くにさくロゴ
1977/01/26 第84回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第084回国会 内閣委員会 第2号
姉妹サイト
 
1977/01/26 第84回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第084回国会 内閣委員会 第2号

#1
第084回国会 内閣委員会 第2号
一月二十一日
 正示啓次郎君委員長辞任につき、その補欠とし
 て始関伊平君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
昭和五十三年一月二十六日(木曜日)
    午前十一時一分開議
 出席委員
   委員長 始関 伊平君
  理事 小宮山重四郎君 理事 中村 弘海君
   理事 藤尾 正行君 理事 村田敬次郎君
   理事 岩垂寿喜男君 理事 上原 康助君
   理事 鈴切 康雄君
      逢沢 英雄君    関谷 勝嗣君
      玉生 孝久君    福田  一君
      増田甲子七君    上田 卓三君
      新井 彬之君    市川 雄一君
      柴田 睦夫君    永原  稔君
 委員外の出席者
        内閣委員会調査
        室長      長倉 司郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
昭和五十二年十二月二十八日
 辞任         補欠選任
  内田 常雄君     福田  一君
昭和五十三年一月二十日
 辞任         補欠選任
  木野 晴夫君     始関 伊平君
同月二十一日
 辞任         補欠選任
  海部 俊樹君     高鳥  修君
  正示啓次郎君     小島 静馬君
  浜田 幸一君     玉生 孝久君
  藤田 義光君     藤尾 正行君
同月二十六日
 辞任         補欠選任
  中川 秀直君     永原  稔君
同日
 辞任         補欠選任
  永原  稔君     中川 秀直君
同日
 理事塚田徹君昭和五十二年十一月三十日委員辞
 任につき、その補欠として小宮山重四郎君が理
 事に当選した。
同日
 理事長谷川正三君昭和五十二年十二月十七日委
 員辞任につき、その補欠として上原康助君が理
 事に当選した。
同日
 理事木野晴夫君昭和五十三年一月二十日委員辞
 任につき、その補欠として藤尾正行君が理事に
 当選した。
同日
 理事中村弘海君及び木原実君同日理事辞任につ
 き、その補欠として高鳥修君及び岩垂寿喜男君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月十九日
 元号法制化の促進に関する請願(椎名悦三郎君
 紹介)(第一七三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
     ――――◇―――――
#2
○始関委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 今回、当内閣委員会の委員長に就任いたしました。委員各位の格別の御協力によりまして、円満かつ適正な委員会運営を行い、この重責を全ういたしたいと存じます。
 皆様の御協力と御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○始関委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事中村弘海君及び木原実君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○始関委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの中村弘海君及び木原実君の理事辞任並びに木野晴夫君、塚田徹君及び長谷川正三君の委員辞任に伴いまして、現在理事が五名欠員となっております。
 この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○始関委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 それでは、理事に
      小宮山重四郎君   高鳥  修君
      藤尾 正行君    岩垂寿喜男君
   及び 上原 康助君を指名いたします。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト