くにさくロゴ
1947/09/26 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 図書館運営委員会 第3号
姉妹サイト
 
1947/09/26 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 図書館運営委員会 第3号

#1
第001回国会 図書館運営委員会 第3号
  付託事件
○國會圖書館設立促進に關する件
○圖書購入評價委員に關する件
○本院圖書館利用に關する件
○國會圖書館長選任に關する件
――――――――――――――――
昭和二十二年九月二十六日(金曜日)
   午前十一時五十八分開會
  ―――――――――――――
  本日の會議に付した事件
○圖書購入評價委員に關する件
○本院圖書館利用に關する件
○國會圖書館設立促進に關する件
○國會圖書館長選任に關する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(羽仁五郎君) それではこれから委員會を開きます。今日お諮りしたい問題は六つございまして、その第一は、先頃から満鐵圖書を初め、將來の國會圖書館のために圖書を購入する場合の評價委員をお決め願いたいということであります。衆議院の方ではすでに決定されまして、委員長と理事がその評價委員に選ばれたようであります。參議院のこの委員會といたしましては、どういうふうにしたらよろしうございますか。その點をお諮りいたします。
#3
○小林勝馬君 この前評價委員はたしか堀さんとどなたかというような話が一時出ておつたような氣がするようでありますけれども、尚お委員長におかれましてお考えがありましたらそれを發表して頂きまして、皆さんの御承認を願つたら如何かと思いますが……。
#4
○委員長(羽仁五郎君) この評價委員の實際のの評價に當る仕事は、我々ではなかなか專門的な知識が不足しておりまして困難であります。いよいよ評價にする場合は、それぞれ專門家の意見を聽かなければならんと思います。ただそれの責任をとるという意味で、或いは衆議院と同様に委員長と理事とがその責任をとるということが衆議院と同じ意味においても宜しいかと思いますが、皆さんのお考えで……。
#5
○小林勝馬君 そういうことでございましたならば、衆議院と同様、委員長と理事に御一任願いたいと思いますが、皆さんは如何でしようか。
   〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(羽仁五郎君) 御異議ございませんければ、そのようにして、委員長と理事とが評價委員として決定されました。それから第二の問題は、参議院議員の皆さんの中から、現在の参議院の圖書館おいていろいろ調査研究をなさ
るについて、現在晝間圖書館が開かれておる時間の間だけでは、晝間なかなか忙しくてそれを利用するのに困難であるので、夕方まで開いて欲しいという御希望が私のところまで参つておりますが、そういう議員諸君の中で、圖書館を利用されたいという、積極的な御希望があるということについて、私も非常に喜ばしいことであると考えまして、現在の圖書館の事情も多少聽いて見まして、必ずしも不可能ではないということでありますが、この問題は如何いたしたらよろしうございましよか。
#7
○小林勝馬君 現在運營するのに支障ないようでございましたら、そのように取計らつて頂いたら如何かと思います。
#8
○委員長(羽仁五郎君) どうですか。如何でございましようか。
#9
○山田佐一君 結構でございます。
#10
○委員長(羽仁五郎君) 成るべくそういう議員各位の希望に副うように研究して頂いて、できるだけ早く實行に移すように……。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(羽仁五郎君) それから第三の問題は、やはり参議院の議員諸君の間から、重大な責任を持つた立法者としての参議院議員の調査要求に鷹ずるような調査機構を参議院内において充實させなければならないという、非常に熱心な希望が昂まつて、それが御承知のように議院運營委員會の中の小委員會として國會調査機關擴充の件を討議しておられまして、昨日その第一囘の會合を持たれたようでありますが、この問題は本委員會に取つても最初から皆さんの熱心な御努力を頂いて來た問題でありますし、將來國會圖書館において十分の調査機能が發揮せられて行くように、その線に沿うて行くべき問題であると考えますが、この問題について御意見を伺いたいと考えます。
#12
○小林勝馬君 將來國會圖書館におきまして、調査部その他もできる次第でございますから、その場合に現在の調査部を擴充されることにつきましては、是非共この圖書館運營委員會と連絡を取つて頂いて、協力して頂いて、一應差當りの擴充をして、頂くような方途に持つて行かれたら如何でございましようか。
#13
○委員長(羽仁五郎君) 只今の小林委員の御意見非常に重要な御意見だと考えます。尚それを具體化して行く點などについて、お考えがございませんでしようか。その議院運營委員會の調査機関擴充委員會にこちらから何か協力の申入れをした方がよろしうございましようか。如何でありますか。或いは獨自にそれぞれやつて、或る程度まで問題が進んでから提携合同ということを考えたらよろしうございましようか。その點如何でございましようか。
#14
○小林勝馬君 それは最初から關係しておられた方がいいと思います。後になつて、向うで可成りのものができ上つてからとやかく言うということになりますから、最初から圖書館運營委員會としてはそういう考えを持つておるということを、やはり連絡とて置いて頂きたいと思います。
#15
○委員長(羽仁五郎君) 皆さん、如何でございましようか。
#16
○山田佐一君 この委員會は、各專門の常任委員會の中の專門調査委員ですか。全體の調査委員會を運營委員會で採上げておるというのか。專門調査委員はどういう工合になつておりますか。專門調査委員ではなく全體の調査機關ということを考えておられるようでありますが、各部々々の常任委員會ではないわけですね。
#17
○委員長(羽仁五郎君) そうです。
#18
○山田佐一君 結構です。
#19
○委員長(羽仁五郎君) この點については本日委員長懇談の際に、法制部の機構擴充という問題も出たようであります。それらはいろいろ十分研究して行くべき問題でありますが、併し絶えずその議題運營委員會のこの問題についてこの小委員會と連絡を取るということを、それではこの委員會から希望いたして置くようにいたしましよう。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(羽仁五郎君) 第四の問題は、この國會圖書館設立について、連合軍最高司令部の配慮によつて、アメリカのコングレス・ライブラリーその他からアドヴアイサーが三人來て下さることになつたことは皆さんの御承知のところであります。間もなくその方方が見えて、約三十日間日本に滯存せられます。その三十日間をできるだけ有攻にしたいというので、これを直接扱つておられるのが連合軍最高司令部、民間情報教育部のネルソンという方であります。そのネルソン君から私に申入れがありまして、その三十日間の日程をどういうふうに作つたらいいかということを圖書館運營委員會の委員の方々のお考を承りたい。これは勿論數日中ということでなく、來週でも再來週でも結構だが、その考を承りたいと考えておりますので、その三十日間アドヴアイサーが日本に滯在しておる間に、どういう日程で國會圖書館設立促進の問題をやつて頂くか。この話はこれは今日只今直ぐお考を承るということよりも、次の委員會までに御考慮願いたいと考えております。私は明日午前十時からネルソン氏に呼ばれておりますので、皆さんがその點をお考え下さることを答え、先方のいろいろなサゼツシヨンを受けたいと考えておりますこれはそういうふうにしてよろしうございますか。
#21
○山田佐一君 結構でございます。
#22
○委員長(羽仁五郎君) 第五の問題は、先頃日本に見えましたロツクフェラー財團の人文科學部の責任者の一人でありますチヤールス・ビーラ・アース君が日本におられる間に参議院と衆議院と両院の圖書館運營委員會の委員長、それから両院の議長と、衆議院の議長室で懇談をせられたわけですが、その際に國會圖書館の設立について非常に熱心な厚意を示されたわけですが、最近アメリカに歸られまして、そうして直ちに参議院圖書館運營委員長羽仁五郎宛にに手紙をよこされました。その手紙で次のようなことを述べておられる。「自分は数日前に歸つて來た。そうしてアメリカのザ・アメリカン・ポリテイカル・サイエンス・レヴユウという雑誌が一九三六年から四六年まで揃つておるのが自分の手許にある。この雑誌は非常に自分達の所に亀有益であるけれども、併しあなた方の所において、日本において最も有益であると考えるので、自分はこれを新らしく設立せらるべき國會圖書館に對して一つの贈物として發送しようと考えている。で、この雑誌を贈ることはGHQの規則によつて、日本におけるGHQの民間情報教育部を通してあなた方の所に送られるでしよう。これらの雑誌は、昨日郵便で發送されました。昨日というのは八月十一日でございます。六つの小包によつて送られて行きます。これらはすべてあなた方の所に安全に届くことを希望しております。このザ・アメリカン・ポリテイカル・サイエンス・レヴユウの編輯者は、政治の問題について特に重要な關心を拂つておることは諸君の知られる通りであります。だからこの雑誌の中に、國會の組織であるとか、或いは國會圖書館における議院の立法のための調査の仕事であるとか、或いは外交關係の問題であるとか、その外多くの問題についてあなた方の同僚が多大の参考となるものを、日本の政治的再建の當面の問題について發見されるであろう。最後に、自分は日本の衆議院及び参議院の兩院の圖書館運營委員の諸君と曾う機會を持つたことを非常に喜んでおり、その語言の重要な仕事があらゆる點において成功せられんことを希望する。チャールズ・ピー・フアース」。そういう手紙が參つております。これを皆さんに御報告申上げる次第でありますが、これに對してどういうふうに取計いましたら宜しうございましようか。御意見を伺いたいと思います。
#23
○小林勝馬君 何か謝意を表わすことを一つ委員長におかれまして御研究願いたいと存じます。
#24
○委員長(羽仁五郎君) それでは早速これを衆議院の方の委員長に御報告いたしまして、新國會図書館に對する最初の贈物でありますので、これに對して十分の或或の感激を表明する方法を御相談いたしまして、又この委員會に御報告申上げるようにいたします。
 それから最後の問題は館長選定に關する問題でありますが、只今申上げました問題、國會議員の調査活動のための機関に對する要望が高まつておる。そのために議院運營委員會において小委員會が活動を開始しておられるというふうな點から申しましても、國會圖書舘の活動が一刻も早く開始されることが必要でありますが、そのためにまずどうしてもできるだけ早く館長の撰定が行われることが、必要であるわけですが、その點についてこの委員會の御決定によりまして、いろいろな方面に意見を求めまして、その結果が約二十通ほど返事が參つております。で、尚こういう方法で我々の委員會は館長選定についての參考の資料を集めておるということを、休會前に關係方面にも報告をいたして置きましたので、その點について、こういう方法で進んで行くことが好結果をもたらすことを希望されたわけでありますが、只今御報告申上げました國會圖書館運營に對するアドザアイサーが最近到著されるので、或いはその館長選定の問題も、アドヴアイサーが到著されてから、そのアドヴアイサーからいろいろな意見を聞いて、それを參考にして進んだ方がいいのではないかというふうにも考えられますが、この點いかがでございましようか。この問題は、一面ではやはり國會圖書館かできるだけ早く出發しなければならないという點と、それから他面ではできるだけ立派に出發させなければならない。そのためにはいろいろなアヴアイスを伺つた方がいいということとありますので、實は私の考えでは、これはアドヴアイサーがいつ頃到著せられるかということもあるわけですが、大體今までのこの委員會の進行をこのまま続けて行きまして、来週か再來週あたりまでに到著したいろいろな格方面の意見というものを來週あたりにでも一應整理いたしまして、そうして皆さんに御覽を願つて、皆さんのお考えを伺うというふうに進めて行くことと、それからアドヴアイサーが到著される時期とが大體一致するのではないかと考えております。で、各方面から參つております報告書はいずれ整理して御報告申上げるつもりでおりますが、それまでの間でも私の所にございますので、いつでも御覽頂きたいと考えております。
#25
○小林勝馬君 大體來週あたりに又委員會を開いて頂きまして、その節その各地から集りました情報その他を御報告願いたいと思います。その内にアドヴアイサーの見える期日もはつきりするだろうと思いますし、あまり遅れてもなんだかぐずぐずしておるようになりますから、早急に又推進して行かなくてはいけないのじやないかと思いますから、さよう御承知を願います。
#26
○委員長(羽仁五郎君) 私からお諮り申上げたいと思いましたことは大體以上の問題でありますが、何かその他に問題がございましたら、どうぞ御發言を願います。……それでは本日は以上大體御報告申上げ、又お決め願つたことでこれから進んで參りまして、來週できるだけ早く又お集りを願つて、その後のことをお諮りいたすことにいたします。ではこれで委員會を終ります。
   午後零時二十一分散會
 出席者は左の通り。
   委員長     羽仁 五郎君
   委員
           金子吉太郎君
           山田 佐一君
           小林 勝馬君
           梅原 眞隆君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト