くにさくロゴ
1978/12/22 第87回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第087回国会 社会労働委員会 第1号
姉妹サイト
 
1978/12/22 第87回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第087回国会 社会労働委員会 第1号

#1
第087回国会 社会労働委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十三年十二月二十二日)(金
曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
   委員長 木野 晴夫君
   理事 越智 伊平君 理事 竹内 黎一君
   理事 村山 富市君 理事 森井 忠良君
   理事 大橋 敏雄君 理事 和田 耕作君
      相沢 英之君    荒舩清十郎君
      井上  裕君    石橋 一弥君
      越智 通雄君    大坪健一郎君
      大野  明君    川田 正則君
      近藤 鉄雄君    斉藤滋与史君
      戸井田三郎君    戸沢 政方君
      友納 武人君    葉梨 信行君
      服部 安司君    向山 一人君
      山口シヅエ君    湯川  宏君
      安島 友義君    枝村 要作君
      大原  亨君    金子 みつ君
      川本 敏美君    栗林 三郎君
      田口 一男君    矢山 有作君
      草川 昭三君    古寺  宏君
     平石磨作太郎君    小宮 武喜君
      浦井  洋君    田中美智子君
      工藤  晃君
    ―――――――――――――
十二月二十二日
 木野晴夫君委員長辞任につき、その補欠として
 森下元晴君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十三年十二月二十二日(金曜日)
    午後二時三十一分開議
 出席委員
   委員長 森下 元晴君
   理事 越智 伊平君 理事 竹内 黎一君
   理事 戸井田三郎君 理事 向山 一人君
   理事 村山 富市君 理事 森井 忠良君
   理事 古寺  宏君 理事 米沢  隆君
   理事 和田 耕作君
      相沢 英之君    石橋 一弥君
      川田 正則君    戸沢 政方君
      葉梨 信行君    水平 豊彦君
      村上 茂利君    湯川  宏君
      安島 友義君    枝村 要作君
      大原  亨君    金子 みつ君
      川本 敏美君    島本 虎三君
      水田  稔君    矢山 有作君
      草川 昭三君    谷口 是巨君
      浦井  洋君    田中美智子君
      工藤  晃君
 出席政府委員
        厚生政務次官  山崎  拓君
        労働政務次官  瓦   力君
 委員外の出席者
        社会労働委員会
        調査室長    河村 次郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十二日
 辞任         補欠選任
  越智 通雄君     森下 元晴君
  大坪健一郎君     水平 豊彦君
  近藤 鉄雄君     村上 茂利君
  栗林 三郎君     島本 虎三君
  田口 一男君     水田  稔君
  大橋 敏雄君     谷口 是巨君
  小宮 武喜君     米沢  隆君
同日
 理事住栄作君同月七日委員辞任につき、その補
 欠として向山一人君が理事に当選した。
同日
 理事羽生田進君同月十二日委員辞任につき、そ
 の補欠として戸井田三郎君が理事に当選した。
同日
 理事大橋敏雄君同日委員辞任につき、その補欠
 として古寺宏君が理事に当選した。
同日
 理事和田耕作君同日理事辞任につき、その補欠
 として米沢隆君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月二十二日
 母子家庭の母等である勤労婦人の雇用の促進に
 関する特別措置法案(枝村要作君外五名提出、
 第八十回国会衆法第四七号)
 労働基準法の一部を改正する法律案(村山富市
 君外九名提出、第八十四回国会衆法第一四号)
 雇用対策法の一部を改正する法律案(森井忠良
 君外九名提出、第八十四回国会衆法第一五号)
 労働基準法の一部を改正する法律案(金子みつ
 君外九名提出、第八十四回国会衆法第一七号)
 母子保健法、健康保険法等の一部を改正する法
 律案(金子みつ君外九名提出、第八十四回国会
 衆法第二五号)
 環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律
 の一部を改正する法律案(社会労働委員長提
 出、第八十五回国会衆法第六号)
 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提
 出、第八十四回国会閣法第八一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
 小委員会設置に関する件
     ――――◇―――――
#2
○森下委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が当委員会の委員長に就任いたしました。
 皆様御承知のように、今日、厳しい社会経済情勢の中で、国民各層から福祉の問題、雇用の問題等について大変強い関心が寄せられております。そのさなかに当委員会の委員長に就任し、任務の重要性と職責の重大さを痛感いたしておる次第であります。
 幸い、委員各位には、これらの問題にきわめて御理解があり、御造詣の深い方々ばかりでありますので、御指導、御鞭撻を賜りつつ、円満なる委員会運営に最善を尽くす所存であります。
 委員各位の一層の御協力をお願いし、就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○森下委員長 理事の辞任及び補欠選任についてお諮りいたします。
 理事和田耕作君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○森下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 次に、ただいまの理事辞任及び本日までの委員異動に伴い、理事が四名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じますが、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○森下委員長 御異議なしと認め、理事に
      戸井田三郎君    向山 一人君
      古寺  宏君 及び 米沢  隆君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○森下委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 厚生関係の基本施策に関する事項
 労働関係の基本施策に関する事項
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び
  人口問題に関する事項
 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関す
  る事項以上の各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○森下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#8
○森下委員長 次に、小委員会設置の件についてお諮りいたします。
 理事会で御協議いただきましたとおり、小委員十九名よりなる医療保険制度に関する小委員会を設置したいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○森下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 次に、小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○森下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 小委員及び小委員長は、追って指名の上、公報をもって御通知いたします。
 なお、小委員及び小委員長の辞任の許可並びにその補欠選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○森下委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#12
○森下委員長 この際、厚生政務次官及び労働政務次官から、それぞれ発言の申し出がありますので、これを許します。厚生政務次官山崎拓君。
#13
○山崎(拓)政府委員 このたび、厚生政務次官を拝命いたしました山崎拓でございます。
 何分にも浅学非才の者でございますが、委員各位の御指導をいただきまして職責を全うさせていただきたいと存じます。何分よろしくお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#14
○森下委員長 労働政務次官瓦力君。
#15
○瓦政府委員 お許しを得まして一言ごあいさつを申し上げます。
 労働政務次官を拝命いたしました瓦力でございます。
 今日の経済情勢はきわめて厳しいものがございます。雇用問題は経済政策の根幹に置かなければならぬ、こういう時代に際会しておるようでございます。
 私が当選いたしましたのは四十七年でございまして、初めて所属いたしました委員会は当委員会でございました。初心、つまり初々しい心を持ってこの委員会で勉強させていただいたわけでございますが、いま改めて初心に返りまして勉強させていただきたいと思っておるわけでございます。
 委員各位の御協力はもとよりのこと、各界の意見も拝聴しつつ、行政に遺憾なきを期してまいりたい。各省の連携も密にして、強力な労働行政を展開いたすべく、懸命にがんばりますことを申し述べさせていただきまして、ごあいさつにかえさせていただきます。(拍手)
#16
○森下委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト