くにさくロゴ
1949/04/29 第7回国会 参議院 参議院会議録情報 第007回国会 建設委員会 第23号
姉妹サイト
 
1949/04/29 第7回国会 参議院

参議院会議録情報 第007回国会 建設委員会 第23号

#1
第007回国会 建設委員会 第23号
昭和二十五年四月二十九日(土曜日)
   午後二時一分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
四月二十八日委員佐々木鹿藏君辞任に
につき、その補欠として植竹春彦君を
議長において指名した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○住宅金融公庫法案(内閣提出衆議院
 送付)
○熱海国際観光温泉文化都市建設法案
 (衆議院提出)
○伊東国際観光温泉文化都市建設法案
 (衆議院提出)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(中川幸平君) それでは只今から建設委員会を開会いたします。
 住宅金融公庫法案を議題に供します。質疑のおありの方は順次御発言を願います……別に御発言もないようですから質疑は盡きたものと認めて御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(中川幸平君) それでは御異議ないものと認めます。
 それではこれより討論に入ります。御意見のある方はそれぞれ賛否を明らかにしてお述べを願います。
#4
○石坂豊一君 住宅金融公庫法案に対する我々の考えはまだ金利の問題、貸付年限の問題等について多くの意見を持つておりますが、かような修正を加えまするときには、非常に法案の成立を妨げるような憂えもありますので、つきましてはとにかく本案の施行を急ぐ必要があります、ついては衆議院において本案通過の際に修正をしておりまするその修正に同調いたしまして、本案の修正意見とし、これを以て本委員会の意見として原案を修正して通過することに同意するように発議いたしますから、どうぞ満場の諸君の賛同を仰ぎたいと思います。
#5
○委員長(中川幸平君) 他に御意見もないようですから、討論は終局したものと認めて御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(中川幸平君) 御異議ないと認めます。それでは直ちに採決に入ります。住宅金融公庫法案について採決いたします。衆議院の送付案に賛成の方の挙手をお願いいたします。
   〔総員挙手〕
#7
○委員長(中川幸平君) 全会一致と認めます。よつて本案は衆議院送付通り可決されました。
 では例により御署名願います。
  多数意見者署名
    赤木 正雄  石坂 豊一
    大隅 憲二  安達 良助
    安部  定  久松 定武
  ―――――――――――――
#8
○委員長(中川幸平君) 次に熱海国際観光温泉文化都市建設法案、伊東国際観光温泉文化都市建設法案を一括上程することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(中川幸平君) 御異議ないと認めます。御質疑のある方は順次御発言を願います。
#10
○赤木正雄君 昨日の質疑でもいろいろ問題がありましたが、第四條の問題であります。つまりこういう法案が各都市にでき得るものと想像せねばなりません。そういう場合に、この第四條のような規定を置きますと、国の財産に対して無償でこれを譲与するというふうなことになりますので、非常に弊害があろうと思います。でありますから、この法案全体はとにかく、私は少くともこの第四條に対して修正を試みたいと思います。その修正を説明いたしますと、この第四條の規定によりますと、熱海も伊東も国際観光文化都市建設事業の用に供するため、必要があると認める場合においては、国有財産法の五十八條の規定に拘わらず、その事業の執行に要する費用を負担する公共団体に対し、普通財産を譲与、即ち無償で譲渡することができることになつておるのでありますが、この規定は余りにも恩惠が厚きに過ぎるのではないかとの国民の譏りを免れないと考えますので、以前に審議いたしました首都建設法の例に倣いまして、單に譲渡することができるというふうに修正しようとするものであります。従いまして、この修正によりますと、国有財産たる普通財産の譲渡について、価額の割引をいたすとか、或いは無償にする等の効果は伴わないのでありまして、国有財産法の規定によつて譲渡されることになるのでありますが、運用上実際問題といたしましては、大蔵大臣は普通財産の譲受け希望者が競合つておりますような場合におきまして、この事業の主要性を考慮に置いて、譲渡順位を優先的に取扱われることになるであろう等の効果は期待できると考えます。かような意味で、私はこの第四條に対して、「国は、熱海国際観光温泉文化都市建設事業の用件に供するため、必要と認めるときは、その事業の執行に要する費用を負担する公共団体に対し、普通財産を譲渡することができる。」かように修正いたしたいと存じます。これが私の修正に対する意見であります。この問題は伊東に対しても同じであります。
#11
○委員長(中川幸平君) 他に御発言ございませんか。
#12
○久松定武君 私は今後温泉の都市というものがこういう……
#13
○委員長(中川幸平君) 討論でございますか。
#14
○久松定武君 いや、質問でございます。文化都市の建設法のようなものが今後全国的に私は波及すると思うのでありますが、政府はこれに対しまして今後委員会その他においてこういうものについての検討されるというような機関を設けられているようなお気持はありませんでしようか。
#15
○政府委員(八嶋三郎君) これは私から…‥或いは答弁する方がいいのかどうか分りませんけれども、別に今のところこういう法案につきまして政府に別個の機関を設けてやるというような意図は現在のところは考えておらないようでございます。これらの問題はやはりこういう国会の委員会等において御審議願うことになるのでなかろうかと、こう実は考えておる次第であります。
#16
○岩崎正三郎君 これは政府に質問したいのです。別府のこの特別法案が通りまして、それについて政府がいろいろ法案に従つて施策しなければならんと思いますが、これもそれと似ていることで、この別府の法案に関連して政府が直に何か具体的にやつておりますか。
#17
○政府委員(八嶋三郎君) 別府の法案が通りましたのは、まあつい最近でございますので、その後におきまして政府は別に今のところはこの法案が通つた後における処置といたしましては、何らやつておりませんが、ただまあ具体的のことといたしましては、法規に従いまして、その法案の通つたという手続の問題は、只今やつておるだろうと思います。私共建設省といたしましては、別に今のところこの法案が通りました後におきまする処置といたしましては何ら具体的にやつておりません。
#18
○岩崎正三郎君 この問題はやはり関連した問題だけに、別府がああいう問題を一応解決したということを我々は見本にして、この法案は、別府の特別都市というような法案が通過して、それを実施して見て、そうしてその結果がよかつたらば大いにやるべし、よくなかつたら少し考えた方がいいだろうと思つたのですけれども、そういう意味で熱海の問題も、そう急がなくてもいいだろうと私共は思つたのですけれども、続いて出て参りましたので、その点で政府にまあお伺いしたのですけれども、大体政府としては、この特別文化都市建設法案が通つて、熱海でも別府でも特段によくなるという見通しを持つておられるのかどうか伺います。
#19
○政府委員(八嶋三郎君) まあ先程の言葉が少し足らなかつたので、もう少し補足さして頂きたいと思いまするが、この特別法案がまあ成立いたしまするがためには、実は住民の投票を要するということになつておりまするので、現在議会は通りましたが、いよいよ本当の法案として成立をして参りまするには、法律の手続に従いまして、住民の投票が通つて上におきまして確定した法律になると思うのでございます。その後における問題といたしまして、政府はできるだけ、若しもこの法案が通りました場合におきましては、議会の意思を尊重いたしまして、国際観光都市らしい一つの都市計画ということにつきましては、できるだけの御援助は惜しまないつもりで私共は努力を払つて行きたいということは、都市局といたしましては考えておる次第でございます。
#20
○岩崎正三郎君 具体的に目下そういうことについてこうしてやりたい、ああしてやりたいと、そういうところの具体的な考えはまだ持つていないわけですね。
#21
○政府委員(八嶋三郎君) 別府の問題につきましては一つの計画はございます。別府といたしましても、その実施するにつきましては、勿論重要の度合というものはありまするので、そのまあ重要なものにつきましては、私共は国家財政、地方財政の許す限りにおいて、一定の何か援助は申上げたいというような気持を持つておる次第であります。もつと詳しい別府の都市計画をお話した上で申上げる方がいいと思いますけれども、今日はまあその時間はないようでありますから、改めて一つ又……
#22
○赤木正雄君 今政府当局から言われたことについて少し質問があるのです。この法案が通つたらば、特にこの法案の趣旨に鑑みて考慮すると、こういうようなお話でありますが、そういたしますと、これは私別府の場合にも又首都建設の法案のときにも何回も質問もし、政府の答弁も聞いたんですが、全国には百二十数ヶ所の戦災都市がある、又戦災都市でない都市におきましても或いは日光のごとき、或いは箱根のごとき、現在日本の外客誘致として最も優れた場所が澤山ある、そういうふうなものに対しては、まだこういうふうな特殊な法案が出ていない、法案が出ていないために政府は差別待遇をされる考えでありますかどうか。
#23
○政府委員(八嶋三郎君) その点は前にも大臣がお話を申上げましたように、私共といたしまして、戦災復興の都市を犠牲にしてまで考えておらない次第であります。又特別な法案が通つた通らないで、又出されておらないでも観光都市といつたようなものを全然整備しないのかというようなお話がございまするが、この点につきましてはやはり観光都市として私共は重要性のあるところにつきましては、できるだけの御援助は申上げて行きたいという工合に実は考えておる次第でございます。この法案の都市だけを観光都市として取上げるというようなことには実は考えておらない次第であります。
#24
○赤木正雄君 観光都市のものが整備してないと私は言わない。差別待遇をされるかどうか、その問題です。
#25
○政府委員(八嶋三郎君) 差別待遇というような気持はございませんが、まあいろいろとその都市につきましては具体的の問題もございますので、そういう点について国際的な面として観光都市を伸ばして行かなければならんというようなところと、そうでないような観光都市とは、多少趣きを異にしなければならないのではないかという工合には考えております。
#26
○赤木正雄君 今のことはおつしやるまでもなしによく分つております。観光都市として発達させるべきものは当然発達させなければならん、そういうことは分つていますが、法案が通過したから特にそれに重点をお置きになるか、重点を置かなくても法案が通過したために今までと考えをお変えになるか、又一面において法案が通過してないが、例えば栃木県の日光のごとき相当重要な都市と私は思います。そういうところまで現在も施設しておられますが、今後もよし法案はなくても法案があると同等の考えを持つて仕事をなさるか、それを聞きたい。
#27
○政府委員(八嶋三郎君) そういう点はお説までもなく、私共は法案がなくても観光都市として主要なところは、相当の御援助をするつもりであります。
#28
○久松定武君 今の観光都市の建設については国が必要とあれば財産を譲渡するという第四條の規定ですね、戦災都市や何かに対しては、どういう規定が、そういう譲渡する規定がありますか。
#29
○政府委員(八嶋三郎君) 戦災都市だけに限つて譲渡するというような規定はございません。実は国有財産法に基きまして、或る一定の都市計画上必要といたしまする例えば公園とか何といつたものにつきましては、譲渡する途があると思います。その規定だけでございまして、これは何も戦災都市に限らず、一般の都市につきまして同様でございますので、戦災都市なる故を以て、特別に譲与するとか譲渡するといつたような規定はございません。
#30
○久松定武君 そうしますと、国は特に観光都市だけは、今のような第四條が非常な優遇をされた規定を持つ、特別戦災を被つた非常に苦しい思いをしておるところにそういう規定がない。私は非常な不公平と思いますけれども、政府はどうお考えですか。
#31
○政府委員(八嶋三郎君) まあそういうふうな不公平であるかどうかという問題は、結局政府が必要と認めた場合ということになると思うのでありますが、私共といたしましては、まあ戦災都市に関しまするものにつきましても、或る一定のものは欲しいというような実は気持は持つております。観光都市なるが故を以て特別の規定を置くよりも、広い意味を持つていると考えて頂く方がよいのではないかという気持は持つておる次第でありますが、これらはできるだけ皆様方の御援助によりまして何とか問題の措置を考えて行きたいとは思つております。
#32
○久松定武君 政府委員は、それではそういうような戦災都市に対して今後修正する意思がありますのですか。
#33
○政府委員(八嶋三郎君) 政府自体といたしまして、こういう包括的な規定で行く方がいいか、もつとやはり細かくやつて行くという方がいいか、その点は実は研究をいたしておる次第でございまして、今直ぐこれを政府提案として通すというところまでは、大蔵当局と話は進んでおらない次第であります。
#34
○委員長(中川幸平君) よろしうございますか。
#35
○石坂豊一君 議事の進行について。もう討論に入つておるのですか。
#36
○委員長(中川幸平君) いや、まだ……質疑が盡きたものと見て御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#37
○委員長(中川幸平君) それでは御異議ないと認めます。
 それではこれから討論に入ります。御意見のある方は、それぞれ賛否を明らかにしてお述べを願います。尚修正意見がおありのお方は討論中にお述べをお願いいたします。
#38
○赤木正雄君 先程私の質疑のときに申しました、この第四條に関する修正を皆さんにお諮り願います。
#39
○石坂豊一君 私は第四條の修正に対して賛成いたします。その他の箇條に対しては原案通りに賛成をいたします。
#40
○安達良助君 只今赤木先生のいろいろな事情から譲与と譲渡という問題に関しまして非常な御高説は御尤もだと思いまするが、この熱海と伊東との関係においては非常に違うという点があるのでございます。という一点は熱海は梅園を熱海市の住民がこれを買つていつかこれを国に渡したというような事情もありますので、熱海の方は衆議院の通過を賛成をいたしまして、伊東の方はそういう具体的な内容がありませんので、伊東の方は譲渡という修正に対しまして賛成いたします。
#41
○赤木正雄君 熱海の方は以前に土地の人の持つていたのを国に上げたと、そういう関係があるからして譲与でよい、こういうことでありますが、そういうことを段々考えますと、日光にいたしましても、その他箱根にいたしましても、昔は誰かが持つていた、それを国に上げた、こういうものは澤山ある。実際問題として国有林のごときはそれが非常に多い、でありますから私はそういうことは若しよしんば誰が持つてたか知りませんが、それを熱海が国に寄附したという意でこれを譲与にすることは異議があります。やはり修正に御賛成下さつた方が将来これに類する法案を処理する場合に公平を期すると思います。
#42
○委員長(中川幸平君) 他に御意見もないようでありますから……。
#43
○大隅憲二君 私はですね。この四條の問題は赤木委員御説の通り、その他は原案通り賛成をいたすものであります。従つてこの熱海の……以前は熱海の財産であつて国にやつたものだ、それから尚そういう事情もあり、又熱海としますとこの梅園とお宮の松というのは熱海の生命と僕は思つております。それから尚今度は火災の災害等にも同情いたしました場合には、私の考えといたしますとこれは譲与で行きたいと思うのでありますが、赤木委員の御説の通り他の関連が多々あるものであるから、私は先程申上げました通り、四條はこの修正で赤木委員の御意見通り賛成をいたすものであります。
#44
○岩崎正三郎君 私も四條の修正には賛成いたします。それから附加えましてこの法案が通過した場合には、更に住民投票で最後の施行が決まると思うのでありますが、これはこの憲法にも住民投票をやれといつておることは、こういう法案が作られた場合には、住民が本当に自分の法案だ、自分のものだという確信をつけさせるために、住民投票をやると思うのでありますが、どうかこの法案、熱海でも伊東でもこの法案ができましたらこれは誠に日本の現状においては特別のこれは法案であるので、方々の戦災都市その他を考えるならば熱海、伊東の諸君は、別府も勿論そうでありましようが、この法を本当に活用して、本当によく熱海、伊東を文化的な立派な都市にして貰いたい。こういう強い希望を私は申述べて修正で賛成する次第であります。
#45
○委員長(中川幸平君) 別に御意見もないようですから討論は終局したものと認めて御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#46
○委員長(中川幸平君) 御異議ないと認めます。それでは採決に入ります。先ず熱海国際観光温泉文化都市建設法案について採決いたします。討論中にありました赤木委員の修正案を議題に供します。赤木委員の提出の修正案に賛成の方は挙手を願います。
   〔挙手者多数〕
#47
○委員長(中川幸平君) 多数と認めます。よつて修正案は河決されました。
 次に赤木委員修正にかかる文案を除いた法案全部を問題といたします。この衆議院送付案に賛成の方の挙手を願います。
   〔挙手者多数〕
#48
○赤木正雄君 ちよつと、この問題について私はこういう立派な、少くとも地元の方々には立派な法案でしよう、これが通過することを非常に皆さん御希望なさつております。併し私はこの法案が果していいか悪いか、全体として大変疑問を持つております。ややもするとタマニーホールのあの悪弊を日本の立法府に持ち来すのではないかという懸念もあります。こういう面から折角皆さんの希望もあつて全会一致で通ることを希望しております。
#49
○委員長(中川幸平君) 速記を止めて。
   〔速記中止〕
#50
○委員長(中川幸平君) 速記を始めて。多数と認めます。よつて熱海国際観光温泉文化都市建設法案は多数を以て、修正可決されました。
 前例により御署名願います。
  多数意見者署名
    赤木 正雄  岩崎正三郎
    石坂 豊一  大隅 憲二
    安部  定
  ―――――――――――――
#51
○委員長(中川幸平君) 次は伊東国際観光温泉文化都市建設法案について採決いたします。先ず討論中にありました赤木委員の修正案を議題に供します。赤木委員提出の修正案に賛成の方の挙手を願います。
   〔総員挙手〕
#52
○委員長(中川幸平君) 全会一致を以て赤木委員提出の修正案は可決されました。
 次に只今採決いたしました赤木委員提出の修正にかかる部分を除いての原案全部を問題にいたします。修正部分を除いた衆議院送付案に賛成の方の挙手を願います。
   〔総員挙手〕
#53
○委員長(中川幸平君) 全会一致と認めます。よつて本案は全会一致を以て可決されました。
 尚、本会議における委員長の口頭報告の内容は、本院規則第百四條によつて、予め多数意見者の承認を経なければならないことになつておりますので、これは委員長において本案の内容、本委員会における質疑応答の要旨、討論の要旨及び表決の結果を報告することとして御承認を願うことに御異議ございませんか。
#54
○安達良助君 異議があります。先程の熱海の問題に対しましては全会一致でないのでございますからその点了承の上に案文を出して頂きたいと思います。
#55
○委員長(中川幸平君) 後で調べて何します。
 それから本院規則第七十二條によりまして、委員長が議院に提出いたします報告書には、多数意見者の署名を附することになつておりますから本案を可とされた方は順次御署名を願います。
 多数意見者署名
    赤木 正雄  岩崎正三郎
    石坂 豊一  大隅 憲二
    安達 良助  安部  定
#56
○委員長(中川幸平君) 御署名漏れはございませんか……御署名漏れはないと認めます。それでは暫時休憩いたします。
   午後二時四十一分休憩
   ―――――・―――――
   午後三時十分開会
#57
○委員長(中川幸平君) 休憩前に引続き委員会を開会いたします。速記を止めて……
   午後三時十一分速記中止
   ―――――・―――――
   午後三時二十四分速記開始
#58
○委員長(中川幸平君) 速記を始めて下さい。それでは本日はこの程度で散会いたします。
   午後三時二十五分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     中川 幸平君
   理事
           岩崎正三郎君
           赤木 正雄君
   委員
           石坂 豊一君
           大隅 憲二君
           安達 良助君
           安部  定君
           久松 定武君
  衆議院議員
           畠山 鶴吉君
  政府委員
   建設事務官
   (都市局長)  八嶋 三郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト