くにさくロゴ
1949/12/17 第7回国会 参議院 参議院会議録情報 第007回国会 大蔵委員会 第1号
姉妹サイト
 
1949/12/17 第7回国会 参議院

参議院会議録情報 第007回国会 大蔵委員会 第1号

#1
第007回国会 大蔵委員会 第1号
昭和二十四年十二月十七日(土曜日)
   午前十時三十分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     櫻内 辰郎君
   理事      波多野 鼎君
   理事      黒田 英雄君
   理事      伊藤 保平君
   理事      九鬼紋十郎君
           天田 勝正君
           森下 政一君
           玉屋 喜章君
           西川甚五郎君
           岩木 哲夫君
           木内 四郎君
           小林米三郎君
           小宮山常吉君
           高瀬荘太郎君
           高橋龍太郎君
           中野 重治君
           川上  嘉君
           木村禧八郎君
           米倉 龍也君
           小川 友三君
  ―――――――――――――
  委員の異動
十二月四日(日曜日)委員岩木哲夫君
辞任につき、その補欠として油井賢太
郎君を議長において指名した。
十二月十二日(月曜日)委員中野重治
君辞任につき、その補欠として中西功
君を議長において指名した。
本日委員中西功君辞任につき、その補
欠として中野重治君を議長において指
名した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○小委員会設置の件
○小委員の選任の件
○小委員長の選任の件
○薪炭需給調節特別会計における債務
 の支拂財源に充てるための一般会計
 からする繰入金に関する法律案(内
 閣提出、衆議院送付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(櫻内辰郎君) これより大蔵委員会を開会いたします。
 最初に請願及び陳情に関する小委員を前国会と同様の委員として設置し、小委員及び小委員長を選定する件でありますが、大体前国会の委員の方々にお願いするとして、小委員長を理事の中から選ぶことになつておりますので、今回は波多野さんにお願いするということにいたしまして、社会党から天田さんが委員になつておいでになりましたのを波多野さんに変えるということで、小委員として波多野さん、黒田さん、油井さん、小宮山さん、小林さん、川上さん、これらの方にお願いするということに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認めてさよう決定いたします。
 そうして小委員長は波多野さんにお願いすることにいたしたいと存じますが御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(櫻内辰郎君) さように決定いたします。
 ちよつともう一度お諮りいたします。今の小委員のことでありますが、緑風会からの小委員として小宮山さん、小林さんということに御報告いたしたのでありますが、会内の御事情もあるように伺いますので、小林さんの代りに高橋龍太郎先生にお願いすることにいたしたいと思いますが如何でございましようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(櫻内辰郎君) さように決定いたします。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(櫻内辰郎君) これより薪炭需給調節特別会計における債務の支拂財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案の御審議を願いたいと存じます。先ず政府より提案理由の御説明を願います。
#7
○政府委員(河野一之君) 薪炭需給調節特別会計における債務の支拂財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案の提出の理由を御説明申上げます。
 この法律案につきましては、御承知の通り昭和二十四年度補正予算と共に第六回国会に提出されたのでございますが、審議未了となりましたので、今国会に改めて提出することといたしたのであります。
 先に政府におきましては、薪炭の需給事情の好転に伴い、その需給の統制及び薪炭需給調節特別会計を廃止することを前提といたしまして、昭和二十四年七月三十一日以降新たな薪炭の買入を停止すると共に、速かに残務の整理を促進するために、必要上この会計の収支を明らかにすることといたしたのであります。而してこの会計の運営の状況を見まするに、昭和二十三年度以前に生じた損失額は約三十四億円でありまして、これに残務の整理によつて生ずることが予定される現物の不足並びに手持薪炭の値引減耗損を加えますると、大体五十五億円の赤字が清算結了時において発生することが見込まれる次第であります。従いまして、この会計の残務を促進させる必要上、今年度においてその債務の支拂財源に充てるために、五十四億七千万円を限り、一般会計からこの会計に繰入金をすることができる途を開こうとするものであります。これによりまして当面年末に際しまして生産者に対する債務の支拂を急速に完了いたしたいと考えている次第でございます。
 以上の理由によりまして、この法律案を提出した次第であります。何とぞ御審議の上速かに御賛成あらんことを希望いたします。
#8
○小川友三君 本案は前国会において審議討議は完了しておりますので、この際本員は審議及び討議を省略いたしまして採決のできますような動議をお諮り申上げます。
#9
○米倉龍也君 本法案の成立を非常に急速に実現させなければならいというような事情が前国会からありまして、前国会においても急速にこれを決定するような努力をいたしたのでありますが、遂に不成立に相成りましたが、この政府支拂を急速にしなければならないという事情は少しも変つておりません。更に年末に際し金詰りが特に急迫しておる昨今にありますので、業者及び生産者の団体等では一日千秋の思いをして待つておるのであります。こういう事情でありますので急速にこれの成立を我々は要望するものでありまするが、ここで成立した場合に、政府ではこの年末までに十分いろいろ技術的な点、手続等の点を考慮して支拂ができるような準備になつておりまするか。そのお見込なりをお聞きしたいと思います。
#10
○政府委員(河野一之君) この法律案が可決に相成りますれば、直ちに支拂したいと思うのでありますが、すでに予算の方は成立いたしておりますので、これは單に支出負担行為の支拂計画を立てるだけの問題になつておりますので、すでに債務の確定して請求の出ておるものにつきましては、年内に全力を挙げて支拂を完了したいというふうに考えております。
#11
○政府委員(三浦辰雄君) この点につきましては全くその通りでありまして、事務的にも万端整えておりまして通過の一日も早きようお願いいたします。
#12
○委員長(櫻内辰郎君) それでは小川君の動議のごとくに、直ちに質疑を終局し、更に討論を終局して採決に入ることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○黒田英雄君 異議はありませんが、委員長の報告は前回の経過を御報告になるのですね。
#14
○委員長(櫻内辰郎君) それはちよつと経過だけ簡單に入れますが、改まつてやるということは……。それでは御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認めて、直ちに質疑を終局し、討論を終局して採決をいたします。薪炭需給調節特別会計における債務の支拂財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案を原案通り可決することに賛成のお方の御挙手をお願いいたします。
   〔挙手者多数〕
#16
○委員長(櫻内辰郎君) 多数と認めます。本案は可決と決定いたしました。尚本会議における委員長の口頭報告は委員長において本法案の内容、委員会における質疑応答の要旨、討論の要旨及び表決の結果を報告することとして御承認を願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認めます。それから委員長が議院に提出する報告書に多数意見者の御署名を願います。
  多数意見者署名
    黒田 英雄  伊藤 保平
    九鬼紋十郎  玉屋 喜章
    西川甚五郎  高橋龍太郎
    米倉 龍也  小川 友三
#18
○委員長(櫻内辰郎君) 御署名漏れはございませんか。なしと認めます。本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十四分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     櫻内 辰郎君
   理事
           黒田 英雄君
           伊藤 保平君
           九鬼紋十郎君
   委員
           森下 政一君
           玉屋 喜章君
           西川甚五郎君
           高橋龍太郎君
           中野 重治君
           米倉 龍也君
           小川 友三君
  政府委員
   大蔵事務官
   (主計局長)  河野 一之君
   林野庁長官   三浦 辰雄君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト