くにさくロゴ
1980/07/22 第92回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第092回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1980/07/22 第92回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第092回国会 内閣委員会 第1号

#1
第092回国会 内閣委員会 第1号
本委員は昭和五十五年七月十八日(金曜日)議長の
指名で、次のとおり選任された。
      愛野興一郎君    有馬 元治君
     稻村佐近四郎君    上草 義輝君
      江藤 隆美君    小渡 三郎君
      唐沢俊二郎君    川崎 二郎君
      木野 晴夫君    染谷  誠君
      田澤 吉郎君    田名部匡省君
      田村  元君    竹中 修一君
      塚原 俊平君    宮崎 茂一君
      森  美秀君    岩垂寿喜男君
      上田 卓三君    上原 康助君
      角屋堅次郎君    矢山 有作君
      渡部 行雄君    市川 雄一君
      鈴切 康雄君    小沢 貞孝君
      神田  厚君    榊  利夫君
      中島 武敏君    河野 洋平君
七月十八日
 江藤隆美君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十五年七月二十二日(火曜日)
    午後一時三十四分開議
 出席委員
   委員長 江藤 隆美君
  理事 愛野興一郎君 理事 稻村佐近四郎君
   理事 染谷  誠君 理事 塚原 俊平君
   理事 岩垂寿喜男君 理事 上田 卓三君
   理事 鈴切 康雄君 理事 神田  厚君
      有馬 元治君    上草 義輝君
      小渡 三郎君    川崎 二郎君
      木野 晴夫君    倉成  正君
      田名部匡省君    田村  元君
      竹中 修一君    宮崎 茂一君
      角屋堅次郎君    矢山 有作君
      渡部 行雄君    市川 雄一君
      榊  利夫君    中島 武敏君
      河野 洋平君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (総理府総務長
        官)      中山 太郎君
        国 務 大 臣
        (行政管理庁長
        官)      中曽根康弘君
        国 務 大 臣
        (北海道開発庁
        長官)     原 健三郎君
        国 務 大 臣
        (防衛庁長官) 大村 襄治君
 委員外の出席者
        総理府総務副長
        官       佐藤 信二君
        行政管理政務次
        官       堀内 光雄君
        北海道開発政務
        次官      中村 啓一君
        防衛政務次官  山崎  拓君
        内閣委員会調査
        室長      山口  一君
    ―――――――――――――
委員の異動
七月二十二日
 辞任         補欠選任
  唐沢俊二郎君     倉成  正君
七月二十二日
      愛野興一郎君   稻村佐近四郎君
      染谷  誠君    塚原 俊平君
      岩垂寿喜男君    上田 卓三君
      鈴切 康雄君    神田  厚君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○江藤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 今回、当内閣委員会の委員長に就任することになりました江藤隆美でございます。
 ふなれでございますが、委員各位の御協力と御指導を仰ぎまして、誠心誠意努力をいたし、もってこの委員会の職責を全うするよう、皆様とともに努力をいたしてまいりたいと存じておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○江藤委員長 これより理事の互選を行います。
#4
○塚原委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#5
○江藤委員長 ただいまの塚原俊平君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 委員長は、理事に
      愛野興一郎君   稻村佐近四郎君
      染谷  誠君    塚原 俊平君
      岩垂寿喜男君    上田 卓三君
      鈴切 康雄君 及び 神田  厚君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#7
○江藤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 今会期中、国の行政の改善を図り、公務員制度
及び給与の適正を期する等のため、
 一、行政機構並びにその運営に関する事項
 二、恩給及び法制一般に関する事項
 三、公務員の制度及び給与に関する事項
 四、栄典に関する事項
以上の各事項について、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、国政調査を行うこととし、議長にその承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○江藤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#9
○江藤委員長 この際、新たに就任された国務大臣及び政務次官の方々から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。中山総理府総務長官。
#10
○中山国務大臣 今般、鈴木内閣の発足に当たりまして、総理府総務長官並びに沖繩開発庁長官を拝命いたしました中山でございます。
 はなはだ微力でございますが、誠心誠意その職務に努力いたしたいと考えております。委員長並びに委員各位の御指導、御鞭撻を賜りまして、無事職務が完遂できますよう心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○江藤委員長 中曽根行政管理庁長官。
#12
○中曽根国務大臣 今回、はからずも行政管理庁長官を拝命いたしました中曽根康弘でございます。
 行政改革は、刻下の政治問題の中で非常に重大な問題であると心得ております。宇野前長官の後を受けまして、宇野長官のやろうといたしましたことを有終の美をなさしめ、さらにこの問題につきまして前進を心がけまして、誠心誠意努力いたしたいと思います。委員各位の皆様方の御鞭撻を心からお願い申し上げる次第でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
#13
○江藤委員長 原北海道開発庁長官。
#14
○原国務大臣 このたび、北海道開発庁長官に任命されました原健三郎でございます。
 委員長並びに委員各位には、日ごろ北海道開発のために御尽瘁されまして、その必要性を私がるる申し上げる必要もございません。その御努力に対し深く敬意を表するところでございます。私も長官に任命されました以上、全力を傾けて北海道開発に尽くしたいと思っております。よろしく御指導、御鞭撻のほどを切にお願い申し上げまして、ごあいさつにかえます。ありがとうございました。(拍手)
#15
○江藤委員長 大村防衛庁長官。
#16
○大村国務大臣 このたび、防衛庁長官を拝命いたしました大村襄治でございます。
 委員長並びに委員の先生方の御指導、御鞭撻を賜りまして、大任を遂行してまいりたいと考えておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#17
○江藤委員長 佐藤総理府総務副長官。
#18
○佐藤説明員 このたび、総理府総務副長官を拝命いたしました佐藤信二でございます。
 微力ではございますが、中山総理府総務長官のもとで誠心誠意務めさしていただきます。委員長を初め委員の皆様方の御指導と御鞭撻をお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)
#19
○江藤委員長 堀内行政管理政務次官。
#20
○掘内説明員 このたび、行政管理政務次官を拝命いたしました堀内光雄でございます。
 微力ではございますが、中曽根大臣を補佐いたしまして、全力を挙げて取り組んでまいる覚悟でございます。委員長初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#21
○江藤委員長 中村北海道開発政務次官。
#22
○中村説明員 このたび、北海道開発政務次官を拝命いたしました中村啓一でございます。
 諸先生の御指導のもと、一生懸命がんばってまいりたいと思います。何分よろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)
#23
○江藤委員長 山崎防衛政務次官。
#24
○山崎説明員 このたび、防衛政務次官を拝命いたしました山崎拓でございます。
 大臣を補佐いたしまして、その職務を遂行するために微力を尽くしたいと存じます。委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻をお願い申し上げます。(拍手)
#25
○江藤委員長 以上をもって国務大臣並びに政務次官のごあいさつは終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後一時四十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト