くにさくロゴ
1980/07/25 第92回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第092回国会 社会労働委員会 第1号
姉妹サイト
 
1980/07/25 第92回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第092回国会 社会労働委員会 第1号

#1
第092回国会 社会労働委員会 第1号
本委員は昭和五十五年七月十八日(金曜日)議長の
指名で、次のとおり選任された。
      今井  勇君    小沢 辰男君
      木野 晴夫君    北口  博君
      小坂徳三郎君    古賀  誠君
      泰道 三八君    竹内 黎一君
      谷垣 專一君    戸井田三郎君
      戸沢 政方君    友納 武人君
      中尾 栄一君    中野 四郎君
      長野 祐也君    丹羽 雄哉君
      葉梨 信行君    八田 貞義君
      浜田卓二郎君    船田  元君
      箕輪  登君    山下 徳夫君
      湯川  宏君    池端 清一君
      枝村 要作君    金子 みつ君
      川本 敏美君    佐藤  誼君
      田口 一男君    栂野 泰二君
      永井 孝信君    森井 忠良君
      大橋 敏雄君   平石磨作太郎君
      塩田  晋君    米沢  隆君
      浦井  洋君    小沢 和秋君
      石原健太郎君    菅  直人君
七月十八日
 山下徳夫君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十五年七月二十五日(金曜日)
    午前十時七分開議
 出席委員
   委員長 山下 徳夫君
   理事 今井  勇君 理事 戸井田三郎君
   理事 戸沢 政方君 理事 田口 一男君
  理事 森井 忠良君 理事 平石磨作太郎君
   理事 米沢  隆君
      小沢 辰男君    木野 晴夫君
      小坂徳三郎君    古賀  誠君
      竹内 黎一君    谷垣 專一君
      友納 武人君    中野 四郎君
      長野 祐也君    葉梨 信行君
      八田 貞義君    浜田卓二郎君
      船田  元君    牧野 隆守君
      池端 清一君    枝村 要作君
      金子 みつ君    川本 敏美君
      佐藤  誼君    栂野 泰二君
      永井 孝信君    大橋 敏雄君
      塩田  晋君    浦井  洋君
      小沢 和秋君    石原健太郎君
      菅  直人君
 出席国務大臣
        厚 生 大 臣 齋藤 邦吉君
        労 働 大 臣 藤尾 正行君
 委員外の出席者
        厚生政務次官  大石 千八君
        労働政務次官  深谷 隆司君
        社会労働委員会
        調査室長    河村 次郎君
    ―――――――――――――
七月二十五日
      今井  勇君    戸井田三郎君
      戸沢 政方君    湯川  宏君
      田口 一男君    森井 忠良君
     平石磨作太郎君    米沢  隆君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
委員の異動
七月二十二日
 辞任         補欠選任
  北口  博君     金子 岩三君
  泰道 三八君     牧野 隆守君
同月二十四日
 辞任         補欠選任
  菅  直人君     阿部 昭吾君
同日
 辞任         補欠選任
  阿部 昭吾君     菅  直人君
    ―――――――――――――
七月二十三日
 戦後強制抑留者の補償に関する請願(赤城宗徳
 君紹介)(第四号)
 戦後ソ連強制抑留者の補償に関する請願(山口
 敏夫君外九名紹介)(第五号)
 同(菅直人君外二名紹介)(第六号)
 同(平石磨作太郎君外九名紹介)(第五一号)
 同(薮仲義彦君紹介)(第五二号)
 昭和五十六年度の保育予算増額等に関する請願
 (安藤巖君紹介)(第一〇号)
 同(岩佐恵美君紹介)(第一一号)
 同(浦井洋君紹介)(第一二号)
 同(小沢和秋君紹介)(第一三号)
 同(金子満広君紹介)(第一四号)
 同(栗田翠君紹介)(第一五号)
 同(小林政子君紹介)(第一六号)
 同(榊利夫君紹介)(第一七号)
 同(瀬崎博義君紹介)(第一八号)
 同(瀬長亀次郎君紹介)(第一九号)
 同(辻第一君紹介)(第二〇号)
 同(寺前巖君紹介)(第二一号)
 同(中路雅弘君紹介)(第二二号)
 同(中島武敏君紹介)(第二三号)
 同(野間友一君紹介)(第二四号)
 同(林百郎君紹介)(第二五号)
 同(東中光雄君紹介)(第二六号)
 同(不破哲三君紹介)(第二七号)
 同(藤田スミ君紹介)(第二八号)
 同(藤原ひろ子君紹介)(第二九号)
 同(正森成二君紹介)(第三〇号)
 同(松本善明君紹介)(第三一号)
 同(三浦久君紹介)(第三二号)
 同(三谷秀治君紹介)(第三三号)
 同(簑輪幸代君紹介)(第三四号)
 同(村上弘君紹介)(第三五号)
 同(山原健二郎君紹介)(第三六号)
 同(四ツ谷光子君紹介)(第三七号)
 同(渡辺貢君紹介)(第三八号)
 障害者の共同作業所維持発展等に関する請願
 (岩佐恵美君紹介)(第三九号)
 同(渡辺貢君紹介)(第四〇号)
 医療保険制度の改悪反対、良い医療制度の確立
 に関する請願(辻第一君紹介)(第四一号)
 療術の制度化促進に関する請願(楢崎弥之助君
 紹介)(第四二号)
 同外二件(岸田文武君紹介)(第六一号)
 良い医療制度確立に関する請願(山原健二郎君
 紹介)(第四三号)
 戦後強制抑留者の処遇改善に関する請願(鳥居
 一雄君紹介)(第四四号)
 児童手当制度改善及び老人医療無料化制度存続
 等に関する請願外九件(山田太郎君紹介)(第四
 五号)
 労働者災害補償保険法の改悪反対等に関する請
 願(浦井洋君紹介)(第四六号)
 厚生年金保険法の改悪反対等に関する請願(小
 沢和秋君紹介)(第四七号)
 同(簑輪幸代君紹介)(第四八号)
 年金・医療制度の改悪中止等に関する請願(中路
 雅弘君紹介)(第四九号)
 医療保険制度の改悪反対等に関する請願(鳥居
 一雄君紹介)(第五〇号)
 重度戦傷病者及び家族の援護に関する請願(有
 馬元治君紹介)(第六二号)
 同(上草義輝君紹介)(第六三号)
 国民健康保険における傷病手当、出産手当の実
 施等に関する請願(浦井洋君紹介)(第六四号)
 同(小沢和秋君紹介)(第六五号)
 同(中路雅弘君紹介)(第六六号)
 同(松本善明君紹介)(第六七号)
 同(渡辺貢君紹介)(第六八号)
 医療保険制度及び建設国民健康保険組合の改善
 に関する請願(小沢和秋君紹介)(第七二号)
 同(寺前巖君紹介)(第七三号)
 同(中路雅弘君紹介)(第七四号)
 同(中島武敏君紹介)(第七五号)
 同(野間友一君紹介)(第七六号)
 同(藤田スミ君紹介)(第七七号)
 同(正森成二君紹介)(第七八号)
 同(簑輪幸代君紹介)(第七九号)
 同(山原健二郎君紹介)(第八〇号)
 同(渡辺貢君紹介)(第八一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
七月二十三日
 被爆者援護法の制定に関する陳情書外八件(赤
 平市議会議長川上仁三郎外八名)(第一七号)
 高齢化社会に対応する諸施策の推進に関する陳
 情書外一件(関東一都九県議会議長会代表東京
 都議会議長高橋一郎外十九名)(第一八号)
 市町村社会福祉協議会の法制化に関する陳情書
 (北海道標津郡標津町議会議長大沼善雄)(第一
 九号)
 上水道事業に対する助成措置の拡充に関する陳
 情書(関東一都九県議会議長会代表東京都議会
 議長高橋一郎外九名)(第二〇号)
 障害者総合的対策の樹立に関する陳情書(十都
 道府県議会議長会代表大阪府議会議長若林勝市
 外九名)(第二一号)
 老人専門医療施設の設置に関する陳情書(十都
 道府県議会議長会代表大阪府議会議長若林勝市
 外九名)(第二二号)
 戦後強制抑留者の補償に関する陳情書外一件
 (静岡県駿東郡清水町議会議長大村武雄外一名)
 (第二三号)
 覚せい剤対策の充実強化に関する陳情書(中国
 五県議会正副議長会議代表山口県議会議長貞兼
 一外四名)(第二四号)
 公共職業安定所及び労働基準監督署の増員等に
 関する陳情書(水海道市議会議長倉持健一郎)
 (第二五号)
 未帰還者援護及び遺骨の収集に関する陳情書
 (岩手県東磐井郡東山町議会議長松川誠)(第二
 六号)
 大規模年金保養基地安浦基地の早期着工に関す
 る陳情書(広島県豊田郡安浦町議会議長原山五
 百里)(第二七号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山下委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が当委員会の委員長に就任いたしました。
 御承知のとおり、現下の厳しい経済社会情勢のもとで、急速な高齢化社会を迎えつつある今日、福祉、雇用の問題等に国民各界各層から強い関心が向けられており、当委員会の任務はますます重要であると存じます。
 この時期に当委員会の委員長に就任し、その職責の重大さを痛感いたしております。もとより不敏ではございますが、練達堪能なる委員各位の御指導と御協力を賜り、円満な委員会運営に努め、その重責を果たしてまいりたいと存じます。
 ここに皆様方の特段の御支援と御鞭撻をお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○山下委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は八名とし、先例によりまして委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○山下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 それでは
      今井  勇君     戸井田三郎君
      戸沢 政方君     湯川  宏君
      田口 一男君     森井 忠良君
      平石磨作太郎君 及び 米沢  隆君
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○山下委員長 この際、厚生大臣並びに労働大臣から、それぞれ発言の申し出がありますので、これを許します。厚生大臣齋藤邦吉君。
#6
○齋藤(邦)国務大臣 さきに鈴木内閣の発足に際しまして、厚生大臣に就任いたしました齋藤邦吉でございます。
 厚生行政は国民生活に幅広くかかわりのある役所でございまして、私も、その責任の重大を痛感いたしておる次第でございます。
 厚生省の現在の仕事といたしましては、医療問題、保険問題、年金問題その他、きわめて重要な課題があるわけでございまして、私も、そうした問題の解決に全力を傾けるつもりでございますが、何といたしましても、それには皆さん方の絶大なる御協力、御鞭撻が必要でございますので、今後とも皆様方のそうした御鞭撻、御協力のほどを心からお願いを申し上げまして、一言ごあいさつにかえる次第でございます。(拍手)
#7
○山下委員長 労働大臣藤尾正行君。
#8
○藤尾国務大臣 このたび労働大臣に就任をいたしました藤尾正行でございます。
 御案内のとおり、国際的には貿易問題でありますとか、あるいはエネルギー問題でありますとか、あるいは国内的には物価の問題でございますとか、こういう問題と関連をいたしまして、働かれる方々の御生活を守っていく、安全保障をきちんと整えていくということは大変な問題でございますし、これには非常な決意と努力をもちまして当たっていかなければならぬ、かように考えております。幸いにいたしまして総理大臣初め、和ということをよく頭に置いてやろうということで、こういった中におきまして、困難ないろいろな生活上の福祉防衛の問題、こういったことを各界各層と十二分に話し合いをしてまいりまして、お互いに肝胆を本当によく理解し合いまして、事の前進と、そうして解決を図っていきたい、かように考えております。
 しかしながら、事は余りにも重大であり、私どもの経験、知識、こういったものが余りにも浅薄でございます。どうか、こういった重大な問題を担当するに当たりまして、非常に御経験の深い委員各位の御同情と御協力、御指導をちょうだいいたしまして、過ちなく、このむずかしい問題をひとつ前進をさせていきたい、かように考えておりますので、今後よろしく、どうぞ御指導をお願いをする次第でございます。
 皆様方の御協力に期待をさせていただきまして、私のごあいさつといたします。よろしく、どうぞお願いをいたします。(拍手)
#9
○山下委員長 次に、厚生政務次官並びに労働政務次官から、それぞれ発言の申し出がありますので、これを許します。厚生政務次官大石千八君。
#10
○大石説明員 大石千八でございます。厚生政務次官を拝命いたしました。
 社会福祉の問題、厚生行政に造詣の深い委員の先生方の御指導、御鞭撻、御理解をいただきまして、厚生大臣を補佐して、その責任を全うしていきたいと思いますので、よろしく御指導のほどお願いを申し上げます。(拍手)
#11
○山下委員長 労働政務次官深谷隆司君。
#12
○深谷説明員 このたび労働政務次官を拝命いたしました深谷隆司でございます。
 労働大臣が申されたように、きわめて重大な役職だと思っております。至りませんが、委員長初め委員各位の御指導によりまして、全力を挙げて職務を全うしたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
#13
○山下委員長 この際、暫時休憩いたします。
    午前十時十四分休憩
     ――――◇―――――
    午前十時五十二分開議
#14
○山下委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、申し上げます。
 本委員会に付託になりました請願は六十四件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先ほど理事会において慎重に協議いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、さよう御了承願います。
 また、本日までに本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、被爆者援護法の制定に関する陳情書外十件でございます。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#15
○山下委員長 次に、閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。
 厚生関係の基本施策に関する件
 労働関係の基本施策に関する件
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び
  人口問題に関する件
並びに
 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関す
  る件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○山下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になり、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣地等、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○山下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 この際、休憩いたします。
    午前十時五十三分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト