます。
 さらにまた、この航空機輸入に関する調査特別委員会の設置につきましては、これは国会における決議に基づいてなされたものでございます。したがって、私どもはやはり国会決議というものは、国会議員の構成が変わったからといって、その決議の趣旨が変わるものではないと思います。したがって、その趣旨に基づいて引き続き調査し、国会に、衆議院に報告することによって終結するという措置をとるべきが、これは国会の常道ではなかろうかと私は思うわけでございます。したがって、本院におきましても、いま問題になっております航空機輸入に関する調査特別委員会はぜひ設置をすることによって、多くの国民の負託にこたえ、その疑惑を解明することこそ、今国会に、われわれに与えられた重大な使命であるということを考えるわけでございます。
 以上をもちまして、私の主張は、航空機輸入に関する調査特別委員会はぜひ設置すべきであるということを申し述べまして、終わります。(拍手)
#13
○山下委員長 東中光雄君。
#14
○東中委員 私は、日本共産党を代表して、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置について、意見を申し上げます。
 もともとこの特別委員会は、先ほど来言われておりますように、ロッキード決議、そしてまた航空機輸入に関する調査特別委員会をつくるについても、院の決議によってやられてきたものであります。その目的は、かつてないような外国からの贈収賄というような金権腐敗政治の実態を明らかにする、真相を徹底的に解明するということをうたっておることでもわかりますように、そういう性質のものであり、それは明らかに司法の関係の措置とは違った、政治的、道義的な責任を明らかにする、真相を国民の前に明らかにすることによってその政治的な、道義的な責任を明らかにし、政治を正していくというところに目的があり、また、非常に重大な任務であったと思うわけであります。
 ところが、この審議はまだむしろ緒についたばかりと言ってもいいと思うのであります。当初は、裁判が始まるからそれまではということでおくらされ、裁判が始まると、裁判が進んでおるからということでおくらされてきた。しかし、裁判とは明らかに問題が違うわけでありまして、政治的な、道義的な問題を追及することと、あわせて時効の壁とか犯罪構成要件に該当するかしないかというふうなことが問題になるわけではないわけであります。だから、いよいよもっていまこれをさらに本格的に進めなければいかぬときに来ておると思うわけであります。
 いままで委員会が開かれていなかったという自民党の主張でありますけれども、前国会の場合でいえば、たとえば衆議院規則の六十七条による三分の一以上の委員の開会要求があっても、それに対して開かれない。いわば規則に反してまで開かないというふうな状態が続いてきたのであって、これは一に自民党の疑獄隠しの態度だと言われても仕方のないような経緯であったわけであります。
 さらに、浜田幸一君や松野頼三君、岸信介君あるいはこういった人たちの証人の申請も何回か野党側から出されておるわけでありますけれども、それが理事会段階で抑えられる、自民党の国対の方針として抑えるというふうなことさえあったくらいであります。これはまさに、審議をするものがなかったのではなくて、審議をしなかった。それの延長として、今度は廃止という方向まで進んできたというのが今日の実情ではないかと思います。
 国民の期待している清潔な政治、疑惑の徹底的な解明、そして道義的な、政治的な責任を明らかにするために、いまこそ活発に設置をして審議を進めるべきではないか、こう思うわけであります。
 特に最近明らかになりましたいままでの報告では、稻葉元法相時代の報告では、たとえばP3Cはロッキード事件に関係がないというふうに言われておったわけでありますが、最近明らかになったところでは、捜査当局に対して、丸紅の伊藤宏が檜山広社長に対して、P3Cの売り込みについても相談をしたという供述をしたことがあるんだということが明らかになっている。これは軍用・機、対潜哨戒機の輸入に関してそういう商社の介入問題が起こってきている。これは新たな重大な疑惑だと思います。さらに、ラスベガスのサンズホテルの総支配人リチャード・ダナーが、ニクソンの再選委員会のメンバーであって、ニクソンの秘密資金を調達していた人物であるということで、アメリカの議会にも呼び出されているというようなことも明らかになってき、このロッキード資金が日本から米国に逆流するということの舞台としてのサンズホテル、K・ハマダのあのラスベガス賭博事件はそれと関係があるのではないかというふうな新しい重大な疑惑も出てきておるわけであります。
 そういう点からいいまして、航空機輸入に関する調査特別委員会を引き続き設置をし、その真相の徹底的解明を行うべきである、これが国民の声でもある。もしこれを廃止するとすれば、まさに数による疑惑つぶしという非難は免れないのではないか、こう思うわけであります。
 共産党は、そういう観点から、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置を強く主張するものであります。(拍手)
#15
○山下委員長 甘利正君。
#16
○甘利委員 私は、新自由クラブを代表して意見を申し述べます。
 ロッキード問題等の一連の航空機購入にかかわる疑惑はいまだに解明がなされているとは考えられない。
 司法の手による解明とは別に、立法府として、国政調査権の発動の意味からも、国会における疑惑の解明は、国民に対する当然の義務である。したがって、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置、存続は当然である。
 以上、終わります。(拍手)
#17
○山下委員長 それでは、各党から御意見を承りましたが、自由民主党は、航空機輸入に関する調査特別委員会の設置に反対であるとの意見であり、他の党の方々は、その設置を主張しておられまして、意見が一致しておりませんので、やむを得ず採決いたします。
 航空機輸入に関する調査特別委員会を設置するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#18
○山下委員長 挙手少数。よって、航空機輸入に関する調査特別委員会は設置しないことと決定いたしました。なお、委員四十人よりなる災害対策特別委員会委員の各会派割り当て数は、自由民主党二十三人、日本社会党八人、公明党、国民会議三人、民社党・国民連合三人一日本共産党二人、新自由クラブ一人、委員おのおの二十五人よりなる各特別委員会委員の各会派割り当て数は、自由民主党十四人、日本社会党五人、公明党・国民会議二人、民社党・国民連合二人、日本共産党一人、新自由クラブ一人となります。
    ―――――――――――――
#19
○山下委員長 次に、常任委員の選任の件についてでありますが、内閣委員外十六常任委員の選任は、本日の本会議において、議長より、各会派から申し出のとおり指名いたします。
    ―――――――――――――
#20
○山下委員長 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、本日の本会議において、内閣委員長外十六常任委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○山下委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、自由民主党から、新委員長の候補者として、お手元の印刷物にあります諸君を推薦してまいっております。
    ―――――――――――――
   常任委員長候補者
        内閣委員長   江藤 隆美君
        地方行政委員長 左藤  恵君
        法務委員長   高鳥  修君
        外務委員長   奧田 敬和君
        大蔵委員長   綿貫 民輔君
        文教委員長  三ツ林弥太郎君
        社会労働委員長 山下 徳夫君
        農林水産委員長 田邉 國男君
        商工委員長   野中 英二君
        運輸委員長  小此木彦三郎君
        逓信委員長   佐藤 守良君
        建設委員長   稲村 利幸君
        科学技術委員長 中村 弘海君
        環境委員長  山崎 平八郎君
        予算委員長   小山 長規君
        決算委員長   國場 幸昌君
        懲罰委員長   赤城 宗徳君
    ―――――――――――――
#22
○山下委員長 次に、議事進行係の件についてでありますが、議事進行係を、玉沢徳一郎君の後任として、自由民主党の鹿野道彦君にお願いいたすことになりましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#23
○山下委員長 次に、開会式に関する件についてでありますが、開会式は、来る二十二日火曜日午前十一時から行うこととし、また、式次第、式辞につきましては、お手元に配付の案文のとおりといたしますので、御了承願います。
#24
○山下委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#25
○大久保事務総長 まず、日程第一、常任委員の選任につきましては、議長は、各会派からの申し出のとおり指名いたします。
 次に、日程第二、常任委員長の選挙につきましては、手続を省略いたしまして、議長において指名いたします。次に、特別委員会設置の件についてお諮りいたします。採決は二回に分けて行います。まず、各党合意の六つの特別委員会の設置についてお諮りいたします。これは全会一致でございます。次に、安全保障特別委員会の設置についてお諮りいたします。共産党が反対でございます。
 以上でございます。
#26
○山下委員長 それでは、本日の本会議は、午後一時予鈴、午後一時十分から開会いたします。
    ―――――――――――――
#27
○山下委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、来る二十二日火曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時三十分理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト