くにさくロゴ
1978/12/12 第86回国会 参議院 参議院会議録情報 第086回国会 社会労働委員会 第1号
姉妹サイト
 
1978/12/12 第86回国会 参議院

参議院会議録情報 第086回国会 社会労働委員会 第1号

#1
第086回国会 社会労働委員会 第1号
昭和五十三年十二月十二日(火曜日)
   午前十一時二分開会
    ―――――――――――――
  委員氏名
    委員長         対馬 孝且君
    理 事         遠藤 政夫君
    理 事         佐々木 満君
    理 事         片山 甚市君
    理 事         小平 芳平君
                浅野  拡君
                石本  茂君
                上原 正吉君
                亀長 友義君
                斎藤 十朗君
                玉置 和郎君
                福島 茂夫君
                森下  泰君
                高杉 廸忠君
                広田 幸一君
                安恒 良一君
                渡部 通子君
                小笠原貞子君
                柄谷 道一君
                下村  泰君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         対馬 孝且君
    理 事
                遠藤 政夫君
                佐々木 満君
                小平 芳平君
    委 員
                浅野  拡君
                石本  茂君
                斎藤 十朗君
                福島 茂夫君
                森下  泰君
                高杉 廸忠君
                広田 幸一君
                安恒 良一君
                渡部 通子君
                柄谷 道一君
                下村  泰君
   国務大臣
       厚 生 大 臣  橋本龍太郎君
       労 働 大 臣  栗原 祐幸君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        今藤 省三君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○調査承認要求に関する件
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(対馬孝且君) ただいまから社会労働委員会を開会をいたします。
 調査承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、社会保障制度等に関する調査及び労働問題に関する調査を行うこととし、これら二件の調査承認要求書を議長に提出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(対馬孝且君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(対馬孝且君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(対馬孝且君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りをいたします。
 社会保障制度等に関する調査及び労働問題に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、これら二件の継続調査要求書を議長に提出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(対馬孝且君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(対馬孝且君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(対馬孝且君) この際、橋本厚生大臣並びに栗原労働大臣からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。橋本厚生大臣。
#9
○国務大臣(橋本龍太郎君) このたび大平内閣の発足により厚生大臣に就任をいたしました橋本龍太郎でございます。国民生活全般に深くかかわりのある厚生行政を担当することとなりまして、責任の重さを痛感をいたしております。御承知のとおりに欠点だらけの私でありますが、一生懸命努力をしてまいりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。
 現在、厚生行政の最大の課題は、かつてのような高度経済成長の時代とは異なり、非常に経済的に制約の加わる中で、今後の急速な人口の老齢化というものを控えて、これに対応できる社会保障の確立を、長期的かつ総合的な観点から確立していくことであります。ことに、御承知のとおり緊急に対応を迫られております医療保険制度の改革を初め、年金あるいは社会福祉、健康など、各般にわたる問題が山積いたしております。私は、委員各位の御鞭撻を得ながら専心努力し、国民相互の連帯の精神に支えられた福祉行政を着実に前進させてまいる所存でございます。
 何とぞ、絶大な御理解と御協力を賜りますよう心からお願いを申し上げます。(拍手)
#10
○委員長(対馬孝且君) 栗原労働大臣。
#11
○国務大臣(栗原祐幸君) 今回労働大臣に就任をいたしました栗原祐幸でございます。微力でございますけれども、皆様方の御協力をいただきまして労働行政を担当いたしたいと思います。
 御案内のとおり非常にむずかしい経済情勢でございます。けさも関係閣僚で月例の経済報告を受けましたけれども、経済の情勢、若干よくなってきているようでございまするけれども、依然として雇用は伸びていない。むしろ若干ふえておる。百二十五万というきょう数字が出ましたけれども、大変ゆゆしい問題だと心得ております。当委員会は、労働行政全般につきまして特段の御関心をいただき、なおかつ御支援、御鞭撻をいただいておるところの委員会でございます。私は、先生方の御意見をよく承りながら労働行政につきまして過ちなきを期したいと思います。
 どうか、皆様方の絶大な御支援を心からお願いを申し上げましてごあいさつにかえる次第でございます。よろしくお願いいたします。(拍手)
#12
○委員長(対馬孝且君) 本日はこれにて散会をいたします。
   午前十一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト