くにさくロゴ
1978/12/22 第87回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第087回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1978/12/22 第87回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第087回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号

#1
第087回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和五十三年十二月二十二日(金
曜日)議院において、沖繩及び北方問題に関する
対策樹立のため設置することに決した。
十二月二十二日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      石原慎太郎君    越智 通雄君
      川田 正則君    熊谷 義雄君
      國場 幸昌君    篠田 弘作君
      田澤 吉郎君    竹中 修一君
      辻  英雄君    本名  武君
      村上 茂利君    村田敬次郎君
      山中 貞則君    上原 康助君
      河上 民雄君    木島喜兵衞君
      島田 琢郎君    美濃 政市君
      安井 吉典君    市川 雄一君
      斎藤  実君    玉城 栄一君
      和田 耕作君    瀬長亀次郎君
      甘利  正君
―――――――――――――――――――――
昭和五十三年十二月二十二日(金曜日)
   午後一時五十二分開議
 出席委員
   委員長 和田 耕作君
   理事 川田 正則君 理事 國場 幸昌君
   理事 上原 康助君 理事 安井 吉典君
   理事 斎藤  実君
      越智 通雄君    竹中 修一君
      辻  英雄君    木島喜兵衞君
      島田 琢郎君    美濃 政市君
      市川 雄一君    玉城 栄一君
      瀬長亀次郎君
 出席政府委員
        沖繩開発政務次
        官       坂元 親男君
 委員外の出席者
        特別委員会第一
        調査室長    綿貫 敏行君
    ―――――――――――――
十二月二十二日
 和田耕作君が委員長に当選した。
同日
      川田 正則君    國場 幸昌君
      本名  武君    村田敬次郎君
      上原 康助君    安井 吉典君
      斎藤  実君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔和田(耕)委員、委員長席に着く〕
#2
○和田(耕)委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○川田委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、和田耕作君を委員長に推薦いたします。
#4
○和田(耕)委員 川田正則君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○和田(耕)委員 御異議なしと認めます。よって、不肖私が委員長に当選いたしました。
    〔拍手〕
#6
○和田委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を負うことになりました。
 沖繩及び北方問題に関しては、まだ数多くの問題が残されております。
 すなわち、沖繩県につきましては、新しい時代に即応した振興開発問題、雇用問題、基地問題、交通方法変更の実施により生じた諸問題の速やかな処理等、また北方問題につきましては、日ソ間の最大の懸案事項であり、かつ全国民の多年にわたる悲願である北方領土早期返還の実現等、当委員会に課せられた使命はまことに重大であると痛感いたしております。
 微力ではございますが、委員各位の御協力をいただきまして、円満かつ公正な委員会の運営を行ってまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○和田委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○川田委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は七名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○和田委員長 ただいまの川田正則君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○和田委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      川田 正則君    國場 幸昌君
      本名  武君    村田敬次郎君
      上原 康助君    安井 吉典君
      斎藤  実君
以上七名の諸君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#11
○和田委員長 この際、沖繩開発政務次官坂元親男君より発言を求められておりますので、これを許します。沖繩開発政務次官坂元親男君。
#12
○坂元政府委員 今回の大平新内閣の発足に伴いまして、沖繩開発政務次官を拝命いたしました坂元親男でございます。
 もとより浅学非才でございますけれども、沖繩の振興開発に全力を挙げてまいりたいと思います。
 委員長初め委員の皆様方の格別の御指導、御鞭撻、御協力をいただきまして、私の職責を果たしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げる次第でございます。(拍手)
#13
○和田委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト