くにさくロゴ
1978/09/29 第85回国会 参議院 参議院会議録情報 第085回国会 物価等対策特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1978/09/29 第85回国会 参議院

参議院会議録情報 第085回国会 物価等対策特別委員会 第2号

#1
第085回国会 物価等対策特別委員会 第2号
昭和五十三年九月二十九日(金曜日)
   午後零時五十三分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
 九月二十八日
    辞任         補欠選任
     西村 尚治君     夏目 忠雄君
    ―――――――――――――
 出席者は左のとおり。
   委員長          夏目 忠雄君
   理 事
                斎藤栄三郎君
                山東 昭子君
                高杉 廸忠君
                渋谷 邦彦君
                木島 則夫君
   委 員
                下条進一郎君
                鈴木 正一君
                世耕 政隆君
                藤井 裕久君
                真鍋 賢二君
                対馬 孝且君
                渡部 通子君
                小笠原貞子君
                渡辺  武君
   政府委員
       経済企画庁国民
       生活局長     井川  博君
       経済企画庁物価
       局長       藤井 直樹君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        菊地  拓君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長の辞任及び補欠選任の件
○理事補欠選任の件
    ―――――――――――――
  〔理事山東昭子君委員長席に着く〕
#2
○理事(山東昭子君) ただいまから物価等対策特別委員会を開会いたします。
 斎藤委員長から委員長辞任の申し出がございますので、私が委員長の職務を代行させていただきます。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 昨二十八日、西村尚治君が委員を辞任され、その補欠として夏目忠雄君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○理事(山東昭子君) 委員長辞任の件についてお諮りいたします。
 斎藤委員長から、文書をもって、都合により委員長を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんでしょうか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○理事(山東昭子君) 御異議がないと認め、さよう決定いたします。
 この際、斎藤前委員長から発言を求められておりますので、これを許します。
#5
○斎藤栄三郎君 私、このたび、本委員会の委員長を辞任いたすことになりました。
 在任中、大過なく委員長の職責を果たすことができましたことは、ひとえに皆様方の御協力のたまものと深く感謝いたしております。一言厚くお礼を申し上げます。
 どうもありがとうございました。(拍手)
    ―――――――――――――
#6
○理事(山東昭子君) これより委員長の補欠選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#7
○高杉廸忠君 私は、委員長に夏目忠雄君を推薦することの動議を提出いたします。
#8
○理事(山東昭子君) ただいまの高杉君の動議に御異議ございませんでしょうか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○理事(山東昭子君) 御異議ないと認めます。よって、委員長に夏目忠雄君が選任されました。
    ―――――――――――――
  〔夏目忠雄君委員長席に着く〕
#10
○委員長(夏目忠雄君) この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま皆様方の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました。はなはだ微力でございまするが、皆様方の御協力を賜りまして、職責を全うしてまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#11
○委員長(夏目忠雄君) 続いて、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 西村尚治君の委員異動に伴い、理事が欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じまするが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(夏目忠雄君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に斎藤栄三郎君を指名いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時五十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト