くにさくロゴ
1978/02/27 第87回国会 参議院 参議院会議録情報 第087回国会 外務委員会 第5号
姉妹サイト
 
1978/02/27 第87回国会 参議院

参議院会議録情報 第087回国会 外務委員会 第5号

#1
第087回国会 外務委員会 第5号
昭和五十四年二月二十七日(火曜日)
   午後一時六分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 二月二十七日
    辞任         補欠選任
     立木  洋君     佐藤 昭夫君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         菅野 儀作君
    理 事
                鳩山威一郎君
                田中寿美子君
                渋谷 邦彦君
    委 員
                大鷹 淑子君
                秦野  章君
                小野  明君
                戸叶  武君
                塩出 啓典君
                佐藤 昭夫君
                和田 春生君
   国務大臣
       外 務 大 臣  園田  直君
   政府委員
       外務省条約局外
       務参事官     山田 中正君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        山本 義彰君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○北西大西洋の漁業についての今後の多数国間の
 協力に関する条約の締結について承認を求める
 の件(内閣提出)
○日本国政府とフィンランド共和国政府との間の
 文化協定の締結について承認を求めるの件(内
 閣提出)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(菅野儀作君) ただいまから外務委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 本日、立木洋君が委員を辞任され、その補欠として佐藤昭夫君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(菅野儀作君) 北西大西洋の漁業についての今後の多数国間の協力に関する条約の締結について承認を求めるの件及び日本国政府とフィンランド共和国政府との間の文化協定の締結について承認を求めるの件、以上両件を便宜一括して議題とし、政府から順次趣旨説明を聴取いたします。園田外務大臣。
#4
○国務大臣(園田直君) ただいま議題となりました北西大西洋の漁業についての今後の多数国間の協力に関する条約の締結について承認を求めるの件につきまして提案理由を御説明いたします。
 北西大西洋の漁業資源の保存及び最適利用のための国際的な協力は、昭和二十五年に発効し、わが国も昭和四十五年に加入するところとなりました北西大西洋の漁業に関する国際条約のもとで行われてまいりましたが、昭和五十一年に至り、北西大西洋の沿岸国であるカナダ、デンマーク、フランス及びアメリカ合衆国が条約の対象水域において相次いで二百海里水域を設定する旨決定したため、これに対応した新しい条約が必要であるとの認識から交渉が行われた結果、昭和五十三年十月にオタワにおいてこの条約が採択されるに至りました。この条約は、昭和五十四年一月一日に効力を生じ、カナダ、欧州経済共同体、ノルウェー、ソビエト連邦等が締約国となっております。
 この条約は、北西大西洋の漁業資源の保存及び最適利用を促進すること並びに北西大西洋の漁業資源に関する国際的な協力を促進することを目的としており、総務理事会、科学理事会、漁業委員会及び事務局から成る北西大西洋漁業機関を設立し、科学的調査に係る協力の促進、一定の水域について適用される漁業資源の最適利用のための措置に関する提案の採択等を行う旨規定しております。
 わが国がこの条約を締結することは、この条約の実施についてわが国の意見を反映せしめ、北西大西洋の漁業資源の保存及び最適利用のための国際的な協力に参加しつつわが国の漁業の安定した発展を図る上で有意義であると考えられます。
 よって、ここに、この条約の締結について御承認を求める次第であります。
 次に、日本国政府とフィンランド共和国政府との間の文化協定の締結について承認を求めるの件につきまして提案理由を御説明いたします。
 わが国とフィンランド共和国との間の文化交流を促進するためにフィンランド共和国との間に文化協定を締結することは、両国間の相互理解と友好関係の一層の強化に資するところ大であると考えられましたので、昭和五十二年二月のコルホネン・フィンランド共和国外務大臣の訪日の機会に、当時の鳩山外務大臣とコルホネン外務大臣との間でこの協定の締結交渉を開始することに意見の一致を見ました。その後、交渉を行いました結果、昭和五十三年十二月二十七日に東京において、本大臣とブロムステッド駐日フィンランド共和国大使との間でこの協定の署名を行った次第であります。
 この協定の内容は、戦後わが国が締結した各国との文化協定と同様、文化及び教育の各分野における両国間の交流を奨励することを規定しております。
 この協定の締結は、両国間の文化交流の一層の促進に資するところ大であると期待されます。
 よって、ここに、この協定の締結について御承認を求める次第であります。
 以上、二件につき、何とぞ御審議の上、速やかに御承認あらんことを希望いたします。
#5
○委員長(菅野儀作君) 以上で説明は終わりました。
 両件に対する質疑は、後日に譲ることにいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十二分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト