くにさくロゴ
1978/10/17 第85回国会 参議院 参議院会議録情報 第085回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1978/10/17 第85回国会 参議院

参議院会議録情報 第085回国会 法務委員会 第1号

#1
第085回国会 法務委員会 第1号
昭和五十三年十月十七日(火曜日)
   午前十時五分開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         中尾 辰義君
    理 事         八木 一郎君
    理 事         山本 富雄君
    理 事         矢田部 理君
    理 事         宮崎 正義君
                上田  稔君
                大石 武一君
                上條 勝久君
                熊谷太三郎君
                塩見 俊二君
                初村滝一郎君
                藤川 一秋君
                丸茂 重貞君
                阿具根 登君
                秋山 長造君
                寺田 熊雄君
                橋本  敦君
                宮本 顕治君
                円山 雅也君
                江田 五月君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         中尾 辰義君
    理 事
                八木 一郎君
                山本 富雄君
                矢田部 理君
                宮崎 正義君
    委 員
                上田  稔君
                大石 武一君
                初村滝一郎君
                藤川 一秋君
                丸茂 重貞君
                阿具根 登君
                秋山 長造君
                橋本  敦君
                円山 雅也君
   政府委員
       法務大臣官房長  前田  宏君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        奥村 俊光君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○調査承認要求に関する件
○検察及び裁判の運営等に関する調査
 (派遣委員の報告)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(中尾辰義君) ただいまから法務委員会を開会いたします。
 調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、検察及び裁判の運営等に関する調査を行うこととし、その旨の調査承認要求書を議長に提出したいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(中尾辰義君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(中尾辰義君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(中尾辰義君) 検察及び裁判の運営等に関する調査を議題といたします。
 先般、本委員会が行いました委員派遣について、派遣委員から報告を聴取いたします。
 まず、第一班の御報告を願います。上田君。
#6
○上田稔君 第八十四回国会閉会後において、委員会より宮城県及び岩手県へ派遣されました委員を代表して調査の結果を報告いたします。
 去る九月四日から四日間、中尾委員長、秋山委員、橋本委員それに私、上田が仙台及び盛岡において裁判所及び法務省関係各庁の管内概況並びに庁舎施設等の営繕状況について調査を行ってまいりました。
 調査の対象は、仙台高等裁判所、同地方裁判所、同家庭裁判所、仙台高等検察庁、同地方検察庁、仙台法務局、仙台矯正管区、宮城刑務所、東北地方更生保護委員会、仙台入国管理事務所、盛岡地方裁判所、同家庭裁判所、盛岡地方検察庁、盛岡地方法務局、盛岡少年刑務所、盛岡少年院、盛岡少年鑑別所及び盛岡保護観察所であります。
 以下、調査項目に従いまして申し上げます。
 一、裁判所及び法務省関係各庁の管内概況
 裁判所における、昭和五十年度から五十二年度まで、過去三年間の事件処理状況を新受件数について見ますと、高裁におきましては、民事事件のうち控訴審通常訴訟は、昭和五十一年に減少した後横ばい状態であります。上告審通常訴訟事件は、昭和五十二年に至り減少しており、刑事事件は、本庁における漸増、支部における減少傾向が見られます。
 地裁におきましては、民事事件について、全般的に訴訟事件は増加しているのでありますが、盛岡管内簡易裁判所では、総体的に漸減しているのが注目されます。
 調停事件についても年々増加しており、また、不動産競売事件においてもその傾向は同じであり、特に仙台地裁においては、経済不況を反映してか、昭和五十二年度は、強制競売事件、任意競売事件ともにその増加が目立っております。
 刑事事件について仙台管内では、昭和五十二年に至って急激な増加を示し、これと対照的に盛岡管内では、全般的に減少の傾向にありますが、仙台・盛岡管内を通じ略式事件は、道交法違反事件の増加を反映して年々増加の一途をたどっています。
 家裁におきましては、家事審判、家事調停の各事件とも全般的に横ばい状態ないし漸増傾向を示し、少年事件では、一般保護事件及び道交法違反保護事件ともに増加の傾向にあって、特に仙台家裁における道交法違反保護事件の急増が目立つ状況であります。
 検察庁における刑事事件の新受人員を過去三年間について見ますと、高検管内では年平均三十五万人ぐらいでありますが、逐年増加の傾向を見せており、反面控訴事件は、毎年四百五十人前後と総体的に横ばい傾向で、そのうち自動車等による業務上過失致死傷、道交法違反事件が三四%強を占めております。
 仙台、盛岡各地検では、漸増または横ばいでありますが、共通して言えることは、いづれも道交法違反事件の占める割合が八〇%を超え、特に酒酔い運転が顕著であります。その他一般の犯罪傾向として、近親間の殺傷事件が多く、暴力団の介在する覚せい剤関係事件の増加傾向が挙げられました。
 法務局における事件の動向は、量的には横ばいの状況でありますが、その中で登記乙号事件は増加しており、また、訟務事件では、最近の社会情勢を反映して、その質的変化も著しく、社会的、法律的にも新たな問題を提起する複雑かつ困難な事件が増加している状況であり、たとえばスモン訴訟、大腿四頭筋拘縮症訴訟、花巻空港訴訟等であります。
 現在でも各地法務局における職員の事務負担量は重い上に、今後東北地方における急速な開発に伴う登記事件の増加に対処し、事件を適正迅速に処理するためには、事務の合理化、能率化とともに増員が是非とも必要とされ、その実現が強く望まれております。
 また仙台法務局からは、近年、行政職(一)職員中五等級高位号俸者の占める率は、きわめて高くなっていることから、処遇と執務意欲の高揚を図るため行政職(一)四等級の等級別定数を拡大するよう要望されました。
 矯正管区内施設の業務運営状況については、職業訓練、教科教育、生活指導等、受刑者の社会復帰のため規律ある運営がなされている状況であります。
 来年四月で開設百年を迎える宮城刑務所は、刑期八年以上の長期累犯級の収容施設でありますが、職業訓練を通じ経営内容の充実と安全管理の徹底に重点を置き、一定の作業実績を上げており、また、景勝の地、面積十二万平方メートルを誇る現在地にA級収容施設として昭和四十九年八月新築移転した盛岡少年刑務所は、本年七月から犯罪傾向の進んだ二十六歳未満青少年のB級収容施設となりましたが、運営上学校教育法に基づく通信制高校教育や会社見学などの施設外教化活動に、重点が置かれております。
 東北地方更生保護委員会管内では各事件とも年々増加の傾向にあり、盛岡保護観察所においては、昭和五十二年度の保護観察事件の受理件数は、前年比四五・九%増の五百五十三件で、その多くは少年の交通事件であります。これは交通事件の増加と昨年度からの交通短期保護観察制度実施によるものと考えられます。
 このような事件数の増加により、現在管内保護観察官の一人当たり事件負担量は百二十件から百四十件という現状であり、現定員では過重な負担となっているので、保護観察の実効を期するため特に保護観察官の増員が緊要であるとされ、一方、仮釈放審査旅費、保護観察官の駐在業務に要する経費、特に出張旅費等の増額が要望されました。
 仙台入国管理事務所管内では、在留外国人の管理、特に地方都市における資格外活動事案が漸増している折から、その実態把握のため特段の努力がなされている実情であります。
 以上関係各庁の管内概況でありますが、特に法務局並びに保護観察所の職員の大幅増員等の要望につきましては、今後委員会としても充分検討すべき重要な点であると存じます。
 二、裁判所並びに法務省関係の庁舎施設及び宿舎の営繕状況
 まず関係庁舎施設では、逐次改善の措置がとられておりますがそれでもなお老朽、狭隘な施設があり、仙台地方では、本年六月の宮城県沖地震による被害が甚大で、その復旧作業が必要となっている現状であります。
 裁判所関係では、仙台管内で今後改築が望まれる庁舎として、昭和二十年代に建築された木造二階建ての古川支部、築館簡裁及び昭和三十三年建築の登米支部の各庁舎があり、また、盛岡では盛岡地・家裁管内水沢支部、久慈簡裁及び大船渡簡裁の各庁舎が挙げられました。
 検察庁関係として、仙台地検管内では、岩手山及び志津川各区検庁舎のように、建築後二十年から四十年以上を経過した木造庁舎がなお存在する実情であります。盛岡地検管内の老朽庁舎である花巻支部、久慈区検の各庁舎については、昭和五十四年度において新営要求が予定されております。
 仙台法務局管内では、老朽狭隘などから早急な新営を必要とする庁舎施設として十五庁が数えられ、仙台管内では石巻支局、涌谷出張所、盛岡管内では花巻支局、沢内、種市、北上の各出張所が挙げられます。
 矯正管区内の施設では、特に宮城刑務所における地震の被害が大きく、外へいのほとんどは倒壊し、構内に点在する明治、大正、昭和初期の木造建物が多大の被害を受け、工場の崩壊、取り壊し、危険舎房の現出、炊場の応急措置等のやむなきに至ったので、この際早急な建てかえ整備が必要かと思われます。
 次に宿舎の整備状況についてであります。
 各庁の宿舎については、全般的に老朽化、必要戸数の不足、未整備の状況にあるのが特徴でありますが、宮城刑務所では、本年六月の地震という非常事態に際して非番職員の半数は登庁できなかった経験から施設の近くに宿舎の増設が強く望まれ、また、盛岡では、盛岡少年院における未整備宿舎の一部は、狭隘、老朽化がはなはだしいため、これを取り壊し、跡地に地検、地方法務局、地方公安調査局及び盛岡少年院、四庁から法務合同宿舎の新営を昨年度より合同申請しており、速やかな実現方が要望されました。
 庁舎施設の新営、増改築及び宿舎の確保など営繕の整備充実に関する現地の要望に対しては、今後格段の配慮が望まれるところであります。
 以上をもって報告を終わりますが、詳細は調査室の資料に譲りたいと存じます。
 なお、調査に当たり、明地の各関係機関等から終始懇切な御協力を賜りましたこと、並びに最高裁判所及び法務省から種々の御便宜をお取り計らいくだされましたことを厚く感謝いたします。
#7
○委員長(中尾辰義君) 次に第二班の御報告をお願いいたします。山本君。
#8
○山本富雄君 第八十四回国会閉会後、委員会より北陸地方へ派遣されました委員を代表して調査の結果を御報告いたします。
 去る九月六日から四日間、宮崎理事、高平委員、江田委員、それに私、山本が富山県及び石川県において、裁判所と法務省関係各庁の管内概況並びに庁舎施設などの営繕状況について調査を行ってまいりました。
 調査の対象は、富山地方裁判所、同家庭裁判所、富山地方検察庁、富山地方法務局、富山刑務所、富山少年鑑別所、富山保護観察所、金沢地方裁判所、同家庭裁判所、金沢地方検察庁、金沢地方法務局、金沢刑務所、湖南学院、金沢少年鑑別所及び金沢保護観察所であります。
 調査に当たり、現地の各関係機関から懇切な御協力をいただきました。また、最高裁判所及び法務省からも種々御便宜を得ましたことを報告して厚く御礼申し上げます。
 以下、調査項目に従って御報告申し上げます。
 一、裁判所及び法務省関係各庁の管内概況。
 まず、裁判所における事件の概況を見ますと、地方裁判所におきましては、民事訴訟事件は漸増の傾向を示しております。特に金沢地裁では、北陸スモン訴訟については第二次訴訟から第七次訴訟、小松基地騒音差しとめ訴訟、七尾火電訴訟などきわめて大型特殊の事件が係属しております。こうした訴訟の係属は全国的になりつつありますが、同庁では質量ともにその傾向が顕著であります。不動産競売事件は全体としてやや増加しております。また、刑事訴訟事件は富山地裁では減少しているのに対して、金沢地裁においては一時減少の傾向を示したものの、昭和五十二年度になって再び漸増し始めており、特に近年、覚せい剤関係事件の増加が目立ち今後の動きが注目されるところであります。
 富山、金沢両地裁管内の簡易裁判所の民事訴訟事件は、全体として横ばいないし減少の傾向を示す一方、調停事件は増加の傾向にあり、特に金沢簡裁におきましては、最近、社会問題となっている、いわゆるサラ金事件の新受が多いこともあって、昭和五十二年度は急激に増加いたしております。また、刑事訴訟事件はここ数年増減を繰り返しておりますが、略式事件では道路交通法違反事件が多いのに伴って事件数の増加が目立ってきております。
 次に家庭裁判所でございますが、家事審判事件並びに調停事件とも富山家裁では横ばい、金沢家裁におきましては増加の傾向にあり、家事審判事件では子の氏の変更、家事調停事件では婚姻中の夫婦関係事件が最も多くを占めております。少年事件については、一般保護事件並びに道交法違反保護事件とも増加の傾向にあり、一般保護事件では万引、毒劇物法違反が増加し、初犯、遊び型犯罪の増加が目立っております。
 次に検察庁関係でございます。富山地方検察庁管内では事件数は全体では横ばい状況にありますが、交通関係事犯が非常な高率を示していることが目立っております。金沢地方検察庁管内におきましては、事件数は漸増の傾向にあり、一般刑事事件では凶悪重大犯罪は少ないのでございますが、犯罪の都市化現象が指摘されております。また、中部圏最大の温泉郷があるため、これを根城に資金源を求めて蠢動する暴力団のいわゆるなわ張り抗争、一般市民に対する粗暴犯、売春、覚せい剤事犯等が多発しております。
 次に法務局関係でございますが、登記事件は毎年増加の傾向にある一方、国籍事務、供託事件及び訟務事件はほぼ横ばいの状況にあります。登記事件は依然高水準を維持しており、国籍、供託及び訟務事務などもその内容が複雑多岐にわたっておることから、その適正、迅速な処理を図るため相当数の職員の増員を強く要望しておりました。
 次に、矯正関係について簡単に御報告申し上げます。
 富山刑務所につきましては、開放的処遇の一環として、県内の民間企業の協力を得て仮釈放直前の収容者が河川改修工事やブロック製作工場に住民とともに従事しており、地域住民からは好評と感謝をもって迎えられていることは大変喜ばしいことと感じました。また、金沢市内にあります湖南学院につきましては、昨年の四月から収容期間が六カ月以内の一般短期処遇庁として、被収容少年の早期社会復帰に努めておられますが、拘禁措置をできるだけ避け、立地条件を生かして毎週一回市内の公園及び道路の清掃奉仕、篤志家の協力を得て市内の職場に単独で通勤させたり、帰省外泊などを行っているとのことであります。なお、被収容者の約半数が高校中退者であり、交通関係非行及びいわゆるシンナー遊びなど毒劇物関係の経験を持つ少年が目立っております。
 次に更生保護関係についてであります。保護観察事件は全国平均に比較して必ずしも多いとは言えない状態でありますが、富山保護観察所につきましては、最近暴力団関係者及び犯罪非行の累行性を有する者などいわゆる処遇困難な対象者の増加によって保護観察官の業務も複雑、高度化しております。特に、昨年四月から実施の交通短期保護観に関する事務が加わり、交通事件の少年に対する集団処遇は保護観察官が直接担当することになり、その事務量は増大しております。しかも、保護観察官は管理職を除いてわずか四名という状態にあり、日夜その事務の処理に追われている実情であります。これらの事情は全国的な問題でもありますが、保護観察の充実強化のためには、保護観察官の増員は急務とされております。また、保護観察という処遇活動においては、保護観察対象者との接触が重要な処遇の場を提供するものであることは言うまでもありません。ところが、保護観察官の対象者への職場訪問、家庭訪問あるいは連絡などが旅費や通信費が不足のため思うに任せない状態にあり、これらの活動が十分なし得るような旅費や通信費の増額が望まれております。
 以上、関係各庁の管内概況でありますが、特に法務局並びに保護観察所の職員の大幅増員及び旅費、通信費の増額の要望につきましては、今後委員会としても十分検討すべき重要な事項であると思います。
 二、裁判所並びに法務省関係の庁舎施設及び宿舎の営繕状況。
 まず、庁舎施設についてでありますが、裁判所関係では、富山地裁の競売室が狭隘なため、隣室の交通事件即決裁判の控え室を使用したりする状況にあるほかは全体として整備されております。
 検察庁の庁舎施設につきましても逐年整備されてはおりますが、金沢地検の本庁庁舎が建築後二十六年余を経過して全般的に老朽化し、かつ狭隘となっております。特に給排水管等が相当程度傷んでおり、応急措置をしてしのいでいるような現状にあり、構造上の問題からも早急に建てかえる必要があると思われます。また、同地検管内の羽咋区検庁舎も二十九年余を経過した木造平屋建てで、老朽が著しく早急に建てかえることが望まれておるものであります。
 次に法務局の庁舎施設でありますが、逐年整備されつつあるとはいえ、なお地方自治体からの借り上げ庁舎、非耐火構造の庁舎あるいは経過年数から老朽の著しい庁舎、狭隘となっている庁舎等問題の庁舎が多数あり、早急な解決が望まれております。
 最後に、職員の宿舎でありますが、職員の宿舎施設につきましては、全般的に逐次整備されつつあり、おおむね充足されております。しかし、金沢地検七尾支部の職員の一部は民間住宅を借り受け、あるいは遠距離通勤を余儀なくされている状態にあり、人事管理上にも大きな支障を来しているなど、一部に未整備宿舎が見受けられました。
 以上、調査の概要を御報告いたしましたが、詳細は調査室保管の資料により御承知願いたいと存じます。
 これをもって御報告を終わります。
#9
○委員長(中尾辰義君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
 暫時休憩いたします。
   午前十時三十分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト