くにさくロゴ
1949/12/17 第7回国会 参議院 参議院会議録情報 第007回国会 議院運営委員会 第6号
姉妹サイト
 
1949/12/17 第7回国会 参議院

参議院会議録情報 第007回国会 議院運営委員会 第6号

#1
第007回国会 議院運営委員会 第6号
昭和二十四年十二月十七日(土曜日)
   午前十時三十四分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○議院運営小委員の補欠選任の件
○議院運営小委員予備員の補欠選任の
 件
○国鉄裁定案に対する緊急質問の件
○給與問題に関する緊急質問の件
○講和に関連する日本漁業の基本方策
 樹立並びに国際漁業協定に関する調
 査承認要求の件
○水産物増産対策に関する調査承認要
 求の件
○議員派遣要求の基準に関する件
○議員派遣要求の取扱に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(高田寛君) それではこれより議院運営委員会を開きます。最初に議運の小委員の補欠選任並びに予備員の補欠選任をお諮りいたします。
#3
○事務総長(近藤英明君) 議院運営小委員の補欠選任でございますが、羽生三七君、先般一遍辞任せられて、その場合にこの小委員の補欠をしておりませんが、今般又羽生三七君が議院運営委員に復帰せられましたので、そのままこれを小委員とすることにいたします。
 それから、岡元義人君の議院運営委員辞任に伴い、宇都宮登君の選任を御承認になつております。
 それから、議院運営小委員の予備員の補欠の問題は、加賀操君が議院運営委員を一遍辞任せられた際に、補欠ができておりません。そうして再び復帰せられましたので、この加賀操君を予備員の補欠とすることに御承認になつております。
#4
○委員長(高田寛君) 右御推薦通りとすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(高田寛君) それでは御異議ないものと認めます。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(高田寛君) それから次に、保留になつておりました緊急質問の件をお諮りいたします。これは国鉄裁定案に対する緊急質問、社会党の内村君。それから給與問題に関する緊急質君、共産党の岩間君。二件がまだ保留になつております。
#7
○栗山良夫君 その二点につきましては、昨日の委員会で、本日の議院運営委員会のときまでに、政府が裁定に対する議案の取扱いについて、参議院と約束をいたしましたような工合に処理をせられれば、これを取止め、若しこれがとられなければ、緊急質問を認めるというようなことにいたしまして、その決定は今日の議運に持越すということを申合せをされたと思いますので、今日までのところ、政府の方からは何らの態度の決定がございませんので、昨日の約束によりまして、今日緊急質問をいたしたい、こういう工合であります。
#8
○門屋盛一君 昨日議運を中座いたしましたので、申合せの内容がよく分らないのですが、そうしますと、緊急質問の細かい内容に亘りますけれども、緊急質問の趣旨は決議案と別個に出される緊急質問ですか。本院が全会一致でやりました決議案に関連しての緊急質問ですか。
#9
○栗山良夫君 決議案には全然関係がないということはありませんか、その裁定案が今日まで未解決のままで国会と政府の間にある。その内容について緊急質問をいたすということになりますが、質問者に対して内容をまだ明かにせられたいとは請求しておりませんが、その場合ここで出席を求めて……
#10
○門屋盛一君 その出席まで求めんでもいいが、つまりこの議案の取扱いについてとおつしやるが、議案の取扱いは、本院としてははつきりしている。この議運に保留になつたままになつております。そうして本院の院議としては、議案の取扱いの形式的の問題よりも、実質上早く支給してやれるような方途を講ずべきであるという決議案を以て政府に……。院議がもう明らかになつている。その明らかになつていることに対して、政府はその後にどういう処置をとつたかということの質問ならば意味がありますけれども、その議案の取扱いなんかで、本会議で緊急質問を許すという前に、その問題の、或いは議案の取扱いの問題ならば、議運としてもう一回やる必要がある。その考えになつて行かなければならんので、私は結論的に申しますならば、本会議で全会一致で出したところの決議案に対して、その席上運輸大臣は、院議を尊重して云々という意思表示をされておりますから、その後政府は、この支拂方法に対して、どういうことを講じつつあるかということを聞くのならばいいが、併し議案の取扱いに対して、本会議でおやりになるということは結構だが、本会議でおやりになる緊急質問を承認するという議運自体が議案の取扱いに対して、もう一回揉む必要があると思います。
#11
○兼岩傳一君 僕の方の緊急質問は……
#12
○委員長(高田寛君) 国鉄裁定のことを今議題にしております。それから順に片付けます。
#13
○栗山良夫君 大体今門屋君から言われたことは御尤もな点があると思いますが、一応あの決議をいたしましたから今日まで、御案内のような事情にありますので、それの事情についてのやはり緊急質問というものは必要があろうかと考えたわけです。それでやるやらないという問題でなくて、質問の内容に亘る点であろうと思いますので、昨日の議運で一応満場一致でそういうような工合に、一応承認を願つたわけでありますから、その点で緊急質問をする、させるということだけ御承認を願つて、内容について、いろいろ議運と質問者との間に繋がりを付ける必要がありますならば、私はそれを本人に出席を求めまして、その点の繋がりを明らかにして置いた方がいいのではないかと考えます。
#14
○門屋盛一君 それは結構だと思うのですが、ただ私がこう申上げるのは、衆議院と参議院の持味も違いますので、衆議院においては、これは緊急質問の形なり、或いは採決等の関係によつて、各会派の勢力の関係もあつたのですが、実質的に拂うということの方よりも、案の取扱いの形式上の議論の方が今まで多いように見受けておる。ところが参議院がここで保留しておるということは、一つの好意的保留であつて、政府に対する好意的意味も含まれておるかも知れないし、又これを保留しておる間に、政府に支拂いの途を講じさせるということは労組に対する好意をも含めておる。双方に対する好意的の意味を持つておるのでありますから、飽くまで私はこの間の全会一致の決議案に対して、その後政府がどういう措置をとるかという御質問であれば、私はこの際機宜を得たものと思うのであります。従つて飽くまでこの案の取扱いに対しての論点を入れられると、議運が今保留しておる実情と、この間の全会一致の決議案が台なしになる虞れがある。これは参議院は大いに考えなければならん問題で、それで私は念を押しておるわけであります。併し昨日御承認になつておるものならば、私は何とも申上げません。(「承認になつておるわけではない、保留のままになつておる」と呼ぶ者あり)
#15
○兼岩傳一君 やるということについて、いよいよやるのを決めるのは明日の朝の状況によろうというのです。
#16
○門屋盛一君 私の言つておるのは、その状況なんです。
#17
○栗山良夫君 それで私は今門屋君のおつしやつたことは御尤もであると申上げておるのですから、その線で昨日の決定されたことは、今門屋君がおつしやつたことを一応前提の上で、今までに明らかにならなければ緊急質問をいたしたい。こういうことで一応皆さんが御了承頂いたわけでありますから、一つこの辺で御承認願いたいと思います。
#18
○兼岩傳一君 今緊急質問が問題になつておるのでしよう。どうして私の発言を抑えられたのですか。
#19
○委員長(高田寛君) いや二つありますから、第一の方から……
#20
○兼岩傳一君 二つを一緒に審議しておられるのです。二つの緊急質問について出されておるのですからね。
#21
○委員長(高田寛君) まあ一つ一つ片付けて行きましようよ。
#22
○兼岩傳一君 関連しておるから二つ一緒にやつたらいいのです。発言を抑えないで円滑にやつたらいいと思います。(「いいじやないか」と呼ぶ者あり)
#23
○山下義信君 尚、私は栗山委員の発言に補足いたしますならば、只今の門屋委員の御注意は至極御尤もと思います。この議案の提出の形態についての論議は議運で願つておるのですから、我々もこれを如何にするかということを、或いは今日の或る段階においては御相談しなければならんかということも申しておるわけでありまして、恐らく緊急質問はそういう点には触れないだろうと思いますし、只今の御注意は至極御尤もと思いますので、質問者にもその意をよく伝えたいと思います。そういう意味でこの際御承認を願うようにお運びを願いたいと思います。
#24
○委員長(高田寛君) それでは、今門屋委員の御注意の点もよく含んでの緊急質問、こういう了解の下に承認する、それで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○委員長(高田寛君) 御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#26
○委員長(高田寛君) それでは次に、給與問題に関する緊急質問、岩間正男君の質問。
#27
○兼岩傳一君 僕の方は全く全会一致で決定去れた決議、これは日も大分迫つて来ましたし、荏苒日を送るわけに行かんので、その後どういうふうに政府が努力しておられるか、それを質そうと思うたのです。だから今日あたり、僕らの希望としては、もう大分日も迫つて来たし、今日あたりそれを質した方がいいのでないか。
#28
○門屋盛一君 そこで、私が今朝持ち出しておるのは、社会党が提案者であるところのこの前の決議案の、各派共同提案にはなつたんですが、その当時の提案者であつた社会党の方から、それを聞かれることはいいのでありますけれども、その問題がどういうふうになつておるか、早く拂えということであつたならば、参議院としては全会一致で早く拂えということを決議しておる建前上、どなたかの代表質問で結構と思うのです。殆んど同一の問題でおやりになるということは意味はないと思うのです。意味がないのみならず、全会一致の決議案がそれでは軽く扱われることになる。
#29
○兼岩傳一君 僕は意味があると思うですね。やはり全会一致でも幅があつて、要するにそういう問題はいろいろな角度からやつていいと思うのです。だから誰か一つでなければいかん。全会一致だから一つでなければいかんというあれは成立たんと思います。
#30
○門屋盛一君 院議が一本になつておるんだから、その院議に対してどういう処置を採つたかということを聞くのならば、一人でいいじやないか。
#31
○鈴木清一君 門屋さんの言われるのは御尤もですし、門屋さんの言われるのは、この間の院議の決定は、国鉄裁定に関する件について全会一致ということもいたされておるし、これが大体主だと思うのです。又公務員の給與問題については、人事院に対する処置を未だに政府が手遅らして、これに未だに触れて出しておらんのは現実なんである。それを岩間君は聞こうとしていると思うのです。そうして見ると、この間の全会一致に、公務員の給與問題についてはそれ程囚われた問題でないと思います。それでこの間の全会一致で出しました点についての内村君の質問は、今門屋さんの言われたようなことで、それで確かに結構だと思いますけれども、岩間君の質問せんとする問題は、それと同じような見解で処理するということでなくても私はいい。その意味でやはり提出する場合は、公務員に限つての質問でもありますので、それはどこの会派がしようとも、代表的にということに殊更囚われなくてもいいのでないかと思うのです。
#32
○門屋盛一君 今兼岩君の説明は、この間決議をしてから、もう何とかなつてもいい時期になつておるのに、何ともならないから、質問されるということを言われたんですから、私が早く取つたのでなくて、兼岩君の御説明から言えば、どうしても国鉄問題のように聞えた。又今鈴木君の言われた点から言いますと、人事院の勧告の問題ということになれば、それは緊急質問は御自由でございましようが、勧告案は御承知の通り政府のみに與えた勧告でなくて、国会もその勧告を受けておるわけです。今実際年末の給與問題等で政府が非常に苦心しておる際に、今人事院の勧告問題はそういう取上げ方をしなくても、人事委員会で検討して行けばいい問題だと思うのです。
#33
○兼岩傳一君 言葉が足りなくて不十分なんですが、やはりこの決議案に関連して行こうという趣旨を持つておるのです。併しそれだけに限定する考えはないのです。それから全官、日教組、その他労働者階級面の給與の点まで拡大して質問する、併しこの決議との関連はやはり持つて行こうという考えなんです。
#34
○委員長(高田寛君) 如何いたしましようか。
#35
○鈴木清一君 今門屋さんの言われたので、国会も政府も同じように勧告を受けておるのだから、その措置は人事委員会でやるという御説は御尤ですけれども、併し国会はいつでも審議する何と言いますか、これに対します態度の扱い方は直ぐできると思いますけれども、いずれはこういうことに対しましても、予算を附加されての問題ともなるであろうし、それを前提として何らか政府から、編成権のあるところから措置が出て、これを国会に提出されたところの勧告に対する、国会における態度を云々するということになるのが常識的な解釈だと思うのですが、そういう意味から言えば、そういう措置を国会が未だにしていないということもこれに含まれると思うのです。やはり緊急質問として、早晩これに対する態度はどのようになつておるかという点は、公務員の人事院の勧告の問題も緊急質問は国会としてはできると思う。
#36
○門屋盛一君 本当の目的を鈴木議員がはつきりおつしやらないから却つて混乱するのじやないかと思うのですが、人事院の勧告なるものは、この間勧告されたばかりで、国会も放任しておるわけではない。その後人事委員会でもいろいろやつておられるし、それから本院だけではない、衆議院の方、又政党としても各政党研究されておる。これは問題が三つを一つにお考えになるからいけないのであつて、鈴木議員の主張したいところは、その人事院の勧告案とか、国鉄の裁定等に基かないところの一般公務員の年末資金の問題で緊急質問をするならば、これははつきりするけれども、それを人事院の勧告に関連したり、それから国鉄の裁定問題に関連されると、国鉄裁定問題に対しては議運が今取上げて保留になつて、こうなつておるという理由が出て来るのです。勧告案ということは未だ緊急質問の時期ではない。それは当院の人事委員会を無視したことになる、こういう説を我々は吐きたくなる、その二つに問題に関係なく、国鉄裁定と人事院の勧告案に関係なく、その年末の公務員の言われておりますところの越冬資金の問題に対して、どうなつておるか聞きたいというなら、私は機宜を得た緊急質問であると思います。そうじやないですか。ついでにひつかけていろいろ総当りやろうというような計画を持たれるから複雑して来るのです。
#37
○兼岩傳一君 越冬資金問題は。国鉄問題を離れるということはあり得ないと思う。国鉄が現在の越冬資金の問題の先頭に立つておるとき、これを無視して越冬資金というものを考えてはならない。だから問題は越冬資金全体に対して大きな……
#38
○板谷順助君 私は門屋君の意見に賛成いたします。
#39
○委員長(高田寛君) それではお話が纏まらなければ……、御意見が分れておりますから、採決いたします。それでは如何いたしましよう。
   〔「保留にして置きましよう」と呼ぶ者あり〕
#40
○小串清一君 今のお話は、あなたの御意見の通りで、一方は人事委員会で今頻りに審査しておる最中に、議場でそれをやつてはおかしい。それはあなたの御意見に同意見です。
#41
○委員長(高田寛君) それでは給與問題に関する岩間君の質問は、保留することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#42
○委員長(高田寛君) それでは保留することに決定いたします。
  ―――――――――――――
#43
○委員長(高田寛君) それから次に、調査承認要求の件をお諮りいたします。
#44
○参事(宮坂完孝君) 水産委員長から二件出ておりますが、第一件は、講和に関連する日本漁業の基本方策樹立並びに国際漁業協定に関する調査承認要求書。第二件は、水産物増産対策に関する調査承認要求書でございます。
 前者につきましては、費用三十五万円が要求されております。
#45
○小林勝馬君 これは前例によつて、調査承認だけはやつぱりいたしまして、費用の点は別にするという、前例の通りにするように動議を提出いたします。
#46
○委員長(高田寛君) 如何いたしましようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#47
○委員長(高田寛君) それでは水産委員長申出の調査承認要求は、これは承認するが、費用の点は保留する、こういうことで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#48
○委員長(高田寛君) 御異議ないものと認めます。
  ―――――――――――――
#49
○委員長(高田寛君) それでは議員派遣要求の件をお諮りいたします。
#50
○参事(宮坂完孝君) 昨日の御指示によりまして資料を作りましたが、一つの綴りは今までの実績でございまして、二枚目にありますように百六十九万九千二百円というのが今までの実績でございます。
 それから目下提出中のものは、半紙が付いておりますが、これにつきましては、トータルが六十二万六千四百円でございますが、これに追加いたしまして文部委員会、人事委員会が予定されておりまして、文部委員会が七万二千円、人事委員会が八万六千四百円、合計が十三万八千四百円であります。
#51
○門屋盛一君 速記を止めて下さい。
#52
○委員長(高田寛君) 速記を止めて。
   午前十時五十八分速記中止
   ―――――・―――――
   午前十一時十五分速記開始
#53
○委員長(高田寛君) それじや速記を始めて下さい。
#54
○島村軍次君 議員派遣の件は、門屋議員から御発言になつたのを参照して、班は三班以内、人員は二人以内、日数は一週間前後、選挙区は遠慮して貰う。以上の四点を原則として承認するということで提案いたします。在外のは保留。
#55
○門屋盛一君 今島村議員の言われた通りでいいんですが、昨日もここで発言しましたように、沢山の議員派遣のありますときには、往々にして議員はダブつた要求が出て来ることがありますので、そういう点は今の島村議員の言われました原則を枠として一応これを承認して、そういうことのないように委員長の方で善処して頂くということをお願いしまして、一応承認して、この善処されたもので本会議へかけて貰うと、それでいいでしよう。
#56
○委員長(高田寛君) それでは只今島村委員から御発言のありました原則に従つて実行をさせるという了解の下に本件は承認する、尚その中で在外同胞の分だけは保留と、こういうことで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#57
○委員長(高田寛君) それでは御異議ないものと認めます。
 ちよつと速記を止めて……
   〔速記中止〕
#58
○委員長(高田寛君) 速記を始めて……
 それでは他に御発言もなければ、これにて散会いたします。
   午前十一時十八分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     高田  寛君
   理事
           小林 英三君
           大隈 信幸君
           竹下 豐次君
           藤井 丙午君
   委員
           岡田 宗司君
           栗山 良夫君
           山下 義信君
           板谷 順助君
           小串 清一君
           門屋 盛一君
           小林 勝馬君
           鈴木 順一君
           宇都宮 登君
           岡本 愛祐君
           加賀  操君
           島村 軍次君
           鈴木 直人君
           兼岩 傳一君
           鈴木 清一君
  委員外議員
           藤田 芳雄君
           三好  始君
  ―――――――――――――
   副議長     松嶋 喜作君
  ―――――――――――――
  事務局側
   事 務 総 長 近藤 英明君
   参     事
   (総務部長)  芥川  治君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  丹羽 寒月君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
  法制局側
   法 制 局 長 奧野 健一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト